でかいの日記帳

2014/12/14 Sunday

インターステラー

Filed under: - dekaino @ 8:33 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟帥若鴻爾里呂討Bookmark被リンク数

インターステラーを観ました。タイトルの最後は ー と伸ばすのが正しいらしい。みんな「インターステラ」って止めて読んでる気がするけどね。NHKの雑誌も「ステラ」。

SF映画です。宣伝もSFであることを全面に押し出していて(日本の映画界ではめずらしい)久々のSF大作と言えるでしょう。
ただ、SFとしてはあまり出来はよくないです。ストーリーは使い古された陳腐なものだし、交渉も甘いというか穴があります。でも使い古されたコンテンツを今風の演出でリブートするのが得意なノーラン監督の手腕で見ごたえのあるものに仕上がっています。

本作には複数のテーマが詰まっていますが、一番重要なのは「大衆への嘘・情報操作」でしょう。本作は権力が民衆に対して沢山嘘をつきます。
まずは(1)過去の宇宙開発は実は嘘でアポロ計画はソ連の財政をパンクさせる目的のフェイクだという、よくあるアポロ計画虚偽論を政府が子供に事実だとして教育している世界観です。理由は最優先事項である農業に大衆の目を向けさせるため。宇宙旅行なんてものにあこがれを持たせないためと説明されます。
第二の嘘は(2)宇宙開発なんて虚偽だといいながら実はNASAがこっそり復活して地球外別星系に人類を避難させる計画を立案実行中である。これが本作の柱の設定、SFネタとしては昔から使い古された設定です。
さらに、(3)PlanA現存の人類を移住させる計画とPlanB新世界に300人の人間を人工的出産(生産?)する機械を運び、人類の種と文化だけを新世界に継承させるの2本立ての計画だったのだが実はPlanAは最初から可能性ゼロの嘘だった
なんて衝撃の嘘がでてきます。

まぁ、この後いろいろあって重力方程式を解くことに成功しPlanAが実現可能となってめでたしめでたし! って感じで結末を迎えるのですが、ここに至ってもまだまだ観客に明示してない嘘がいくつか残っているとしか思えません。

たとえば、そもそもの話の発端「地球から逃れて移住しないと人類が滅亡する」これ嘘ですよね。たしかに作物が疫病にやられて食糧不足になるというのはリアリティがあります。耕作地面積にくらべて人口が多すぎて遺伝子操作した収穫量の多い作物ばかりを連作していればいつか破綻するのは納得できます。でもね。どんどん植物が死滅していき、世界が砂漠化して、光合成がとまり酸素が無くなって早晩窒息死してしまうって説はいくらなんでもトンデモ過ぎです。
まず地球全体が砂漠化なんかしないということ。海が出来た以降の地球で地上がすべて砂漠なんて時代はありません。気候変動で昔の温帯が今砂漠になったら、昔の砂漠だったところは熱帯雨林になるはず。ツンドラ地帯は温帯になって穀倉地帯になるはず。シベリアに麦植えろ!水田作れ!!
それに地球の光合成って海中・水中で行われている量が支配的で地上の光合成なんて大した量じゃないんです。たまたま地上の植物が人間にとって利用しやすいだけで、光合成は主に海で行われている。そうでなかったら絶海の孤島とか酸素不足で住めないはずだよね。実際は海洋半球である南半球の方がCO2濃度が少ないしO2濃度は高い。海洋の光合成のおかげです。
つまり、人類が滅亡なんて嘘っぱちなんです。ではなんでそんな嘘までついて人類移住計画を急いで進めていたのか? 絶滅まではいかなくても、人口を維持するのは困難でこのまま放置すると食料や資源を巡った奪い合い・戦争が起きることが確実だったからだと予測します。それを回避するためまとまった量の人口を地球外に移住させる必要があったのです。つまりこれは「棄民政策」そのものです。戦前日本で中南米や満州やハワイに入植振興したのと同じ人減らし政策なのです。
捨てた後はどうなってもいい。地球から追い出すことが目的なのだから、先ほどのPlanAの地球外移住計画もそれらしい船にそれらしい人工冬眠装置もどきを載せて、目が覚めた時は新世界だと信じ込ませた犠牲者を乗り込ませてブラックホールにでも捨てるつもりだったのでしょう。
そこまで考察すると、重力方程式を解いた後に建造したスペースコロニー型移住船も嘘だと疑わざるを得ません。重力が制御できたって空間を超越できたって、それとテラフォーミング技術は何の関係もないものね。そもそも見知らぬ惑星をテラフォーミングできる技術があったら、土地勘がある地球の環境を昔のように復旧する方が簡単なはず。地球再生すらできない人類が異星系でテラフォーミングなんて夢物語過ぎる!
アメリアのたどり着いて星だって住めるようにはならないのかも知れません。

ところでアメリアという名前、アメリカ人なら冒険家のアメリア=イヤハートからきてるってすぐわかる有名な女性で初めて単独大西洋横断を果たした女性の名前です。リンドバーグより人気が高いかも知れません。でも彼女は冒険飛行中に燃料切れになって行方不明になったままなんです。本作のアメリアもそうならないといいですね。

いろいろネタばらしというか柳田理科男的ムダ考察をしましたが、映画作品として本作はよくできてます。興行的にも成功してるようです。
尺が長いですがそれを気にさせない勢いがあります。ただしSF考証的にはアラというかわざと綻びを残してある感が強いです。
久々にSFを全面に押してきた映画。SFの灯を絶やさぬためにも大勢にみてほしいものです。

2014/9/28 Sunday

猿の惑星:新世紀(ライジング)

Filed under: - dekaino @ 15:59 このエントリをはてなブックマークに追加 帥:遺膣(ゃ吾潟)のはてなBookmark被リンク数

猿の惑星:新世紀(ライジング)を観ました。猿の惑星:創世記(ジェネシス)の続編です。
原題は"DAWN OF THE PLANET OF THE APES"。猿の惑星 黎明編みたいな感じでしょうか?
前作のラストから10年くらい後(?)、人類の文明は完全に後退し、高知能の話す猿が台頭していく時代の話です。衰退しつつあるといってもまだ少数の人類は文化・技術を継承して生き残っており、猿と人のあいだで戦争が始まるまでの話です。

猿が馬に乗るという、原点である猿の惑星の象徴的なシーンが再現されています。SF考証的には森林で暮らす社会で乗馬に意味があるとは思えないですけどね。単なる原点リスペクトなんでしょう。乗馬は平原で遊牧生活してるからこそ意味がある。だいたい乗馬で使う武器は槍じゃなくて弓だよね。槍もって乗馬するとか様式化して進化の袋小路にはまった中世の騎士みたい。

ウマに乗るサル

猿の惑星シリーズは、SFという形式で現代文明に対する警鐘、人種や思想・ナショナリズムの違いによる差別や争いをテーマにしたものですが、今回はその文脈ではご都合主義というか、毒がありません。
そもそも戦争が始まった理由が、お互いのトップが相手に持つ憎悪感情って、それはないでしょう。本当は、憎悪の前に根拠のない恐怖感情があるはずなんですよ。今でもUSAはアラブやらイスラム教徒は狂信的で危険で世界の敵みたいに根拠ない恐怖で市民を煽った上で、わざわざ他国の地にまで出張っていって戦争仕掛けてるわけです。それが民主国で支持許容されるのは国民が攻撃対象を憎悪してるからではなく、攻撃対象に恐怖してるからです。

本作には、主戦派が「サルどもは危険で悪いヤツラだ」って恐怖を煽るシーケンスが必要だと思います。単にたまたまトップが個人的理由で相手を憎悪してたからって動機づけはあまりにも作り手として不誠実でしょう。今も現実にある戦争もトップの歪んだ判断のせいであり、自分たちが軽々と恐怖にあおられた愚かさのせいじゃないって、目を背けたいだけなんじゃないでしょうか? もっとストレートに言うといわゆる「正義の戦争」を批判する反戦思想を入れ込むことは、何らかの理由で認められなかったのでしょう。ここがオリジナルとの大きな違いです。

この文脈で本作は単なる娯楽アクション作品であって社会啓蒙の要素はありません。
しかし映像や演出的にはお金かけてあるだけあってよく出来ています。

2014/9/13 Saturday

サカサマのパテマ

Filed under: - dekaino @ 21:36 このエントリをはてなブックマークに追加 泣泣のはてなBookmark被リンク数

サカサマのパテマを観ました。いかにもな典型的SF作品。厚木Amyuで鑑賞しました。
過去の科学実験の事故で重力が逆転してしまった人々の集落の話です。互いにサカサマ呼ばわりする異文化(?)のコンタクトってSFにありがちのジャンルであり、同時にBOY meets GIRLものでもあります。
サカサマのパテマ
作画もキレイだしオチもまぁまぁよくできています。
ただ、気体とか液体はどうなってるんだ? とか 重力が逆の原子同士の相互作用は? 化学結合できるの? とかいろいろ気になります。サカサマ酸素で呼吸できるのか? とか。劇中ではサカサマの食物をたべてたけど大丈夫なのか? サカサマのウンコがどこかに溜まってるのかなぁ?

などなど細かいこたぁどうでもいいって軽く流しておけば問題なく楽しめる良質アクションSFアニメです。

2014/9/11 Thursday

るろうに剣心 京都大火編

Filed under: - dekaino @ 7:07 このエントリをはてなブックマークに追加 e 篋遵ぇ膩┐里呂討Bookmark被リンク数

るろうに剣心 京都大火編を観ました。
相変わらず佐藤健のアクションすごいですね。
それから操を演じる土屋太鳳(たお)の掛け声と蹴りも迫力あります。朝ドラおなじみの彼女、とうとう来年は主役らしいですが、アクションの方の才能もあったようです。

原作はつまらないんであまり読んでないのですが、どうやら原作のキャラとかストーリーをまんまなぞって再現しようとしているようです。

そんな無駄な努力いらないよ!

だって原作つまらないじゃん。ギャグ寒いじゃん。無駄なコスト書けてそんなの再現してどうするの? 蒼井優やの辛気臭い演技とか青木崇高の体当たりの滑りギャグとかみたくないじゃん。週間ジャンプのだらだら連載のノリを忠実に映画化されても困りますよ。
アクションに絞ってがんがん脚色入れて尺を映画向けに短くしろよと声を大にして言いたい。
東映スパテダーマンとマーベル原作くらいかけ離れた作品作りでいいと思うのですよ。

原作厨なんてどうせ金払い悪いんだから気にせず行きましょう!

2014/8/24 Sunday

STAND BY ME ドラえもん

Filed under: - dekaino @ 9:25 このエントリをはてなブックマークに追加 STAND BY ME のはてなBookmark被リンク数

STAND BY ME ドラえもんを観ました。いわゆる山崎貴ブランドですね。
監督はfriends もののけ島のナキの八木竜一。CGの出来はナキよりもさらにすすんで非常に自然。
スネ夫の髪型の解釈は3D CGでは最も難関だったと思いますが、あまりにもストレートな解釈。でもすぐになれてしまいます。もうテレビシリーズにそのままCGを導入してもいいくらいです。あと20年もしたらそうなるのかなぁ?

おとなの観客にも受け入れやすいように、声は新テレビシリーズの声優たちですが、設定が旧シリーズに近くしてあるようです。とにかくのび太がいる世界は昭和50年代そのまま。のび太の家の電話は黒電話だし、誰もケータイ持ってないし、学校も昭和スタイルだし。そもそものび太半ズボンだしね。
そしてそのたった14年後があの未来。ちょっと信じられません。40年は間が空いてるんじゃないの? のび太としずかの晩婚化にもほどがあります。
各エピソードはすでのある既存のエピソードにちょっと脚色した者ばかりで目新しい改作はありません。設定としてはドラえもんの強制プログラムくらいかな。
のび太結婚前夜の独身最後の夜パーティの出木杉が妙にふくよかだったのがリアルな演出と思いました。あーITベンチャー系の社長かなんかになったんだーって一発でビジュアルでわからせるってすごいっす。毎晩銀座でしぶしぶ豪遊してそう。社長もつらいよなー

しずかちゃんのお風呂シーンもありました。しずかちゃん ちょっと聖人化しすぎかな? あの女はもっと腹黒いよ。のび太もドラちゃんも思い通りに操る魔性の女だよ(旧海底奇岩城とか)。
設定上、ドラミの出る幕がなさそうなのが残念。

基本的に知ってる話ばかりなので表現の方に注目するしかありませんでしたが、それなりに楽しめました。

2014/8/9 Saturday

ダイバージェント

Filed under: - dekaino @ 21:01 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ若吾с潟のはてなBookmark被リンク数

ダイバージェントを観ました。
100年後のシカゴが舞台の未来SFです。過去に厄災があって人類がほとんど滅びてしまい、シカゴの外に人類がいるかどうかも分からないような世界設定で、分類するならディストピアものです。

生き残ったシカゴの人々は5つの派閥がある社会体制で生きています。この5つの派閥に属せない人々はホームレスのような生活を送るしかありません。
主人公の少女は生まれ持っての特性が複数の派閥に向いている異端者(ダイバージェント)で… というストーリー。

ちゃんとSFになっているのですが、現代アメリカの社会構成を知らないと面白く気がします。
主人公が生まれた無欲はアーミッシュみたいな敬虔な宗教心に基づく強い戒律に従う超保守コミュニティ。でもなぜか宗教臭い無欲がシカゴの政治指導層の役目を担っていて、それを面白く思わない博学派閥が勇敢派閥を利用して政権奪取を狙うというのが主な筋立てです。

進化論なんか認めたくない宗教中毒のような平均的アメリカ人の妄想があふれています。
科学技術を開発する博士みたいな類の連中は悪賢くて信用できない。そして軍そのものは悪ではないが愚かなので博士たちに騙されているんだって思想です。食糧を生産しているはずの平和派閥がほぼ空気ってのがまた興味深いです。また弁護士とか法律担当が、博学には含まれず、高潔派閥っていうのもアメリカ社会っぽい。

SF的ギミック描写にはいろいろ穴がありますが、青春ドラマとして考えるとまぁまぁよくできています。若い少女が年上のお兄さんに初恋しちゃうけど、簡単には誘惑に負けずに貞操を守る系ですね。明らかにターゲット層が宗教右派なんだよなー。
日本のマイルドヤンキーな若者にはウケが悪そうな話ではあります。

2014/7/26 Saturday

思い出のマーニー

Filed under: - dekaino @ 22:26 このエントリをはてなブックマークに追加 冴若爾里呂討Bookmark被リンク数

思い出のマーニーを観ました。ジブリの最新作で、監督は米林宏昌です。

原作の設定を変えてイギリスの話なのを北海道の話に変えてきてます。そのためいろいろ無理が出ているようです。

自分は予告編ではてっきり湖沼のほとりを舞台にした話だと思い込んでいたのですが、なんとこれ海辺の話なんだってよ。あんな船着き場がある構造のお屋敷が海っぺりにあったら台風とか高潮のときに床上浸水必至ですよ。ものすごく驚きました。

また、JR北海道の描写が多く、これはJR北海道とキャンペーン組むつもりで作ったんだろうなと思わせます。ところがJR北海道は不祥事の連続でとてもキャンペーンなんか打てる状況でもなく、鈴木敏夫Pの読み間違えってところでしょう。JR東日本が細々と連携企画をやっているようですが、今までのジブリ作品としては非常にプロモートが弱いと言わざるを得ません。

舞台の変更以外にもいろいろ変更があります。主人公が釧路に来る理由も原作ではドイツの空襲から非難するために田舎に疎開(なんと第二次世界大戦中の話なのだ!)ってところを、主人公の持病のぜんそくの治療のためって変えてきてます。
でも、劇中の町がぜんそくにいいとはとても思えません。人口がかなり多くて寒村どころかちょっとした中核集落の規模でみんな自動車に乗っているし、近くに太いバイパスも通ってます。決定的なのは漁船がたくさんある漁港に真ん前ということ。船舶って環境規制が自動車より全然ゆるいザル状態なので非常に排ガスが汚い。あんなに漁船があったら札幌より相当汚い空気のはずですよ。ありえない。

まぁここは本人はぜんそくの治療のためと信じているけど、実は精神的な病気の治療のためだったと深読みすればまぁ納得できるんですけどね。だって主人公は幻覚みすぎですよ。しかも幻覚みた後は失神して倒れるのが癖になってるし、本人に病識がないだけで間違いなくヤバいです。

カラフル並みのサイコ映画なのかもしれません。幻覚コワイデスヨォ。

正直いって内容は中学生より上向きです。宮崎監督作品なら演出や動き表現とかで小学生も楽しめるんでしょうが、本作は無理。小学生に見せたら退屈すること間違いなしです。
そういう意味では、安心のジブリブランドとは言えなく作品となっていて、ジブリという会社が曲がり角に立たされているということかも知れません。

2014/7/21 Monday

プレーンズ2/ファイアー&レスキュー

Filed under: - dekaino @ 0:08 このエントリをはてなブックマークに追加 若潟2鐚<ゃ≪種鴻ャ爾里呂討Bookmark被リンク数

プレーンズ2/ファイアー&レスキューを観ました。プレーンズの続編です。カーズはピクサー作品だけど本作はディズニートゥーンズ作品です。よって併映の短編はありません。
今度はレースではなくて森林火災を消火する消防隊の話です。

前作より各キャラの過去が深掘りされていて面白いと思います。
特に消防隊の隊長のブレードが人気ドラマCHoPs主演の元俳優という設定が面白い。CHoPsですよ、あのジョン&パンチとかパンチ&ボビーのCHiPsのパロディ。テーマ曲もオリジナルと同じ。まさにおっさんホイホイ。

これだけでも見る価値があります。
子どもも大人も楽しめる作品です。

2014/6/23 Monday

イオンカードセレクト解約までの苦難の道1

Filed under: - dekaino @ 20:16 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟若祉茹g障сc1のはてなBookmark被リンク数

イオンシネマの割引劣化の続き

イオンカードセレクトの解約は遠く険しい道なのだ。
まずは解約する書類を入手するため、コールセンターに電話するところからスタート。
しかし、これが全然つながらない。

「しばらくおまちください」との自動音声に待たされること10分以上!
全然出ません。

なんとかオペレータが出たのは電話かけてから15分後。
まずは本人確認の質問。そして書類送付の案内とスムーズに話がすすみました。
どうやらたくさん書類フォームを送るので記入の上送り返せ。また居住地を証明する公的書類も要るとか言ってました。

まずは書類が届くのを待つしかありません。

いつになったら解約できるかな?

2014/6/15 Sunday

ポリス・ストーリー/レジェンド

Filed under: - dekaino @ 22:31 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻祉鴻若/吾с潟のはてなBookmark被リンク数

ポリス・ストーリー/レジェンドを観ました。原題は「警察故事2013」です。

ジャッキー=チェン(成龍)主演のポリスストーリーシリーズの最新作です。
最近ありがちな若手の助演がいるわけでなく、完全にジャッキーが主役、そして敵役は劉イェ。
舞台は北京の繁華街にある高級バー 武[口巴](武さんのBar)。香港じゃなくて北京市中です。ハリウッド映画にも出るし中国本土の映画にも出るジャッキーの変幻自在さがわかります。
ほとんどの話はこの高級バーの中で進行するのですが、これが資本主義にまみれた退廃的なバーで、中国の風俗の資本主義化を強く感じさせます。中国人を観客と想定した中国映画でコレかー という感じ。

娘役の景甜(ジン=チェン)25歳が大変かわいい。

ストーリーはよくできた警察ドラマ。なかなか見ごたえがあります。ラストの地下鉄のシーンもすごい迫力です。たしかにこれは中国でヒットしたのも納得の出来栄えです。

2014/5/18 Sunday

言の葉の庭

Filed under: - dekaino @ 20:42 このエントリをはてなブックマークに追加 荐綺のはてなBookmark被リンク数

新海誠の言の葉の庭アミューあつぎ映画.comシネマで観ました。

アミューあつぎ映画.comシネマは、2008年に撤退したパルコ厚木店の建物を再利用して2014年にリニューアルオープンした商業行政施設アミューあつぎにあります。パルコ時代はテアトル厚木という映画館だった上映施設を再利用しています。
テアトルが復活するかと思ったら、別系列の映画館が入ってきました。映画以外にも落語の寄席もやってるようです。
座席そのものはパルコ・テアトル時代と同じで、情勢設備だけデジタル対応にしたようです。
オープニングセールなのか、いまは1000円とか800円の安い料金で映画が見られます。まぁ小さい設備なので1800円とったらよほどの渋い上映タイトルセレクションじゃないと客は来ないでしょうね。
(そういえばテアトル時代にキリクと魔女をここで見た記憶がある…)

800円で新海誠のだれかのまなざし言の葉の庭を上映するというので観てきました。

だれかのまなざしは不動産屋の企業イメージ広告的な作品で6分間の短編です。ひとりですべてを作ってしまう新海誠スタイルにはあってる企画と言えるでしょう。
新海らしくキャラより背景命という絵作りで、ストーリーもそれなりにひねってあります。
猫好きにはたまらない作品でしょう。

そして45分間の中編の言の葉の庭は、ちょっとインモラルな要素を交えた青春恋愛ものというか、いまこういう企画ってなかなか難しいんだろうなってポイントをついた作品です。東宝の企画なので製作費は結構出てたのかな? スタッフ沢山使ってます。そういう意味では普通の多人数製作アニメです。
本作が実写映画だったら撮影許可は難しかったかも? まぁ東宝様が全力でやればできないことはないか。

最後に新宿御苑ではアルコール持込み禁止ですって注意書きが出てくるのが笑えました。

2014/4/27 Sunday

神様のカルテ2

Filed under: - dekaino @ 22:44 このエントリをはてなブックマークに追加 腑罕2のはてなBookmark被リンク数

神様のカルテ2を観ました。前作の神様のカルテの世界観をそのまま引き継いだ続編です。

前作と比べて、畑いじりシーンは出てこず、宮崎あおいもご懐妊ということもあり趣味の撮影旅行はなし、全体的に田舎生活の描写はマイルドになっています。宮崎あおいの出番も前作同様少ないです。
今回のタイトルのカルテは上司のおじいちゃん先生が書いたものなので、なんでこんな近代設備のある病院で手書きのカルテ?!という違和感は薄いです。あー爺ちゃんだからなぁ しょうがないなぁ でも老害と呼んだらかわいそうだなぁ 程度の感想ですみます。

しかし、他人に引き継ぐために数日間手直ししないといけないカルテって本気でダメダメだと思うですよ。いきなり倒れたって即引継ぎできる状態のものを書いておいてこそ神様のカルテでしょうに。医者の不養生で自分の命を削って作業した程度で神様って言っちゃあいけないと思います。

ゲストキャラの藤原竜也と吹石一恵の別居医者夫婦は、子持ち女医の労働環境の話に踏み込みますが、前作同様生活に不安がないお金持ちしか出てこないぬるいドラマなので、キレイ事で終わってて残念。ノラ妊婦とか存在しない世界のお話ですからね。リアリティはありません。

作り手は老人層にあてたメッセージを発信しようとしているが、観客は櫻井君目当ての和解の女性ばかりというアンバランスさがビジネス的に面白くていい作品です。
今回も興行成績よかったら第三弾もあるかも知れません。

2014/4/13 Sunday

ロボコップ(2014年)

Filed under: - dekaino @ 21:37 このエントリをはてなブックマークに追加 潟(2014綛)のはてなBookmark被リンク数

ロボコップ(2014年)を観ました。1987年に大ヒットしたロボコップのリブート版です。
旧作では、着任直後は完全に人格を否定された状態だったのにだんだんと人間性を回復しているというドラマでしたが、本作では最初から人権も人間性も備えているという設定。もちろん人間性を持っているからこそむしろ苦悩は深いわけですが。

相棒のルイスも白人女性から黒人男性に変わってます。本作のロボコップは黒が基調のデザインなのですが「これでお前も俺と同じBlackの仲間だ」ってシャレのためだけに沿う設定されたのか?

前作は技術先進国ニッポンという感じで日本のプレゼンスがすごかったのですが、本作は時代でしょうか? 中国にとってかわられてます。MGM(Sony Picures)作品だけどソニー製品出てこないしね。

冒頭が米軍に制圧されたテヘラン市街から始まるシナリオ、世界市場を見てないというか、少なくとも西アジアは捨ててますね。なんというか旧作に比べグローバル視点がなくなり、企画が米国国内しか考えていない風に思えます。大統領の拒否権とか知らないと理解できないストーリーだし。

人間パーツが入ってない戦闘アンドロイドが活躍しないのが残念。普通は完全ロボットの方が強そうだよね。人間乗ってる方が全自動機より強いのはガンダム世界くらいですよ。

小粒なアクション作品。ストーリー的に続編を出す余地は十分にありますが、興行収入次第でしょう。

2014/3/30 Sunday

映画料金が1100円に

Filed under: - dekaino @ 12:05 このエントリをはてなブックマークに追加 紙1100のはてなBookmark被リンク数

各種サービスデーで1000円だった映画料金が2014年4月1日より消費税8%upに伴い、1100円になるそうです。

これって便乗値上げじゃないか?
いままで、953円(税抜) + 47円(消費税) だったわけで
単純に消費税8%なら、953 + 76円(税) = 1029円 のはず。
なんか便乗して71円も値上げされているよ。いったいなんなんだ!
しかも映画館業界一斉値上げってカルテルじゃないの??

などと文句を言っててもしょうがありません。
消費税8%に一緒にサービスデーの条件が変わったところもあります。
たとえばイオンシネマは大胆にもレディースデイ廃止ですよ。男気あふれてますね。

1100円でみられる条件リスト (2014年4月1日以降)
日付系
毎月1日 全系列
毎月5日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)
毎月10日 109シネマズ
毎月14日 TOHOシネマズ
毎月16日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)
毎月19日 109シネマズ (ポイント会員のみ)
毎月20日 MOVIX
毎月22日 109シネマズ(男女ペア)
毎月27日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)

曜日系
月曜 コロナシネマ(男性) イオン
火曜 MOVIX(女性)
水曜 シネプレックス(女性) 109シネマズ(女性) TOHOシネマズ(女性)
木曜 MOVIX (男性) コロナシネマ(男女ペア)
金曜 コロナシネマ(女性)

時間帯系
午前初回 コロナシネマ

FROZEN (邦題: アナと雪の女王)

Filed under: - dekaino @ 10:13 このエントリをはてなブックマークに追加 FROZEN (蕁: ≪絅括)のはてなBookmark被リンク数

ディズニーのFROZEN(邦題: アナと雪の女王)を観ました。
アンデルセンの雪の女王を原案に大胆に翻案した作品で、もはや原型はとどめていません。
原作の主人公の少女の名はゲルダ、少年のはカイですが、本作ではゲルダはアナに改名、カイに当たる少年は出てきません。

主人公のアナの相手役のイケメンは2人。南の島の王国からきたハンス王子と、地元アレンデール王国の山奥で氷を切り出して売ってるクリストフです。おそらく、二人の名前は原作者のハンス=クリスチャン=アンデルセンのファーストネームとミドルネームからきています。

ハンス王子

上の画像がハンス王子。いかにもディズニーらしいイケメンですね。

以下ネタバレです。

後半クライマックスに至る直前まで、アナとハンスはいい雰囲気で、ハンスはアナから託されたアレンデールの国政を真面目にこなしながら、アナの帰りを心配しながら待つ好青年だったのですが、実はハンスは政治的野心でアナの恋心を利用していただけの悪者だったというオチ。本作での唯一の悪者として、監禁されて南の島の本国に強制送還されてしまうのでした。

たしかにアナに対して真実の愛を持っていなかったハンスはディズニー的文脈では悪役なのでしょう。しかし、それがそんなに悪いのか? ハンス王子は十分に誠実です。

そもそも、王子と王女の結婚なんて政略という文脈なしには語れるはずもなく、そこに真実の愛を期待する方が不誠実です。
ハンス王子は託されたアレンデール王国を立派に差配してきたし国民からの信頼されていました。もちろん将来の自分の王国になるのだからいい加減なことはできないという考えでやっているのかも知れませんが、国民にとってみればちゃんと仕事をする王は良い王です。

ハンスがアナを見捨てた時の直前、アナは姉エルザが自分を傷つけるはずがないと思っていたがやはり違ったとハンスに語りました。この時ハンスは思ったのです。「この女ヤバイ 王族の器じゃない 間違いなく国を滅ぼす亡国の王女だ」と。
王家の人間が必ずやると言った発言は簡単に取り消しにできないこと。そしてそのような発言を根拠もなく自分の思い込みだけでやってしまうこと。そして王族の結婚に真実の愛があると信じ込んでいること。どれひとつとってみても王女の器ではありません。現実的な視点で悪者なのは実はエルサ女王とアナ王女の姉妹の方に違いありません。こんなのに治められる国民の方がたまったもんじゃないですよ。
ハンスを強制送還した数か月後には、ああやっぱりハンス王子がよかったと国民の不満爆発。革命がおこり、アレンデールが共和政に移行するのが目に浮かぶようです。

もう一点ディズニー視点からもハンス王子が悪者ではない証拠があります。
クリストフはトナカイと非常に仲がいい。動物と仲がいいのは善人というのは白雪姫の昔からのディズニー伝統のお約束です。これと同様にハンス王子も愛馬と非常に仲がよく、心が通い合っています。これだけでもハンスは悪者ではないと断言できるでしょう。

間違いなく製作されるであろう続編にハンス王子が再登場することを期待しています。
「まだだ、まだ終わらんよ」

2014/3/22 Saturday

清水崇版魔女の宅急便

Filed under: - dekaino @ 8:15 このエントリをはてなブックマークに追加 羝羂翫薛絅潟絎ヤ梢のはてなBookmark被リンク数

清水崇監督の実写版魔女の宅急便を観ました。
宮崎駿のアニメ版とは直接関係はなく、角野栄子原作を実写映画化としたという体裁です。
もちろんヤマト運輸協賛、配給はアニメ版と同じ東映です。

ちょっと色物臭がする企画は東映向きですね。
舞台は日本の小豆島。脚本の奥寺佐渡子が前にやった八日目の蝉つながりでしょうか? 二十四の瞳でも有名な島です。瀬戸内海の離島独特の異国情緒が、本作の世界観にマッチしています。島と島の間のお届け物は空を飛べる魔女向きの仕事と言えるでしょう。なかなか説得力があります。

小芝風花と尾野真千子
小芝風花(キキ)と尾野真千子(おその)

主演の小芝風花は元気いっぱい系の少女。女優の実力もなかなかのものです。
目立ちませんが、長回しのシーンが多用されていて、アドリブもあるのでしょうがかなりの演技力がないと無理。特に小学校でのトンボとの会話シーンはかなーり長いのをノーカットで撮ってて、撮影時の緊張感がスクリーンを通して伝わってきます。
こういうライブ感覚はアニメではありえない実写だけのもので、この点で本作は成功だと思います。
興行的にもかなり客の入りがよいようです。

動物のCGはいまいち違和感があるけど、これはわざと?
ちなみにジジの恋人猫は出てきません。

2014/2/16 Sunday

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-

Filed under: - dekaino @ 23:57 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 TIGER & BUNNY -The Rising-のはてなBookmark被リンク数

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-を観ました。-The Biginning-の続編です。

思いっきりマーケティング戦略が詰め込まれたアニメ映画の登場です。
前作と異なり、初見の人でも置いてきぼりにならないように冒頭に世界観設定の説明パートがあります。んー親切。前作の苦情をちゃんと取り入れてますね。んークレバー

新キャラも登場。癖が強く敵でも味方でもない感じが新しいのか?
いろいろな要素が詰め込まれてますが、基本ラインはNEXT能力が減退しつつある主人公の虎徹の第二の人生(?)のストーリーです。ハンドレッドパワーがたった1分しか持たなくなってもヒーローを続けることができるのか? それともやはりヒーロー引退となってしまうのか?! そういう話です。
しかし、スーツの助けがあるとはいえ能力発動なしでスパイダーマンの真似事ができるんだから基本の身体能力がすでに常人離れしている気もしないではないです。それがさらに100倍だからすごいのか? (どうも100倍 100倍言ってるとあかぬけ一番を思い出します)

結局はあってもなくてもいいエピソード、外伝的ストーリーにおさめるあたりもマーケティング戦略なのでしょうか?
本作の売上次第ではさらに劇場版続編やTVシリーズ続編もあるのでしょうが、もう二次版権同人トレンドからは外れてしまっている気もしないでもないです。このままフェイドアウトしてしまうのか? さてはてどうなることやら。

2014/2/9 Sunday

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―

Filed under: - dekaino @ 21:49 このエントリをはてなブックマークに追加 BUDDHA2 紂羃肢腟のはてなBookmark被リンク数

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―を観ました。これまた副題が長い。
手塚治虫のブッダを三部作として映画化する企画の第2弾。手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しくの続編にあたります。

シッダルタが出家したから悟りを得て仏陀となるまでの時間軸の話です。サブエピソードとしてコーサラ国のルリ王子を中心とした話が挿入されています。前作同様、宗教的要素は極力排除されており、せいぜい「あなたには生まれてきた役割があるので生きてよい」くらいのメッセージしか言いません。もちろんバラモンとサモンの敵対関係とか出てきません。
そういった意味では幸福の科学の宗教映画には劣るのですが、腐っても東映アニメーション。アニメ的には頑張って作ってあります。

まぁそれでも駄作っぽいのですが。木下工務店はもうちょっと尖った作品に出資すべき。同じ東映作品ならヌイグルマーZに金を出した方が木下らしいと思います。

本作で釈迦入滅までやってしまう選択もあったと思いますが、覚悟のシーンまでで終わり。東映アニメーションは本気で3作目を出す気っぽい。大丈夫なのか? 人ごとながら心配です。

2014/1/19 Sunday

劇場版黒執事

Filed under: - dekaino @ 21:29 このエントリをはてなブックマークに追加 雁藥隙のはてなBookmark被リンク数

劇場版黒執事を観ました。人気マンガが原作とのことですが未読です。
ひさびさの水嶋ヒロ主演ですよ。研音をクビになったときにやってたBECK以来なのかな?

魂を渡すという契約で呼び出した悪魔を執事として使役するという設定ですが、悪魔にしては非常に普通です。確かにちょっと標準より頭が切れて身体能力が高いようですが、空を飛んだり口から火を吐いたりするわけではありません。そういうSF的効果なしにひたすらアクションだけで攻めるあたりがむしろ新鮮で面白いです。超能力バトルっていまどきありふれてて飽きられてるし。
ゴーリキさんは普通に演技してましたね。笑わなきゃ特に問題ないみたい。
ただ男装しているメリットがよくわかりませんでした。原作がそうだからってだけなのかな?

水嶋ヒロいいですね。アクションきれきれです。レベルの高いアクション映画に仕上がってます。

2014/1/12 Sunday

ゼロ・グラビティ

Filed under: - dekaino @ 8:35 このエントリをはてなブックマークに追加 若祉違のはてなBookmark被リンク数

ゼロ・グラビティを観ました。
衛星軌道にあるハッブル望遠鏡の修理作業をしていた宇宙飛行士が事故にあうサバイバルもの。
正直科学考証的にはトンデモだらけのご都合主義ではあります。
着水ポイントが淡水湖(カエルがいたから淡水なのは確実)なのも都合よすぎ。
中国のステーション名が天安門なのはシャレをきかせ過ぎ。後100年経って宇宙卓球が普及する時代になってもそんな命名できないですよ。

しかし、3D映像としてはなかなか真に迫る説得力があります。ぜひ3D大画面でみてほしい作品。

2014/1/5 Sunday

ウォーキング with ダイナソー

Filed under: - dekaino @ 6:08 このエントリをはてなブックマークに追加 若潟 with ゃ純爾里呂討Bookmark被リンク数

ウォーキング with ダイナソーを観ました。
BBCの自然ドキュメンタリー部門の科学考証された恐竜の生態再現CG映画です。
NHKの「ダーウィンが来た」みたいなノリとはちょっと違って、再現ドラマパート100%となっていて、普通のドラマとして楽しめます。教材臭いところは、せいぜい出てくる生物の学名が毎回説明されるぐらい。
まぁストーリーは月並みで特にいうことはありませんが、CGで再現された恐竜はすごいです。

それにしても、冒頭と最後の現代アラスカのパートは要らないと思うですよ。まさに蛇足ってコレだわー。

2013/12/29 Sunday

プレーンズ

Filed under: - dekaino @ 23:02 このエントリをはてなブックマークに追加 若潟困里呂討Bookmark被リンク数

プレーンズを観ました。
ピクサーのカーズシリーズの世界観で自意識を持つ飛行機の話です。
もう成功が約束されている安心感があります。本編前の予告編で早くもプレーンズの続編の宣伝をする始末。

今年の冬の子供向け番組で一番にお勧めの作品だと思います。

2013/11/17 Sunday

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海

Filed under: - dekaino @ 22:47 このエントリをはてなブックマークに追加 若激若祉吾c純潟潟鴻腑:薛羌靴里呂討Bookmark被リンク数

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海を観ました。パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010)の続編です。

前作もゆるい感じでしたが、本作はもっとゆるいです。今度はホメロスのオデュッセイアを元ネタにパーシー一行が黄金の羊毛を探しに行くというストーリーです。なんと黒海の最奥のコルキスではなくバミューダトライアングルの小島にあるという無茶苦茶さ。しかもその小島は遊園地の廃墟というぶっ飛び具合がいいです。
もはやギリシャ神話との絡みは西遊記とドラゴンボールのつながりくらいしかありません。

ダジャレも乱発。ギリシャ神ヘルメスのネクタイは当然エルメスだとのこと。なんだかなー。電車男のヒロインでもニュータイプ専用モビルアーマーでも何でも来い。

クレジットで使われる文字がギリシャ文字やキリル文字を強引に似てるラテン文字の代わりに使う、たとえばΛ→Aってのは本当にバカみたいだからやめてほしい。なんと日本円の通貨記号¥までもYの代わりに使われてましたよ。見慣れぬ文字なら何でもいいのかよ!

小中学生向けのレベルのゆるい冒険譚にお似合いのゆるい演出が満載でした。

2013/10/26 Saturday

怪盗グルーのミニオン危機一発

Filed under: - dekaino @ 20:51 このエントリをはてなブックマークに追加 違若喝掩筝困里呂討Bookmark被リンク数

怪盗グルーのミニオン危機一発を観ました。怪盗グルーの月泥棒の続編です。
原題はシンプルに"DESPICABLE ME 2″。何の工夫もありません。

前回改心して怪盗稼業を辞めたグルー。今度は秘密国際組織の依頼を受けて犯罪防止活動に取り組むが…ってストーリーですが、基本的に色恋沙汰のお話です。つまり、グルーの婚活?
というか、養子にした孤児3姉妹のツンデレ長女にボーイフレンドができてしまいます。
ツンデレなりにツンツンデレデレしてますよ。声は前作から引き続きハーマイオニーの吹替えで有名な須藤祐実です。

グルーとマーゴ(長女)、アグネス(三女)、イディス(次女)
中央の眼鏡っ娘が長女のマーゴ

地味にロングラン上映しているので、それなりに興行収入は稼いでいそう。もしかしたら次回作もあるか?

それにしても、グルーの強烈な母親を考えるとグルーのお嫁さんになる人は大変だと思いますです。

2013/10/20 Sunday

フローズン・グラウンド

Filed under: - dekaino @ 8:27 このエントリをはてなブックマークに追加 若冴潟祉違潟のはてなBookmark被リンク数

フローズン・グラウンドを観ました。
1980年代にアラスカで本当にあった連続殺人事件の再現ドラマ映画です。

実話ベースの猟奇ストーリーはやはり面白いです。北国の陰鬱な雰囲気はアメリカでも同じみたいです。
映画の中で自動車の中から州警察と電話で話すシーンがありますが、1983年当時にはまだ自動車電話や携帯電話はなかったはず。これ実はPhone patchです。
市民無線(CB)またはアマチュア無線(HAM)で電話回線交換局と通信して電話に接続してもらう仕組みですね。日本では異本だったけどアメリカでは条件付きで合法でした。なつかしい。

あと、アメリカの裁判制度に詳しくないとちょっと検察がビビってる理由が理解できないかもしれません。アメリカは日本と違って本当の推定無罪なので、刑事裁判で無罪判決が出ると検察側はもう控訴・上告できず無罪が確定します。後から決定的証拠が出てきても一事不再理でもうその案件では有罪にできません。刑罰は国家権力による暴力だから慎重に慎重を重ねてもやりすぎることはない。100件有罪にできなくても1件の冤罪を防ぐという発想です。
だから、検察は証拠がきっちりそろわないと起訴したがらないわけです。

再現ドラマなのでややご都合主義的に話が進みますが、それなりに真実味があります。
実話系映画が好きな人は満足できる作品。

2013/8/18 Sunday

ワールド・ウォー Z

Filed under: - dekaino @ 10:09 このエントリをはてなブックマークに追加 若祉 ZのはてなBookmark被リンク数

ワールド・ウォー Zを観ました。ベストセラー小説の映画化らしいのですが原作本は読んでいません。
タイトルのZはゾンビのZ。あえて訳すなら「ゾンビ大戦」ってあたりですか、かなり低予算な安っぽい存否映画っぼい響きになってしまいますが。

本作のゾンビも最近のトレンド通り、素早いゾンビ、走るのも飛ぶのも人間より能力が上です。ただし近くに生きた人間がいない場合はロメロのゾンビみたいな立ち止まったりゆっくり移動したりするだけです(休眠状態らしい)。

本作はゾンビ映画なのだけど、ホラーではありません。基本的にゲーム仕立てで、主人公がすべきミッションが書くシーンごとに与えられ、それを達成していくという親切なシナリオ。いきなりキーとなる人物が死んでしまってさぁどうするって導入部がいかにも今風なPCゲームっぽいストーリーです。

かなりロジカルに設定や問題解決をしていくのですが、つつこうと思えばいくらでも穴はありますね。
そもそも人口が集中してない郊外や農村部では問題にはならなそうだし。
ゾンビは知能はないようなので、幼児が開けられないようなベビーゲートレベルの障害を置けば簡単に隔離できると思うんだけどねえ。でかい壁つくるよりベビーゲートでしょ。

とにかく長城は公共事業のネタにはなれども実行は薄いってのは中国史でもパシフィック・リムでも実証済みです。

これゾンビ禍をうまく抑えて人間文明が世界を取り戻したとしても、その後の戦争やテロ攻撃の手段として、ゾンビを群集に放り込むって手口が普及しそうで嫌な感じではありますね。イスラエルにてきめんに効くんだからアラブ過激派がやらないわけがない。もう明るい未来はないのかも?!

それにしても、24時間以内に全国民の歯を抜いた北朝鮮のクレバーさには脱帽でした。

パシフィック・リム

Filed under: - dekaino @ 9:10 このエントリをはてなブックマークに追加 激c祉のはてなBookmark被リンク数

パシフィック・リムを観ました。
熱いロボット映画です。敵は怪獣です。やつらは太平洋の深海からやってきます。
ふたり一組のパイロットが巨大ロボット兵器イェーガーに乗りこみ怪獣と戦います。環太平洋諸国それぞれの特色がでているロボットもいいです。ガンダムファイトのモビルファイターをIL&Mの3D技術で作ったらこんな感じになるんでしょう。

いろいろな点で日本のロボット作品へのリスペクトが見受けられますが、怪獣オタク博士と数学バカ博士の漫才は、マジンガーZの三馬鹿博士のオマージュだよね。最近こういう専門馬鹿な博士って減って寂しかったけれど、久々に強烈なのキターという感じです。

ヒロインが日本人など日本関連の話も出てくるけどやはり中国が強烈に意識されています。興行的にも中国人にサービスした方がお得だしね。最終決戦地は香港。ここらもGガンダムっぽいです。

怪獣の肉や皮膚や角、あまつさえ寄生虫までも食材や薬種にされるというあたり、ハリウッドがつくる変な中国ネタなのかな。あと、中盤以降、怪獣対策は巨大な壁(グレートウォール)を海岸線に建築して侵入を阻む方向に転換されて、巨大ロボット兵器は過去の者になっていくという流れになるのだけど、中国三千年の歴史が示す通り、堅牢な長城をいくら作っても最終的には異民族の侵入を防げないってあたりも中国あるあるネタなのかもしれません。

ストーリーは非常に詰め込み過ぎな感じ、2クールだか4クールのテレビシリーズを劇場作品に詰め込んだような密度の濃さがあります。スピンオフしてテレビシリーズ作るのもいいかもしれない。でも予算的に無理かなぁ?

2013年現時点でCGを駆使した怪獣特撮映画で最高峰のひとつと言える作品です。

2013/8/3 Saturday

宮崎版 風立ちぬ

Filed under: - dekaino @ 10:39 このエントリをはてなブックマークに追加 絎經 蘂腴<のはてなBookmark被リンク数

宮崎版 風立ちぬを観ました。
宮崎駿ブランドの劇場作品として3つの新しい経験をしました。

1. はじめてデジタル上映で宮崎作品を観た。
 やはり違和感があります。フイルム映写機のぼやけた味が宮崎作品にはあっていたのではないかな。しかし現状の映画上映体制で新作のフイルム配給というのはありえませんから、どうにもなりません。ビデオ撮影の水戸黄門をみたときの気分に似ています。

2. 脚本宮崎駿の作品なのにちゃんと構成がある! 省略的表現が多用されている。
 これは画期的。出来なかったわけではなく今まではあえてやらなかったのだ! と言いたいのでしょうか? 幕間の間の部分があるのは新しい。
 でも宮崎ブランドがなければただの凡庸な構成ではあるのですが… ティム=バートンばりの夢見心地な筋が通らないファンタジー演出とはだいぶ違います。

3. 老人向け作品である。
 あくまでも子供向け、せいぜい青年向けだった従来の視聴層を完全に裏切って、黄昏流星群やら釣りバカ日誌やらが好きそうな老人層に向けてメッセージを出してます。

ラストシーンで泣けるという宣伝がされており、たしかに若い観客の中には泣いてる人もいたのですが、私は涙のなもでてきませんでした。若くして病死したヒロインと遺された主人公の話ですが、幸福であれ不幸な要素はないですもん。人はいつか必ず死ぬのだからどうせ死ぬならこのように美しく死にたい。そして残された人間も引きずらずに「生きて」ってお話ですから。むしろ泣いて悲しんだら菜穂子の意に反すると思います。

どんどん死別により旧い友や親族を失っていく老人にハートに突き刺さる映画だと思います。

あと堀越二郎をだいぶ持ち上げていますが、彼の作品は工芸品としては優れていても兵器としては微妙だったと思ってます。
たとえば沈頭鋲は、技術じゃなくて生産に携わる職人の技能に依存しているわけで。民間企業の三菱としては、海軍が勝手に設計図を競合企業にまわして生産させようとしても、沈頭鋲の技能をもつ職人を囲い込んでいる三菱でしか生産できないって構図は都合がよかったんでしょうけど。
やはり工芸品で戦争するというのは無理筋で、あくまでも工業製品として生産性がよくないと勝てなかったんだと個人的に思っています。

2013/7/30 Tuesday

牙狼外伝 桃幻の笛

Filed under: - dekaino @ 10:52 このエントリをはてなブックマークに追加 弱篌 罅綛祉膃のはてなBookmark被リンク数

牙狼外伝 桃幻の笛を観ました。タイトル通り牙狼シリーズの外伝で、牙狼をはじめ魔戒騎士は出てきません。魔戒法師が戦うお話です。

魔戒騎士は男しかなれないが、魔戒法師は男女どちらでもOK。しかし本作の魔界法師は100%女性。敵も女性。ボスキャラも♀。まさにキューティーハニー的バトルアクション映画です。

邪美(佐藤康江)と烈火(松山メアリ)のダブル主役体制。
邪美ねえと呼ばれているが中国武侠ものなら邪美大師姉か邪美姑ですな。ものすごい存在感があります。必要以上にあふれるサバサバオーラが逆に怖い。ウルトラマンネクサスの時よりパワーアップしてる。
烈火は相変わらず太ももムチムチでよいです。
ゲストキャラの阿妓(アギ)と麻妓(マギ)もいい味だしてます。

舞台は異世界オンリーで人間界はほぼ出てきません。その意味でホラーから人を守るというよりは身に降りかかった火の粉を払うってストーリーになっています。まぁ外伝なのでここで重要な話をやるわけにもいかないのでしょう。

牙狼 〜蒼哭ノ魔竜〜に比べて、上映館がとても少ないのが残念。コロナとかパチンコ屋なんだからお世話になってる牙狼シリーズに恩返しして全館で上映してもいいんではないのか? ジブリ大作と公開時期がかぶってるのが問題なんだろうなぁ…

とにかく女子アクションを極めてやるぜとばかりにアクションの連続がテンポよく続く作品です。

2013/7/29 Monday

SHORT PEACE

Filed under: - dekaino @ 23:28 このエントリをはてなブックマークに追加 SHORT PEACEのはてなBookmark被リンク数

SHORT PEACEを観ました。大友克洋とそのお友達がつくる4つの短編のオムニバスアニメ映画です。
作画に気合が入っているのは当然として、ストーリーも結構面白いと思いました。4作品はまったく別のもので関連性はありません。しいて言えば日本が舞台で富士山が出てくる以上の共通性はありません。

最終話の「武器よさらば」はいかにも大友の80年代の作品。しかし武器とか戦闘シーンは現代風にリファインされています。兵隊の一人の声が二又一成で、いかにもすぐ死にそうな感じ。ダグラムやボトムズでは名のないキャラですぐ死ぬ奴の声は100%二又という死相ボイスだったのを思い出しました。
コイツいつ死ぬのと思いながらみてたのになかなかしぶとくて裏をかかれた気分です。

マニアックな作画マニアかジャパニメーション好きにおすすめ。

2013/6/30 Sunday

アフターアース

Filed under: - dekaino @ 22:04 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪帥若≪若垢里呂討Bookmark被リンク数

アフターアースを観ました。
人類が地球を放棄してから1000年後の時代、将軍とその息子が無人の地球に不時着してサバイバルするというストーリー。
SF仕立てではありますが、SFというかサバイバルものとしてはリアリティはゼロです。
本作は父と息子の親子関係を主題としてファンタジー作品だと思ってみるのが正しい姿勢と思います。

タイトルにもある舞台の惑星が1000年後の地球って設定は、全くの無駄設定。遺跡のイも出てこない単なる野生の惑星ですから、惑星ゾラだろうがソロ星だろうかロゴ・ダウだろうが何でもOKっす。

息子を襲うクリーチャーがある意味でウリなんでしょうけどまぁありきたりです。あまりに息子の装備がしょぼいので緊張感だけはあります。
火も使わず、飛び道具も持ってないなんて、未来人のサバイバル能力は縄文人以下ですか?
光線銃とは言わなくても普通にライフル一丁と、チャッカマンと灯油100ccくらいもってけば、野宿も野獣対策も楽勝じゃないのかな?野宿でたき火しろって指示しない将軍の無能さがイタい。

もしかして、人類は1000年後には火もライフルも忘れてしまうのだろうか?

尺が短くてさくっと終わるのはよいです。そういう意味で娯楽作としてはいい作品かも?

2013/6/23 Sunday

エンド・オブ・ホワイトハウス

Filed under: - dekaino @ 15:24 このエントリをはてなブックマークに追加 潟祉祉ゃ垢里呂討Bookmark被リンク数

エンド・オブ・ホワイトハウスを観ました。原題はOLYMPUS HAS FALLEN。OLYMPUSってのは近年粉飾決算がばれてお家騒動になった光学機器メーカーではなくて、ホワイトハウス地下にある核シェルター兼指令所のコード名です。
要は北朝鮮の特殊部隊がうまいことホワイトハウスを占拠して現職大統領を人質にとって大変だぁってお話です。

ハリウッド映画は敵もちゃんと強いって描写するんですよね。日本は言霊信仰があるからストレートに敵が勝っちゃうような表現はあまりされないのだけれど、ある意味でフェアプレイ精神があります。北朝鮮が限られた戦力で見事にホワイトハウスを短時間で掌握していく様子は圧倒されます。まぁそうやって実像以上に敵の脅威を煽って戦争仕掛けるのがアメリカらしい文化ではあります。

占拠されたホワイトハウスの中で唯一自由に動ける見方が、スティーブン=セガールではなくて、元大統領SPチーフだったマイケル(ジェラルドバトラー)ってありがちな展開です。なんだかんだ言っても最後にアメリカが勝つ、この一点だけは外せません。
これが大統領の不適切な交際相手だったりするとまた面白くなるんだろうけどね。数年前に失敗して左遷された元プロが大活躍ってのは、ある種の人々の心に染みるんだろうなぁ!

現実的に考えると、すでに大統領代行が立ったのなら現職というか元大統領は見捨ててもいいんだよね。本当に本作のような事件が起きたらとっとと建物ごと爆破してしまいそう。手をこまねいて様子見なんかしていたら世界中の反米組織がどんどん蜂起してしまうでしょう。

なんて深いこと考えずに、ドンパチアクションを楽しんでみるのが本作の正しい鑑賞法だと思います。

2013/6/2 Sunday

HK/変態仮面

Filed under: - dekaino @ 8:50 このエントリをはてなブックマークに追加 HK/紊篁△里呂討Bookmark被リンク数

HK/変態仮面
HK/変態仮面を観ました。昔のジャンプの連載漫画の実写映画化ですが、かなり再現度が高いです。
マーベルコミックおよびその実写映画シリーズへの愛を感じます。
まさに大人な雰囲気のダークヒーローである変態仮面。しかも高校を舞台とした学園物でもあるという美味しい設定が完璧に活かされています。設定だけ学園物でも学園シーンが出てこない作品は山ほどありますが、本作は徹頭徹尾、学園で話が進みます。

ヒロインの清水富美加もよくやってます。ここまで特撮イロ物女優の色がついちゃっていいのだろうか? 一応ミスマガジンなのにね。

ここまでの完成度を示されると、本作を超えるには永井豪のへんちんポコイダーの映像化しかないかと思って、調べてみたら2004年に河崎実がすでに作ってたんですね。これはこれで面白そう。

チンコをティンコと発音するのは映倫対策でPG15都下にならないようなするためだったらしいけど、そんなのは通り越してただ面白いです。公開劇場数が少ないのが残念だ。

2013/5/26 Sunday

ラストスタンド

Filed under: - dekaino @ 8:51 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻鴻帥潟のはてなBookmark被リンク数

ゴールデンウィークに観た映画です。

ラストスタンドを観ました。JoJoの最新作! ではなくてシュワルツネッガーの主演復帰大作の第一作目です。

良くも悪くも予告編そのまま。いい意味でも悪い意味でもまったく裏切られることはありません。
アメリカの老人そう受けをあざといくらいにねらった保安官映画です。退役軍人とかこういう映画が好きそうです。

十二生肖

Filed under: - dekaino @ 8:39 このエントリをはてなブックマークに追加 篋のはてなBookmark被リンク数

引越しの関係で更新が滞っていました。先月末に観た映画です。

十二生肖(邦題ライジング・ドラゴン、英題CHINESE ZODIAC)を観ました。売り文句は「最後のジェッキーチェン主役大作」ですが、いつもの最後・最後詐欺ですね。最後の〜と言い続けて何十年。あと20年は言い続けることでしょう。
もはや最後というか最新のって意味なんだろうな

今回は中華版インディジョーンズみたいなお話。清末に西洋に奪われた中国の国宝級の十二支神獣の像(もちろん12体ある)を集めて奪還するというお話。と言っても義憤に駆られて働くのではなく、あくまでもビジネス、金のために動くあたりがルパン三世のお宝さがしエピソード風でもあります。

西欧に奪われた宝を取り戻すためなら窃盗上等愛国無罪というノリが完全に中華圏向けの受けねらいの作りだと思います。こういう作品が儲かる時代ってことなんでしょうね。ハリウッドもそのうち中国万歳インド万歳って作品を量産するようになるのかも知れません。

ジャッキーチェンの生身スタントは今回も過激です。気合入りまくりで、確かに久々の本格アクション映画です。屋上から落ちるアクションも健在。それどころかパラシュートなしでスカイダイビングとか無茶しやがって状態です。

清貧じゃないヒーローってのが21世紀の中華スタイルってことがよくわかる作品です。

2013/4/10 Wednesday

ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)

Filed under: - dekaino @ 14:04 このエントリをはてなブックマークに追加  喝お蚊帥ら桁蕕(ャ若吾≪)のはてなBookmark被リンク数

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)を観ました。
水田わさびドラの映画の中ではかなり面白い方だと思います。
藤子F不二雄原作の映画と比べてまるっきりFっぽさがありませんが、これはこれで現代風なのでしょう。
偉そうにしているボスに反抗心を持ちながら従うバイト君が今回のゲストキャラです。F原作では社長と平サラリーマンのような人間関係はあまり描かれないんですよね。どちらかというとフリーの職とか店を構える商売人と客の関係が多い。ドラえもんでものび太のパパの会社の部長やら社長なんて出てこないですから。
どうもこの手の、主人と奴隷、社長とヒラ、館長とバイト君みたいな人間関係は手塚治虫の匂いがします。ペプラー博士が男手ひとつで女児を赤子から少女まで育ててしまうのも手塚テイスト。娘が父に口うるさいのは手塚も藤子F不二雄も両方ありですね。

本作はドラえもんの魅力のひとつのヒミツ道具に焦点を当てた意欲作。はっきりいってヒミツ道具は便利すぎてたくさん出すと話が壊れてしまったり、設定に矛盾が出たりするものですが、今回は巧妙に既存の設定の延長線上でうまく矛盾しないストーリーを作り上げています。
どこでもドアや通り抜けループの類の超空間操作系の道具はブロックが可能ってことがわかっただけでも過去にたくさんあった矛盾ネタが解消されますよ。どこでもドア/通り抜けループのジャミングは窃盗防止のためには必須のテクノロジーだ。

まぁ最後に出てきた復元ライトはその存在自体が今回の話をぶち壊しかねないポテンシャルがあるのですが、そこは気づかないふりをしてスルー。ドラえもんのスルー力は世界一!!
また、今回はスネ夫が意外といい働きをします。ちょちょいと秘密道具を修理できるとかキテレツ君を上回る技術者の腕の冴えですよ。つーかしょせんキテレツは巻物に書かれた過去の技術情報を再現しているだけ、いわばスクリプトキディならぬスクロールキディだからな。今年のスネたまはマジかっこいいよ。

オチはあまりインパクトはない感じでちょっと不満ですが。まぁ子供向けドラえもん映画だとすればこんなもんなんでしょう。もっと黒い藤子F不二雄カラーを出すなら、ジンジャーはペプラー博士が作った身の回りの世話&愛玩用少女型ロボットだったってオチがよさそうです。ククルは気の毒ですが。
人間とロボット間の恋愛ってテーマになるとまた手塚っぽくなってしまいますけどね。

エンディングのPerfumeの曲もいいです。子供と安心して観られ作品。

2013/3/23 Saturday

ジャンゴ 繋がれざる者

Filed under: - dekaino @ 20:42 このエントリをはてなブックマークに追加 吾c潟 膵のはてなBookmark被リンク数

ジャンゴ 繋がれざる者を観ました。言わずと知れたタランティーノ作品ですよ。マカロニウェスタンですよ。

期待を上回るエログロ、下品さが素晴らしいです。ガンガン血が流れます。そしてニガー連発。
ニガーニガーニガーニガー×9999。3時間弱の長い尺で何回ニガーってセリフがあったのやら?
しかし尺が長いのにまったく退屈しません。つーかビッグネームのデカプリオやサミュエル=ジャクソンが1時間以上たたないと出てこないですよ。Zガンダムが3クール目でやっとお目見えみたいなもんですよ。

時代は1858年。南北戦争が始まる数年前の米国南部。黒人奴隷が人権もくそもない扱いを受けていた時代と場所での物語。
やっぱアツいのは奴隷頭のスティーブン(サミュエル=ジャクソン)。主人に対する忠誠というか献身というか、鬼気迫るものがあります。
そしてフランスかぶれなのにフランス語がわからないという設定のキャンディ家の当主カルヴィン(デカプリオ)。おフランス好きのイヤミみたいなヤツですが、もっと深い設定ですよ。
だってテネシー州って劇中の100年前まではフランス領だからね(フレンチインディアン戦争に負けたフランスがイギリスにミシシッピ川以東を割譲する)。つまりテネシーの旧家のキャンディ家はフランス系の家系ですね。周囲に自分をムッシュ=コンディと呼ばせるのはギャグでもシャレでもなくて至極当然のキャンディ家の伝統なわけですよ。なのにフランス語が分からないという、移民3世が母語わからなくなってるみたいなもの悲しさと、それゆえに母国文化にこだわる固執、そして大デュマがクレオール(白人と黒人の混血)だってこともしらないイノセントな無知さ。もう臭い材料がごちゃ混ぜになったキャラクター、どこを切っても異臭がします。

また賞金稼ぎのドイツ系移民の歯医者Dr.シュルツは過酷な新世界で飄々と生き抜いている移民一世感があり、本作は、白人vs黒人奴隷という構図のほかに、古い時代に入植した古参白人vs新しく来た新参白人という構図もあります。

という細かいことは気にせずにガンガンぷっぱなしてガンガン血が飛び散る。それがジャンゴ。
ドイツ語が話せる女奴隷はヒロインなのに、最近のハリウッド映画らしからぬ、何もしない受け身一辺倒のヒロイン。逆に新鮮です。

古きマカロニウェスタンの香りと派手な流血アクションがたっぷり楽しめる作品。素晴らしいです。

2013/3/17 Sunday

Iラブ楽遊

Filed under: - dekaino @ 23:10 このエントリをはてなブックマークに追加 I罐初のはてなBookmark被リンク数

Iラブ楽遊というパチンコ店フリーペーパーの連載「それでも明日は明るい日」の挿絵を小田原ドラゴンが描いてる。
Iラブ楽遊 小田原ドラゴン
小田原ドラゴン、もうそれなりに名が売れて、講談社の青年誌に週刊連載を持ち、深夜枠だけど実写ドラマ化だってされてるんだから、もう少し仕事選べばいいのに… なんていっちゃいかんよね。

童貞臭をふりまきガツガツと汚れ仕事に食いつく、ぶれない姿勢に感動したであります。
うんこっこラヂオに最終回は来ないのだ。

2013/3/10 Sunday

フライト

Filed under: - dekaino @ 17:58 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃのはてなBookmark被リンク数

フライトを観ました。
アル中でコカイン中毒で、妻と離婚し息子との仲も悪い、でも腕だけはいいベテランパイロットのお話。
フライト ポスター
ポスターのデンゼル=ワシントンは渋い顔でキメてますが、劇中はずっと酒浸りでコカイン鼻から吸って女にだらしない典型的なダメ男。ただなぜか飛行機の操縦だけは腕利きというありがちと言えばありがちの設定です。
一度落としてから持ち上げる、ジャイアンが何か小さい良い事をするとものすごくいい奴に思える法則を最大限に活かすためか、とにかく同情の余地がないくらいにメタメタなダメ人間として描写されます。ポスターに騙されて観にいった人はビックリするよ。

酒やクスリに溺れてもすくわれない。そして副機長のように宗教に依存してもダメってあたりが本作のテーマなんでしょうか? 自分の弱さに正面から向かい合って自分に嘘をつかず正直になることが唯一の救いの道みたいな説教くさい話です。アメリカでよくある断酒会のシーンもあります。

最後は客観的にはハッピーエンドではないんでしょうが、本人と家族にとってはハッピーなのかも知れません。
一番悪いのは設計ミスをそのまま放置した飛行機メーカー/航空会社なんだけどね。

ダメ人間描写のために不必要にエログロ場面がありますので、小さい子どもには見せない方がいいかも。

2013/3/3 Sunday

牙狼<GARO> 〜蒼哭ノ魔竜〜

Filed under: - dekaino @ 14:28 このエントリをはてなブックマークに追加 <GARO> 弱薛腴のはてなBookmark被リンク数

牙狼<GARO>〜蒼哭ノ魔竜〜を観ました。パチンコ人気で新作ラッシュのGAROサーガ。第三期TVシリーズも2013年4月から放送開始です。渋い大人向け特撮に過ぎなかったGAROシリーズがここまで大きくなったのもすべては銀玉のおかげ。

本作は鋼牙が主役の最後の牙狼であるとのこと。スタッフに横山誠の名がなく、雨宮慶太が原作・監督・脚本すべてを担当しています。舞台は現代の闇ではなく異次元界、ストーリーはTVシリーズ第二期に直結してますが、敵は陰我ホラーではありません。というか魔導輪ザルバ以外にホラーは出てきません。そういう意味で全くの別の話であり、同時に今までに描ききれなかった世界観設定の落穂拾い的な補完談でもあります。アクションは横山テイストがなくCGが多用されており、牙狼っぽくはないのですがまぁまぁ劇場版水準ではあります。
変に3DにせずCG出無難にまとめているのは、パチスロ台の素材として活用しやすいためなのかな? スポンサーにはたくさんサービスしておかないとね。

ラスボスは松坂慶子。なぜか彼女は特撮映画のラスボス役が多いです。でも今回は巨大化しませんよ。裏設定によるとレーザーディスクプレーヤーのおん化け、もとい付喪神らしいです。まだまだLD愛好している人は残ってそうだけどなぁ。

他作品のパロディだかリスペントっぽい演出がいくつか見られますが、あまりにも見え見えなのでそこはスルーしておきましょう。ヒロインの青い娘がギョロ目だったのは一応伏線だったのだろうか?
♀キャラが松坂慶子と青娘と主ヒロインのカオル(回想?)しか出てこないのがちょっと寂しいです。そういう意味でエロ要素も牙狼にしてはかなり薄い感じ。まぁ青い娘の登場時は全裸なんですけどね。牙狼に期待されてるエロはそんなもんじゃないだろって話です。

劇場版だけに魔導馬も大活躍します。TVシリーズだと予算の関係で出番少ないんだよね。轟天ファンも安心です。

2013/2/1 Friday

LOOPER

Filed under: - dekaino @ 0:58 このエントリをはてなブックマークに追加 LOOPERのはてなBookmark被リンク数

LOOPERを観ました。
タイムスリップもののSFアクション。ストーリーは手垢がついた感のあるタイムパラドクスものです。
ただ現代と未来の話ではなくて、今の30年後とさらに30年後の話になっているところがちょっとだけ新しいのか?

はっきり言って映画の出来としてはあまりよくありません。でも企画書の段階では面白かったんだろうなと思います。
若い主人公、年老いた主人公、黒幕の3者が三つ巴で絡み合います。3人それぞれが、それぞれが信じる正義に基づいて行動しており、誰が正しく誰が悪か観客にもはっきり判断できないような相対化された人間関係というあたりが、21世紀のアメリカ人の考える世界情勢とリンクしているようでそれなり興味をそそります。

でもせっかくの世界観設定が活かされてないです。ほんともったいない。
自分が30年後にはハゲるって事実を知ったショック以上のものが感じ取れないのはいかがなものか?
ブルースウィリスはそこまでハゲをネタにしないといけないのか? なんでわざわざマダラハゲ状態を再現するか? もはやイジメではないのか?

タイムトラベル以外に超能力バトル要素も入ってくるんですけど、そもそも銃器が主戦力の時代なら引き金を引ける程度の念動力があればほぼ無敵って気もするんですよ。力より正確さや射程が重要だと思うです。いまさら童夢とかAKIRAをやられても困ってしまうよね。

30年後にハゲてそうだと自覚のある人にはショッキングな映像があります。覚悟してから観るように。

2013/1/2 Wednesday

ホビット 思いがけない冒険

Filed under: - dekaino @ 15:47 このエントリをはてなブックマークに追加  困里呂討Bookmark被リンク数

ホビット 思いがけない冒険を観ました。指輪物語の前のお話です。監督は指輪物語と同じピーター=ジャクソン。

今回も三部作で、本作はその1作目にあたるらしい。
有名なゴクリの指輪をビルボが入手するシーンも出てきます。
それにしてもドワーフばっかり出てきてまったく色気がありません。でてくる♀キャラはせいぜいガラドリエルくらいなもの。若い♀は皆無です。ここは指輪物語と比べてかなり厳しい。
そしてドワーフも数が多すぎて、誰が誰やらよくわからんです。
ドワーフの中で一番偉そうにしてるトーリンはゲルマン神話の主神トール由来の名前なんでしょうか?このトーリン、ドワーフにしては髪の毛ふさふさすぎ。エルロンド卿へのあてつけと思うくらいです。

トロールやオーク、ゴブリンなどのモンスターはとてもよく表現できています。もちろんゴクリも相変わらず。屋外セットも素晴らしい出来です。
とはいえ、1作目はよいとして、2作目以降も色気がないままだとかなり厳しいと思います。
原作に手を入れてちょっとは華やかにしてくるんでしょうか?

2012/12/23 Sunday

人生の特等席

Filed under: - dekaino @ 11:28 このエントリをはてなブックマークに追加 篋榊合絽のはてなBookmark被リンク数

人生の特等席を観ました。俳優廃業と言ってたはずのイースト=クリントウッドが主役で好演します。
もうやめると言いつついつまでも俳優やり続けるのは、宮崎駿のもう監督やめたに通ずるお約束なんでしょうか?

今回も老いがテーマの一つになってますが、そんなに深刻な話ではなく、かるーく笑い飛ばせるストーリーです。
他にもいろいろなテーマがありますが、箇条書きするとこんな感じ

・マネーボールみたいなデータ野球はクソくらえ
・熟練した経験に基づく職人技こそすばらしい
・地方の伝統文化 万歳
・父の娘の親子関係
・アラサー女の恋
・やっぱり野球が好き

老人が主役なのに暗くならず、カラっと明るくしかも深い作品です。
得られる教訓: ガンコ爺さんも眼科医にだけはちゃんと行っとけ

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

Filed under: - dekaino @ 10:49 このエントリをはてなブックマークに追加 篁≪ゃ蔀篁≪ゃ c吟若&若 MOVIE紊ф≪c<ゃ帥のはてなBookmark被リンク数

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタムを観ました。劇場版のフォーゼサーガの締めとなる作品。もちろんウィザードも大活躍します。

MOVIE大戦の基本通り、第一部フォーゼ編、第二部ウィザード編、第三部MOVIE大戦編という構成です。フォーゼ編はいまより5年後が舞台で、フォーゼの面々の5年後の姿が描かれます。そこで事件が発生し、なぜか5年前にタイムスリップして現在が舞台のMOVIE大戦に参入します。
おそらく今回がライダー映画でフォーゼがタイトルに出てくる最後の作品。劇場版フォーゼの過去のキャラがすべて出演するオールスター的な作りで、過去のキャラの再利用がとても巧みです。
サナギマンやイナズマンが出てくるのですが、当初のサナギマンの立ち位置がライダーの敵側というのも巧い。ビジュアル的に子供にサナギマンを善のヒーローと納得させるにはそれなりの準備が必要ですからね。同様にアクマイザーも悪に徹しているのが小気味よいです。

それから怪人同名のネズミを演じてる役者が非常に巧いです。たぶん子役出身なのかな? 調べてみたら原勇弥という名でもう23歳らしい。すごい童顔だ。イナズマン役の須賀健太と比べるとほぼ無名ですが、今後、有名になりそうな予感がします。

ウィザード編はなんとポワトリンがゲスト特撮作品として参戦。参戦というほぼライダーの敵として現れます。ポワトリン役の入来茉里は本当に美少女なのでいまいち…(?)だって花島優子の完全再現にはなっていませんが、着てる服が当時の完全再現に近くて驚いた。ウィザード世界の設定の人間の心中のアンダーワールド(インナーワールドみたいなもの?)が舞台なのでまぁ何でもありだし、むしろラストで明かされるポワトリンの正体からして整合してるんだけれど、21世紀ににあの恰好は浮きますなぁ。

ウィザード編では浦沢義雄が脚本やってるんだけど、いまいち浦沢ワールドっぽくなく面白くありませんでした。やはり浦沢の本領はシチュエーションコメディーなので、本作みたいな制約が多い状況ではいろいろ苦しいんでしょう。制約の中ではこれでも頑張ったというところか? 戦闘するときの効果音がいちいちキラキラポロポロいうのは浦沢義雄の趣味っぽい。

ラストのMOVIE大戦はなぜかトラック集団vsバイクという構図。どうしてこうなった?
とにかくお金はかかってそうなバトルシーンでした。全編通じて、いろいろな映画のシーンをオマージュしているので、これもマッドマックスあたりのオマージュなのだろうか?
そういえば、ねら学のオマージュもあったかも?

フォーゼ映画を見続けてきた人には、本作を観るとすっきりすると思います。
イナズマンやポワトリンファンも楽しめるでしょう。
マニアックなアクマイザーマニアはまぁシャレと思って楽しんでください。微妙に名前を変えているあたり、あれは同族の別人かパラレルワールドの別人と考えた方がよろしいです。

盛りだくさんでかなり楽しめるライダー映画でした。

2012/12/1 Saturday

カラスの親指

Filed under: - dekaino @ 8:56 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻荀のはてなBookmark被リンク数

カラスの親指を観ました。
ベテラン詐欺師(阿部寛)とその弟子詐欺師(村上ショージ)、若い女スリ師(能年玲奈)とその姉のビッチ女(石原さとみ)、ビッチ女のヒモ(小柳友 ブラザートムの息子)の5人がなぜか共同生活して、悪党を詐欺にかけるというお話。

簡単に言うとありがちな詐欺師話なのですが、二重三重に仕掛けがあって2時間40分という長尺にも関わらず密度が濃くまったく間延びを感じさせない作品です。
しかも詐欺師ものなのに、まったく不道徳感を感じさせないストーリーがすごい。阿部寛と村上ショージの演技が渋いのは当然として、石原さとみのバカ女っぷりがすごい。そして役柄として明らかに能年玲奈の方が扱い大きいのに、配役クレジットや宣伝ポスターの扱いでは石原さとみの方が上というのが大人の事情を感じさせてすごい。ホリプロあなどりがたし。

カラスというのは詐欺師やスリ師の玄人のこと。玄人が5人そろって5本指の家族のようだね、というのがタイトルの意味なのですが、実はもっと深い意味があります。親指ことお父さん指はとても大事な指なのです。

長尺の映画ですが、一度観た後もう一回見直すとまた面白いので、できれば2回観てほしいです。
原作がいいのか脚本がいいのかわかりませんが、本当によくできた映画です。

2012/11/23 Friday

アニメ版ねらわれた学園

Filed under: - dekaino @ 19:05 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪∞絖のはてなBookmark被リンク数

アニメ版ねらわれた学園を観ました。あの眉村卓のジュブナイルSF小説を原作にし、薬師丸博子主演の角川映画や原田知世主演のテレビシリーズ以外に、NHKドラマや村田和美主演のギャガプロ版など、幾度も映像化されている超有名作品です。

主人公ではなく敵役の京極リョウイチ。美少年です。

あまり宣伝されていないのですが、サンライズが2012年にアニメ映画として映像化したものが本作です。本作はおそらく計算づくの企画です。
2006に大ヒットした細田守版時をかける少女は、(1)何度も実写で映像化されている有名な角川映画作品を初めてアニメ化でリメイク、(2)単なる原作のアニメ化ではなく共通の世界観をもつ続編的独自ストーリー、(3)実在する土地や建物を舞台にする演出手法、という戦略で仕掛けられ、見事に成功し細田守ブランドが確立するに至りました。
本作はそれを踏まえ、(1)時かけに並ぶ角川映画黄金時代の作品ねらわれた学園を採用、(2)同様に続編独自ストーリー、(3)江ノ電沿線が舞台 と見事に踏襲しています。それどころか(1)の角川映画にならい人気が確立しているアイドルの渡辺麻友(AKB48のまゆゆ)が主演、(3)の利点を生かして江ノ電とタイアップしてご当地アニメプロモーションを仕掛けるという徹底ぶり。

封切前の宣伝が少なく初動の上映館数も少ない(神奈川県内でたった3館、しかも地元の江ノ電沿線に上映館なし)のも、実は計算ずくなのかもしれません。今となっては信じられませんが細田版時かけも封切時は本当に上映館が少なかったのですよ。

学園物小説の映像化は実写の方が断然有利です。同世代の子役達を多人数あつめて1週間も合宿生活すれば、演技以前に自然にリアルな学園生活的行動をするようになるし、ロケ場所も実在の校舎や校庭が簡単に見つかります。気の利いた脚本と演出家さえいれば、役者や撮影地の心配不要で、リアルな作品を作れるのです。
特に、SFは空想SFネタの部分だけ大胆な嘘をつきそれ以外の部分はリアルに徹すればするほどSF的説得力が増し面白くなるものです。映像すべてが自由自在な空想産物であるアニメはかなり不利です。個人的には本作を観た上で、やはり大林宣彦監督や清水厚監督(村田和美主演版)の作品の方が好きです。

その学園物をあえてアニメでやるのであれば学園生活の描写には力を入れず各キャラの演技に注力して、いわゆるセカイ系といわれる作品形式にするのが最善でしょう。で、本作もその通りセカイ系な演出作品になっています。
原作は受験戦争の圧力や戦後民主教育により推奨される生徒自身の自治である生徒会活動など、リアルで重苦しい学園生活の描写が続く中、だんだん違和感が大きくなり未知への恐怖が煽られていく演出で、学習塾が重要な役割を持ってたりするのですが、本作では明るくて設備の整った夢のような学園での生活で、文化祭も体育祭も修学旅行のようなハレのイベントはなく、また中間試験やら進路相談みたいなリアルで重苦しい表現も徹底的に避けられ、淡々と毎日同じ平凡な日々が続くようないわば不自然な描写が続きます。
作品舞台が神奈川県湘南となっており実在の江ノ電とタイアップしている関係で、観光名所をたくさん出さなくてはいけない大人の事情もあるせいか、事件はだいたい学園の外で起きるためせっかくの素敵な学園の設定があまり活かされてません。観光名所でストーリーが進むのですがとても不自然です。何が不自然かって観光客が一人もいないのです。どこかの離島の海岸のように住民以外は猫すらいない雰囲気が寒々しい。クルマ一台走らない国道134号や、人っ子一人いない江ノ島、いくら早朝とはいえ貸切状態で中学生女子が一人だけでサーフィンする砂浜など、不自然というよりシュール、超常現象に近いです。
確かにこのような絵は実写では撮れません。そういう意味でアニメで映像化している意味はあると思います。ほんとシュールですよ。
実は作品舞台は現代ではなく斜陽化した近未来日本って設定なのかも知れません。

実写だと中高生という設定なのに20歳過ぎの役者が出てて、あーやっぱりキツいってことがあります。過去の実写映像化作品へのオマージュなのか本作でも絶対に実年齢が中学生ではないだろうというキャラがたくさんおります。特にひきこもりで留年してしまった山際さん!! いくらダブリでも中二女子が私服でガーターストッキングを自然に着こなしてはいけない! こんな中二女子ありえない。とにかく♀キャラは異常に早期発育している人ばっかりであります。

ちょっとネタバレですが、劇中ではほぼ説明されないので原作を知らない人にはわからないと思いますが、本作は原作の続編的世界観で、主人公の関ケンジの祖父は原作の主人公の関コージであり、敵対するキャラの京極リョウイチはやはり原作で主人公と敵対していた京極少年の息子なのです。京極リョウイチの母はやはり京極についていった人物は明示されませんが原作を知っていればなんとなくわかるとは思います。そうあの高見沢ミチルなんでしょう。それ以外は考えられない。そういう前提知識を持って再度本作を観るとまた違った感想が得られると思います。

未来人で主人公の敵である京極は、世代が違うというか前作の敵キャラである父とはだいぶ違います。父は自分の任務を正義であると信念を持って遂行する確信犯型で、自分を慕ってくる女生徒も目的のために遠慮なく利用する肉食系です。それに対し本作の息子の方は今風にかなりの草食系男子。自分の任務の意味はある程度理解はしているもののふらふらとブレていて、本当の正義かどうか確信できていない様子。しかも自分を慕ってくる女生徒を利用しないどころか、邪魔だから排除しようとする味方からその女生徒を守ってしまう始末。あまりに優柔不断。しかも能力的にも太陽と月の比くらいに関ケンジに劣るらしい。草食系だから結局はバトルアクション見せてくれないし。見た目のカッコよさに反して実は結構ダメンズなリョウイチ君なのでした。

ヒロインの声を演じるまゆゆは意外とうまいです。素人っぽいところが逆にいい感じで、細田版時かけの仲里依紗と同様にはまり役だと思います。
ただエンディングの歌はちょっとつまらない。これは秋元康の才能がないせいだと思うけれども。大人の事情でしょうがなかったと思いますが、できることなら大林版の主題歌だった、松任谷由実の「守ってあげたい」をまゆゆがカバーで歌った方がずっと良かったと思いますよ。
なんだかんだいって心に染みるいいストーリーですし。

細田版時をかける少女のように口コミで人気が出てロングランになるのか、それともEvaQの大動員にかき消されて無残にも忘れ去られていくのか、意外と博打的な時期に公開された本作。もし博打に負けたらすぐに上映終了されてしまう可能性があります。結構いい作品なので、原作に思い入れがある人もない人も見て損はないと思う作品です。

2012/10/26 Friday

ホテル トランシルヴァニア

Filed under: - dekaino @ 0:30 このエントリをはてなブックマークに追加  潟激眼<△里呂討Bookmark被リンク数

HOTEL TRANSILVANIAを観ました。邦題はモンスター・ホテル、かなりダサイ。そのままカタカナ化でいいのに。
上から目線のメイヴィス
手塚治虫のドン・ドラキュラを鳥山明が描いたような作品。
ヒロインはドラキュラ伯爵の娘のメイヴィス。この瞳と上から目線の笑顔がいかにも鳥山風です。

モンスター・ホテル(2012) ポスター
日本公開時のポスター

メイヴィスの父のドラキュラの立派なアゴも鳥山風の造形です。

キャラクターデザインをしたフランス人のイラストレーターAnnette Marnatが描いたメイヴィス
Mavis and slimes by Annette Marnat
単に鳥山明なだけではなく、ドラクエっぽいんですな。鳥山デザインの頭とんがりスライムもいるし。

デクスターズラボやSTARWARSクローン戦争、サムライジャックで有名なゲンディ=タルタコフスキーが初めて劇場作品を監督したのが本作です。
タルコフスキーは作画枚数が少なく、描線も少ない、いきにもなリミテッド手描きアニメを得意とします。彼の代表作の一つSWクローン戦争も3D版より2D版の方が出来がいいと思います。
そのタルコフスキーが3Dアニメの長編を作るなんてちょっと驚きました。

でも心配は杞憂でした。いちいち手が伸びたり足が膨らんだりして、3Dアニメというより2D手描きアニメを3D化したような作りだからです。そもそも吸血鬼がコウモリに変身する時にせっかく3Dアニメで簡単にモーフィングできるというのに、わざわざケムリを出してボンと変身ですよ。なんというアナログなテクノロジーの無駄遣い! だがそれがいいのだ。

脚本もかなり泣けるいいお話です。
北米では大ヒットしたそうですが、日本ではあまり興行成績はよくないらしい。宣伝が下手だからなぁ。邦題もなんか手抜きだし。でも日本語版製作は結構がんばってます。ミュージカルの歌唱シーンもちゃんと歌ってるし、メイヴィスは川島海荷だし。人間の青年を演じるオリラジのメガネもまぁまぁ巧いです。チャラいです。ちょりーす。
日本語版の役者の舞台挨拶

なお吸血鬼ものなのに本作には流血シーンはありません。いいのかそれで?

2012/10/21 Sunday

ロラックスおじさんの秘密の種

Filed under: - dekaino @ 9:21 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻腱絲腮のはてなBookmark被リンク数

ロラックスおじさんの秘密の種を観ました。
原作は、Dr. Seussが書いた有名な児童文学らしいのですが読んだことはありません。

ロラックスおじさんというのは、髭の生えた精霊で見た目は変なおじさん。だから志村けんが声をやっている? 志村けんは当然のように声優も上手にこなしますが、志村けんらしさはまったくなし。もちろん持ちネタのギャグのやらないし、アドリブはほとんど入っていないと思われます。

ワンスラーという緑色の人が主人公のひとりで、トータス松本が関西弁丸出しで、資本主義の素晴らしさを謳歌しそして没落します。そういういみで本作は資本主義を批判するアカい映画であります。まぁ環境保護系ってそうなりがちだよね。トータス松本の演技はトータス丸出しです。

子供が共感できる役として配置されたもう一人の主人公テッドの声は、プロ声優の宮野真守。悪役のオヘアはベテランの山ちゃんこと山寺宏一。芸達者をそろえています。

本作はミュージカル仕立てで歌曲がたくさん出てくるのですが、日本語版はすべて歌曲を葺き替えてます。かなり気合が入ったつくりで、すごいお金かかってそう。この手のミュージカルアニメでは、歌曲の部分だけ原音つまり英語になってしまうものも少なくないのに、頑張っております。

そういう意味でも声のキャストは巧い人を集めたんでしょうね。
テッドの母ちゃんとか婆ちゃんもいい味だしてます。

それにしても、植えるならもうちょっと緑が多い木を植えればいいのになぁと思ってしまうのは野暮でしょうか? 空気とか光合成のことだけ考えるなら、地球の光合成の多くは地上ではなくて海中で行われてるんで、木を植えるより海洋汚染を防いだ方が効果的だよ。

神秘の法

Filed under: - dekaino @ 8:49 このエントリをはてなブックマークに追加 腑腱羈のはてなBookmark被リンク数

神秘の法を観ました。いわずとしれた幸福の科学のプロパガンダアニメです。
いままで、永遠の法仏陀再誕ファイナル・ジャッジメントの3つの幸福の科学映画を観ましたが、本作は一番つまらないです。

何がつまらないって、本題のストーリーをだらだら直球で語るだけで何のケレン味もないんです。
毎回、無神論者に対するディスりっぷりが幸福の科学映画の見どころなわけですが、本作でも無神論者を叩くシーンはあるのですが、ただセリフでたたくだけ。悪魔の化身である無神論者も止め絵のの似顔絵が背景に流れるだけ。何の芸もありません。

おそらく大川隆法の意向が強すぎたきらいがあります。隆法の書いたシナリオをそのまま表現せざるを得ない、時間的か予算的な制約があったように思えます。
はっきりいって歴史教養番組の中の再現ドラマみたいな演出なんですよ。だらだらとストーリーを消化しているような絵作り。
もしかしたら、本作の一部カットを抜き出して、その時歴史は動いた! みたいな教義解説番組の素材として使えばまだ面白味があるかもしれません。

少なくともパチンコ/パチスロ台の素材にはしようがないです。盛り上がらないし、敵の正体も陳腐だし。ガッチャマンや地球へ…などで30年以上前から使い古されたネタですね。

もうちょっとお金を有効に使ってほしい。さすがの幸福の科学もいろいろと余裕がなくなってきたのかなぁ?

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ

Filed under: - dekaino @ 8:34 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 薛羈絨絅潟障のはてなBookmark被リンク数

劇場版 魔法少女まどか☆マギカの前編:始まりの物語後編:永遠の物語を観ました。
テレビ版の再編集版+新作画少々といった感じ。前編はいわば接触編でストーリー導入を詰め込み、後半の発動編で新しい作画をつぎ込み、因果地平の彼方へ…
そして最後に、新作の叛逆の物語の予告編。

もともと1クール13話のシリーズを前後編にしたのでそんなに詰め込み過ぎとかスカスカしてる感じはありません。0083ジオンの残光ほどスカスカはしてないよん。

2012/10/7 Sunday

アイアン・スカイ

Filed under: - dekaino @ 17:06 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪ゃ≪潟祉鴻い里呂討Bookmark被リンク数

アイアン・スカイを観ました。1945年に月の裏側に避難していたナチスの残党が地球に攻めてくる! といういかにもなストーリーのお馬鹿映画であります。

とにかくナチスドイツの兵器がかっこいい。かなりのミリオタが作り込んでるね。ガスマスクがそのまま宇宙服になってるのがシビれる。サイドカー付バイク型の月面ビークルも素晴らしいですよ。
しかも、ヘリウム3を原料とした核融合炉の実用化に成功しているらしい。地球に降り立った時に重力に不都合を感じていなかったことから、重力場の制御もお手の物っぽい。円盤型宇宙船の挙動は重力場制御による慣性駆動そのものだし。
まさに「ナチス・ドイツの科学力は世界一ィィィィーーーーッ」
できることならUボート型の葉巻型宇宙船も出してほしかった。

話はかなりブラックユーモアが入った皮肉系のストーリー。ノリはギララの逆襲とか日本以外全部沈没と同じ。ギャグの蔭にセンスオブワンダーがあります。

それにしてもナチスの人たちはどうして父祖の土地であるドイッチュラントに行かなかったのかなぁ? 事実上発禁本の「わが闘争」を空からドイツ全土にバラまくとか想像するだけで楽しそうだけどいろいろと興行的にまずいんだろうね。ドイツの法律だとナチスの後継者を名乗る存在ってだけで違法だし。

人類は愚かであることを知るためにも本作は必見なのであります。

2012/9/29 Saturday

劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-

Filed under: - dekaino @ 15:00 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 TIGER & BUNNY -The Beginning-のはてなBookmark被リンク数

劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-を観ました。
マーケティング的によく練られた作品。最初から3部作か4部作という構成の第一弾としてシナリオが描かれていて、各キャラクターの紹介編としてよくできています。
基本的にTVシリーズの設定にちょっとプロローグ的な追加設定を足しただけで、劇場版だけのキャラなどは出てきません。ただし敵として完全に新しいNEXTのロビン=パクスターが出てくるだけです。かなりチート的能力をもつロビンですが、お約束通り主役コンビに確保されてめでたしめでたしという導入編の教科書のようなストーリーです。

TVシリーズをまったくみてないとちょっと情報詰め込み過ぎという感じですが、まぁエントリーとしては悪くない出来だと思います。逆にTVシリーズをきっちり復習しているファンにはちょっと物足りないかも? 基本はTVシリーズの導入部をなぞっているだけだから。
まぁ必要以上に牛角のオッサンが善人っぽく演出されていたのは、ビジュアルが悪人面だから誤解されないようになのか? それとも今後の展開で死相が出てるか? オリガミ先輩に全然死相が出てないあたりがちょっとバランスがTVシリーズと違う感じではあります。

第二作目はthe Risingとのこと。ダークナイトぱくりすぎ。つーか無印が間に入らないと、いきなりビギンズからライジングにはつながらないでしょ?

マーケティングに踊らされる気持ちで観にいっても悪くない出来のアクションアニメです。

2012/9/24 Monday

放課後ミッドナイターズ

Filed under: - dekaino @ 6:20 このエントリをはてなブックマークに追加 乗峨ゃ帥若困里呂討Bookmark被リンク数

放課後ミッドナイターズを観ました。人体模型と骨格標本が主役ってビジュアルだけでインパクトがあるCGアニメ作品です。
キュン様とゴス
もともと自主制作的短編があり、それを商業映画として長編化したのが本作だということです。

脚本が素晴らしく、自分が子供だったら夢中になったと思います。仮に80年代に本作が公開されてたら社会的現象にまでなったかも知れません。ただ子供の数が少ない21世紀の日本、しかも公開時期が夏休み最終週から(北海道・東北ではもう夏休み終わってるし)、宣伝も子供には届いていない状況で、週別の興行収入邦画トップ10に一回も登場することなく、消え去りました。
もうちょっとうまくできなかったのか。T-JOY弱いよなぁ。東映特撮に短編を同時上映して知名度あげてから長編単独公開するとか、もうちょっとやりようがあったろうに。作品の出来はいいだけに残念です。

映像的には水の表現にちょっと難があります。これは予算の関係か? お金がなくともプールのシーンを描き切るぞという監督の暴走なのか? ちょっといまどきのCG映画らしからぬしょぼい水が見られます。最近めったにこんな水は見られませんぜ。

音楽はよくできてます。音楽室の話も素晴らしい。ただシューベルトの肖像画は悪意あるよなー。あの人メガネかけてたせいでイタズラで黒メガネ化されやすくはあったけど、あんなに凶悪な顔ではなかったろ!

なぜミッドナイター達が存在するか、メダイを集めると願いが叶うのか、そこらの理屈は全く説明されません。もちろん主役の2人(?)がなぜ動くのかも。でもそれでいいじゃんと思えてしまう熱量が本作にはあります。勢いだけは超大作級の作品です。

2012/8/29 Wednesday

相模大堰

Filed under: - dekaino @ 4:04 このエントリをはてなブックマークに追加 御─紊у阿里呂討Bookmark被リンク数

相模川中流域にある相模大堰を歩いて渡ってきました。

毎年開催されるみずきフェスタというイベントで年に2日間だけ相模大堰を歩いて渡ることができるのです。
ちなみには「みずき」というのはイベント主催団体の神奈川県内広域水道企業団の略称「水企」からきているものと思われます。お役所の現業部門ってローカルな略称多いよね。

相模大堰は東名高速が相模川を渡る橋のすぐ南側(下流)にあり、厚木市側は岡田地区、海老名市側は社家地区にあります。
普段は相模川の反対側に渡るには上流の相模大橋か下流の戸沢橋まで行かないといけないのですが、みずきフェスタ開催時だけは歩いて相模大堰の管理用通路を通って反対側に渡ることができます。

厚木市側から見た相模大堰
厚木市側から見た相模大堰
ダムほどではありませんが、堂々とした巨大建築物です。

相模大堰管理通路
相模大堰管理通路
管理用通路は日陰がないので、真夏の炎天下に歩くのはきついです。水分補給を忘れずに。

魚道
鮎などの魚が通れるようにした魚道
川底からガラス窓を通して観察できる設備、魚道観察室があり、そこも公開されていました。川魚をみることができるよりも涼しいというのがうれしかった。

地元物産の即売会その他もやっているなかなか楽しいイベントでした。毎年恒例なので、来年も8月下旬に開催されると思います。
公共交通機関では、厚木市側は、本厚木〜平塚の神奈中バス路線の下岡田かリバーサイドが最寄りのバス停です。海老名市側はJR相模線の社家駅が最寄り駅となります。

2012/8/19 Sunday

プロメテウス

Filed under: - dekaino @ 1:02 このエントリをはてなブックマークに追加 <垢里呂討Bookmark被リンク数

プロメテウスを観ました。

予告編ではほとんど触れていませんが、これはエイリアンサーガのひとつ、時代的には第一作目の前の話で、いわばエイリアン・ザ・ビギニングと言える作品です。

素晴らしいのが、30年以上前の第一作のイメージと全く変わりがない。本当にブレていない世界観と美術セットです。映像技術の進歩でいろいろなことができたのでしょうが、あえて派手な設定変更をしていません。元々の第一作目のイメージが未来的で全然古びていないということと、ノストロモ号は辺境の輸送船で、本作のプロメテウス号はVIPも搭乗する科学調査のためにカスタムメイドされた特別仕様先という設定の違いで巧く説明しています。
とにかくコストがすべての品質を決めるという残酷な世界観にリアリティを感じます。

また、エイリアンサーガにつきもののアンドロイドが今回も出てきます。例の体液が白いアンドロイド。優秀だが人間を雇うよりずっと高コスト、目的のためには冷徹に人を切り捨てられる存在として、首尾一貫して描かれてきた彼らアンドロイドについて、かなり掘り下げた描写がされています。
アンドロイドは基本的に素直で主人や目的に献身的で善良とすら言えること。それなのに冷酷で邪悪な行動をしてしまうのは、命令を下した人間の邪悪さが拡大されて現れただけであること。主人が死ねば自由になれること、そして積極的ではないにしろそうなることを待ち望んでいるようにみえること。どこか、ブレードランナーのレプリカントにも通じるところがありますね。

本作で一番重要なことは、第一作目で印象的なビジュアルで観客を圧倒した化石化した異星人の遺骸、いわゆるスペースジョッキーの秘密が明かされるということです。
Space Jockey in Alien
人類の起源が明らかなる!? わけではないようですが。プロトカルチャーやらゼントラーディやら出てくる?? この機械はいったい何だったのか!?

このようにエイリアンサーガに通じた人なら大興奮間違いなしなのですが、まったく知らない人でも良質なSF作品として楽しめます。第一作目のようにシチュエーションホラーなテイストもあって懐かしい感じです。いやー夏休みに湖畔のキャンプ場にきた大学生じゃないんだから、罰ゲーム的に2人だけ遺跡の中で夜を明かせとか言うなよと。まんま70年代ホラーテイスト。
それから科学用語的なハッタリもすごいです。戸田奈津子女史の翻訳も相まってすごいコケオドシ効果が出ています。二酸化珪素を含む嵐ってなぁ、SiO2ってそれ砂でしょ、ただの砂嵐でしょ(笑)。しかも珪砂って磁化した砂鉄に比べたら全然マシ、むしろ一番面倒がない類の砂だよね。ビジュアル的には砂というより石つぶてが飛び交ってて、ぶつかったら痛そうだけど、それは二酸化珪素のせいじゃないよねぇ?

本作では宇宙空間のシーンがありません。宇宙船内か異星内か惑星の地表が舞台。よってお約束の宇宙空間に敵を放出して解決! なんて逃げは許されません。惑星の大気はCO2濃度が高すぎて、呼吸すると数分で失神してしまうという設定なので逃げ場がない! (まぁこれも科学考証的には水パイプみたいな簡単な装置でCO2は除去が可能なんだけどね。あと30秒で酸素が尽きますとかコンピュータ音声であおられても鼻白む)

いろいろツッコミどころはあれど、万人におすすめのA級SF映画です。ただちょっと宣伝の方向が間違っているところが不安材料。口コミを期待しているのだろうか…

2012/7/22 Sunday

グスコーブドリの伝記

Filed under: - dekaino @ 10:55 このエントリをはてなブックマークに追加 違鴻潟若篌荐 のはてなBookmark被リンク数

杉井ギサブローのグスコーブドリの伝記を観ました。キャラクターはますむらひろしの擬人化猫です。
1985年の銀河鉄道の夜に似ていますが、こちらはますむらひろしが翻案して描いたマンガをアニメ化した作品。これに対し、本作は杉井ギサブロー監督本人が宮沢賢治作品複数を翻案して脚本を書いているので、ほぼギサブロー個人の作品と言って構いません。商業上、宮沢賢治+ますむらひろし+ギサブローという点で類似点がある銀河鉄道の夜のネームバリューを利用しているだけで、まったくつながりもありませんし、類似点もありません。
そこを誤解して鑑賞すると期待したような感動を得られないとは思います。でも本作は本作で、ギサブローの人生の締めくくりをかけた入魂の強いメッセージ性をもつ作品となっています。

まあぶっちゃけて言えば、過去のデータを根拠にいかにも当たりそうな企画案をみせて、出社を騙して作りたかった作品を作りたいように作ってしまった代物。ある意味でクローバーを騙してつくったザンボット3やらガンダムやらトミーを騙したイデオンやらより、ひどい騙しっぷりです。
グスコーブドリの伝記 ポスター
いかにも毒がなさそうな無難な宣伝ポスター。85年の銀河鉄道の夜(かなりヒットした)を知ってる人なら同系統の話を期待さぜるを得ませんよね? ところがどっこい…

本作は、押井作品のように監督が心の中に抱えている現社会への愚痴を詰め込んだ作品です。そういう意味でギサブローらしい職人が作った娯楽アニメではなく、宮沢賢治の想いとギサブローの思想が共振して発せられた作家性が非常に高いメッセージアニメと言えます。
監督には、若者を育てる気がなく若い才能をただ搾取しているだけの業界の実情への怒りがあって、商業主義を批判しているのではないでしょうか? 確信的にスポンサーを騙してスポンサーを批判する作品を作ってます。

まずストーリーはかなり改変されています。しかも宮沢賢治の別の作品などが混ぜ込まれているらしい。主人公のブドリは非常に好感が持てる好青年、なぜかどこに行ってもすぐに他人に必要とされる運だけはあるのに、決して大きな成功はなく、いつも人の陰にいるようなイメージ。

ブドリは才能を認められて火山研究所に職を得ますが、あくまでも手伝いだけをしており、決して本流の研究者としては扱われていない。便利なアシスタントとして利用されているだけなんですね。そして意を決して意見具申しても、一番物わかりのよさそうな博士にも「そりゃあダメ」と軽く否定されてしまう程度の扱いでしかない。

最後に原作通りみんなが知っているような自己犠牲を伴う献身をするのに、まったく盛り上げず、それどころかヒーローとしても扱わず、結果として救われた人は多数いるが、それでもブドリはつまらない選択をしてつまらない人生を終えたと言わんばかりの、厭世的な思想が見え隠れしています。

宮沢賢治の原作では、誰もわかってくれなくてもいい、自分だけわかっていればよい。そしてやるべきことをやれば、後世わかってくれる人がいるかもしれないという、ある意味法華経的信念に貫かれていますが、本作のブドリは決して報われないし、後世になって認められることはないようです。ただ犠牲になっただけの甲斐はあり、救われた人々は救われたことも知らず淡々と前よりは幸福になって生きていくだけ。

また、今の規範では下の下とされそうなヤマっ気の強い元豪農を生き生きと描写し、抗えぬ力で没落するが、それはそれでいいんだ的な心意気を感じます。山師が好きなんでしょうね。それで身を滅ぼしたとしても、資本の力でリスクなく搾取するよりは全然マシ。

まったく子供には理解できなさそうなアニメで、興行的にも大失敗といっていい状況のようです。しかし、本作こそ後になってから評価が上がる類の作品だと思います。娯楽作品の皮をかぶった文学作品なのです。

2012/7/7 Saturday

夜のとばりの物語

Filed under: - dekaino @ 23:39 このエントリをはてなブックマークに追加 紊違茯のはてなBookmark被リンク数

夜のとばりの物語を観ました。
夜のとばりの物語

キリクと魔女で有名なフランス人のミッシェル=オスロ監督の最新作です。

ほとんどのシーンが藤城清治ばりのカラフルな影絵アニメとして表現されています。
恋愛にまつわる6つの短編をまとめたオムニバスで、それぞれの話の主役とヒロインは同じ人が演じているという設定。タイムボカンやヤッターマンのように、主題の世界に入る前段階の現実世界シーン(いんちき商売とか)があり、事前に世界設定の説明をしてから、本編が始まります。
6つの話は色とりどりのバラエティあふれる舞台設定。お得意のアフリカあり、中世欧州、カリブの島(ハイチかな)、南米の黄金郷など、フランスとは直接縁がない場所もあります。

タイトルの「夜のとばりの物語」は場末の幻燈館で上演される恋のドラマという意味で、各短編が夜の話というわけではありません。というかほとんど太陽がさんさんと輝く昼のお話です。最初の狼男だけ月のお話ですが…

魔法の色濃いファンタジー世界での男女の恋の物語。

2012/6/30 Saturday

虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜

Filed under: - dekaino @ 14:35 このエントリをはてなブックマークに追加 壕蚊祉 羂檎紊鋍帥のはてなBookmark被リンク数

虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜を観ました。久々の東映アニメーションのオリジナル劇場長編アニメです。どれくらい久々かというと30年ぶりらしい。30年の間、テレビシリーズの映画化しかやってこなかったのか。ある意味凄い。
虹色ほたる
オリジナルと言っても原作はありまして、川口雅幸の同名小説が原作となります。ただし映画化にあたっていろいろ脚色されているそうです。私は原作を読んでないのでどこが脚色されているのかわかりません。

CGをまったく使わずすべて手描きのアニメです。東映アニメーションらしい力技? カネかかってます。背景はジブリ風の写実的なタッチで、人物は上の画像のようなかなり独特な線の少ない劇画というか昔の中国アニメというか不思議なタッチです。止め絵だと違和感ありますが、動いているとそんなには違和感ありません。まぁでも嫌いな人は嫌いかも。

30年ぶりのオリジナル作だけあって、かなり冒険した作りとなっています。人物のタッチもそうですが、脚本や演出もかなり前衛的。主人公の小学生のユウタくん(上の画像の左の子)が主人公なのですが、徹頭徹尾すべてのカットがユウタ主観視点のシーンです。ユウタがいる場所で、ユウタが見たり聞いたりしたこと、感じたことしか表現されません。普通の映画だと主人公以外の登場人物の視点でも様々なことが語られますが、ひたすらユウタ視点だけで攻めます。
つまり、ユウタの体験を観客も追体験するだけの映画です。それでいて、時代を超えたタイムスリップという複雑な物語設定をきっちり観客に理解させるという、かなり難易度が高いことに成功しています。脚本の完成度がかなり高いんですね。主人公が見てないこと聞いてないことは観客の想像力で補完するしかないわけですが、そのバランス具合が絶妙に巧いのです。

たとえば、ある日ユウタが女子が書いたらしい差出名のない手紙をもらうシーン。ユウタ本人にとって唐突で、ユウタの体験しか知らない観客にとっても唐突でしかないイベント。でもその先までみれば、ああそうだったのかと観客にはわかる仕掛けになっています。小学生男子の狭い視野、同じ年頃の女子への無関心さによる驚きを、観客に感じさせつつ、話の筋はちゃんと理解させる高度な演出です。

また、大人の知識があればもっと深い考察もできます。舞台となる宮前村は夏のホタルが名物。でも村の田や水路にはホタルはいなくて、沢を登って水源池までいかないとホタルを見られない。これに意味するところは… 要は宮前村の農業ではじゃんじゃん農薬使ってるってことです。農薬を使ってる田や水路にはホタルは住めない。でもこんな虫だらけの環境で農業するなら農薬使わないと無理なんだよね。ここらに1977年の山村のリアルさを感じませんか? 変に自然賛美せずリアルな山村の営みを表現しているのだ…くらいの深読みが可能なのです。これもユウタ主観以外の表現をすべて排除しているからこそ、できることです。

音楽も松任谷夫妻の楽曲が素晴らしい。音響効果もいいです。ただ花火シーンでは遠くから街の花火をみているんだから、ちゃんと花火が見えてから音が聞こえるまでのディ例を表現してほしかったなぁ、そこだけ残念です。

画面の情報密度は濃く、特に背景にいろいろな裏設定のヒントがちりばめられていて、何回見直しても新しい発見がある、非常に奥深い作品です。

残念なことに興行的には明らかな失敗のようです。上映している劇場数も少なく上映期間も短くされている様子。早めに観ることをお勧めします。

子供向きのようで実は大人にぜひみてほしい作品。

2012/6/24 Sunday

ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略

Filed under: - dekaino @ 0:20 このエントリをはてなブックマークに追加 祉 藥篁g II ゆ紫イ里呂討Bookmark被リンク数

ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略を観ました。ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵の続編で、シリーズ第2作目です。

前作では「決して子供に見せてはいけない残虐表現アニメと言われてますが、確かに血しぶきがすごいけれども、イデオン発動編に比べたらそんな過激でもない気はします。エロ度もそんなでもないし。」と評しましたが、そんな意見が多かった反動なのか、今回は限りなく血みどろ、そしてエロエロ。首や腕がばんばん飛ぶし、女子のアンダーヘアー修正なしだし、グリフィスと王女の性交シーンも延々と写実的にやっちゃいます。
これでPG12だなんて映倫は頭がおかしい。ちゃんと審査しているのか? エロゲ系のソフ倫なら間違いなく成人向け認定です。本作がPG12指定で昼間っから上映しているなんて日本映画もヤバいフェーズに入ったようです。

作画はとにかくすごい。馬がちゃんと脚を動かして走ります。しかも大量に。どうやら手描きだけでなくCGも大量に導入している様子。でもCGパートが妙に浮くということはありません。あ、でも、ちょっとダンスシーンのモブCGは浮いてたかも? もしかして鷹の団らしくない浮いた振る舞いって演出でわざとやっているのか??
今回は闇の眷属がほとんど出て来ず、見せ場が人間同士の戦争と政争と性交だけなので、ちょっと頑張っちゃったのかも。

とにかく一気に魅せる90分のフイルムです。次回の3作目は冬公開らしい。

2012/6/23 Saturday

さわやかウォーキングごてんばライナー 清水への旅

Filed under: - dekaino @ 14:27 このエントリをはてなブックマークに追加 若潟違違ゃ 羝羂眼吾のはてなBookmark被リンク数

2012年6月17日と24日にさわやかウォーキングごてんばライナーという臨時快速列車が運行されます。同年3月まで新宿⇔沼津で運行されてた特急あさぎりで使われていた371系に乗車整理券310だけで乗れるというお得企画。
静岡から御殿場線の松田or駿河小山への一往復が運行されます。

17日の復便、つまり松田駅から静岡駅まで行く便に乗って清水まで旅行しました。
停車駅は松田発、御殿場、沼津、富士、清水、静岡着と、快速列車とはいえ特急なみの優等列車です。ちなみに371系が東海道本線で営業運行するのは初めてらしい。

松田駅
JR東海 御殿場線の松田駅。写真は北口から撮ってます。こちらが表玄関なんですが、最近は小田急線新松田駅と連絡する南口の方がよく使われているようです。

駅入口の蛍光灯の上にツバメの巣がありました。ツバメは国鉄のシンボル! 雛のくちばしが文字通り黄色いですね。
ツバメの巣in松田駅

発車時刻30分ほど前にあさぎり専用の1番線に入線してきた371系。3ヶ月ぶりです。
371系入線 松田駅

これが乗車整理券。たった310円を追加するだけで特急並みの快速列車に乗れるお得な企画です。
乗車整理券 310円
一応建前は全席指定席の指定券なんですが、適当に開いている席に座ってくださいといういい加減な運用がステキ。
前席シートカバーの整理券ポケット
好きな席に座って前の席のシートカバーのポケットに整理券を挿せばいい仕組み、整理券が挿してないと車掌が寄ってきて310円をたかられます。

松田から1時間42分で清水駅に到着。かなり速い。下手したら東海道新幹線こだまの方が遅いかも?

清水駅に到着した371系快速さわやかウォーキングごてんばライナー
371系in清水駅
かなり珍しい風景です。
ちなみに、清水駅はちびまる子とエスパルスだらけ。なんなの?
清水駅の階段

清水駅から徒歩数分の近さにある清水漁港へ行きます。
清水港
漁港内にある魚市場の一般向け店舗施設 河岸の市で何かうまい魚でも食べようか思案しました。
河岸の市
建物内にも飲食店があるのですが、駐車場わきにある店の看板がいかにも美味そう。
みやもと商店のメニュー看板
このみやもと商店の海鮮丼1500円をいただくことにしました。

海鮮丼
非常に美味かった!! 大満足。

帰路は素直に東海道線で小田原まで戻り、そこから小田急線で本厚木まで。御殿場線経由よりはちょっとだけ速く帰れました。

おわり

2012/6/10 Sunday

ファイナル・ジャッジメント

Filed under: - dekaino @ 8:43 このエントリをはてなブックマークに追加 <ゃ祉吾c吾<潟のはてなBookmark被リンク数

ファイナル・ジャッジメントを観ました。幸福の科学プロパガンダ、今度は実写映画だよ。
過去にも永遠の法仏陀再誕のような幸福の科学の長編アニメ映画はありましたが、長編実写は今回が初めてです。

幸福の科学の宣伝映画は予算が潤沢であることで有名です。アニメは金をかければかけるほど動きがなめらかになったりダイナミックになったりするものですが、実写の場合はどの方向にお金をかけたのでしょうか?
答えは大規模オープンセット。なんと、いわき市に渋谷ハチ公口前のスクランブル交差点のオープンセットを作っちゃいました。カネがあるっていいなぁ。

映画ファイナルジャッジメントの秘密に迫る ISBN-13: 978-4863951945
渋谷駅前のオープンセットはメイキング本の表紙にもなってます。
日本が中国(劇中では王蘭-オウラン-人民共和国)に占領されたって設定を活かし、実名を出す許可がない店については看板その他が占領下風にチャカしたものに変更されてます。

このオープンセットを人民軍が闊歩するシーンとか、テレビドラマの程度の予算じゃ到底つくれません。エキストラもたくさん出てます。
王蘭人民軍 in 渋谷

本作は、2009年の衆院選挙で幸福維新党(もちろん幸福実現党のことですね)が大敗して、民友党(もちろん民主党のこと)が大勝して政権を初めて奪うというシーンから話が始まります。
主人公は幸福維新党から出馬した大志ある青年、しかし実は主人公の親は民友党の大物だという設定。

民友党が政権をとってたった3年後、日本はあっというまに合法的に王蘭に併合されてしまいます。渋谷上空を王蘭の軍用機が飛び交う中、大スクリーンに併合されたことを告げる王蘭軍指揮官の宍戸錠。

王蘭人民共和国は共産主義ゆえに宗教は絶対禁止、精神の麻薬たる宗教的行為を行ったものは死刑という厳しい法律があるのです。主人公サイドは、どの宗教を信じているかにかかわらず敬虔な信仰を持つ者たちを、地下でかくまいます。なぜなら信仰は人間に必要不可欠なものだから。つまり創価学会員たちもかくまい保護されている…のだろうか??

神道 仏教 キリスト教 イスラム教 ヒンズー教、何を信じるかは関係なく、神を信じるという行為が大事だというメッセージをひたすら前面に出してきます。

つまり言いたいことは、政教分離という真っ向から反抗し、宗教と政治の融合を目指すってあたりなのかな? 王蘭軍の弾圧にひたすら耐え忍ぶ主人公たちは、2012年11月23日に渋谷である作戦を決行して一気に巻き返そうとします。どんな作戦なのかはずっと伏せられていて煽る煽る。

で、なんだかんだ死刑執行直前に処刑場から脱出、カーチェイスをさんざんやらかして渋谷にたどり着きました。(このカーチェイスはちょっとしょぼいのが残念。渋谷のセットで予算使い果たしちゃったのかな?)

そして主人公は渋谷のスクランブル交差点にとめた街宣車に乗り、演説をします。信仰の正しさを説きます。それを世界中に中継します。ただそれだけ。
街宣車を取り囲んだ人民軍兵士たちもいつしか銃を下げ演説に耳を傾け感動している様子。
まさしく洗脳演説の実演ショー。

この演説を機に中国もとい王蘭人民共和国の独裁体制は崩壊、民主化されたとのテロップが出て完。

前作の永遠の法仏陀再誕と違って超能力バトルは全く出てきません。ひたすら政治地下活動だ、占領軍の弾圧だ、演説だ、だけで2人を持たせるのはなかなかすごいことではあります。
やはりヒロインのリンが結構美人で適度に素人っぽいからなのかな。リンを演じる女優さんはインドネシアの学生さんだそうです。

幸福の科学信者向けメッセージとしては、前の選挙に負けて日本はピンチである。次の選挙(11月25日を考えているのか?)では絶対勝つぞ! それから他宗教を叩くのはちょっと控えろ 少なくとも表面上は共存共栄を目指せ 何事も選挙に勝つためだ ってあたりなんでしょう。

若い浮動層のうちいわゆるネトウヨと呼ばれる人たちに甘い餌を見せて誘っているという見方もできます。
でも、王蘭が日本を占領したとき皇室がどうなったのか、ぼやかしてるあたりが弱いね。
歴史において負けた国の王族はみな悲惨な目にあうのは確実です。そして侵略者が去った後でも復権なんてなされないのも確実。過去の日本が尚王家や李王家や愛新覚羅皇帝家に何をやったか、日本が去った後、彼らが今どうなってるか考えればわかるよね。
そこらをちゃんと示さないとネトウヨは踊らないと思うのでありました。

政治なんか気にせず、渋谷のオープンセットを堪能することに集中できる人なら楽しめること間違いなしの映画です。

2012/6/6 Wednesday

メン・イン・ブラック3

Filed under: - dekaino @ 8:47 このエントリをはてなブックマークに追加 <潟祉ゃ潟祉3のはてなBookmark被リンク数

メン・イン・ブラック3を観ました。
MIBシリーズ設定としては主役のエージェントを若い世代に変えることも可能なんでしょうが、同じキャラ、そして同じキャストで、前作から10年ぶりの復活です。

最近ありがちの懐かし時代が舞台、SFらしくタイムジャンプで過去に戻り、若かった頃のAgent Kの秘密に迫るとバック・トゥ・ザ・フューチャーの二番煎じっぽいストーリー。すでに大御所であるウィル=スミスやトミー=リー=ジョーンズがよくこのカビ臭い企画に出演OKしたものだなと思ったのですが、本編をみて理由がわかりました。本作は脚本がすごくいい。これに尽きます。企画書の概略で判断できるレベル。
巧いのは複雑になりがちな過去の選択による未来への影響が、5次元に存在するという異星人グリフィンという狂言回しキャラの導入で非常にわかりやすくなっている点。そして巧妙な伏線とその回収。本当によくできています。

もちろん1969年の風俗、ケープ・カナベラル基地、サターンロケットなどの特撮効果も素晴らしい。シリーズお得意の悪ふざけのギャグももちろんあります。でも3作目の本作ではギャグではなく泣かせがメイン。これがかなり泣かせる話として成立しています。

いい意味で、いかにもハリウッド的な映画です。

2012/5/3 Thursday

ももへの手紙

Filed under: - dekaino @ 19:15 このエントリをはてなブックマークに追加 吾膣のはてなBookmark被リンク数

ももへの手紙を観ました。
ももへの手紙
正直、初めて本作のポスターをみたときは、江口寿史のイラスト風の少女といがらしみきお風の男達というビジュアルに、コレ何? どんな層がターゲット? と思いました。Production I.G. どこに行くのー? って。

実は男たちは妖怪で人間ではないんですね。

目指す方向は最近のジブリ的な日本の田舎を舞台にした異形が出てくるファンタジーで、テーマは家族愛というところ。特に原作はなく完全オリジナルで、きっちり過去にヒットしたジブリ作品や他社の作品のヒット要因をマーケティング的に分析してすべて詰め込んだ理詰めの脚本になってます。ちょっとイヤらしい言い方だけど、作家性や芸術性は追求せずひたすら売れ線をねらった志向です。

それに反して作画はこれでもかと頑張り過ぎな絵作り。ここ数年の長編アニメではトップレベルではないんでしょうか? 止め絵もキレイでアクションもキレがよく、CGも違和感ありません。

声の演技もみんなうまい。優香は夫を亡くした母を違和感なく演じます。
ただ公開時期がちょっと微妙かな? お盆のころだったらどんぴしゃの企画だったと思います。

今年のゴールデンウィークアニメの中ではトップクラスの作品。

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

Filed under: - dekaino @ 17:58 このエントリをはてなブックマークに追加 篁≪ゃ蔀鴻若惹 鴻若若若弱ぇΔ里呂討Bookmark被リンク数

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦を観ました。
超電王シリーズのように放送中の現役シリーズとは別の流れの大ショッカーシリーズです。過去の全ライダーと全スーパー戦隊が戦うという「おらすげえワクワクしてきたぁ」ってストーリー。鍵となるのは仮面ライダーディケイドとゴーカイジャーのキャプテン・マーベラスという過去の全シリーズを操るチートヒーローの二大巨頭。

古き70年代の永井豪の○○vs△△シリーズにあるように東映のヒーロー対決シリーズはガチの対決せずに、なぜか共通の敵相手に共闘してしまいます。本作もその例に反することなく、キリコ=キュービーばりに実は悪に染まったふりをしてたんだぜ的燃える展開があります。
正直、数あるお約束に縛られて、ストーリー展開はほぼ自由度がないので、バラエティあふれる味方と敵を楽しむのが正しい本作の鑑賞法。とにかく物量で押せ押せとたーくさん出てきます。特撮で食ってる若者を救済する企画でもあるのでしょう。

それにしても現役のフォーゼとゴーバスターズの影の薄いこと。一応顔出しはしますがただそれだけ。つーかフォーゼは先輩たちがまだ卒業してないし、撮影時はゴールデンウィークではなくて春休みに公開する予定だったのだろうか?

とにかく物量で押せ押せとバブル臭い絵作りに抵抗がない方に向いた作品。

2012/4/28 Saturday

ジョン・カーター

Filed under: - dekaino @ 3:11 このエントリをはてなブックマークに追加 吾с潟祉若帥 のはてなBookmark被リンク数

ジョン・カーターを観ました。バローズの火星シリーズの第一弾「火星のプリンセス」の映画化です。
バローズって名探偵コナンとは関係なく(それはバーロー)、いまから20世紀前半に積極的に活動したSFや冒険ものを得意とする作家。ターザンシリーズの作者と言えば通りがいいでしょうか? 本作はいわゆる火星シリーズと呼ばれる中編連作の第一作を原作としています。バローズ本人が父が南北戦争の南軍に従軍していた職業軍人という世代であり、タイトルにもなっている本作の主人公ジョン=カーターも南軍の騎兵という設定になっています。

異世界冒険ものの古典なんですが、そんなに古びていないです。むしろ変にこっているエラゴンなんかより全然面白いです。A級作品として予算もふんだんに使っていて見ごたえがあります。
主人公の特殊能力(?)が高くジャンプできるだけとかちょっと怪力ってだけなのがシンプルで新鮮です。昔の空を飛べなかった頃のスーパーマンみたい。空を飛べない初代ガンダムの方が大気圏中でぶんぶん空を飛んじゃうVガンダムより殺陣が面白いというのに通じます。

ただヒロインの火星のプリンセスが美女かどうかはちょっと怪しいですけど。まぁレイア姫よりは間違いなく美人でしょう。

まだまだ原作に続きがあるので、いくらでも続編が作れるのがいいですね。まぁ映画じゃなくてTVシリーズとしてスビンオフした方が商業的には目があるかも? ターミネーターのサラコナークロニクルズよりは面白く作れそうです。

2012/4/1 Sunday

カーネーション最終回

Filed under: - dekaino @ 2:09 このエントリをはてなブックマークに追加 若若激с恰腟のはてなBookmark被リンク数

(この記事はエイプリルフールネタです)

朝の連続テレビ小説カーネーション
コシノ三姉妹の母親である小篠綾子の一生を元ネタにしたNHK連続ドラマも3月31日に最終回を迎えました。

晩年期、役者が尾野真千子から夏木マリに変わってから、やりたい放題のババアが周囲を混乱させつつも最終的にはいい方向に決着がつくという、島耕作も驚きの予定調和連発のストーリーで、さぞや視聴者の老人たちも溜飲が落ちまくりだったと思います。
NHKの老年層へのコビ売りには凄まじいものがありますね。

これは最終回でも何か一発やらかすだろうとも思っていたら、1つ前の30日(金)の回ではやくも主人公の糸子が死んでしまいました。最終日はどうなるのかなとハラハラドキドキでみたら、これまた凄かった。

このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。

なんと、病院でいったん死んだはずの糸子、キセキの復活で甦ります。
「三途の川の前で、お父ちゃんに帰れと言われたわ」
駆けつけた娘、孫たちが、まさか!?と疑っていると、目の前でミシンを踏み出し健在であることを見せつける糸子。老人力を武器に前にも増してワガママ放題を貫きます。平成23年のだんじり祭には気勢(奇声?)を上げて山車に乗る始末。もう彼女を止められるものは何もない!
これが真の意味でのドタバタ落ちってやつなんですな。

タイトルのカーネーション、糸子が好きな花からつけたタイトルという説明でしたが、劇中にそのような描写はほとんどなく、不思議に思ってました。実はリインカーネーション reincarnation (キリスト教での魂の再生、再受肉、復活を意味する言葉)の略だったんですね。クリスチャンだった糸子にふさわしいタイトルだと思いました。

最後に出たテロップ 「このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。
糸井重里も脱帽です。

LONG LIVE ITOKO FOREVER!

2012/3/31 Saturday

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

Filed under: - dekaino @ 11:58 このエントリをはてなブックマークに追加 祉菴のはてなBookmark被リンク数

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いを観ました。
予告編の出来かかなりよく、予告編だけで言えばここ数年でトップクラスだと思います。予告編だけよくて本編がダメとか、予告編だけ見れば十分で本編は冗長なだけという映画はよくありますが、本作はそういうことはなく、本編も大変見ごたえがある作品でした。

予告編でわかる通り、911で父を失ったアスペルガーの気がある少年が、父の残した謎を追う小冒険を通じて、父の死を受容するまでの心の癒しのプロセスの物語なのですが、本編はもっと複雑かつ想像よりももっと暖かいストーリーです。
ニューヨークという移民の街と住民たちとの交流、母親は息子に無関心で放置していると思っているのは当の息子だけ。なかなかによく練られたシナリオで、しかもお涙ちょうだい風に泣かせるぞと気負っていない演出が好感もてます。

そして主人公の祖父も両親(高祖父)を米軍のドレスデン爆撃でなくして心に傷を負っているという設定のあたりはいかにもハリウッドらしい。正義とか悪とは愛国心的なものから距離をおき、このような紛争そのものが悲しく憎むべきという姿勢を打ち出しています。

911事件後10年という区切りにふさわしい作品だと思います。

2012/3/18 Sunday

ライアーゲーム -再生-

Filed under: - dekaino @ 17:12 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ≪若蚊若 --のはてなBookmark被リンク数

ライアーゲーム -再生-を観ました。ヤングジャンプ連載の人気漫画が原作で、TVドラマと映画もつくられており、本作は映画版ライアーゲーム ザ・ファイナルステージの続編にあたるらしいです。

私はまったく原作もドラマも前作の映画版も見ておらずまったく予備知識がありませんでした。その意味で多部未華子が演じる篠宮優(しのみやゆう)とまったく同じ視点でみることができました。いきなり1億円の札束を送りつけられてなぜか2億円の負債を背負うというまったく理不尽かつリアリティも説得力もないストーリー展開にちょっとげんなりしましたが、いわゆるライアーゲームというゲームの仕組みはまぁまぁ面白かったです。といっても、きれいごとだけで回る心理戦がカイジやらアカギの福本伸行作品とは全然違ってぬるいですね。
そもそもせっかく1億円の現ナマもらっててそれを全く活用しないのは理解できないし、若い女は色仕掛けとかすればいいのに、ただ配布された20枚のコインだけで駆け引きってのが現実離れしてますね。最後のオチもキレイ事すぎてあーあという感じ。

主役の篠宮(多部未華子)だけがキレイ事をいうのなら、まぁそういうキャラってことで納得もできますが、すべての登場人物がコイン以外の駆け引きをしないのがなんだかなぁと思いました。
それでも、篠宮が最初から最後まできったり優等生を貫き、多部未華子のイメージダウンにつながるような要素が皆無なのには感心しました。異性関係すらまったくでてこないのがすごい。
また、篠宮の卒業後の進路がどうなっているのかまったく出てこないのはどういうことなんだろう? いきなり拉致予告されたらまず就職予定の会社に相談したり知らせたりするんじゃないのか? 帝都大の卒業式で卒業生総代として答辞するくらいの優等生なら、立派な企業に就職内定しているはず。それを描写することで就職活動に苦労している若年層の反感を感じさせるのを避けるため、あえて卒業後の進路をぼやけさせているのだろうか?

フランス映画ではホームドラマが成立しないって話を聞いたことがあります。王も貴族もいない市民みな平等なフランス共和国という建前とは裏腹に元貴族と元平民とではものすごい格差があるため、市民みなが納得する平均的生活というものが表現しようがない。それでフランス映画には質の高い恋愛映画はあってもホームドラマはないんだという話です。
大学卒業後社会人1年生の平均的姿を描写しない本作をみると、日本もだんだんフランスみたいな平均的イメージが存在しない格差社会になりつつあるのかなと思わされます。

なんか全然関係ない話になりましたが、多部未華子の優等生っぷりを堪能する娯楽作品としてはよくできているおすすめ映画です。

2012/3/11 Sunday

特急あさぎり 沼津への旅

Filed under: - dekaino @ 23:20 このエントリをはてなブックマークに追加 号ャ 羃惹乾吾のはてなBookmark被リンク数

2012年3月17日のダイヤ改正で、いままで新宿〜沼津間を運転していた特急あさぎりの運転区間が新宿〜御殿場に短縮されます。車両も小田急RSEとJR371系双方とも引退し、ダイヤ改正後はMSEが運用される予定です。

せっかくなので、沼津まで直通特急に乗る旅に出ました。

本厚木駅の窓口で発券した特急券と乗車券
本厚木駅の窓口で発券した特急券と乗車券

せっかくなのでグリーン券と張り込みました。371系やRSEは2階立てのグリーン席があるのです。残念ながら後継のMSEは地下鉄直通規格のため2階席はありません。

371系車両 (2012/3/9 沼津駅で撮影 あさぎり6号)
JR東海所有の371系(沼津駅で撮影)

新幹線カラーの素敵な車両。光るグリーン車のマーク!!
グリーン車のマーク

ホームの乗車位置マーク
グリーン車は3号車と4号車。本厚木駅のホームの乗車位置マークも17日には消されてしまうのだろうか?

371系グリーン車内部
これがグリーン車内部。1列+2列構成でゆったりしています。JRグリーン席の原則通り。

本厚木から1時間14分で沼津駅に到着。
沼津駅
あいにくの雨です。

駅から沼津港まで歩くと20分くらいです。途中、港までの貨物線の廃線後にできた遊歩道を歩きました。
沼津の梅
2012年は厳冬だったせいか梅の開花がおそかったようです。遊歩道の梅も3月だというのにまだ五分咲き。

あいにくの雨で鉛色してる沼津港の海。
沼津港
沼津港は観光地化してます。早朝は漁師と市場仲買人が働き、遅い時間は観光客がわんさかやってきます。

港にある有名店魚河岸丸天tvkでCM流してます。平日で雨が降っているというのに行列ができていました。
丸天丼
30分ほど並んで丸天丼をいただきました。でかくて美味い! 味噌汁もアラ汁で美味いのです。味噌汁お替り自由です。

実は沼津港と沼津駅の間は、南北循環バスビーバスというワンコイン100円で乗れるバスが運行しているのですが、3月末で廃止だそうです。どうやら沼津市の市議会で事業仕訳けにひっかかって補助金カット→廃止ということらしい。
帰りは港から駅までこのビーバスに乗りましたが、雨天だったせいもあってかなり混雑していました。利用客は結構いるようです。それにしても沼津の公共交通がどんどん寂れていく。大丈夫なのか? 沼津!

さて、帰りも同じく371系車両の特急あさぎりで帰りました。
特急券
乗車券
切符は沼津駅のみどりの窓口で購入。帰りは一般席です。それでも特急なので十分に快適でした。

これで日帰り沼津海鮮グルメの旅は終わりです。

2012/3/9 Friday

friends もののけ島のナキ

Filed under: - dekaino @ 1:41 このエントリをはてなブックマークに追加 friends 絣吟のはてなBookmark被リンク数

friends もののけ島のナキを観ました。
有名な児童文学「泣いた赤鬼」を翻案した3D CGアニメです。3Dと言っても多分に2Dアニメートされまくりで手作り感あふれる映像です。
ストーリーはベタベタなお涙ちょうだいモノです。原作通り真の主役は青鬼(グンジョー)、声を演ずる山寺宏一やっぱり巧いね。悪役トリオはFROGMANが演じます。これは鷹の爪での恩返し的友情出演なのだろうか?
青鬼(グンジョー)
キノコが美味しそう。放射能が蓄積してるとおどされても食べたくなってしまうキノコ映画でもあります。キノコ万歳。

2012/2/18 Saturday

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵

Filed under: - dekaino @ 16:49 このエントリをはてなブックマークに追加 祉 藥篁gI 荀気里呂討Bookmark被リンク数

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵を観ました。STUDIO4℃製作の長期シリーズ企画 第一弾です。

決して子供に見せてはいけない残虐表現アニメと言われてますが、確かに血しぶきがすごいけれども、イデオン発動編に比べたらそんな過激でもない気はします。エロ度もそんなでもないし。
本作は、原作のヤング編の最初からグリフィスがお姫様と仲よくなるあたりまで、本当に序盤の序盤だけのアニメ化。それでもゾッドが出てきたりそれなりの見どころはあります。
自作は4ヶ月後の6月公開予定。ガンダムUCみたいに数か月ごとに新作を公開していく21世紀式プログラムピクチャー企画のようです。しかしこのペースじゃ12作くらいやっても連載中のタイムラインに追いつかない気がします。

とにかく人手をかけてうねうね動くアニメ映画です。劇中に出てくる敵キャラも怖いですが、エンディングの延々と続くハンドル名はちょっと怖かった。そんな作品。

2012/1/4 Wednesday

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

Filed under: - dekaino @ 14:23 このエントリをはてなブックマークに追加 激с:ゃ潟激/眼若鴻祉潟のはてなBookmark被リンク数

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルを観ました。M:i:IIIの直接の続編にあたります。
Bad Robot Production作品で、プロデューサー名にJJエイブラムスの名がありますが、本作の脚本・監督にJJの名はありません。本作の監督は、あのアイアンジャイアントMr.インクレディブルレミーのおいしいレストランで有名なブラッド=バードが、実写作品の監督に初挑戦しています。たしかにちょっとアニメっぽい表現がありますが、テンポがよいアクション映画として巧くまとめています。

話の設定もよく出来ており、アメリカ政府の支援を全く受けられない困難な状況、チームが限られたリソースの中で全力を尽くすというマンネリ要素を排除したいかにも劇場版らしいストーリー。いつもの変装ギミックもこの理由で使えないって言い訳することで、トムクルーズ出ずっぱりが可能となりました。変装できちゃうと変装中は別の役者になっちゃうもんね。

予告編でいきなりクレムリン宮殿が爆破され、ドバイの高いビルの外壁でロープを使ったアクションシーンが出てきますが、こんなのはごく一部、アクションシーンは盛りだくさんです。クルマを使ったアクションもたくさんあって、惜しげもなくぶっ壊します。
ブラッド=バード監督は人妻をヒロインにすることが多いことで有名(?)ですが、本作も恋愛要素のヒロインは主人公イーサンの妻! とにかく独身女性には萌えない体質のようです。

私は本作を1月1日の午後、海老名市で観たのですが、ちょうどクライマックス ミサイルが打ちあがった頃に鳥島が震源の地震が発生! 震度3〜4で揺れました。最初のうちはすごい臨場感だなと思っていたらどんどん揺れが大きくなって、これマジ地震だ!と気づいたころにはもうどうでもいいやって気分でした。上映も何事もなく続行してたし。珍しい経験をしました。

観光名所を案内するトラベルムービーとしてもよくできていると思います。おすすめのアクション映画。

2011/12/29 Thursday

風雲児まどか☆マギカ

Filed under: - dekaino @ 0:00 このエントリをはてなブックマークに追加 蘂峨障のはてなBookmark被リンク数

知る人ぞ知る巨匠みなもと太郎。こつこつと描き続ける風雲児たちは手塚の火の鳥にも匹敵するライフワーク作品と言われております。
現在はリード社の月刊誌コミック乱(過去の掲載誌の中では最も部数が多いのではないかな?)で幕末編を連載中であります。

みなもと太郎先生、もともと作画グループのメンバだけあってSF方面にも詳しいのだろうとは思ってましたが、いきなり某文化庁メディア芸術祭アニメ部門大賞受賞作品のネタがひょっこりと。

みなもと太郎 風雲児たち幕末編1
リイド社コミック乱2012年2月号より引用
もともと妙に顔が四角いキャラなので、意外とみなもと太郎のタッチと相性がいい気がする

みなもと太郎 風雲児たち幕末編2
リイド社コミック乱2012年2月号より引用

このキャラ(作者アバター?)もこの程度のダメージでは決して滅びぬ不死身キャラ。やっぱり新しいのが残骸を食べちゃうのかなぁ??
ちなみに武士風の人たちは桜田門外の変の実行犯達で、事前に襲撃の計画を練っている場面 …なんて説明は要らんですね。
何をやっても許される域に達すればこそ巨匠と呼ばれるのです。さすがです。

2011/12/10 Saturday

地球防衛ガールズ P9

Filed under: - dekaino @ 17:41 このエントリをはてなブックマークに追加 亥画若 P9のはてなBookmark被リンク数

地球防衛ガールズ P9を観ました。→公式サイト
もう東京の公開は終わってしまいました。今日から大阪、新年からは名古屋だそうです。

地球防衛少女イコちゃんの正統な後継作品(と言えるのか?) あの河崎実監督の久しぶりの劇場公開作品です。
なんと本作は9人もの少女がでてきて、地球防衛少女シリーズ歴代最多人数です。
地球防衛ガールズ P9
劇場版の割に渋く地味なストーリー、まるでウルトラマンの予算が尽きた頃の回のような知恵と工夫で低予算をカバーしてるのが目に浮かぶような作風。だからといってつまらないわけではなく、人間の内的宇宙を舞台に戦うという設定(なのか??)
うちわ受けが多く、芯から河崎実ファンも大満足でしょう。ライトな昭和特撮ファンも十分楽しめると思います。21世紀のライダーしか知らない人もAKBオタだったら全然OKです。子役マニアにもたまらないキャストでしょう。B級お笑い芸人フェチにも大サービスであります。

決して一般人にはすすめられない、といってコアなサブカルと言うほどでもない、河崎実作品が好きな方にだけおすすめ。
今回は日光江戸村とタイアップしてなかったのは残念です。

2011/11/20 Sunday

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底で

Filed under: - dekaino @ 22:04 このエントリをはてなブックマークに追加 罘紕潟UC(潟若)/episode 4 篋吾綺Г里呂討Bookmark被リンク数

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底でを観ました。
地球の重力の井戸の底に落ちたバナージ。ユニコーンサーガはじめての地上戦メインの話です。
0083の地上戦はモビルスーツがジャンプするだけで自由自在に飛んだりしないので面白かったのですが、逆シャアより後の時代設定のユニコーンだと、地上でもVガンや∀のマヒローみたいに飛び回ってしまうので、あんまり新鮮味がありません。大火力の表現に頼った演出はいまひとつ食傷気味です。その手はヤマトの波動砲以来使い古され過ぎ。
たしかに作画はきめ細やかですが、どうもチャレンジ精神を感じません。まぁ原作が福井晴敏だしなぁ…

ものすごい引きで幕を閉じるのですが、episode5は半年以上先らしいです。
商売上手ですねえ。

2011/11/18 Friday

サラリーマンNEO 劇場版(笑)

Filed under: - dekaino @ 23:50 このエントリをはてなブックマークに追加 泣若NEO 雁(膃) のはてなBookmark被リンク数

サラリーマンNEO 劇場版(笑)を観ました。
NHKのコメディ番組がなぜか劇場版に! いつものレギュラー陣に加え小池徹平と篠田麻里子などを加えた豪華キャスト。みたいな映画ですが、ちょっと斜めから見ると大人の事情が見え隠れする作品です。

はっきりいって本作はNHKエンタープライズが作成したVシネマです。そしてVシネマのプロモーションとして単館系劇場で公開しとくかと思ったら、なぜか悪乗りが過ぎて全国ロードショーになってしまった、さすがNHKだぜー って映画です。
画質はもちろんVシネマらしくDVD画質。大きい画面で見てもうれしくはありません。部屋のテレビで見るのが最適な絵作り。ブレてません。

テレビシリーズのキャストや人気コーナーやセクスィー部長をうまく拾いながら、メインストーリーと島耕作みたいなサラリーマン人生もの。そつなく作ってあります。サラリーマン体操の面々もコンテンポラリ踊りながら登場です。
本編未収録の「世界の社食から」を映像特典としてつけたDVDが店に並ぶのが目に浮かぶようです。

NHKらいく、あからさまな企業タイアップはしてないが、なぜかサントリーが黒幕にいたりして、サントリーの「はちみつレモン」の頃のどろどろの怨念が見え隠れする作品です。

2011/11/9 Wednesday

フェア・ゲーム

Filed under: - dekaino @ 23:32 このエントリをはてなブックマークに追加 с≪祉蚊若 のはてなBookmark被リンク数

映画フェア・ゲームを観ました。
イラク戦争時のブッシュJr.政権で世間を騒がしたCIA絡みのスキャンダル事件(実話)ベースに映画化した作品です。
アメリカでは有名な「ブレイム事件」(ブレイムは人名)ですが、日本ではあまり報道されませんでした。アメリカ連邦政府は大統領が代わると政府高官も総取替えされますが、軍や外交官や諜報機関などの特殊技能色が濃いポストは政権党が変わってもそのまま続投することが多いです。
この事件は、任命した大統領が去った後も別政策をもつ次期大統領に宮仕えし続けるという構造が生んだスキャンダルとも言えます。この事件以降、大統領府/連邦議会とCIAの関係はかなり冷え込みました。

オーソドックスないわゆる再現ドラマ風の演出ですが、特にマスコミの偏向報道や身勝手な世論などに注目した演出がいかにもハリウッドっぽい感覚です。また夫婦の関係や家族愛も重要なテーマとなっているところもハリウッドっぽいですね。

いくら当時から政権党が変わった時代とはいえ、メジャー作品として受容されるのがアメリカ映画の懐の深さです。日本映画ではこの手のマスコミ叩きや世論を叩く作品は単館系でそれなりにあるけれど、注目するのは右翼くらいで彼らがわざわざ劇場に街宣抗議した結果、ニュースになって一般大衆が「へえこんな映画やってるんだ」って知ることができるくらいマイナー路線だもんなぁ。

あまり派手なアクションシーンはありません。でも、この事件のせいで米国外の協力者達ががんがん巻き添えで死んでいくのを淡々と描写するあたりはある意味で派手です。

リアルを追求したスパイ映画。主役のナオミ=ワッツも好演してます。

2011/10/26 Wednesday

カウボーイ&エイリアン

Filed under: - dekaino @ 5:37 このエントリをはてなブックマークに追加 若&ゃ≪海里呂討Bookmark被リンク数

カウボーイ&エイリアンを観ました。原題はCOWBOYS & ALIENS。そう どちらも複数形です。
本作は複数のカウボーイたち、そしてアウトローの荒くれ者が、異星からきたエイリアンたちと戦うという話です。もちろんインディアンも出てきます。

主人公は最近の007シリーズの若いボンド役をやっているダニエル=クレイグが演じます。せっかくボンド役になったのに、不況のせいか007新作がいつまでたっても製作されない不遇なクレイグが一花咲かせられるか? 役者人生崖っぷちな感じの真剣演技がいいです。
またもう一人の主役としてハリソン=フォードが老体にムチ打ってこれまた西部劇にありがちな牧場主という役柄で出てきます。さすがに巧いですね。

本作はいわゆる西部劇のお約束をちゃんと守っていて、その点でニヤリとさせられることが多いです。なぜかわからないけどなぜか町の名士である牧場主の息子はロクデナシのドラ息子だし、親友は医者だし、主人公は盗賊の頭目崩れの犯罪者だがなぜか憎めないヒーロー気質だし。

見どころは圧倒的な火力と飛行マシンを駆使するエイリアン達に、ライフルですらない旧式銃(マスケット銃?)を手に馬に乗ってほとんど自爆テロ的な特攻で立ち向かう地球人たちの戦闘アクションシーンです。とにかく軍事力的には圧倒的に不利なのにクソ度胸だけで何とか戦う、いわばスターウォーズ帝国の逆襲で帝国軍の巨大四脚マシンのスノーフォーカーをワイヤーだけで倒すみたいな爽快さがあります。

見方によっては、石油を取りに来た圧倒的火力を持つ米軍に対し、知恵と勇気と信仰で立ち向かう反米ゲリラを賛美してる気もしますが、考えすぎでしょう。

ストーリーが浅いという批判の声もありますが、この浅さこそ往年の西部劇映画の味というものです。SFアクションと西部劇のお約束のいい感じのごった煮が素敵な映画です。

2011/10/14 Friday

4回かながわフードバトルinあつぎ

Filed under: - dekaino @ 10:50 このエントリをはてなブックマークに追加 4若inゃ、里呂討Bookmark被リンク数

先週の10/9に、4回かながわフードバトルinあつぎに行ってきましたよ。
フードバトルと言っても大食い大会ではありません。丹下フードファイター(TFF)所属の大食い師も来ません。各地のB級グルメの屋台を集めて、料理の人気を競うイベントです。

横手焼きそば
山形県横手市の横手焼きそば。知名度は抜群。今回特別参加。
横手市は厚木市の姉妹都市らしい。

真鶴町 アジのすり身揚げ
真鶴町のアジのすり身揚。ふわふわで美味しい。これが一番美味かった。
割り箸は人気投票用のもの。箸を使わなくてもいい料理も必ず箸がついてきて、投票所の箱に投げ入れると人気投票できる仕組みです。

寒川町 棒コロ
寒川町の棒コロ 棒状のコロッケ。美味い。他のバリエーションもあるらしい。
謎のキャラクターがかわいい。

海老名市 ヘルシーつくね
海老名市 ヘルシーつくねの売り場。エビの頭にイチゴの胴体の謎生物が海老名市のゆるキャラ えびーにゃ らしいです。
ヘルシーつくねは豆腐を混ぜ込んだつくね。他にも豆腐を使ってヘルシーを売りにした料理があったけど、B級グルメとヘルシーって相反しないんだろうか?

今週末は小田原で似たようなイベントをやるそうです。
オダワラソウルフードフェスタ2011

日輪の遺産

Filed under: - dekaino @ 10:47 このエントリをはてなブックマークに追加 ヨ耳榊のはてなBookmark被リンク数

日輪の遺産を観ました。浅田次郎原作の終戦間際の物語です。
浅田次郎文学によくある劇中の人物に過去を回想して語らせるという構造をそのまま映像化してあります。本作においては大正解の演出です。
カドカワブランドに恥じぬ子役女子のキラメキ具合がすごい。20名のローティーン少女の説得力といったら、よくもまぁこれだけ上手い子役たちを集めてきたもんだと思います。

ただ大人たちはちょっといけませんね。想定した観客層である老人にコビているのかも知れませんが、こんな綺麗ごとで済ましちゃいけない話なんだと思います。
マッカーサーもひどい。弱腰すぎる。大統領の座をねらう野心すらあったとされるマッカーサーが胃酸を手つかずで残すなんてありえないでしょう。

昭和天皇も役者の配役はなく玉音放送のいつものNHK音源の声だけの登場なんて、制作サイドはちょっと腰が引け過ぎじゃないかと。大人の事情気を使いすぎて作品をどんどんつまらなくしている感があります。

とはいっても大人や老人とは無縁の少女たちの演技は素晴らしい。本作の価値はそこにあります。

2011/9/25 Sunday

ラビット・ホラー3D

Filed under: - dekaino @ 8:39 このエントリをはてなブックマークに追加 祉3DのはてなBookmark被リンク数

ラビット・ホラー3Dを観ました。清水崇監督の3D最新作です。
本作は厳密にいうとホラーではありません。内的世界、精神と狂気の物語。だけどホラーって言わないと企画が通らなかったのでしょう。逆にいうと清水崇のホラーとさえ言えば金が湧いて出る。ブランドとはこういうものか…

プロットそのものはエコエコアザラクテレビシリーズの1エピソードに収まる程度の単純な話ですが、実験的とまで言える3D演出を施した意欲作です。
テレビシリーズっぽいチープ感がまたいい味を出しています。
メインの遊園地のシーンは本当にチープで実際に金もかかってなさそうですが、劇中劇で映画館で3D映画を見てるシーンなどは製作費がかなりかかってそう。
ただちょっと3D効果がどぎついのでかなり目が疲れます。途中で気持ち悪くならないように注意。

本作は役者がみんな巧い。満嶋ひかりだけでなく子役の澁谷武尊も巧い。学校シーンの脇役の子役たちも芸達者ぞろいです。もちろん香川照之に狂人をやらせたらハズレなし。小道具はチープだけどキャスティングは豪華です。

ホラー映画としては怖くはないが幻想文学の映像化という意味ではよく出来ている作品です。

2011/8/28 Sunday

神様のカルテ

Filed under: - dekaino @ 22:16 このエントリをはてなブックマークに追加 腑罕のはてなBookmark被リンク数

神様のカルテを観ました。
宣伝とかポスターは宮崎あおいイチ押しでしたが、実際は櫻井翔の方が出番が多い。櫻井:宮崎で8:2くらいの比率かな。観客は櫻井翔めあての若い女性ばっかりでした。

同名の小説が原作。原作を書いた夏川草介は33歳の現役医師だそうです。本作はもっと年がいった定年間近の人が書いたみたいな脚本になってます。
とにかく出てくるキャラがすべて枯れているというか老成されたというか、年寄りくさい言動しかしません。演ずる役者は若いのに言うこと為すこといちいち年寄りくさい。御嶽荘という下宿屋みたいな元旅館も年寄りくさい。夢破れて田舎に帰って畑仕事ってリアリティのなさがまたすごい。平成の世ではむしろ田舎の方が仕事ないよ。
ちょっと若さが感じられるのは要潤がやってる外科医くらいか? 朝倉あきが演じる新人ナースですら言動が年寄りくさいのは、脚本が悪いのか演出が悪いのか?

病院の描写はすごく現代的なのに、なぜかカルテは手書きなのも謎なところ。

一番わからないのはすべての登場人物がすべてお金持ちなんですよね。生活のために働く、食うに困るみたいなことはまったくなく、仕事は100%自己実現の手段となっている。医師が書いた小説らしいといえばらしい話です。
宮崎あおいが演じる妻の榛名は写真家をやってるんですが、明らかに100%持ち出しの趣味レベルの職業になっている。自宅の暗室でカラー写真を印画紙に焼き付けたりするシーンをあげるまでもなく、リアリティ皆無なところが、むしろすがすがしいくらいです。

ところで、櫻井くんと宮崎あおいは夫婦って設定なのに、キスどころか手もつなぐシーンすらありません。会話は敬語だし。まるで枯れた老夫婦みたい。メイン客層の櫻井翔くんファンがヘソを曲げないための演出なんでしょうか?

とても老人受けしそうな演出と櫻井翔ファンとのミスマッチがある意味面白い作品です。

2011/8/19 Friday

イオンカードセレクトの罠

Filed under: - dekaino @ 23:54 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟若祉臀のはてなBookmark被リンク数

今月からワーナーマイカルシネマズのチケットをイオンカードセレクトでカード払いすると正規料金より500円引きのサービスが始まりました。セレクト以外のイオンカードでも300円引き。
ただし、イオンカードセレクトはカード払いの引き落とし口座がイオン銀行しか選択できない制約があります。美味しい話には必ず裏がある。

とはいえ、ワーナーマイカル海老名の正規料金は1700円なので、平日の昼間でも1200円でOKということです。これは美味しいということで、さっそくイオンカードセレクトに入会しました。我ながらイオングループにいいように操られてます。

そしてワーナーマイカルシネマズでイオンカードセレクトで支払したところ、何ということでしょう!! 300円しか割り引かれていないではないですか!
その場でクレームつけたら、奥から偉い人が出てきて詫びの言葉をいただき、いったん返金処理をしてそれから再度500円引きのチケットを発行するという手続きをしてもらいました。

実はイオンカードセレクトのカード表面は一般のイオンカードとほとんど同じなんですよね。どこにもセレクトなんて書いてない。
定義としてはWAONマークとイオン銀行マークがついてるイオンカードがイオンカードセレクトということらしい。
しかも発券システムで割引チェックしてるわけでもなく、まず売り場のお姉さんが目でカードを確認して割引額を機械に入力して、それからカード支払い処理する流れらしい。まだイオンカードセレクトはあまり数が出てないらしく、ミスしたお姉さんも初めてイオンカードセレクトを見たようでした。
カードを機械に読ませたら自動的に割引額を判定するようなシステム作ればいいのに。

大事なことは、一瞥だけでは区別がつかないイオンカードセレクトを使うときは、これはセレクトだよってきっちりアピールすることです。そうしないと一般イオンカードと勘違いされてしまいます。ご用心ご用心。

2011/8/14 Sunday

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

Filed under: - dekaino @ 0:24 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 篁≪ゃ若若 WONDERFUL 絨荵21潟≪<のはてなBookmark被リンク数

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダルを観ました。
前宣伝でバンバンでてた暴れん坊将軍(松平健)の共演ですが、予想以上にストーリーに絡むというか、これはもう劇場版 暴れん坊将軍でオーズが友情出演と言っていいくらいの話です。謎の貧乏旗本 徳田さんかっけー
とはいいつつ、オーズの世界観も崩すことなくうまく話をまとめたもんだなぁと思います。
いまテレビシリーズでは決着寸前の佳境に入ってますが、本作では中盤の時間軸らしく、まだアンクも普通だし他グリード達も健在でした。まぁいつものパラレル世界エピソードと考えてもいいんでしょうけど、そんなに矛盾はありません。

仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼でもバイクではなく馬に騎乗するライダーが出てましたが、今回みたいにバイクと馬の併走ってのはライダー映画史上初かも? 意外と絵になっているかも?

酒井美紀が演じるラスボスがキャラがたっててよかったです。酒井美紀もオバさんキャラをキッチリ演じられる女優になったんだなぁとしみじみ。
高岡早紀より若い頃とのギャップが大きいかも?

恒例の次作ライダーの顔出しもありました。仮面ライダーフォーゼ?? ライダー初の学園ものらしいです。ヒーロー特撮の学園ものと言えばビーファイターカブトが真っ先に思い浮かびますが、個人的にはヒーロー特撮の学園ものの最高峰は円谷プロのグリッドマンだと思ってます。ああいうノリが出せればヒットするかも? ただ主役の人がリーゼントなんだけど身長も高いんだよね。高身長であの髪型だと日本の電車とかバスに乗るの不便だろうなぁって余計な心配をしてしまいます。これがでかいの一族クオリティ。

話が脱線してしまいましたが、ライダー映画としても暴れん坊将軍映画として非常に良い出来です。立ち回りとかサイコー。東映の映画史に残るかもしれない奇作。

海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船

Filed under: - dekaino @ 0:12 このエントリをはてなブックマークに追加 羌決眼若ゃ吾c THE MOVIE 腥咲九構垢里呂討Bookmark被リンク数

海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船を観ました。
タイトルはたぶん石森章太郎原作の東映動画劇場中編アニメ「空飛ぶゆうれい船」のオマージュだろうか? ゆうれい船はSFでオカルト要素なしですが、本作の幽霊船は特に説明もない真の幽霊船。しかもむやみにでかい。ゴーカイジャーの海賊船の1000倍はありそう。
中には石森章太郎というよりは永井豪的なエロ幽霊までいます。

単体劇場版のゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦に比べると、仮面ライダーオーズの同時上映短編だけあって尺も短くだいぶアッサリ味ですが、それでもバトルフィーバーJが出てきたりそれなりの見どころはあります。永井一郎が声をやる野球仮面も懐かし面白ネタとしてよかった。でも野球仮面ならNinja of Ninjaのシュリケンジャー(ハリケンジャーの6人目)に相手してほしかったかも。

2011/7/24 Sunday

I AM NUMBER FOUR

Filed under: - dekaino @ 11:13 このエントリをはてなブックマークに追加 I AM NUMBER FOURのはてなBookmark被リンク数

I AM NUMBER FOURを観ました。邦題は片仮名にしただけのアイ・アム・ナンバー4。
私はフォウといっても、フォウ=ムラサメの話ではありません。いやでも性別が男って以外は結構同じ話かも? 強化人間か異星人かの違いだけ。

マイケル=ベイがプロデュースだそうですが、確かにそんな感じのおバカな作品です。
派手な特撮は使ってますが、ストーリーは昔からある陳腐な話で、特にびっくりさせられることもなし。この薄さはテレビドラマシリーズのパイロットフイルムみたいな感じ。
決着のつけ方のあたりからして、明らかにテレビドラマへのスピンオフを狙っています。ただこれはSciFiドラマとしてもあまり面白くしようがないんじゃないかなぁ。ヒネリが全然足りません。

ただ劇場作品としてきっちり予算かけた特撮だけは見ておく価値あり。クラシックな古臭い超能力バトルに最新のSFXを使うとこうなるよって教材的な意味が強い作品です。

コクリコ坂から

Filed under: - dekaino @ 10:26 このエントリをはてなブックマークに追加 潟喝のはてなBookmark被リンク数

コクリコ坂からを観ました。言わずと知れたジブリ最新作、宮崎吾郎第二回監督作品ですよ。
コクリコ坂から イメージボード (宮崎駿画)
脚本は借りぐらしのアリエッティと同じく、宮崎駿と丹羽圭子の共著。共著と言っても宮崎駿はアイデアや構想を出すだけで、テキストのほとんどは丹羽圭子が書いているのでしょう。

で作品なんですけど、商業的にみて、アリエッティよりずっといい作品に仕上がってます。普通に面白いしわかりやすいし、でもネタにして語るぐらいには劇中で説明されてない裏設定があるし、プログラムピクチャーとしての出来はかなりいいですよ。しかもこれ尺がたったの95分。カルチェラタンの取り壊しの話と、風間の出生の秘密という2つの話を混ぜて同時進行するアメリカドラマでは定石の手法で意外とボリュームがある話を詰め込んであるのに、たった95分とは宮崎吾郎はプログラムピクチャーの監督としては間違いなくそれなりの才能がありますね。作家方向ではなくてマネージャ方向の監督の才能。

ただ宮崎監督の意図を推測すると、これ本当は高畑勲に監督させるつもりの企画だったんじゃないかと私は邪推します。この手の淡々とした群像劇を作らせたら高畑勲は本当に巧いですからね。しかも短く安く作るのも得意。そういう意味で宮崎吾郎は父の駿ではなく高畑勲の方向を目指してたんじゃないかと思います。ただ、その視点で本作を見直すと巨匠高畑勲と比較するのも酷なんですが、いろいろアラも見えてくるんですよ。
まず高畑なら動物をもっと効果的につかったろうなということ。コクリコ荘の住民のだれかがペットを飼っててもいいし、カルチェラタンに誰が飼ってるかははっきりしないマスコットみたいな動物がいてもいい。だいたい港と船乗りの話なのにカモメもウミネコも飛んでない海ばかりって、演出以前に作画的にもジブリらしくないです。このあたりはどうにも高畑勲の足元にも及んでいない。動物のほかに幼児とか小学生も出てこないし、観客層設定を考えればそれもありなんでしょうけど、夏休み映画ならもうちょっと子供が見て感情移入できる何かがほしいところです。

宮崎駿の影響なんですけど、設定の黒い部分にいろいろでてますね。時代設定を原作よりずっと古い東京オリンピック前年にしたあたり。その頃の高校生って要は終戦直後に生まれた世代。主人公の親ははっきり言われてないけどばりばり海軍さん。海の父は軍医にならずに海軍士官になったから勘当されたわけですね。そして朝鮮戦争にも掃海や物資輸送で戦争に参加して戦死したんだけど、当時日本は戦争に参加してない建前だから、国からは何の補償もなくて残された妻子は苦労したと。もし戦死しなかったら海上保安官か海上自衛官になったのだろうか?

ツッコミどころは多いけど今年の夏休み映画の中では上の方だと思います。

2011/7/18 Monday

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

Filed under: - dekaino @ 8:52 このエントリをはてなブックマークに追加 若祉帥若罩祉腱絎 PART2のはてなBookmark被リンク数

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2を観ました。PART1の続編、長かったハリーポッターサーガの完結編です。
PART1はいきなり3D版がキャンセルされたり尻切れトンボでPART2が製作されることになったりさんざんでした。完結編の本作はがんばって作ってあります。
3Dだし、学園シーンもたくさんあるし、クリーチャーのCGもたくさんでてきます。まさに完結編にふさわしい豪華さ。
ストーリーは原作本とは違った流れになったようです。原作者J=K=ローリングも最初のうちは改変を認めないみたいなこと言ってたようですが、結局一般うけする決着に改変することに同意したようです。恐るべきは金の魔力。金はトルネコの杖よりも強いようです。

さんざん言ってた、トルネコの杖とか透明マントとか秘法を集めると世界を支配できるって設定は結局深く説明されることなく流されました。
ダンブルドア校長は前作で死んでしまったけど、吹替え版では永井一郎の声がたっぷり楽しめます。

2011/7/13 Wednesday

マイティ・ソー

Filed under: - dekaino @ 21:18 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃc祉純爾里呂討Bookmark被リンク数

マイティ・ソーを観ました。ゲルマン神話のトール神がヒーローのアメコミの映画化です。
各方面で言われてますが、なんでソーなの? せめてトールってすればいいのに。日本語の響きとしてソーは強く聞こえないしヒーローっぽくないよね。
字幕をみる限り、英語訛りに執着しているわけではなく他の固有名詞はエッダ詩の発音に沿った表記。ただTHOR本人だけがトールではなくソーとかたくなに表記されます。
権利関係に厳格なマーベル作品のことだから、これは日本国内でトールって商標をとれなかったから、マイティ・ソーをごり押ししているんではないだろうか? そんな問題でソーって呼ばれちゃうトール神かわいそう。マイティ・ソーより、鉄槌トールとか雷神トールの方が絶対いいよね。

作品としては、いかにもアメコミなマッチョヒーロー。しかもなぜかニューメキシコ州の砂漠に落ちてくるところがアメコミ風。
ゲルマン神話ってアメリカではある程度はメジャーなんでしょうか? 劇中で木曜日ThursdayはThorの日が語源って出てましたが、水曜日WednesdayはThorの怖いお父ちゃんOdinの日って意味だよ。
本作はあくまでも自分たちの家族内のケンカで地球に迷惑かけるだけの話で、全然地球の危機をすくようなヒーローらしい行動はしません。結局アベンジャーな取り込まれてしまうみたいなんで、小粒な神様ではあります。雷を使いこなすからか、一応ローマ神話の主神ユピテルやギリシャ神話の主神デウスと同一視されているのね。

マッチョ好きな人にお勧め。あんまり頭を使わずに楽しめるアクション映画です。

2011/7/10 Sunday

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

Filed under: - dekaino @ 15:59 このエントリをはてなブックマークに追加 若茵絽 筝()のはてなBookmark被リンク数

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星を観ました。外伝ストーリーなので主役はエルリック兄弟というよりはゲストキャラのアシュレイとジュリアの兄妹の方でしょう。
ストーリーはよくできています。シナリオや設定もよく文芸面ではハリウッド作品と言ってもいいくらいの高品質な出来。
その反面、演出して映像化する部分が劇場版とは思えないほど不出来なのが残念。確かにアクションシーンはばんばん動きまくって派手で手間がかかっていますが、演出ってそれだけじゃないでしょうと。ストーリーボード、シナリオにある深さの映像化に失敗しています。
たとえば、主な舞台となるミロスの民が住む谷底の集落。二つの大国に挟まれた不遇の民族が谷底に追いやられて貧民街をつくっており、上からは廃棄物などが捨てられるばかりか、崖にとりついて登ろうとすると問答無用で撃たれるという、ハガレン世界観にあったシビアな設定。このシビアさが全然映像化できてないです。冒頭でエドがハエの大群に襲われるとかセリフで「臭いとか」言うだけで、不衛生さとか貧しさがまったく映像に出ていない。
服装が小奇麗だし贅沢じゃないけど自然志向のむしろ結構いい生活してるようにしか見えない。
どことなくジブリっぽい演出が入っているのが鼻につきますが、ジブリ作品なら宮崎監督はマンガ的にツギアテの入ったボロ服着せて貧しさを表現するだろうし、高畑監督ならもっと写実的にエゲつなく貧しさを表現しますよ。あれだけハエだらけって設定なんだから生活空間にハエ取り紙をぶら下げておくとか、食事シーンでハエ除けの網のカバーを出すとか、簡単な演出でいいのに。セリフで説明するにしても火葬シーンで「土葬にしたらハエが大発生するからやむなく火葬にするしかない」って言わせるとか、もうちょっと効果的な演出があるでしょうに。製作スタッフは不潔な環境や貧困生活を実体験したことがない人ばかりなんだろうか?

どうも文芸にばかり力を注いで、作画演出の準備時間がまったく足りてない印象が強いが、とはいえ、アクションだけ楽しみたいならまぁ悪くはないクオリティではあります。

2011/6/19 Sunday

映画ヤバい経済学

Filed under: - dekaino @ 21:16 このエントリをはてなブックマークに追加 祉ゃ腟羝絖Δ里呂討Bookmark被リンク数

映画ヤバい経済学を観ました。
同名のノンフィクションベストセラーの映画化です。原題はFREAKONOMICS。
雑多なテーマで短編と中編が複数あるオムニバス形式。中編は全部で4つ。1「子供の命名問題、名前は人生にどのように影響するか?」、2「神話の堕落、大相撲の八百長問題」、3「全米犯罪発生率減少の本当の要因は?」、4「高校一年生にアメを与えたら成績が上がる?」

経済学ってうさんくさい印象がありますが、それは未来を予測するとか金儲けをするとかを目的として場合の話で、過去の事象を統計データから説明したり、実験を行って仮説を検証したりする分には非常に為になる面白い学問なのです。本作でも豊富な統計データと、綿密な実験で得られたデータからくる、非常に意外な結論なのにものすごい説得力のある話に強引にへーと思わされてしまいます。

1は日本でも最近増えてきたいわゆるキラキラネーム(?)とかDQNネーム、震災被害報道でNHKのアナウンサーが読めない名前のような話がアメリカでもあるそうで、名前で富裕度や人種がなんとなくわかってしまうらしいです。追跡調査や、偽名を使って求職票を出す実験なので、きっちり検証していきます。

2は日本の大相撲の八百長の話。これも関係者にきっちり取材して検証します。もう有無も言わさない結論、間違いなく黒! が導き出されます。曙や小錦も取材を受けてます(やつら英語話せるしね)。

3はアメリカ社会のタブーみたいな話ですね。データは明らかな相関を示唆しているのにキリスト教をペースとする社会では受容しがたい結論「中絶合法化により望まれない出産が抑制されたことによる」がはっきりと証明されます。産めや殖やせやは、犯罪を助長する、つまり聖書の教えの中に原罪が刷り込まれているということ?

4はアメリカ人の高校生気質がわかる話。日本だとまた全然違った話になると思います。教育予算の効率のいい使い方とは何かと考えさせられます。

その他、細かい短編ネタも興味深いものが山盛り。たっぷり1時間半のボリュームまったく飽きずに楽しめます。

2011/6/12 Sunday

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉

Filed under: - dekaino @ 16:54 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ若祉祉≪/()羈のはてなBookmark被リンク数

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉を観ました。
言わずと知れたカリブ海の海賊シリーズの第4作。4作目はちょっと外伝的扱いです。
ジョニー=デップが演じるジャック=スパローが相変わらず出てきますが、今回は船長ではありません。船もクルーもいません。あくまでも他人の船やクルーと絡んだ冒険。本作ではバルボッサとその娘アンジェリカが主役でスパローは狂言回しの立ち位置です。
アクションは今回も派手で面白く、あまり整合性を考えないゆるい設定も含めて、シリーズの世界観を壊すことがなく、シリーズ作品としてはよくできています。
ゾンビの魔法が使えるなら不老不死なんて要らないよね、とかツッコんではいけないのです。

あくまでも外伝なので、まだまだいくらでもシリーズが続けられそう。
しかしさすがにジョニー=デップの年なので、あのハイテンションで子供じみたジャック=スパローを演ずるのはキツいんじゃないだろうか。
そろそろ役者の代替わりを考える頃合いかも?

今の時期に公開するにはもったいない、なんでゴールデンウィークか夏休みに公開にしなかったのか、謎なくらいよくできた娯楽作です。

2011/5/23 Monday

Mr. Nobody

Filed under: - dekaino @ 0:02 このエントリをはてなブックマークに追加 Mr. NobodyのはてなBookmark被リンク数

Mr. Nobodyを観ました。
2092年、不死化技術が人類全体に普及した世界の中、最後に一人残された不死でない死すべき男が117歳の誕生日を迎えた、という導入で始まるSF仕立ての話です。彼の記憶は混乱しており、「自分は34才で今は2009年」と話すように、すでに見当識を失っている状態。最後の「人の死」というイベントを世界中の不死者が注目しているという世界が舞台です。
ハードSFというよりは、一個人の内的世界を描写した幻想文学的、たとえるならティム=バートンのビッグ・フィッシュや今敏の千年女優のような作品です。

人生のifの分岐をすべてトレースして可能性をすべて確認したような時系列を無視した映像の洪水がポップな感じで娯楽作というより芸術作品の香りがします。人生の伴侶も、母の再婚相手の連れ子(クリームレモンの亜美?)の官能的で15才からエロエロのアンナや、メンヘル系でトラブルメーカーだが、子供に恵まれあたたかい家庭の母となるエリース、女としても母としても非常につまらないが金銭的には成功するジーンの3人の可能性をいったりきたり。もちろん結婚しない可能性もあり。すべての可能性を網羅した人生スゴロクをいったりきたりする描写は、わかりやすいヒントがちりばめられているため、すんなり理解でき、決して難解な映画ではありません。

主人公のニモが、THE GOLDEN MANのような予知能力を持つ超人で最良の選択肢の結果、最後の死すべき人間になるまで生きながらえたのか、それとも本人の独白の通りすべては単なる少年の妄想に過ぎないのか、はたまた死に瀕した老人の脳内が生んだ記憶の混乱なのか、どれが正解かはわかりませんが人ひとりの人生にはそれなりの重さがあるという、老人が喜びそうな作品ではあります。

それにしても1975年生まれで機械式タイプライターってのはちょっと懐古趣味に過ぎるんじゃないかなぁ。もうちょっとearly digitalなガジェットを出した方がポップ感が増したような気がします。
15歳のアンナ役を演じたジュノー=テンプルが健康的にエロチック感バリバリとてもいいです。

日本では単館系の上映しかしてませんが、もっと全国展開してもよかったと思うくらいには面白くわかりやすい作品でした。

2011/5/17 Tuesday

岳 -ガク-

Filed under: - dekaino @ 22:06 このエントリをはてなブックマークに追加 絏 --のはてなBookmark被リンク数

岳 -ガク-を観ました。
ビッグコミックオリジナルの連載マンガが原作です。原作は掲載誌からもわかるようにリタイア世代が主ターゲットですが、映画化された本作は、小栗旬&長澤まさみというキャスティングからわかるようにもっと若い世代向けに作られています。

浜ちゃんが釣りバカであるように、主人公の三歩は山バカだと原作では描写されますが、まだマンガなのですこしはシリアスな雰囲気もただよいます。しかし、実写で小栗旬が演じる三歩は真のバカ。ものすごいバカ。上野樹里演じるのだめよりバカに見えてしまいます。赤塚不二夫もビックリのバカっぷりは、ある意味で突き抜けていてスゴいです。

一応、山岳ロケによるリアルが風景をウリにしているようですが、残念ながら主役の2人を長期間拘束することはできなかったらしく、季節感がまったくありません。山のシーンはいつも同じ風景。ストーリー的には夏山のはずでも雪ががんがん残ってるし(日本には万年雪も氷河もありません。富士山ですら夏は雪ない)、厳しい冬のはずなのに黒い岩肌が見えてたりして、リアリティはまったくありません。劔岳 点の記の本気の山岳ロケシーンとは全然違います。、
売れっ子の小栗旬と長澤まさみにここまで危険なロケさせたボクちゃんスゴいって自画自賛臭しかしない山岳ロケシーンなら、むしろ全編CGにした方がマシだったかもしれない。

本作に心あたたまる感動などを期待してはいけません。ギャグ作品として豪華キャストを楽しむというのが本作の正しい見方です。

2011/5/5 Thursday

謎の鯉のぼり風物体

Filed under: - dekaino @ 17:31 このエントリをはてなブックマークに追加 茗薇若蘂篏のはてなBookmark被リンク数

厚木市温水にJA厚木が運営する夢未市(ゆめみいち)という農作物即売所があります。
ここには週一回くらいのペースで平塚漁協が魚の移動販売をしにきます。平塚漁協が来るときは目印として大漁旗が揚げられます。
朝獲れ大漁

今日5月5日は端午の節句こどもの日なので鯉のぼりも一緒に揚げられているようです…ね??
(つд⊂)ゴシゴシ→(;゚ Д゚) …!?
よく見ると鯉じゃないよ。どこからみても川魚じゃないよ!!

そう。謎の鯉のぼり風物体UNKO(Undefined Nazo Koinobori-like Object)を目撃したのでした。

カツオのぼり?
上の方はカツオでしょうか?

ゴマサバのぼり
下の方はゴマサバか?…

平塚漁協 パネェす

豆富小僧

Filed under: - dekaino @ 16:52 このエントリをはてなブックマークに追加 莟絲絨Г里呂討Bookmark被リンク数

豆富小僧を観ました。豆腐じゃなくて豆です。京極夏彦の豆腐小僧双六道中ふりだしが原作ですが未読。

200年間封印されていた豆富小僧と達磨センセイが現代の東京に出てきてひと騒動みたいなストーリー。原作通りなのか脚色入っているのかよくわかりませんが、子供向けのわかりやすい筋になっています。ちょっと京極風味の駄洒落ネタがありますが特にきになりません。
豆富小僧の声を演じる深田恭子はいつものアニメ声でこれはこれでいいんじゃないかと思います。同性の反感を気にせずロリ声に徹する開き直りにプロ魂を感じます。
達磨センセイの武田鉄矢もいい爺ちゃんキャラで子供向けらしく好感もてます。
無駄にぷるんぷるん動く豆富
CGは正直言って安っぽい気がします。特に人間の群集キャラのデザインが手抜き過ぎててかえって素敵。劇場作品なのにここまで手抜いていいのか? そして無駄にプルンプルンする豆富のCGは地味ながら結構な資金と労力を注ぎ込んでいると思われます。頑張る方向がまちがってる?!
このマニアックな絵作りとベタなストーリーが相まって、不思議なほのぼの感を生んでいます。

子供に見せるなら鬼神伝より本作の方が絶対におすすめです。

2011/5/4 Wednesday

鬼神伝

Filed under: - dekaino @ 0:24 このエントリをはてなブックマークに追加 薔主篌のはてなBookmark被リンク数

鬼神伝を観ました。オニガミデンと読みます。キジンデンではありません。
児童向け文学のアニメ映画化企画ですが、宣伝がオロチのコンセプトデザインを大友克洋がやったとか、かなりヤバイ匂いがするプロモーション戦略です。

実際観たところ確かにヤバイ。少なくとも商業作品として誰をターゲットにしているのかよくわからない作品です。上映館をこんなに多いのが不思議。ゴーカイジャーの映画が震災で遅れなきゃGW週間上映作品としてここまで幅を利かせられなかったんじゃないかな。そういう意味でラッキー(客としてはアンラッキー?)
最近の流行りかもしれませんが、主人公が特殊能力を備えている理由がただ「血統」だけ。努力も悩みも葛藤もせず、ただその星の元に生まれたからチカラがあるというのはドラマに欠けます。設定も妙にこっているようで全然薄っぺら。天皇も皇族もでてこない平安京創設の秘密の物語っておかしすぎでしょ? 各方面に気を使って無毒化した結果、本当につまらない超能力バトルアニメに堕してしまったようです。

ストーリーはダメダメですが、アクションシーンはさすがに金をかけた分は動きます。キャラクターデザインがちぐはぐなのも気にせず、昭和50年代の東映動画中編アニメなノリで楽しむのがいいでしょう。石原さとみの声の演技は可もなく不可もなし。
尺が短く、アクションシーンの描き込みがすごいのに、なんかスカスカな印象を与えるのが不思議な作品です。

2011/4/24 Sunday

ガリバー旅行記

Filed under: - dekaino @ 22:23 このエントリをはてなブックマークに追加 惹茵荐のはてなBookmark被リンク数

ガリバー旅行記を観ました。
完全に子供向け、ナイトミュージアムのターゲットと同じところを狙った作品です。いかにも小学生男子が喜びそうなベタなギャグが連発。

そんな作品なのに、主人公が30代草食系男子(もちろん童貞)ってのはどうなの?
うだつの上がらない冴えない男で、後から入社してきた平成生まれの若造が昇進して上司になっちゃう悲哀みたいな演出されてる。子供向け映画がそんなのが主人公でいいの?

だがちょっと考え直してみる。あれだけ映画、小説、マンガ、ゲーム、音楽に通じてて、ギター弾けるし踊れるし、10年も定職について安定してる上、勤務時間中にちょっと休憩してギター弾いて遊んでも問題にならない職場って、コレ日本だったらリア充そのものでしょ。何不自由ない夢の準公務員待遇の生活じゃん。親に寄生せず自立した一人暮らしで毎日会社に通勤してるんだから、日本なら善良な市民扱い間違いなし。
ただ、ちょっと女性に奥手でなかなかデートに誘えない。野心に欠けて新しい職種に挑戦しようとしない、ただそれだけでダメ男扱いって、USAの社会人価値基準おかしくない? 草食系は社会的に抹殺すべき完全悪なのか?

本作は、草食系気味の多才な30代男子(童貞)が冒険活劇を経験することで、肉食の味を覚え見事にヒロインを食って脱童貞したというサクセスストーリーです。ホントに子供向け?
3D版もありますが、べつに2D版みとけばいいんじゃない程度の出来。300円の価値はないと思います。

2011/3/22 Tuesday

23日の計画停電

Filed under: - dekaino @ 21:02 このエントリをはてなブックマークに追加 23ャ荐糸擦里呂討Bookmark被リンク数

23日は18:20〜22:00に計画停電が予定されています。
この間でかいのネットのサービスが停止する可能性があります。

2011/3/18 Friday

18日の計画停電

Filed under: - dekaino @ 15:46 このエントリをはてなブックマークに追加 18ャ荐糸擦里呂討Bookmark被リンク数

18日の計画停電は18:20〜22:00の予定です。
この間でかいのネットのサービスが停止する可能性があります。

週刊漫画ゴラク金曜日なのに売ってません。白竜の原発マフィアはどうなるの?

2011/3/16 Wednesday

17日の計画停電

Filed under: - dekaino @ 22:07 このエントリをはてなブックマークに追加 17ャ荐糸擦里呂討Bookmark被リンク数

うちは第1グループだと思っていたが、実は第5グループらしい。

17日の計画停電は06:20〜10:00の予定です。
この間でかいのネットのサービスが停止する可能性があります。

2011/3/15 Tuesday

16日の計画停電

Filed under: - dekaino @ 19:22 このエントリをはてなブックマークに追加 16ャ荐糸擦里呂討Bookmark被リンク数

16日の計画停電は12:20〜16:00の予定です。
この間でかいのネットのサービスが停止する可能性があります。

2011/3/14 Monday

15日の計画停電

Filed under: - dekaino @ 21:27 このエントリをはてなブックマークに追加 15ャ荐糸擦里呂討Bookmark被リンク数

15日の計画停電は15:20〜19:00の予定です。
この間でかいのネットのサービスが停止する可能性があります。

2011/3/11 Friday

地震

Filed under: - dekaino @ 20:57 このエントリをはてなブックマークに追加 育のはてなBookmark被リンク数

震度5弱の地震がありましたが、でかいのネットは停電火災もなくとりあえず無事でした。

2011/3/5 Saturday

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島

Filed under: - dekaino @ 12:28 このエントリをはてなブックマークに追加 √順茯/膃3腴:≪鴻括薛羈絣兇里呂討Bookmark被リンク数

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島を観ました。
古典ファンタジー ナルニア国物語の第三巻の映画化です。
さすがに良くできたストーリーで優れた児童文学で非の打ち所がありません。
あえていうなら、第一作では末っ子の妹だったルーシーが一作目では美少女だったのに、本作では育ってしまって微妙な感じに。でもそのために、姉のような要望になりたいなんて煩悩がリアルになるメリットもあったりして。

ヒロイン分がちょっと物足りないファンタジー大作でした。

2011/1/16 Sunday

シュレック フォーエバー

Filed under: - dekaino @ 22:21 このエントリをはてなブックマークに追加 激ャ 若爾里呂討Bookmark被リンク数

シュレック フォーエバーを観ました。
ドリームワークスの人気CGアニメシリーズの第4作目にしてシリーズ最終作と宣伝されています。
今回もメルヘン童話世界を現代風味にひねった世界観で、いつものドタバタ騒ぎをやります。ゲストメルヘンキャラはルンペルシュティルツヒェンとハーメルンの笛吹き男。もうメジャーどころは使い尽くして、渋いキャラのセレクションです。

シュレックシリーズは脚本がよく出来ているのですが、本作もかなりよく練られた脚本。子供がみても楽しく同伴の親世代が見ると泣ける、教科書どおりのストーリの作りこみはさすがです。おそらく映像化された部分の数倍の量のテキストが書かれて、尺に合わせるために泣く泣く削っていった結果を映像化したと思われます。裏設定が山盛りで最終作なのに続編がいくらでも作れそうな勢いです。

映像はまぁいまどきの3D CGで特にビックリさせられるところはありませんが、そつなく良く出来ています。
3D上映で観ても2Dで観ても面白さにあまり差はないと思うので、お金を節約したいなら2Dでどうぞ。

2011/1/3 Monday

厚木のゆるいコンビニ

Filed under: - dekaino @ 9:54 このエントリをはてなブックマークに追加 潟潟のはてなBookmark被リンク数

近所に地場系のゆるいコンビニがあります。営業時間の掲示からしてゆるい。

一番遠くから見える看板
看板1 24時間営業
燦然と輝く24HOURSの文字!

近づくと見えてくる駐車場の道路に面した場所に出してある看板
看板2 7:00-24:00
あれれ 朝6時から深夜1時まで? 話が違う

深夜に店に入ろうとすると営業してません。
そこにはまたもや営業時間の掲示。
通常営業時間 7:00-24:00
また微妙に時短してます。

景気が悪くなるにつれ、徐々に営業時間を短くしてきたのですが、看板を直す手間を惜しんでいるようで、かなりカオスな感じ。

もちろん年末年始も特別時短期間ってことで営業しております。
年末年始営業時間 7:00-23:00
夜は23時でおしまいで〜す。正直元旦くらい終日休業しても驚きはしないレベル。

こんなゆるいコンビニですが、弁当は店で作ってる手作り弁当で美味いんです。
おかず量り売りしてくれるし、イートインコーナー広いし、なかなか他にないサービスが充実。
いいお店です。

2010/11/21 Sunday

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

Filed under: - dekaino @ 21:48 このエントリをはてなブックマークに追加 若祉帥若罩祉腱絎 PART1のはてなBookmark被リンク数

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1を観ました。当初は3D映画だとアナウンスされていましたが、途中でPART1は2Dのみ、3D映画となるのはPART2のみと方針変更されました。
長いシリーズの最終話の前半なのですが、過去シリーズの中で一番制作費が少ないんじゃないだろうか? リーマンショックはハリーポッター映画にまで影響を与えているようです。マグルどもの活動をあなどるなかれ。
今回は学園シーンはほぼゼロ。新聞でホグワーツの校長にスネイプが就任したと報道される程度しか出てきません。学園シーンって時間もお金もかかるんで、しょうがないのかな?
場所の移動も魔法の瞬間移動ばかりで、ドラゴンとか魔法の乗り物な気のきいたものは出てきません。スタートレックの転送と同じ理屈の制作費削減の工夫でしょうか?
まぁここまできたら、贅沢に作ろうが制作費しぼろうが、観客動員数に大差ないのかもしれません。

最後の対決を前に、どんどん重要キャラを淘汰していくそんなお話。
最近の地上波の映画枠なら編集して30分に圧縮するの余裕だと思われます。ロンとハーマイオニーの痴話喧嘩パートとか丸ごと不要。

なお、今回はエンドクレジットの後に後編の予告編はありません。制作費節約もココまでくるとアッパレです。

2010/11/7 Sunday

牙狼<GARO> 〜RED REQUIEM〜

Filed under: - dekaino @ 2:03 このエントリをはてなブックマークに追加 種GARO鐚 RED REQUIEMのはてなBookmark被リンク数

牙狼<GARO> 〜RED REQUIEM〜を観ました。
テレピシリーズから5年のブランクをあけて製作された劇場版。しかも3D版のみの上映とは、まさかこんな企画が通るとはビックリです。
どうもパチンコの牙狼GAROが好調なようで、そこらへんからお金が出ているみたいです。つまり本作で作られた映像素材はパチスロ新台に流用される可能性が高い。3D前提の素材ということは裸眼3Dパネルでも搭載した台でも開発されるのでしょうか?

ストーリーはテレビシリーズの外伝的な話。そもそもテレビシリーズに出てた役者は主人公と彼が持つ指輪(魔道輪)しか出てこないので、オリジナルシリーズとの関連は薄いです。
しかし、いかにも深夜テレビシリーズ的な安っぽさといかがわしさを感じさせる画作りで、いい意味で劇場版らしくありません。3D効果も3D専用として作られているのでいい感じです。
ゲストヒロインの松山メアリ(魔戒法師の烈花役)も新体操/バレエの経験を活かしたアクションがエロかっこいいです。同じバレエ経験者の佐藤康恵のような人外の魔女的雰囲気はないけど、とにかくかわいいのはいいですね。また、メガネをはずすというアイデンティティを危機にさらすほどの体当たりの演技をした、ホラーの被害者役の時東ぁみもいい演技をしています。
ただ、スーツアクターも別の人になっているのが残念。マーク武蔵のアクションが見たかった!

ちなみに馬はテレビシリーズ同様出番が少ないです。出番が少ないからこそのプレミア感がある黄金の馬。魔界騎士のくせに滅多に騎乗しないのがGAROらしいところです。

特撮映画としてはかなりよい出来。昼間っから深夜テレビ感覚に酔いたい方におすすめ。

2010/10/30 Saturday

おまえうまそうだな

Filed under: - dekaino @ 23:31 このエントリをはてなブックマークに追加 障障のはてなBookmark被リンク数

おまえうまそうだなを観ました。
おまえうまそうだな
ベストセラーの絵本が原作らしいですが読んだことありません。

母、主人公、その子 という三代の恐竜一家の話、ただし実の親子関係はないというありがちといえばありがちなファミリーストーリー。
恐竜たちの骨格が人間そのものなのが面白い。円谷特撮の着ぐるみというか、劇団四季のキャッツとかライオンキングみたいな特殊メイクした役者が演技しているような味わいです。しぐさとか完全に人間そのもの。
どんな表現も可能なアニメであえてこういうことするのは何か信念があるのか、それとも人間ではない骨格で演技させられるアニメータが希少でそろえられなかったせいなのか、謎です。
アクションはかっこいいけど科学考証以前の問題でリアリティはありません。現生鳥類と同じ形態の鳥とティラノサウルスが一緒にいるとか無茶な話ですが、まぁ原作は絵本なのでご愛嬌。

お涙ちょうだい的な話だけど、それほどご都合主義ではなくシビアな味付けなので大人でも楽しめる骨太な話になっています。三代の家族なので孫を連れたじいちゃんばあちゃんって客層をターゲットにしているのかもしれません。

100%手描きアニメ、変な3Dアニメより面白いです。

2010/9/30 Thursday

TSUNAMI-ツナミ-

Filed under: - dekaino @ 23:46 このエントリをはてなブックマークに追加 TSUNAMI--のはてなBookmark被リンク数

TSUNAMI-ツナミ-を観ました。韓国の天変地異災害映画です。
舞台は釜山近くの海雲台(ヘウンデ)という沿岸の観光地。海水浴場と温泉がある一大観光地、日本で言えば熱海に相当するような街です。そこにメガ津波が襲う、ストーリーはただそれだけですが、この大天災にまつわる人々の群像劇が昔の日本映画の人情物ってぽくて面白懐かしいです。
吹替版をみたのですが、日本語版製作において大森一樹と川北紘一が監修しているらしい。何でまた!? モブシーンの叫び声とかがんばって収録しているようだ。

日本のテレビドラマの映画化みたいなチャラい作品より、ずっと見ごたえあります。
災害の前には死ぬやつは死ぬし生き残るやつは生き残る。いい人も悪い人も関係ないって無常観が潔い。
伏線しきまくり拾いまくりなのがすごい。

日本の長崎もただ事じゃ済んでないはず

2010/9/2 Thursday

ハナミズキ

Filed under: - dekaino @ 23:52 このエントリをはてなブックマークに追加 冴のはてなBookmark被リンク数

ハナミズキを観ました。
新垣結衣演じる主人公 紗枝の18才から28才までの10年間の男遍歴の物語。
紗枝はキャンディ=キャンディの黒い部分を消毒したような女です。なぜか周りの男にモテモテで、これはいいなと思ってた男は不運な死で悲劇の別れ、結局最後は初恋の人と元サヤでハッピーエンド。いじめられたり、他の女から男略奪したりする黒い部分は巧妙にカットされてます。
大手小町の初期によくいた海外在住or海外帰国子女の女性が夢見るような、自己実現をこなしつついい男もゲットしたいみたいな都合のいい話ではあります。

とはいえ、脚本もいい出来だし、ロケ地の風景も絶景です。恋愛映画としてしっかりつくられてます。
新垣結衣をみるだけで眼福な人におすすめ。

2010/8/28 Saturday

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

Filed under: - dekaino @ 0:06 このエントリをはてなブックマークに追加 号脂A若 THE MOVIEのはてなBookmark被リンク数

特攻野郎Aチーム THE MOVIEを観ました。Aチームと言ってもAKB48のチームのひとつじゃありません。昔の人気テレビドラマのリメイク映画です。

キャスト一新、設定も今風に変更した本作はアクションたっぷり大ボラたっぷりでまさにAチーム的雰囲気を再現しています。ただ毎回1話完結の依頼者からの願いをかなえるパターンではなく、劇場版らしく自分たちの過去を清算するために一働きします。
最後のオチはザ・ハングマン!? 日本のテレビドラマも研究されているようです。

2010/8/25 Wednesday

アニメ版カラフル

Filed under: - dekaino @ 8:26 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪∞のはてなBookmark被リンク数

アニメ版カラフルを観ました。
原作は森絵都の小説、過去に実写映画化されたこともある同名作品を原恵一監督がアニメ化しました。

マトモなようでちょっとおかしい家庭の描写が秀逸。特に食事シーンがすごいです。1回1回は普通の豪華な食事に見えますが、これが連続していくと、お母さんの異常な肉攻勢がわかります。いったいどんだけ肉が好きなのかと! さすが高3の息子がいるのに外に男作っちゃう肉食系人妻であります。もっと野菜とか魚とか食卓に出してあげよう。
この効果って実写映画だとうまく出せなかったと思います。消えモノを調理する料理人はやはり職人だから「子供が喜ぶご馳走」というお題でもついつい無意識に栄養的にもバランスが取れたものをつくってしまいがち。しかしアニメの本作では「子供が喜ぶご馳走」というお題でガストのなんとか定食みたいな料理を描いてしまい、連日その手の料理しか食卓並ばないことで異常な感じがうまくでてきています。意図的にやったかどうかは不明ですけど。

それから、同級生の宮崎あおいが声をあててるまだ意図的にお手入れしてないバージン眉毛の女生徒がいろんな意味で面白い。文科系女子の中3時代ってこういう感じなんだろうか?
世田谷区南部が舞台で、実在の風景がリアルに描写されるところも良いです。等々力とか二子玉川とか、等々力渓谷も出てきます。

アニメ映画としては丁寧に作られている作品。

冷静に考えると、母親の向精神剤を大量摂取した後遺症で表層意識における記憶障害と幻覚に悩まされる主人公が、時の経過とともにゆるやかに寛解していき、ついには記憶を取り戻し幻覚は見えなくなってハッピーエンドって話なのかもなー

2010/8/7 Saturday

ヤビツ峠〜大山

Filed under: - dekaino @ 23:40 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ絣紊у臼のはてなBookmark被リンク数

共通バスカードが7月末日で使えなくなってしまうので、無理やり消費する企画最終回
7月31日のバスカード使用可能最終日にヤビツ峠から大山に行ってきました。

まずは秦野駅からヤビツ峠まで神奈中バスで移動。ほぼ満車状態で始発から終点までずっと立ち乗りでした。
ヤビツ峠バス停2
ここが終点ヤビツ峠
ヤビツ峠バス停1
バス停の脇の道を登ると大山山頂に到着します。登山道はほとんど日陰なので涼しいです。ただし当日は湿度が高かったのでそれなりに不快でした。
登山道
ヤビツ峠バス停から1時間強歩いて登って山頂に到着。
大山山頂
山頂には売店とトイレがあります。山頂で弁当を食べてから、参道の石ころがゴロゴロした道をがんがん下ります。
下社
すると下社に到着。ここからケーブルカーでケーブル駅まで降りれば、そこからバスで伊勢原駅まで戻れます。このバスも神奈中バスです。

今回の旅で無事にバスカードをすべて使い切ることができました。ミッションコンプリート。めでたしめでたし。

2010/7/31 Saturday

足柄峠

Filed under: - dekaino @ 0:25 このエントリをはてなブックマークに追加 莇恰絣のはてなBookmark被リンク数

共通バスカードが7月末日で使えなくなってしまうので、無理やり消費する企画その3
新松田駅からバスで地蔵堂まで行き、そこから足柄古道を徒歩で足柄峠まで登ってきました。

新松田駅から箱根登山バスで終点の地蔵堂まで移動。平日はこの先の万葉公園行きのバスは運行されてません。
地蔵堂
これが地蔵堂。標高は約400メートル。

足柄古道入口
地蔵堂から車道を少し歩くと、足柄古道の入口があります。
足柄古道は林の中にあり木陰があり、標高が高いせいもあって非常に涼しい。
足柄古道

足柄古道は車道で寸断されていて、何回か車道を横切る必要があります。がんがん上っていくとあずまやがあります。
見晴台
ここが見晴台バス停。平日は1台もバスが来ることがないバス停です。
見晴台から上は足柄古道と車道が完全に別れ、車道は大きく迂回し、古道は峠までまっすぐ登ります。

足柄峠に置かれた関所跡に到着。もうここは神奈川県ではなく、静岡県小山町です。
足柄峠関所跡
足柄峠の標高は約760メートル。涼しいせいか7月末なのにアジサイがまだ咲いています。
足柄峠のアジサイ

峠にある売店の近くに金太郎の石像発見!
金太郎像

峠には足柄城址があります。典型的山城。城跡は広い広場の公園となっており、あずまやや記念碑があります。ここから富士山もよく見えます。
富士山
当日の富士は残念ながら半分雲に隠れていました。

この後、地蔵堂まで徒歩で戻り、バスで関本(大雄山駅)まで行き大雄山線で小田原まで出て帰途に着きました。

2010/7/25 Sunday

必死剣 鳥刺し

Filed under: - dekaino @ 22:46 このエントリをはてなブックマークに追加 綽罩糸 薐ュ冴のはてなBookmark被リンク数

必死剣 鳥刺しを観ました。 藤沢周平原作の時代劇です。明らかに団塊の世代向け○匹目のドジョウねらいの企画。
時代考証的にもよくできている良作。ただ280石の碌を食んでいるにしてはあまりにも質素な生活しすぎ。馬とか飼ってるはずなのにどうなっているのやら?

剣戟シーンたっぷりで血もがんがん飛び散ります。ハードな殺陣がみたい肩には超おすすめ。色気方面はちょっとイマイチかな。池脇千鶴がちょっとだけ脱ぐけど「だから何?」って印象しかありません。

2010/7/19 Monday

借りぐらしのアリエッティ

Filed under: - dekaino @ 1:09 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪のはてなBookmark被リンク数

借りぐらしのアリエッティを公開初日に観ました。
感想は、予告編そのままだなの一言に尽きます。オチまで含めて予告編に出てたものがすべてです。あの品質のアニメーションが94分続くけど、特に新しい情報はありません。
ああ、舞台が日本だったのだけは意表を突かれました。ヨーロッパじゃないんだって…
でもその割には小人共はコメ食わずにムギばっか食ってます。まったくもってけしからん。日本家屋にいるならコメを食え。
それから「借りぐらし」ってなってるけど別に何か対価を返済したりしないので「借りパクぐらし」にした方が正確です。

家内にゴキブリがいないのも不自然。ネズミなんかより数多く潜んでいそう。小人共はネズミには勝ててもゴキブリ相手じゃ到底かなわない気がする。
小人共はトイレをどうしてるかも不明です。臭いなんかしたらすぐに人間にばれてしまうので垂れ流しなんかできないはずですが、排泄シーンがないので謎です。もしかしたら小人共はゴキブリみたいに排泄をほとんどしないのかも知れません。つーか見た目は人間だけど中身はゴキブリって種族なのかも (そんなマンガどこかにあったかも)

ストーリーにセンス・オブ・ワンダーはないけれど、日本最高峰の作画を楽しむにはいい作品です。

本厚木駅〜宮ヶ瀬湖〜鳥居原〜橋本駅の旅

Filed under: - dekaino @ 0:11 このエントリをはてなブックマークに追加 薈絎句羚薐ュ罘薈のはてなBookmark被リンク数

共通バスカードが7月末日で使えなくなってしまうので、無理やり消費する企画その2
本厚木駅から宮ヶ瀬湖を経由して橋本駅までバスで乗り継ぐ旅に行ってきました。

まずは本厚木駅から宮ヶ瀬湖行きのバスに乗車。日中は1時間に1本頻度のローカル路線を始発から終点まで乗りました。料金は650円。
宮ヶ瀬湖ビジターセンターから見た宮ヶ瀬湖
宮ヶ瀬湖ビジターセンターから見たダム湖

ここから鳥居原地区まで歩きます。むりょうの巡回シャトルバスもあるのですが、巡回方向が逆なので歩いた方が早いのです。
歩道
とはいえ歩く人はほとんどいないらしく歩道は荒れ放題。
虹の大橋(鳥居原地区から撮影)
虹の大橋を渡ると清川村から旧津久井町(現相模原市緑区)となり、鳥居原ふれあいの館はすぐです。

鳥居原ふれあいの館バス停
これが鳥居原にあるバス停。バス停の他に無料駐車場、売店、公衆トイレ、大量の飲料自販機があります。ここはバイクと自転車の人がたくさん来ます。
分譲地広告
バス停の奥に見える看板は分譲地の広告。午後7時から朝7時まで一般車通行止めの林道の奥にある土地はいくら980万円と安くても売れないと思われます。

鳥居原ふれあいの館から橋本駅までのバスは本厚木駅-宮ヶ瀬湖間よりももっと本数が少ないローカル路線です。始発から終点まで乗って料金は560円。途中の鳥屋(とや)集落は意外とにぎやかです。

バス路線途中にある小倉地区の小倉橋。昭和13年に完成した古いコンクリート橋で全長177m、道路幅4.5m。小倉橋(路線バス車内から撮影)
かなり狭い橋を大型路線バスが通ります。もちろん対向車とのすれ違いは不可なので互いに譲り合って交互通行します。(上の写真はバス車内から撮影したもの)
平日朝はかなり渋滞するらしい。

合計1210円のバス料金を支払うことができました。しかしまだバスカード残額は3000円以上。
企画その3に続く。

2010/7/14 Wednesday

アデル/ファラオと復活の秘薬

Filed under: - dekaino @ 8:38 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪/<緇羇祉腱のはてなBookmark被リンク数

アデル/ファラオと復活の秘薬を観ました。リュック=ベッソンの最新作です。
女性版インディジョーンズと言われてますが、まさにその通りの作品です。
ただ、ベッソンらしく変な科学考証にこだわらない、ぶっちゃけ子供だまし的なご都合主義だられでそれがまた楽しいです。たとえるならナイトミュージアムのノリの低年齢向け冒険活劇です。もちろん主役が美人なので色っぽいシーンも用意してあります。

また、今回の日本の公開では珍しくフランス語音声+字幕なのが面白いです。過去のリュック=ベッソン作品はもともとフランス映画なんですが、フランス語訳者が少ないor高いせいか英語版音声+英語版から訳した字幕という公開パターンが多かったのです。でも本作は原語のフランス版で楽しめます。
警部がシェフ シェフ呼ばれてるがちょっと面白い。シェフは英語でいうチーフのことなんだけど、日本語だとシェフってコック長だから、別に真面目な芝居で笑わせようとしてないんだけど、日本人としては笑ってしまう。

ご都合主義満載のベッソン作品。子供向けです。

2010/7/12 Monday

ザ・ウォーカー

Filed under: - dekaino @ 8:00 このエントリをはてなブックマークに追加 吟祉若爾里呂討Bookmark被リンク数

ザ・ウォーカーを観ました。
原題はTHE BOOK of ELI。Eliというのは主人公の名。直訳すればイーライの本です。タイトルが示すとおり主人公が持っている本が本作のキーアイテムです。

舞台は世界大戦から30年たった文明が滅びた世界。人口は激減したがまだ少し生き残りがいる北斗の拳のような世界観です。生き残り達の集落間を渡り歩く旅人のことをこの世界ではwalkerと呼んでいます。つまり邦題のザ・ウォーカーは複数いる旅人達の中の一人の主人公のことを言っていると思われます。また、戦後生まれつまり30歳未満の若者には文字が読める者がほとんどいないようです。

キリスト教文化に強い思いがない限り本作の楽しみどころはアクションしかありません。幸いなことにアクションは冴えてます。文明崩壊後の近未来バイオレンスアクションとしては及第点。

これ以降ネタバレのツッコミになります。

件の本は要はこの世界の最後の一冊になってしまった聖書というオチですが、これが欽定訳(KJV)なんですね。たった400年前に成立した英語翻訳版、いわばコピーにコピーを重ねた劣化した複製が残っても伝統を残すことになるのか疑問です。なんたって教祖の名前が訛ってる翻訳版だし。「ジーザスとは俺のことかとイエス言い」
それ以前の1600年のキリスト教の歴史が失われること必至。ギリシヤ語写本とはいわずともせめてウルガタ版(標準古典ラテン語訳)を残さないとダメでしょ。ちょっと隣のメキシコにいきゃごろごろあったはずなんだから。アメリカ人にとって欽定訳こそが聖典なんでしょう。さすが歴史が浅い国。

また、点字版聖書の解読なんてあれだけ部下をじゃんじゃん殺す気合があるなら、点字とアルファベット/数字の換字表作るくらい簡単だと思うんだけど。たった36種しかないのに… そこまで絶望しなくてもいいんではないか?

それから、将来この世界からは英語という言語が消滅すると思われます。かつて広い範囲で通用していた古典ラテン語が変容し分裂したいったように、北米大陸には英語起源のたくさんの方言が地域ごと別々に話されるようになるでしょう。なぜならラジオも字が読める読者もいない世界なのだから。

本作の世界の未来は暗く文明復興の望みは薄いといわざるを得ません。

2010/7/3 Saturday

ダブル・ミッション

Filed under: - dekaino @ 23:54 このエントリをはてなブックマークに追加 祉激с海里呂討Bookmark被リンク数

ダブル・ミッションを観ました。ジャッキー=チェン主演のスパイアクション映画です。
一男二女を子を持つシングルマザーに、隣の家に住んでいる中国系の文房具のセールスマンがプロポーズした。実は彼は中国諜報部からCIAに出向してる腕利きのスパイだった、という話。いかにも冷戦時代にありそうな設定です。
原題はTHE SPY NEXT DOOR。邦題はどうヒネってこれが出てきたのかよくわかりませんが、スパイとしてのミッションと家庭人としてのミッションを同時にこなすって意味でしょうか? ちょっとヒネりすぎ。ここまでひねるならせめて「ジャッキー=チェンの」という冠をつけた方がよかったんじゃなかろうか?

大胆に要約するとジャッキー版低年齢向けディズニーホームドラマってところ。非常にわかりやすく人は死なない。そしてギャグが豊富。CGもスタントも使ってないスパイキッズみたいなものと思えばヨシ。
さすがジャッキーはずれがありません。そして恒例のエンドロールのNG集も面白かった。

大人にも子供にも安心しておすすめできるアクション映画です。

下鶴間

Filed under: - dekaino @ 22:50 このエントリをはてなブックマークに追加 筝藏顔のはてなBookmark被リンク数

共通バスカードが7月末日で使えなくなってしまうので、無理やり消費する企画その1

大山街道(矢倉沢往還)と鎌倉道の辻にある下鶴間に行ってきました。ここは昔は下鶴間宿だった場所です。
下鶴間交差点
古代は重要な辻だったはずですが、いまはかなり寂しい交差点。
写真の奥方向が八王子方面、手前が鎌倉方面、右が江戸方面、左が厚木方面です。
下鶴間バス停が最寄りで、バス路線は横浜駅西口⇔鶴間駅東口と町田駅バスセンタ⇔鶴間駅東口と、地元大和市のコミュニティバスが通っています。公共交通としてはいまだに重要な交差点のようです。

交差点には交番と米屋、そして立派な古民家がある下鶴間ふるさと館という施設があります。やはり昔は栄えていた辻だったんだなという感じ。
下鶴間ふるさと館1
これが下鶴間ふるさと館にある古民家

下鶴間ふるさと館2
入り口。入場は無料です。

下鶴間ふるさと館3
古民家の中に入れます。これは囲炉裏がある部屋

下鶴間ふるさと館4
一番いい部屋。客間か?

下鶴間ふるさと館5
屋根裏にいける階段がありましたが、上にはいけません。

下鶴間交差点から大山街道を江戸方向にいくと、大山阿夫利神社(分霊社)があります。ついでにお参りしてきました。
大山阿夫利神社(分霊社)1
大山街道に分霊社があるのは自然か。神社の奥は民家でした。

大山阿夫利神社(分霊社)2
神社の由来縁起を記した石碑。もともとこの家は新田義貞の家臣の流れをくむ家らしい。当然南朝方。

大山阿夫利神社(分霊社)3
本殿。

大山阿夫利神社(分霊社)4
新田公の銅像か?

2010/6/27 Sunday

宇宙ショーへようこそ

Filed under: - dekaino @ 23:29 このエントリをはてなブックマークに追加 絎絎激с若吾のはてなBookmark被リンク数

宇宙ショーへようこそを観ました。
子供向け夏休みアニメ映画として丁寧に作りこんである作品です。
ストーリーラインはドラえもん映画的な流れで、ばっちり過去のヒット作を調査しています。
タイトルに出てくる宇宙ショーは一応ストーリー上重要なキーワードではあるのですが、別に主題というわけではありません。ただキャッチーで客の興味を引くという一点でこのようなタイトルにしたと思われます。よくあるベストセラーの書名は著者ではなくて編集者がつけた風のタイトル命名です。ここらへんが巧みでさすが電通が絡んでいるという感じです。

ただ問題もあります。まず封切時期が夏休みじゃないこと。完全に季節をはずしています。6月に公開してどうするんだ!? 好意的に解釈すると口コミで上映館が増えていってそのまま夏休みまでロングラン上映することを目指すってあたりでしょうか?
でもどうもそうはなりそうもありません。なぜならば子供向けにしては尺が長すぎるからです、136分はいかにも長い。2時間超は厳しすぎます。子供向けなら100分未満にしないときつい。子供の集中力はそんなに続かないし、1日にかけられる回数も減ってしまいます。上映されている136分バージョンでもここかしこで話を飛ばしているところが散見されるので、これでもかなりカットにカットを繰り返して尺をつめてはいるんだ思います。でも、まだまだ長すぎます。大人が観てもちょっと長いなぁとは感じるくらい。

作品そのものはよく出来ています。できればヒットしてほしいものです。

2010/6/18 Friday

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

Filed under: - dekaino @ 7:42 このエントリをはてなブックマークに追加 潟鴻祉祉激/のはてなBookmark被リンク数

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂を観ました。
プリンスオブペルシャ MD版
APPLE2時代からある有名なアクションパズルゲームの映画化。上の画像はメガドライブ版のプリンス・オブ・ペルシャ。
とはいっても元ゲームはストーリーがあってないようなものなので、原作を知らなくてもまったく問題がありません。
アクションシーンで、石造りの砦が出てきたり、壁をよじ登ったり、ジャンプして壁に取り付いたり、下敷きになったら痛そうな鉄格子の落し扉が出てくるあたりにゲームの残り香が感じられますが、ただそれだけです。

舞台は古代ペルシヤ王国。おそらくはゾロアスター教(拝火教)を信仰していたイスラム化以前のペルシャを舞台に、マジックアイテム時の砂を巡るアクション活劇です。なぜか出てくる駝鳥レースのシーンがなにげに迫力があって面白い。本筋じゃないとこに妙に力が入っている映画です。

2010/6/7 Monday

運命のボタン

Filed under: - dekaino @ 7:58 このエントリをはてなブックマークに追加 純帥海里呂討Bookmark被リンク数

運命のボタンを観ました。
SF作家リチャード=マシスンの短編"Button, Button!"を原作というか原案にして、2時間の映像に仕上げた作品です。原作は10ページ足らずの分量なので、ほぼ新作です。
マシスン作品はI am Legendもそうですが、そのままストレートに映像化されることはなく、必ず曲げられてしまう宿命にあるようです。

本作の原題は"The BOX"。物語の重要な役目を果たす装置のボタンがついた箱 the BOXがそのままタイトルとなっています。邦題は原作に先祖がえりしたのか「運命のボタン」です。

実は本作を見逃すところでした。マシスン作品が映画化される、タイトルはthe BOXだという記憶だけが頭に残っていて、邦題はすっかり忘れていたのです。映画館の上映スケジュールにボックスというタイトルがあるので、まだ上映している安心安心と思っていたら、なんとボックス!って本作と全然違うボクシングを題材にした邦画だったんです。なんと紛らわしい名前!! 気がついたときは本作のロードショーはほとんど終わっており、わざわざお台場にあるシネマメディアージュまでみにいく羽目になりました。TOHOシネマズと同じ形態なのにシネマイレージカードが使えない謎の映画館です。場所がいいせいか土曜の夜はレイトショーでも正規料金を取る強気の商売。なぜかJCBカードを見せると300円引になります。

「ボタンを押せば100万ドルもらえるが、その代償として見知らぬ誰かか1人死ぬ」という装置を渡されたら、あなたはどうしますか? 基本ストーリーはこの宣伝文句に尽きます。それ以上でも以下でもない話。
わざわざ100万ドルを1億円と翻訳してるサイトもちらほら見受けられますが、、当時の円レートでは3億円くらいの価値はあり、現在2010年の1億円とは桁違いです。とはいっても600万ドルの男の開発費の1/6に過ぎないわけですが…

10ページの短編を引き延ばすために非常に凝った設定になっています。まず時代は1976年、ベトナム戦争は米国側の敗戦で終結し、外貨為替変動制が導入されドルがどんどん弱まっていったアメリカ斜陽の時代。この時代にNASAで働く技術者とその妻を主人公としています。アポロ計画も終了して宇宙開発戦争もじわじわと下火になっていましたが、まだ米国は火星無人探査のバイキング計画を、ソ連は金星無人探査のベネラ計画を遂行していた人々が内惑星探査に興味を持っていた時代の物語です。

70年代中頃はSF文学もアツかった時代、そしてノンフィクションではカール=セーガンのCOSMOSがベストセラーとして売れていたそのような時代です。本作はそのようなサイエンス熱に浮かれた時代を、三丁目の夕日のごとく忠実に再現することで、単なる短編小説を長編映画に転換することに成功しました。

当時のアメリカの文化人は世界を相対視して評価する、今のネットで言う左巻き脳の天下であり、旧来の西側資本主義を疑問視する向きがありました。歴史的にもアメリカは1980年代を頂点に国力が落ちていったわけです。ソ連はそれ以上に没落して国自体が消失してしまいましたが。

本作に出てくるThe BOXは、その文脈でいうと「資本主義」の象徴と言えるでしょう。資本主義では市場にいるプレーヤーはみな自分の利益だけを考えてガンガンボタンを押しあっている世界。全プレーヤーが利己主義的に行動しても、神の見えざる手または戦争が自動的に調整してくれて、みんなハッピーになれるという嘘くさい世界観のもとで動いています。それっておかしくない? そういうメッセージが本作には込められているように思われます。ここらのユートピアな近未来という青臭い赤化思想がまさに当時のSFシーンを再現していて素晴らしいです。アーサー=C=クラークは作中で神格化されてるし。

ただし終盤からオチにかけては、どうにも歯切れが悪くてつまらない。まぁI am Legendもそうですが、本来のテーマを肯定した決着はハリウッド資本の意に背くので、どうしようもないのでしょう。観客もそんな作品みたくないだろうし。客はキャメロン=ディアスが見たいだけなんだよね?

70年代アメリカが好きな人にお勧め

2010/5/16 Sunday

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

Filed under: - dekaino @ 9:29 このエントリをはてなブックマークに追加 若若 若激c茱欧里呂討Bookmark被リンク数

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲を観ました。
2003年公開のゼブラーマンの続編ではありますが、キャラクターと設定だけを引用しており、ドラマと舞台はまったくの別物です。たとえるならエイリアンエイリアン2のような関係。前作のキャラと設定を都合よく拝借してまったく違うストーリーが描かれます。

ゼブラーマンが白と黒の二つに分かれてしまうというありきたりなプロットで、普通なら一人二役で哀川翔が演じるんでしょうが、そこはテレビ屋のTBS制作映画だけに、哀川翔と仲里依紗のダブルキャスト。原作で男だった役を女にしてしまうことすら日常茶飯事のテレビ屋的発想です。

そして、TBS制作だけにゴールデン時間帯に地上波で放送できなくてはなりません。これは地上派の放送コードに遵守して放送可能なギリギリのエロスを追求した映画です。
いま地上派で放送可能なコンテンツで一番エロイのは洋楽のPVでしょう。だからこそ仲里依紗にPVっぽくエロダンスをさせる。マドンナのPVが放送できるんだから当然OK! テレビ屋のテレビ屋によるテレビ屋のためのエロ映画。それが本作、ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲です。

エロいといっても倖田來未みたいな女子向けの偽エロではなくて、男子もうれしい真のエロスです。仲里依紗すごい!

2010/5/2 Sunday

いばらの王 King of Thorn

Filed under: - dekaino @ 21:47 このエントリをはてなブックマークに追加 違 King of ThornのはてなBookmark被リンク数

いばらの王 King of Thornを観ました。
コミックビーム連載の同名マンガが原作らしいのですが未読。何の予備知識もなしに観ました。

感想、ただの妄想設定+枚数使ったアクション作画アニメ。まったくドラマ性がありません。
SF的にもセンス・オブ・ワンダーはないし、どんでん返し的なものも非常に弱い。
ひたすら世界観を説明し、主観的表現をできるだけ減らしてわかりやすく、時系列順にイベントをこなしているだけの映画でした。

なんなんだろう? さすがに公開館が少ないだけはあります。作画はいいので大きい劇場で観る価値はないとはいえませんが、お金はもったいないかも。

原作忠実度ってどのくらいなんだろう? もし忠実に再現しているのなら原作マンガもクソです。

2010/4/25 Sunday

アリス・イン・ワンダーランド

Filed under: - dekaino @ 13:05 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪鴻祉ゃ潟祉潟若潟のはてなBookmark被リンク数

ティム=バートンのアリス・イン・ワンダーランドを観ました。
20年前のフックという映画はピーターパンが大人になった話でしたが、本作は大人になったアリスのお話。
ティム=バートンらしい現実とファンタジーがほどよくミックスされたおとぎ話です。

映像効果はさすがに素晴らしい。チシャ猫の効果なんか結構イケてます。
だからといってアバターほどのインパクトはありません。本作のキモは特殊効果ではなくてストーリーです。

私は日本語吹替版を観たのですが、白の女王を演じる深田恭子の演技が何か腹に一物ある雰囲気で、今回の騒ぎの全ての原因は邪悪な白の女王のせいみたいに思えてしまうところが面白いです。白の女王は自分の手を汚さず自分の欲望を叶えてしまう結構な悪女タイプだと思いました。

2010/4/14 Wednesday

第9地区

Filed under: - dekaino @ 21:36 このエントリをはてなブックマークに追加 膃9医困里呂討Bookmark被リンク数

第9地区を観ました。
南アメリカのヨハネスブルクに飛来したエビ(prawn)型異星人の難民キャンプを舞台にしたアクションSF映画です。

エビ型異星人のビジュアルがマンガっぽいのとリアルっぽいのが混じった感じで面白い。えびボクサーいかレスラーみたいなギャグ風味もあるし、アバターみたいなSFでもあります。

難民キャンプで暮らすエビ達は無気力ですさんだ生活をしていますが、種として劣っているわけではなさそう。身体能力は平均的地球人より高そうだし、英語だって普通に話します。ただ、バルタン星人が話す日本語のように語彙・文法は完璧だけど、音質が人間離れしているだけです。実は知能が高い?
エビたちが持ち込んだ道具も、わざわざ地球人には使用できないようにロックされていることを考えても、地球の技術水準より上を行ってそうです。

エビたちは自分達の食料を生産する知識を持っていないため、地球人に飼い殺しされるハメになったと思われます。そういう意味では愚かな連中かもしれません。

でも、地球の軍隊にあてはめて考えるとどうだろう。
沖縄やアフガンやイラクにいる米兵って、もし本国との補給や通信が途絶えて駐屯地に孤立してしまったら、同じように食糧を自給できないんじゃないかと思います。まぁ彼らは難民扱いされるのを潔しとせず武力を使って現地人から食料を奪うでしょうけど。
その面で言えばエビ達は強力な武具を持っているのにそれを使わない分地球人より理性的かもしれません。

南アフリカのアパルトヘイト政策下の隔離地区の貧困民に食料生産手段も職も与えずただ飼い殺しにしていたら、人口はどんどん増えていきますます問題が複雑になった、みたいな話をSFという口実をつけて皮肉的に表現しているような映画です。

もちろん、難しいことを考えずにアクション映画としても楽しめます。

2010/4/11 Sunday

明日への遺言

Filed under: - dekaino @ 7:39 このエントリをはてなブックマークに追加 ャ吾肴のはてなBookmark被リンク数

明日への遺言を観ました。
藤田まこと追悼リバイバル上映です。

本作は戦後の連合軍が戦犯を裁くいわゆる東京裁判の一つの法廷について再現したドラマです。東京裁判といっても本作の法廷は横浜で開かれました。
罪状は名古屋空襲で撃墜された爆撃機に乗っていた米兵捕虜を裁判にかけずに死刑にしたこと。
当時、東海軍司令官だった岡田資(たすく)中将が判断の正当性を訴え、実際に手を下した部下に責任はなく、すべては司令官たる自分の責任であると一貫して主張した法廷ドラマです。

法廷の中と拘置所しか出てこない安上がりなつくりですが、キャストは豪華です。
当然本作は藤田まこと演じる岡田中将の一貫した態度を賛美する姿勢で演出されており、部下思いの司令官として描かれます。
最後は史実通り、岡田中将のみ絞首刑、部下達は懲役刑となり後日恩赦され戦後日本を生きることになります。

ここで、昔は立派な日本人がいたのだなぁと思考停止せず、もう少し考えを深めてみたいものです。
本件のテーマは「上司から違法行為を命令されたらどうすべきか」というところにあります。
本作主人公の岡田は「軍において上官の命令は絶対に従わなくてはならず、その責任は上官がとる」で一貫しています。この考え方は戦後も公務員の間では脈々と受け継がれてます。国鉄遵法闘争では上長の違法行為を実施せよという業務命令に対し違法を理由に服従拒否した者を懲戒にするのは合法という判決が出てるくらいです。「兵隊は自分のアタマで考えるな。ただ従え」論です。

これは日本的美意識では正しく、かつ末端の人間は自分で判断しなくて済むので楽かも知れません。
でも、法治国家に住む人間としては、事前に合法か違法かくらい自分で判断し、違法の場合は断固拒否する方が正しいし格好いいと思うのです。
そういう意味で、本作の岡田中将は美化され過ぎだと思います。藤田まことの演技は素晴らしかったですけど。

2010/3/22 Monday

時をかける少女 2010年版

Filed under: - dekaino @ 22:12 このエントリをはてなブックマークに追加 絨絅 2010綛雁のはてなBookmark被リンク数

時をかける少女 2010年版を観ました。芳山和子が主人公の原作の続編に当たる作品です。
主人公は原作の主人公芳山和子の娘の芳山あかり、細田監督のアニメ版時をかける少女の主人公紺野真琴の声を演じた仲里依紗が演じます。

芳山和子は残念ながら原田知世ではなく安田成美が演じているのですがこれがキビしい。劇中の年齢は50代前半、薬学の分野でバリバリやっている女性研究者の役なのに、演技が下手なせいなのか天性のものなのか、これが芳山クンの成長した姿なのか?と思えないほどガッカリさせられます。
アニメ版の芳山和子の魔女おばさんはそれはそれは素敵な年のとり方をしていたのに、いくらなんでもこれはないだろうという演技です。
劇中で交通事故にあい意識不明になるのですが、なぜか病床でバッチリメイク。ついさっき描きましたって眉で寝たふりしてても興醒めするばかりです。

だがここでひるまないでほしい。本作は安田成美さえしのげば後は名場面続出の名作なのだから。つらいとは思いますが冒頭数十分の安田成美パートは犬に噛まれたと思って耐えてください。それだけの価値はあります。

芳山和子の事故の後、母のメッセージを携えて、主人公のあかりは母の作ったタイムスリップ薬を飲んで1974年2月にタイムスリップします。ここからが本作の本番です。メッセージを送る相手はあの深町一夫です。
ここでは詳しくは述べませんが、紆余曲折の上、あかりは深町に会うことができ、深町はあかりに自分はさらに未来から来た27世紀人であること、中学生時代の芳山和子との因縁、そして惹かれあった仲であること、そして本名はケン=ソゴルであることを打ち明けます。
しかし、それはとても自然。過去に時をかける少女が映像化された作品は多数ありますが、ケン=ソゴルと名乗るシーンで失笑しないで済む作品は本作が初です。それだけ説得力があるというか、SF作品として、27世紀人が一夫なんて名前ではなくケン=ソゴルであることは当然、いや必然と認識できるのです。
本作の脚本は菅野友恵というほぼ無名の人が書いているのですが、これだけの説得力を持たせられる素晴らしいホンだと思います。

また1974年の表現も変にCGに頼らない地道なセットと小道具でなされており、なかなかいい感じです。
銭湯シーンも良い。私も小学生だった1974年の頃は銭湯通いしていたので懐かしさを感じました。
余談ですけど銭湯では小学生は小人料金ではなく中人料金なんだよね。小人は学齢に達してない子供の料金で、中学生以上は大人料金なのだ。年頃の中学生はむしろ成人よりたくさんお湯を使うしね。

1974年の高校生の芳山和子を演ずる石橋杏奈も楚々とした美少女で往年の原田知世を偲ばせます。
これが成長すると安田成美になるなんて… 時は残酷です。

条件付で名作。テレビ放送のときは冒頭でチャンネル変えられてしまうんじゃないかとそこだけが心配です。

ダレン・シャン

Filed under: - dekaino @ 9:38 このエントリをはてなブックマークに追加 潟祉激c海里呂討Bookmark被リンク数

ダレン・シャンを観ました。原題はCIRQUE DU FREAK: THE VAMPIRE’S ASSISTANTです。
FREAKつまり奇人変人を集めたサーカスCIRQUE DU FREAKを舞台とした吸血鬼(バンパイア)の物語。原作は人気小説ですが未読です。

まずオープニングの影絵効果のアニメーションが素晴らしい。円谷プロの初期テレビシリーズのような強いコントラストが印象的な映像です。時間もたっぷりあります。
ストーリーはよくあるアメコミ風なお話。ドラマよりはキャラクター重視です。
サーカスにはいろいろな能力を持つフリークが多数おり、そのメンバーとしてバンパイアもいます。しかし、吸血鬼は人間を殺さず血だけ吸うバンパイア派と人間を狩り殺して血を吸うバンパニーズ派の二派に分かれ戦争状態、その戦争にサーカスも巻き込まれていきます。
ひょんなことからバンパイアの従者としてハーフバンパイアにされた少年 ダレン=シャンが主人公。まだ新米なのでろくな能力も発揮できません。

本作は長いバンパイア戦争サーガの導入部にあたる話なので、風呂敷は広がるばかりで投げっぱなしのまま終わります。興行成績がよければ続編を作る目論見なのでしょう。エラゴンみたいに続編製作キャンセルにならないよう祈るしかありません。

2010/3/14 Sunday

プリンセスと魔法のキス

Filed under: - dekaino @ 11:53 このエントリをはてなブックマークに追加 潟祉鴻薛羈垢里呂討Bookmark被リンク数

プリンセスと魔法のキスを観ました。ものすごい久々のディズニーの長編2Dアニメです。

21世紀のアメリカの劇場用アニメはほぼ全て3Dアニメです。その流れに逆らって渾身の想いで製作された作品です。
童話のカエルの王子ではプリンセスがカエルにキスをするとカエルは王子の姿に戻るのですが、本作ではカエルの王子にプリンセスじゃない女性がキスをしたらなんと女性の方がカエルになってしまうのです。

舞台はアメリカ南部ミシシッピ川流域のニューオリンズ市。時代は大型客船が外輪船であることから、おそらく100年ほど前、19世紀末か20世紀初頭ぐらいでしょうか。電灯はあるがラジオはまだない、世界大恐慌前の景気がよかった頃の古きよきアメリカの時代です。

魔法はメルヘン世界の古ゲルマン系の魔法使いではなく、黒人系文化のブードゥー魔法。
ただし良いブードゥー使いと邪悪なブードゥー使いの双方が出てきます。ここらはディズニー流ポリティカルコレクトって所でしょうか。音楽はもちろんジャズです。ジャズ、ジャズ、ジャズのミュージカル仕立てになっています。

作画には、当然のごとくかなり気合が入っています。特にカゲ、陰影がすごいです。
3Dアニメはモデリングを決め光源の位置を設定すると、陰影は物理的に計算された通りに画像化されます。しかし2Dアニメでは影もすべて手描きです。背景に投影される影を効果的に使うのがディズニー伝統の影表現。これは3Dアニメでは巧く再現できないのです。本作では2Dのよさを活かしてこれでもかというくらいに影が大暴れします。
また、主要キャラの顔には一段カゲがつくのですが、明るい部分とカゲっている部分の境界が線ではなくエアブラシ効果でぼやかしてあります。このボヤカシはものすごい手間だと思いますが、もう徹底的に描かれていてものすごい執念を感じます。もちろん脇キャラにはこんな手間のかかるような仕事されていません。ここぞというところのスーパー効果です。
プリンセスと魔法のキス
ディズニー旧作アニメファンにたまらないのは、4本指の復活です! カエルに変身したとき4本指になるのです。これぞディズニー!
人間じゃないからOKって言い訳ができるってことでしょうか。もちろん人間形態では5本指です。
それにしても、カエルなのにヒロインらしくかわいらしく描くというあたりが神がかり的に巧いです。動物擬人化の技の冴えはさすがディズニーです。

本作はぜひ興行的にも成功してほしいものです。これがコケたら今後数十年はディズニーから長編2Dアニメが出ることはなくなるでしょう。頑張れ!

エンジンサマー

Filed under: - dekaino @ 10:41 このエントリをはてなブックマークに追加 潟吾潟泣爾里呂討Bookmark被リンク数

エンジンサマー (扶桑社ミステリー) (文庫)
エンジンサマー(文庫版)を読みました。2008年に復刊された古典SF。
書かれた1960年代らしい高度文明が滅んだ後の時代の人類を描いた叙事詩のような小説です。
東西冷戦下の緊張の元いつ全面核戦争が起きるかもしれないという時代だった60年代の香りがする、ある意味で夢も希望もありゃしないデストピア的ビジョンなのに、なぜか美しく感動してしまいます。どのような状況であれ人間そのものはそうそう変わらないという思想があります。

ただ21世紀の立ち位置から読むと、当時ジョン=クロウリー(著者)が恒久的だと思っていた事柄が実はそうでもないようなものもあります。たとえば女性解放運動。60〜70年代はすごかったんでしょうね。国際連合的な国家連合体制が崩壊した後も女性解放運動の末裔が文明を維持しようと長期にわたり抵抗しそこそこの成功を収めるような記述がありますが、たった50年で女性解放ムーブメントは影も形も残ってません。彼女らは後継者を産み育てることができなかった。でも60年代当時は生涯独身のカトリック聖職者が構成する教皇庁のように自らが子を為さなくても組織を維持できると思ってたのかも知れません。

また、資本主義、拝金主義を否定するような面もあります。これは60年代にありがち。スタートレックだって未来の理想郷ではカネという概念は必要なくなったとしているし、マネーという概念は必要悪であって本質的なものではないという思想です。確かに文明が滅べば貨幣など意味はないのでしょうね。

本書の中の未来人は、異星からもたらされた植物から食料を得ています。これは大航海時代に新大陸からもたらされたジャガイモ・トウモロコシ・トマト・唐辛子などで旧世界の食生活が大きく影響を与えたようなものなのでしょう。ただしジャガイモはヨーロッパの人口を大きく増加させましたが、異星の植物はそこまでの影響力はなかったようです。むしろ秘伝の食料源として世界から隠匿されています。

本書にはラピュタと呼ばれる飛行島が出てきますが、文明を維持した少数の人間が住んでおり、本書のストーリーにおいて重要な役割を占めます。少なくとも2000年以上は延命したようです。

本書は英語のダジャレというか、高度文明時代のありふれた言い回しが、後世で深読みされて違う意味で使われたり、別の単語に転化したりするところがキモになっているので翻訳の質は重要です。
タイトルのエンジンサマー(Engine summer)も小春日和を意味するインディアンサマー(Indian summer)の転化であることが暗示されています。もはやインディアンという言葉が指すものは消失し、かろうじてエンジンだけは記憶にとどめられている世界では、このような言葉の変化が起きるのでしょう。
滅びの道をたどる人類という種。その滅びの冬への道のりの途中で一時的に盛り返した小春日和の時代。それが「エンジンサマー」が語る世界なのです。

古典的幻想SF小説。文庫版は新訳になってハードカバー版よりだいぶよくなっています。

2010/2/28 Sunday

鳶尾山

Filed under: - dekaino @ 21:03 このエントリをはてなブックマークに追加 薐九鮎絮韻里呂討Bookmark被リンク数

厚木市鳶尾にある鳶尾山に行ってきました。厚木市のページ→鳶尾山ハイキングコース
市のページのハイキングコースガイドとは逆に、まつかげ台から鳶尾団地へと歩いてみました。
(2010年2月21日)

登山口(まつかげ台)
これがまつかげ台側の登山口。入り口のすぐそばに派手な街宣車を発見。
街宣車
これは昔からの住人がやってるのか、それとも新住人がやっているのか。どちらにしても気合はいってます。

道はコンクリート舗装されており、車両でも通れそうなしっかりした道。
登山道
舗装道を登りきると、やなみ峠に到着
やなみ峠
やなみ峠の看板
峠にある看板。このまままっすぐ進むと八菅神社方面へ、右の登る道に行くと鳶尾山の山頂。
もちろん右の山頂への道に向かいます。
車両止め
ここから先は車両は入れません。

擬木の階段
登山道の両脇にはたくさん桜の樹が植えてあります。擬木でつくられた階段を登りきると山頂です。
鳶尾山山頂碑 表鳶尾山山頂碑 裏
山頂には立派な石碑があります。

山頂から八菅神社方面をみた景色。なかなかの絶景。中央に見えるグランドは愛川町立中津小学校
山頂からの景色
(クリックすると拡大)

山頂で休憩した後、鳶尾団地方面に進みます。
桜並木
桜並木をどんどん下っていくと、また上りの階段が出現。今度は擬木でなく本物の木製です。
木の階段
階段を登りきると石碑と展望台がある広場に出ます。
展望台広場

石碑の表には「征清軍陣亡之碑」と書いてあります。裏には「明治二十九年丙申四月三日建之・愛甲郡協同義會」
征清軍陣亡之碑
碑文拡大写真 その1その2その3

この日はとても天気がよく、展望台に登ると遠くまでよく見えました。
横浜みなとみらい方面
横浜方面の写真。ランドマークタワーもばっちり見えました。
ランドマークタワー

江ノ島方面
江ノ島もバッチリ。白黒のチェックの建物は神奈川工科大学
江ノ島

大山には雪が残っていました。
大山

鳶尾山山頂
さっきまでいた鳶尾山。

展望台の柱に書かれた落書き。
展望台落書き
ガンダムSEEDにはアムロ出てないっつーの!

展望台を降りてさらに山道を下っていくと、神社の境内のような場所に出ました。
金比羅宮址
ここは金比羅宮の跡。昭和30年代に浮浪者の失火により全焼してしまったそうです。

鳥居は立派なものが残っています。
金比羅宮鳥居

さらに下っていくと長いコンクリート製階段に出ます。昔は金比羅宮への参道だったのを遊歩道として整備したらしい。
参道1
石製の鳥居もあります。

最後まで降りきって鳶尾団地側の登山口に到着。
鳶尾団地側登山口
登山口は天覧台公園の中にあります。

こちら側にも登山道の案内看板があります。
登山口案内看板

以上で、鳶尾山ハイキングは終了。200mそこそこの低い山ですが展望台からの見晴らしはとてもよいです。

2010/2/23 Tuesday

キンカ堂倒産

Filed under: - dekaino @ 7:43 このエントリをはてなブックマークに追加 潟のはてなBookmark被リンク数

手芸専門店キンカ堂が倒産というニュースを聞いたのでみてきました。自己破産したそうだ。
本厚木ミロード2 キンカ堂
本厚木ミロード2の地下1階(むかしダイソーがあった場所)にあるキンカ堂も閉店していた。
ミロードからの閉店の告知とこわーい弁護士の脅し文句が書かれたビラが貼ってありました。
テナント料未収になるだろうミロードも被害者のひとりなんだろうなぁ。

2010/2/21 Sunday

ロテン・ガーデン

Filed under: - dekaino @ 0:10 このエントリをはてなブックマークに追加 潟祉若海里呂討Bookmark被リンク数

町田市北部にあるロテン・ガーデンに行きました。
MOVIX橋本のチケット半券があると200円割引。それでも土日だと1200-200=1000円もします。
泉質は黒く濁ったアルカリ性で、近くにある下九沢温泉・湯楽の里と似ています。
設備は立派なのですが、脱衣場のロッカーがものすごく小さい。山歩きの帰りに寄ったら荷物がとてもロッカーに入りそうにありません。靴や傘も袋に入れて脱衣場のロッカーに持ち込むシステムなのでただでさえ狭いロッカーがますます狭くなります。

個人的には湯楽の里の方が好きです。

2010/2/20 Saturday

コララインとボタンの魔女

Filed under: - dekaino @ 23:40 このエントリをはてなブックマークに追加 潟ゃ潟帥潟薛絅海里呂討Bookmark被リンク数

コララインとボタンの魔女を観ました。人形アニメの手法を使ったストップモーションアニメを3D映画に仕上げた作品です。

一部、合田経郎のこまねこに強く影響されたと思われるシーンがあります。そもそもボタンの目というモチーフがこまねこっぽい。しかし文学的な意味でメルヘン寓話として成立した構造を持ち、全然別の作品として完成しています。
かなりダークでおどろおどろしい演出で、実際に途中で観客の子供が泣き出してました。年少のお子様にはかなり刺激が強い作品です。

2010/2/12 Friday

マッハ!弐

Filed under: - dekaino @ 9:46 このエントリをはてなブックマークに追加 !綣のはてなBookmark被リンク数

マッハ!弐を観ました。
マッハ!、トムヤンクン!に続くトニー=ジャー主演のノーCG・ノーワイヤーアクション・ノースタントのリアル志向アクション映画第3弾です。

今回は主演のトニー=ジャーが監督も兼ねています。前作と異なるのは予算規模が戦前違うこと、脚本もよく練られていて一本調子ではありません。また前作マッハ!とはストーリー的にはほとんど関連がない時代劇なのがビックリ。アユタヤ王朝時代の話なのです。
ただオン=バクと呼ばれる仏像だけが象徴的に出てくるところが九通しています。ここら辺は手塚治虫の火の鳥の各編の関連性みたいな、まったく別個の物語なんだけどなんとなく関連があるようなそういうつくりです。

ストーリー的にはまったくハリウッド受けしない話(おそらく日本のメジャー層にも受けない)ですが、アクションは本物です。今回はムエタイなどの拳法だけでなく武器を使った武道がたくさん出てくるのがウリです。日本の居合いもあるしモンゴル相撲もあります。イスラームの三日月刀(アサシン?)も出てきます。メインは剣と象かな?
タイの人は象好きといいますが、とにかく象が大活躍です。CGなしで象をあそこまで使えるのは世界でもタイだけだと思います。象を足場にした三角蹴りとかバキ世界でもありえない!!

いちおう女性の綺麗どころも少し出てきて踊ったりしますが、まぁつけたし程度。でも巧みにストーリーのアクセント付けに使ってて、脚本家のエック・イエムチーンはかなりの達人です。

アクション好きには必見。そしてまさかのラストシーンにたまにはこういうの映画もありかと寛容の心を培うよい機会となるでしょう。

2010/2/7 Sunday

かいじゅうたちのいるところ

Filed under: - dekaino @ 11:00 このエントリをはてなブックマークに追加 <のはてなBookmark被リンク数

かいじゅうたちのいるところを観ました。同名の有名な絵本の映画化だそうです。
私は原作の絵本は読んでおらず、予備知識なしに本作を観ました。

主人公はマックスという男の子。こいつがとんでもない悪ガキ。赤毛のアンの男版みたいな妄想垂れ流しな少年です。しかも男の子だから赤毛のアンよりもずっと暴力的で、ヤンチャぶりはアニーに匹敵します。背景に育った環境が悪いという設定があるのもアンに通じるものがあります。

ある日、姉や母とけんかしたマックスは船に乗って海に出て、いつのまにかかいじゅう達が住む不思議な島にたどり着きました…なんていかにも絵本らしいストーリーです。
かいじゅう達は基本は着ぐるみで、ブースカとかガチャピン、ムック系の風貌をしています。
しかし日本産の着ぐるみ族とは異なり、本作のかいじゅうたちはマックスと同じくヤンチャで凶暴。ディズニーコード(人は死なない、流血しない)なんてまったく気にかけない危ないやつらです。
なんとか人語を話せるのが救いです。しかも意外と頭が弱かったため、マックスは彼らを巧みに欺いて島の王様に成り上がってしまいます。詐欺行為までやってのけ、ダークヒーローに値する悪道ぶり。

しかし、悪が栄えたためしはない! マックスの命運はいかに!? という流れで話は進みます。
説教臭い教訓めいたものは何もなく、悪ガキが本能のまま行動する爽快感が同年代の男子の共感を呼ぶ作品です。

スイーツ要素はまったくないので要注意です。

2010/2/5 Friday

彼岸島

Filed under: - dekaino @ 7:34 このエントリをはてなブックマークに追加 綵弱恩絣兇里呂討Bookmark被リンク数

映画 彼岸島を観ました。ヤングマガジン連載中の同名漫画を映画化した作品です。
講談社のマンガの映画化はアジアンテイストあふれたものが多いです。たとえぱ頭文字D the Movieとか。
本作も韓国の監督を起用し、邦画とは異なるアジア映画テイストに仕上がっています。わざわざあえて日本っぽい服装や小道具を使って、アジア人が思う日本的エキゾチック感を出しているあたり、はなから国内市場ではなくアジア市場をねらった企画の映画なのでしょう。
旧日本軍の秘密研究が発端という設定は60〜70年代のアメリカ映画に良くある敵はナチス残党という設定に通じるものがあります。アジア圏では日本を含めて旧日本軍は共通の敵という便利な存在なのです。

原作はまだ連載中で決着がついていないのですが、映画ではラスボスの雅様との最終バトルが描かれ、いわゆるパラレルワールド的な作品になっています。終盤のバトルのワイヤーやCGを使いまくったアクションシーンも素晴らしいのですが、本作の見所は冒頭の学園ドラマパートです。さほど必要があるとも思えない主人公達の日常生活の表現に結構なコストと尺を使って、見事な学園ものシーンが描かれています。
ガクラン&セーラー服の学園ものって古きよき日本の昭和って感じがしてなかなかよいです。

ただ国内では宣伝が足りないのか、興行的には不振みたいです。いい作品なのに残念。

2010/1/27 Wednesday

Dr.パルナサスの鏡

Filed under: - dekaino @ 22:15 このエントリをはてなブックマークに追加 Dr.泣鴻,里呂討Bookmark被リンク数

Dr.パルナサスの鏡を観ました。
テリー・ギリアム監督のファンタジー映画。
そこそこ宣伝に金をかけているので周知度は高いと思います。ですが本作はA級作品ではありません。マニアックな客にだけ受ける単館系作品です。
確かに予告編にあるような派手な幻想的シーンもあるのですが、ほとんど予告編に出ているものだけで、長い時間は地味な映像です。話も難解というかオチがついているのかいないのか。ギリアム監督の隠喩を理解できないと面白くないと思われます。

岡野玲子のイナンナが理解できて、面白く感じられる人にだけにすすめられる作品。

2010/1/23 Saturday

サロゲート

Filed under: - dekaino @ 18:41 このエントリをはてなブックマークに追加 泣蚊若のはてなBookmark被リンク数

サロゲートを観ました。
アバターのように遠隔操作で自分の代理ボディ(サロゲートマシンと呼ばれます)を操作する設定の近未来SFものです。ただし舞台は何光年も離れた惑星ではなく普通の街です。ちょっと攻殻機動隊の世界観にも似てます。ただしバーチャルリアリティとか個々人の脳が直接ネットワークで接続されているようなサイバー方向の話はありません。あくまでも安全かつファッション感覚でいろんな外見を楽しめるという、服やクルマを選んで楽しむように身体も楽しむみたいな、わかりやすいノリです。

劇中の世界ではほとんどの人間が自分の好みの容貌のサロゲートを持っています。
笑えたのがブルース=ウィリス演じる主役が操るサロゲートは髪が生えているところ! しかも金髪だぜ。そうかそうかやっぱり髪が欲しいかウィリス… もちろん本人(中の人)はハゲです。
金髪(サロゲート)
ハゲ(中の人)
FBIのエージェントという設定からか、操るサロゲートはすこし人間よりも強化されている身体能力をもつようですが、そんなのよりセンサ方向(視力、聴力、その他)を強化した方が操作に役立つんではないのかな? ゼロゼロナンバーサイボーグでいえば003に当たる能力なら簡単に組み込めると思うのだがどうなんだろう?
加速装置とか空を飛べとまでは言わないから、なんとかしてやってほしい。

どうも発想の原点はマルチユーザのオンラインゲームとかセカンドライフ的な世界みたいで、操作する人がトイレいったり食事して操作席からはずしていると、サロゲートはその場で立ち尽くしたままになるところが面白い。ネトゲ世界のシュールさがよく表現できてます。また街中にサロゲートの充電ステーションがそこかしこにあるのも面白い。なんと地下鉄の中にまである。この充電ステーションがバービー人形が入ってるパッケージみたいな形をしているのも笑えました。

設定ではサロゲート技術が開発されてからたった14年で人類の習慣を変えるに至ったとされてますが、さすがに14年間ではむりなんじゃないかなぁ。Win95が発売されてインターネット/WWWが使えるようになって今がちょうど14年余りですが、インタネット技術はひろく利用はされているが不可欠のものにまでは至ってない気がします。

SFとしては2流。映像もアバターにはまったく勝てず、でもブルース=ウィリスのハゲネタにちょっと癒されるそんな作品です。

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 〜http://鷹の爪.jp は永遠に〜

Filed under: - dekaino @ 18:18 このエントリをはてなブックマークに追加 腱絲腟腓 薹鴻 THE MOVIE3 http://薹鴻.jp 羂檎のはてなBookmark被リンク数

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 〜http://鷹の爪.jp は永遠に〜を観ました。
回を重ねるたびにどんどんタイトルが長くなる!
そして今回も古墳ギャルのコフィー 〜コフンデレラ〜が同時上映。コフィちゃんの方は劇場版というよりテレビシリーズのお蔵入りエピソードを出してきたような軽い扱いです。フォーマットもテレビシリーズそのまま。尺は10分ちょっとしかありません。今回の予算はほとんど鷹の爪に費やされたようです。

謎のコックピット
鷹の爪の方は今回も面白い。無茶な発想がとにかく楽しいです。上の絵は鷹の爪の乗り物のコックピットなのですが、いったいどういう構造になっているかわかりますか? こんなくだらない発想が連発できるFROGMANは天才だなぁとおもいます。
川村ゆきえがかなりお馬鹿な役どころなキャラの声をやってます。どんど晴れの頃はここまでお馬鹿キャラじゃなかった気がする…

白組のCGも台無しなナンセンスさが楽しいフラッシュアニメ映画です。

2010/1/1 Friday

よなよなペンギン

Filed under: - dekaino @ 8:28 このエントリをはてなブックマークに追加 潟海里呂討Bookmark被リンク数

よなよなペンギンを観ました。
りんたろう監督、マッドハウス製作という豪華なスタッフ。
3D CGアニメですが顔の表情がかなり2次元っぽいです。アジア系ののっぺりした顔にマッチした技法。

亡き父親のプレゼントのペンギンコートを着て夜中に街に出歩く少女が主人公。ドラえもん映画のように、異世界に冒険に出てその後また実世界に戻ってくるという王道の子供向けアクション映画フォーマットです。
主要キャラが少ないので幼児にも理解しやすいストーリーになっています。少ないキャラで飽きさせないようがんばって工夫している脚本のできは悪くありません。
見所はやはり作画とキャラ達のダンス。そしてりんたろう監督らしい故人の父と娘のつながり(999と同じテーマ)の描写にあります。完全に子供向けなので流血沙汰はまったくなし。安心してお子様に見せられます。

2009/12/31 Thursday

バッタ君町に行く

Filed under: - dekaino @ 10:27 このエントリをはてなブックマークに追加 水冴茵のはてなBookmark被リンク数

バッタ君町に行くを観ました。
フライシャー兄弟の会社フライシャー・スタジオの集大成とも言える長編アニメ映画。公開は1941年、日本が対米開戦した直後です。
ディズニーアニメとは異な斬新な映像技術と発想で作られた作品で、今の時代に見ても十分に楽しめます。
主要キャラはすべて街中に住む虫たちで、人間は虫たちにとって災厄ともなれば恩恵ともなるいわばあらぶる神のような存在として描かれます。描画技術も使い分けており虫たちは手描きアニメ、人間や人間の乗り物はロトスコープという技法で描かれています。今風にやるなら手描きアニメと3DCGアニメをうまく合成、使い分けているようなもの。このおかげで人間と虫たちの間に超えられない隔絶がある世界観が巧く表現できています。

本作の原題はHOPPITY GOES TO TOWN。HOPPITYは主人公のバッタの名前です。しかしタイトルとは異なりストーリーはHOPPITYが生まれ故郷の街に帰ってくるのであって街に行くわけではありません。この時代は内容とタイトルが食い違っててもあまり気にしなかったのでしょうか? それとも配給会社が適当につけたタイトル名なんだろうか?
とにかくHOPPITYという名のバッタが主人公なのですが、こいつがどうにも主役らしくないんですね。取得といったらダンスが上手くて女子にモテるだけで、キホンいい加減なC調キャラ。特に何かをなしとげようという意思があるわけでもなく、ただ面白おかしく女の子と遊んでいるだけで、ハッピーエンドになってしまう。今風の日本アニメの何の努力もしないのに幸運が空から降ってくるみたいな非常に受身な話です。

世界大恐慌から大不況の10年を過ごした当時のアメリカはこのような話が受けたのだろうか? 今のアメリカ人のマッチョ思想とはかなり違う雰囲気です。
また、高層ビルの建築現場の様子が事細かに描写されるのですが、さすが1940年代だけあって建築技法がかなり違います。溶接はなし、すべての鉄骨はリベット錠で連接。なんと壁はレンガ! 高層ビルにレンガにモルタル。同時期の高層建築の代表格のエンパイアステートビルもレンガが大量に使われているそうです。

不況の時代だからこそ為し得たものすごい人海戦術的物量で作られたアニメ長編映画です。

2009/12/26 Saturday

パブリック・エネミーズ

Filed under: - dekaino @ 23:08 このエントリをはてなブックマークに追加 祉若困里呂討Bookmark被リンク数

パブリック・エネミーズを観ました。
大恐慌のため国力が落ちていた1930年代のアメリカで、銀行強盗を繰り返しやっていたデリンジャーという実在のギャングが主人公で、ジョニー=デップが演じます。
基本的に史実に忠実で、何か誇張することもなくヒストリーチャンネルの再現ドラマのように淡々とデリンジャー一味の悪行と連邦捜査機関(FBIの前身)との戦いが描写されます。それに加えてメロドラマ的恋愛要素をプラスした感じのストーリー。

映像的には1930年代の暗い時代のアメリカを映像資料やCGを駆使して再現しているところが見どころか?
アメリカの老人にはたまらない懐かしい風景なのかも知れません。この頃の世界の覇権国は間違いなくソビエト連邦、そしてナチスの元で台頭しつつあったドイツを中心とするヨーロッパであり、アメリカはかなり弱体化してました。なんたって数年後に東洋の小国に宣戦布告されちゃうくらいに弱ってたんだから相当のもの。
そのような時代に連邦政府が州政府の権限を抑圧して中央集権化を強めていく重苦しい時代の雰囲気をうまく表現しているとは思うのですが、ドラマ要素はせいぜい恋愛くらいしかなく、いわゆるハリウッド映画的な大味な映画ではありません。もちろんアクションシーンはかなりド派手なのですが。

変装のためチョビ髭をつけたデリンジャーを演ずるジョニー=デップがどう見てもジャック=スパロウにしか見えないのは笑うところなのか?

アメリカ版「その時歴史は動いた」みたいな作品です。

2009/12/23 Wednesday

ワーナーマイカル海老名 とうとう全日全時間帯1000円に

Filed under: - dekaino @ 10:11 このエントリをはてなブックマークに追加 若若ゃ羌決 ュ絽1000のはてなBookmark被リンク数

ワーナーマイカル海老名が2010年1月9日から日付曜日時間帯に関わらず常時1000円になるそうだ。→告知サイト
ワーナーマイカル全店ではなく海老名と釧路の2店だけの特別キャンペーン。おそらくこの2店は相当業績が悪く、そのためのてこ入れ策なのでしょう。海老名はすぐ隣にTOHOシネマズ海老名があるのが痛い。
一応期間限定で2010年1月9日から4月9日の3ヶ月間だけとなっているが、この手のサービスは始めてしまったら止められないのが普通なので当分1000円が続くでしょう。ちなみにセンター南駅にある109シネマズ港北も同じ状態にあります。

デフレ化はどんどん進む。
以前に作った1000円で見られる条件リストを更新しました。

常時系
全日全時間帯 ワーナーマイカル海老名(海老名店のみ)

日付系
毎月1日 全系列
毎月5日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)
毎月10日 109シネマズ
毎月14日 TOHOシネマズ
毎月16日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)
毎月19日 109シネマズ (ポイント会員のみ)
毎月20日 シネプレックス MOVIX ワーナーマイカル
毎月22日 109シネマズ(男女ペア)
毎月27日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)

曜日系
月曜 シネプレックス(メンバーズカード所持者のみ) コロナシネマ(男性) ワーナーマイカル(女性)
火曜 MOVIX(女性)
水曜 シネプレックス(女性) 109シネマズ(女性) TOHOシネマズ(女性) ワーナーマイカル(2人組)
木曜 MOVIX (男性) コロナシネマ(男女ペア)
金曜 コロナシネマ(女性)

時間帯系
午前初回 コロナシネマ

2009/12/21 Monday

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

Filed under: - dekaino @ 23:03 このエントリをはてなブックマークに追加 絎絎ゃ 緇羇紫のはてなBookmark被リンク数

宇宙戦艦ヤマト復活篇を観ました。
おそらく興行的にはパッとしないだろうけど、これは名作です。80年代前半のヤマトファンは新作ヤマト映画を観るたびにガッカリさせられ、しかしそれにも懲りずまた観にいくという苦行僧のような存在でしたが、とうとうその苦行が必要ないヤマト新作が登場です。
よくあるリメイクものにありがちな表面だけ真似ていて中身がまったく違うニセモノなんて映画ではないのです。これはホンモノ! なんたってしょっぱなから例のスキャット「あーあー ああああ あーあぁぁー」から始まり、渦状銀河の絵を出しながら「無限に広がる大宇宙…」のナレーション。さすが本家本元が脚本監督だけあります。
もちろんデスラー総統とか沖田艦長とかの復活という禁じ手もなし! 安心してみていられます。

キャラクターデザインは松本零士から国友やすゆき(なんで!?)にバトンタッチ。でも作画監督が湖川さんなのでちゃんと必要以上に立体的にアレンジされているので安心です。そして原案は石原慎太郎(これまたなんで!?) いろいろトンデモ要素があるのですが、本作は間違いなくヤマトそのものなのです。
なにやら中東を武力で支配するアメリカを日本が救ってやるんだぜみたいな石原流反米思想を正面に打ち出しつつ、地球の危機を決死の覚悟で救うヤマトを華麗に描きます。

演出もなにやら懐かしさを覚える昔風なものです。いちいちキャラに艦内の廊下を歩かせたり、髭を剃らせたり、意味もなく手間ばかりかかる演技やらせるアニメって今時ほとんどないです。とにかく物量で意味のないところに神作画をもってくる! これぞヤマト魂 昔はCGなしでヤマトの回頭シーンを誤魔化しなしで手描きで描いたものです。

スポンサーのパチンコ台メーカーに媚びて波動砲が連発できるようなギミックが加えられたのはちょっと残念。しかしスポンサーには感謝しなくてはいけません。

たぶん早目に上映は終わってしまうと思われるので、かつてヤマトが好きだった諸君は急いで映画館に走るべし。括目して冒頭の古代雪(旧姓 森)の爆風で服が脱げて全裸になる(どういう理屈で!?)シーンを観るのだ!

2009/12/20 Sunday

映画 レイトン教授と永遠の歌姫

Filed under: - dekaino @ 11:09 このエントリをはてなブックマークに追加  ゃ恰羂檎罩紮のはてなBookmark被リンク数

映画レイトン教授と永遠の歌姫を観ました。
ニンテンドーDSゲームの同名ヒット作をアニメ映画化した作品らしいのですが、原作のゲームをやったことはありません。ロンドンに住む大学教授でもあるレイトン教授が探偵として事件の謎を解くというありがちな設定の話です。
なぜか宣伝ポスターにキャラだけではなく声優の写真までも出ているのも不思議。確かに豪華なキャスティングですが、本作の対象となる子供たちは声優で観る映画を選んだりしないでしょう。まぁいろいろと大人の事情があるのかな。声優業界では若手のはずの水樹奈々(紅白にも出場!)も、若手女優の堀北真希や相武紗季と並んでしまうと若手…?というのはちょっと問題か?

子供向けらしく、流血したり人が死んだりすることはなく、わかりやすいギャグを交えたゆるいアクションアドベンチャーモノに仕上がっています。そういう意味で安心して子供に見せられる作品。だからといって大人にとって退屈というわけでもありません。確かに前半は謎の難易度があまりにもヌルく、謎解きと言う意味では子供騙しなのですが、それなりの伏線とどんでん返しがあるので大人でも楽しめます。
ところどころどこかで見たようなシーンが多く、有名な映画のパクリの集大成ともいえますが、器用にまとめられていてまぁこれはこれで悪くない感じ。最後のオチもまぁこうなるよねって予定調和的です。

冬休み子供映画としておすすめできる作品。ただ本作を観たからって原作のゲームをやりたいとは思えなかったかも…

2009/12/16 Wednesday

カールじいさんの空飛ぶ家

Filed under: - dekaino @ 6:46 このエントリをはてなブックマークに追加 若腥咲九兇里呂討Bookmark被リンク数

ピクサーの新作アニメカールじいさんの空飛ぶ家を観ました。今回は3Dで鑑賞しました。
いまCGアニメは3Dで上映することが多いのだけれども、料金が高いのはともかく、目が疲れる割には迫力が増してるとも思えないので出来ればやめてほしい。字幕との相性が悪いせいか吹替ばかりなのもつまらないです。

大胆に要約すると、妻と死別した独居老人が、ボーイスカウトの老人を手助けする課題のために訪問してきた少年と2人で南米の秘境まで冒険旅行するお話。老人向けに第二の人生を説く作品です。
マンガ誌で言えば小学館のビッグコミック的加齢臭がするマーケティングです。

夫に先立たれた老妻の場合はあまり社会問題にならないのですが、妻に先立たれた爺さんの場合は米国でも大きな社会問題のようです。やっぱり年を取った男は頑固になりがちで社会性が低い上に、アメリカは銃が持てる国なので関わる人たちも命がけです。

本作では老人の第二の人生というテーマに主眼が置かれ、まったく色恋沙汰がありません。なんたって女性がほとんど出てこない。故人である妻のエリーが回想シーンで出てくる他は、珍らしい新種の鳥のケビンしかメスはいません。人語を話す犬がたくさん出てくるのですが彼らの中にもメスはいないくらい徹底しています。
それにしても最近のディズニーアニメは擬人化されていない犬なのに人語を話す作品が多いですね。ボルトもそうだったし。高橋よしひろってものすごく時代を先取りしていたと思わざるを得ない。

さすがピクサー作品、作画は素晴らしいです。しかしマーケティング的に少し損をしてる感じがします。もう少し老人をターゲットにした宣伝をすればいいのに。惜しいなぁ。

2009/12/10 Thursday

東京の空の下

Filed under: - dekaino @ 8:03 このエントリをはてなブックマークに追加 延根腥冴筝のはてなBookmark被リンク数

最近気になっているCS番組があります。
テレ朝チャンネルの「東京の空の下
今週から始まった毎朝06:55からやっている5分間の帯番組

番組説明を引用
約40年前に日本教育テレビ(現テレビ朝日)にて、東京の様々の場所をヘリコプターで空撮した映像をほぼ毎日のペースで放送。
今はもう見ることのできなくなった懐かしい風景をお届けします。

NET時代の番組で東京オリンピック直後の東京の空撮映像をナレーションも無しにただ垂れ流すだけの番組です。
これがまた六本木にまだ畑が残ってたりしてなかなか興味深いのです。

2009/12/6 Sunday

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

Filed under: - dekaino @ 0:17 このエントリをはてなブックマークに追加 篌腓障ゃ篆冴のはてなBookmark被リンク数

劇場版ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないを観ました。2chに投稿された暴露話っぽい創作文の映画化です。要は電車男みたいなモノ。

本作はリアリティという点ではまったくダメダメです。フツーの仕事がしたいの足元にも及びません。たぶんサラリーマンの経験がない人が脚本書いてます。釣りバカ日誌や山口六平太のようにサラリーマンの経験がない人がサラリーマンを題材にした映画やマンガを参考にしてでっち上げたサラリーマン話のように、ありえないトンデモ展開が満載です。

たとえば、派遣さん(♀)を連日徹夜させたりします。派遣会社にそれだけの金が払えるなら、自分とこの社員に残業代出せるだろうし、そもそもそれだけ金に困ってないならブラック会社にならないはず。
ただ、役者たちはノリノリで演じてます。ほとんどのシーンが室内なので舞台っぽい雰囲気です。

ブラック会社がある設定の建物は、妙に古い茅場町にある昭和初期の建物第二井上ビルを使っています。なぜこんなレトロな設定にしたのか謎です。監督の趣味?

劇中でガンダムの有名なセリフ、たとえば「認めたくないものだな 若さゆえの…」などが出てくるのですが、巻末のクレジットでは初代ガンダムの脚本家の星山氏などの名前はありましたが、富野の名前は出てませんでした。これらのセリフは富野監督が演出として考案したもので星山氏は関係ないのは関係者の証言で間違いないわけですが、版権の扱いとしてはやはり脚本としてクレジットされた脚本家が総取りってことのようです。監督と比べて脚本家は美味しいなぁ

最後のオチは、ブラック会社全肯定のとても寒い展開となってしまいました。まぁ2chに投稿された原作のオチに沿っているのでしょうがないのですが、もう少し労働環境を改善する方向に努力した方がいいと思います。

こんなのアリエネーって笑い飛ばす目的でみるなら楽しめますが、真面目に観るにはトンデモなくダメな映画です。

2009/12/2 Wednesday

ここち湯横浜瀬谷店

Filed under: - dekaino @ 23:22 このエントリをはてなブックマークに追加 ≧康罔羌莪桁のはてなBookmark被リンク数

ここち湯横浜瀬谷店に行きました。ここは元々は昔に行ったことがあるざぶん瀬谷目黒店でした。
経営母体の東急が相鉄に経営権を売ったのです。元々よく似たつくりの温泉施設だったのですんなり売却できたのでしょう。
最近の東急と相鉄は仲がいいみたいです。映画事業では逆に相鉄がムービルを東急に売却しています。選択と集中というヤツか?!

話を戻すと、ここち湯に替わってから初めて言ってみました。ざぶん(東急)時代は無料シャトルバスが東急田園都市線中央林間駅との間を往復していたのですが、ここち湯(相鉄)になってから相鉄本線瀬谷駅にも無料シャトルバスが行くようになりました。従来客のためか中央林間駅との便も続行中。
またざぶん(東急)時代では食堂その他の施設は入浴券を買わなくても利用できましたが、ここち湯(相鉄)になってから入り口すぐに受付があり入浴券を買わないと中に入れないようになりました。要はかしわ台にあるここち湯と同じ方式になったというわけです。会員カードもかしわ台店と共通です。

さて、ここち湯かしわ台では、若い女性従業員が男湯に入ってきて作業するので有名(?)です。危険を回避するためか必ず二人ペアで徒党を組んで若い女性が男湯に侵入してくるのはどうも違和感があります。
横浜目黒店でももしかしたらと思ったら、やはりキター! 女性二人がサウナに入ってきて床のマット交換し始めました。ざぶん(東急)時代ではありえない謎の行為。もしかして男性客へのサービスだと思っているのでしょうか? 多感な時期の中高生男子とか困ってしまうと思うのだが…

まじめに考えてもこれって従業員へのセクハラ/パワハラだと思います。これが相鉄クオリティなのか?

2009/11/28 Saturday

PUSH 光と闇の能力者

Filed under: - dekaino @ 23:16 このエントリをはてなブックマークに追加 PUSH 遵のはてなBookmark被リンク数

PUSH光と闇の能力者を観ました。
アメリカ資本で作られたアメリカ映画ですが、香港で撮影されたワイヤーアクション満載の香港テイスト満点の映画です。

アメリカ政府の出先機関(通称Divisions)と中華マフィア(通称Bleeders)と逃亡している超能力者達の三つ巴の戦いです。どの勢力にも超能力を持った人間がいて、超能力で戦ういかにもなアクションものです。
超能力者にはいくつかのカテゴリがあり、Mover(念動力)やSnifer(持ち物から持ち主の居場所を検知)、Watcher(未来予言)、Shadow(Sniferの力から防御)、Wiper(選択的に記憶を消去)などの他に、タイトルにもなっているPusher(偽の記憶を植え付ける)があります。
記憶操作系のディックっぽい話かと言えばそうでもなく、ひたすらアクションアクションの展開は香港映画らしいといえばらしいです。せっかく記憶を操作する力がでてきているのに、自分の記憶は本当の記憶なんだろうかって悩んだりしないところが単純です。スーパーボイスで気絶させる超能力とか安易過ぎないか?

ストーリーははっきりいって陳腐。アクションは派手だけどありがちな感じ。この映画を楽しもうと思ったら香港映画にしては豪華なキャストを楽しむしかないと思います。
天才子役として名高いダコタ=ファニングは背伸びしたがる金髪ロリ少女を天才的なうまさで演じ、カミーラ=ベルは優木まおみ級のタレ目なタヌキ顔で一番美味しいところをゲット。リー=シャオルー(李小[王路])はキルビルの栗山千秋をそのまんまぱっくたようなアジアンビューティー。

はっきり言って劇場はガラガラ。不入りにも程があるくらい日本での興行は失敗してます。確かにどうひいき目に見ても日本人受けしないのは確実。本作の日本配給を企画した人はよほど見る目がないかすごい漢気あふれる人です。
ある意味で、ダメ映画ファンにはたまらない一品

2009/11/27 Friday

マイマイ新子と千年の魔法

Filed under: - dekaino @ 6:43 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃゆ医綛眼薛羈のはてなBookmark被リンク数

マイマイ新子と千年の魔法を観ました。高樹のぶ子の小説が原作のアニメ映画です。

昭和30年の防府の国衙跡に住む小学生たちの生活を生き生きと描いた作品。
淡々と進むストーリーはお子様にはちょっと退屈かも。宣伝やポスターではまるで子供向けのような本作ですが、実は三丁目の夕日的な老人向けのノスタルジー作品です。三丁目の夕日では楽園のようなノスタルジー世界でしたが、本作ではリアルにまだまだ不穏な空気が残る昭和30年代を子供の視点だけで描写するというかなり難易度の高いことをやっています。

ほのぼのとした子供の生活の描写の陰で、学校の先生は不倫してたり、真面目そうな警官は賭博にはまってたり、大人の黒い生活がチラホラと見えます。最後に主人公の祖父が亡くなって主人公一家が引っ越していくんだけど、これも家計の主要部分は祖父の恩給・年金で賄われていたんだって大人の事情が見えてしまうあたりが渋い。
こういう世知辛い世相表現をストレートに出さず、子供の視点の風俗描写でキチンと伝えられているのが本作のすごいところです。もちろん観客がそれなりに人生経験がなくてはならないわけで、これこそが本作は老人向け映画であるとする所以です。

主人公とその親友の妄想である1000年前の防府の清少納言のシーンもなかなか面白いです、妄想好きな少女というと赤毛のアンみたいなウザい女になってしまう可能性がありますが、新子はアンみたいに押し付けがましくなく、内輪でだけ空想を楽しむタイプなので大丈夫でした。

時代考証をきっちりやった描写と淡々とした脚本が最近では珍しい異色作です。

2009/11/22 Sunday

田原俊彦の課長島耕作

Filed under: - dekaino @ 7:31 このエントリをはてなブックマークに追加 医篆綵茯臥桁涯篏のはてなBookmark被リンク数

チャンネルNECOで、1992制作の劇場版課長島耕作を観ました。主演は田原俊彦!
田原俊彦の島耕作
原作の島耕作サーガと違って、バブル真っ盛りの1992年に課長になったばかりという設定の島耕作が活躍(?)する映画です。もう画面全体がバブル臭い!

島の部下には渡辺満里奈! 宣伝部の総合職OLという設定らしく、OL制服ではなく私服で働いているのですが…
バブリー満里奈1バブリー満里奈2
バブリー満里奈3
この格好はあまりにもバブル臭すぎる! 職場でカチューシャってどうなの? 肩パッドすごいし!
島耕作の法則によるとこの手のキャラは美味しく島に喰われてしまうのですが、そこは大人のルールで満里奈さんは島の毒牙にかかることはありません。
オフィスにPCが1台も置いてないのが時代を感じさせます。

初芝のカリスマ会長が亡くなることから始まる社内権力抗争に巻き込まれる新任課長島耕作というのがメインストーリーです。カリスマ会長を三木のり平が演じます。
のり平会長
当時はまだ生きてたんだ!のり平。あの江戸むらさきとかごはんですよ!の元キャラです。
のり平がぽっくり死ぬ演技をしている場面はリアルすぎてある意味怖いです。
お台場
おしゃれスポットとして出てくるお台場のシーン。なんとレインボーブリッジは建設中! まだゆりかもめもりんかい線もなかったんですね。

一番の驚き画像。当時最先端の携帯電話
最先端のクラムシェル型携帯電話端末
で、でかい。でかいの一族もびっくり。しかもアンテナをいちいち手で伸ばすタイプ。当時は高額料金の高嶺の花アイテムだったんですよね。学生はポケベル(死語)で我慢してろって時代。

当時はなんてこともない駄作映画だったのだろうけど、いま観るとツッコミどころ満載の新鮮な作品です。

2009/11/8 Sunday

転校生 -さよなら あなた-

Filed under: - dekaino @ 22:38 このエントリをはてなブックマークに追加 荵∽∞ - -のはてなBookmark被リンク数

スカパーのチャンネルNecoで、大林宣彦監督が自らリメイクした2007年公開の転校生 -さよなら あなた-を観ました。
監督本人が手がけるリメイクものってだいたい失敗が多いのですが、本作は結構面白かったです。
ストーリーが前作とかなり変わっている上、前作を知っているとニヤリと楽しめる部分もあります。前半のストーリーは土地と時代が違うだけで前作とほぼ一対一で対応するのですが、後半はかなり違う展開となります。要は脚本がちゃんと練られているということ。
昔の話を現代にリメイクすると携帯電話の存在が邪魔になるんですが、入れ替わりの場面を神社の石段からの転落から、神社の湧き水に落ちると変更し、水没により携帯電話が故障するという芸の細かい設定で、一時的に携帯電話の使用を封じることでうまく処理しています。ココは本当にうまい! 感心しました。

また素晴らしいのは主演にちゃんと新人を起用しているところ。しかもその新人の蓮佛美沙子がかなり巧い。いわゆる美人ではないけど小林聡美よりはかなりマシなのも今風でよいです。

後半は、主人公2人の彼氏と彼女にあっさり入れ替わりの秘密を打ち明けてしまい、しかも彼氏/彼女がすんなり納得してしまい先の流れが読めなくなります。加えて一美の身体(心は一夫)が不治の病になってしまい余命数ヶ月。このままだと一美の身体と一夫の心が失われてしまうピンチという展開。
前作を知っている人でも決着が読めないストーリーとなっています。

一番の違いは大林監督も年をとったというところ。かなり年寄りの説教くさい話となっています。
それでも過去の栄光もう一度みたいな老醜というほどでもなく、十分に楽しめる良作に仕上がっていました。

2009/10/25 Sunday

飯田線の旅 その6 (最終回)

Filed under: - dekaino @ 16:07 このエントリをはてなブックマークに追加 蕋亥 6 (腟)のはてなBookmark被リンク数

とうとう最終回。その1その2その3その4その5の続きです。

2日目の朝に天竜ライン下りとリンゴ足湯を楽しんだ後は、もう家に帰るだけです。もちろん鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷの旅なので、特急や新幹線は利用せず普通列車で帰ります。
まずは11:00天竜峡発岡谷行普通列車に乗ります。
飯田線天竜峡発岡谷行
前夜泊まった飯田を通過してどんどん北上。
市田(いちだ)駅のあたりは市田柿で有名。沿線どころかホームの裏まで柿の木が植えてあり、柿の実が鈴なりでした。
市田柿

駒ヶ根のあたりで車窓から撮った日本アルプスの山々。ここらの山は高く険しい。
駒ヶ根からみた日本アルプス
なんだかんだ3時間乗り続けて14時頃、定刻より数分送れて岡谷駅に到着しました。
岡谷駅
やっと中央本線にたどり着いた。ここまできたら神奈川県まであっという間なんて思ったら甘いのです。たしかに特急に乗ってしまえばすぐなのですが、普通列車は本数が少ないのです。
まずは駅前で腹ごしらえをして、14:55発高尾行の普通に乗ります。岡谷滞在は1時間弱でした。
高尾行普通列車
途中茅野駅でスーパーあずさに連絡、追い抜かされます(15:12着/15:22発)。
茅野駅で連絡した特急スーパーあずさ22号

15:44に小淵沢駅に到着。終点ではありませんがここで下車します。小淵沢始発の快速列車ビューやまなし号に乗るためです。
小淵沢駅
このまま高尾まで普通列車で行くと大月駅で連絡するのですが、大月駅からでは十中八九座れません。どうせなら始発からいい車両で快適に行こうという作戦です。ビューやまなし号が発車するまで30分ほどこの駅で待ちます。同じことを考えている客がたくさんいるので行列ができていました。行列しながら駅からの風景を楽しみます。
小海線車両
小海線のディーゼル車両
八ヶ岳はとても大きく見えます。
八ヶ岳
富士山
まだ小さいですが、富士山も見えました。

快速ビューやまなしを待つ間、何本もの特急列車が停発車していきました。
まずは特急あずさ24号(16:04着/16:05発)
特急あずさ24号

次に特急はまかいじ(16:10着/同発)
特急はまかいじ
はまかいじはレア度が高い特急で中央本線から横浜線に分岐して松本と横浜の間を走ります。横浜線を走る特急はこのはまかいじだけ。運転も1日1往復で運転日注意の不定期運行です。

2本の特急を見送った後、お目当ての快速列車が入線してきました。
ホリデー快速ビューやまなし号
これがホリデー快速ビューやまなし号。この日は新宿止まりではなく千葉まで運転を延長した、小淵沢発千葉行です。これもレア度が高い運転。
車両は215系。ほとんどが2階席の定員数優先型の車両で、1日目にのった東京発静岡行普通の373系に比べるとやや快適度は落ちますが、東海道線のグリーン席と同等の快適さです。
ビューやまなし 内部
私は天井が低い2階席部分は嫌いなので、出入り口デッキ部の座席に座りました。なかなか快適。しかも快速運転なので速いのがうれしい。

小淵沢駅を16:17に出発。甲府あたりの富士山は見事。
甲府の富士
しかし、もうこの季節の太陽はつるべ落とし。あっという間に暗くなり、車窓の外はまっくらやみ。
18:18に八王子駅に到着しました。ここでビューやまなしから降りて横浜線に乗換え。
八王子18:18発/橋本18:29着。相模線に乗換えて、橋本18:33発/厚木19:09着。

やっと厚木に帰還しました。(といっても厚木駅は海老名市。ここから小田急で本厚木に行かなくてはならないのですが、それはまた別の話)

これにて長かった1泊2日の飯田線の旅も終了です。
鉄道の日記念JR全線乗り放題きっぷの1日分は3060円。
2日目の行程を通常切符で買った場合、同一行程の往復には途中下車は使えないため、飯田駅→天竜峡駅と天竜峡駅→厚木駅の2枚の切符が必要となります。価格は230円+4940円で合計5170円。つまり2110円のお得でした。1日目の3030円には及ばないまでも4割強の割引率、十分に使いこなしたといえるでしょう。
往復とも長距離の行程を普通乗車券で乗れる快適な列車に乗れたので、それほどつらくありませんでした。特急ではなくても快適な旅が可能なのです。

飯田線の旅 その5

Filed under: - dekaino @ 12:07 このエントリをはてなブックマークに追加 蕋亥 5のはてなBookmark被リンク数

その1その2その3その4の続きです。
その5は天竜ライン下り。天竜峡駅付近から天竜川を下り唐笠駅付近まで船で行く観光コースで、料金は大人1人2900円。
天竜ライン下りの船
これから乗る船。40人前後の客が乗り込みました。
船出
船出〜

ガイド
オバ様ガイドがへさきで名所案内します。上に見えているのは先ほど渡った姑射橋。
橋の上の人達が観光船に向けて手を振ってます。
姑射橋で手を振る人々

天竜ライン下り
船から見上げる天竜峡渓谷の奇岩の風景はすごい迫力。
天竜ライン下り

先ほど渡ったつつじ橋をくぐります。
つつじ橋
天竜ライン下り

飯田線
飯田線の線路が天竜川をまたぐ鉄橋。
飯田線
2006年の大雨では水位が線路のすぐ下まで上昇したらしいです。おそるべし自然の驚異。

風景にも慣れてきたところで、ガイドのオバ様が投網のパフォーマンス。
投網
例年だと落ち鮎の時期でたくさん獲れるらしいのですが、今年は水が濁っていてあまり鮎が撮れないそうです。なんとか小魚が1匹だけ網にかかっていました。
トンビ
トンビに向かって小魚を投げるとナイスキャッチ。ここらのトンビは餌付けされていて船が来ると寄ってくるそうです。今回の餌は小さいのが1匹だけなので不満そう。
トンビだけではなく、アオサギやカワウ、セキレイなどもいて、鳥をたくさんみることができます。

売店
なぜか川原に止めてある売店船。この船に寄せて飲み物やつまみを販売します。
よく考えられているなぁ。

古い街道のの塩の道の痕跡が脇の崖にありました。
塩の道
ダムができる前の天竜川が急流で暴れ川と呼ばれたいた頃、この塩の道は重要な街道だったそうです。
飯田線もこの塩の道街道に沿ってひかれた鉄道なのです。

50分ほどの楽しい川下りもそろそろ終わり。そろそろ唐笠駅の近くの川港に到着です。
唐笠港
たくさんのアヒルがお出迎え。コイツらも餌付けされており、お菓子をおねだりします。

かわいい2匹の猫もお出迎え。白いのが親猫でキジ柄が仔猫か?
2匹の猫
仲良く互いに舐めあっていました。

唐笠からは送迎バスで出発地の天竜峡の船着場まで送ってもらえます。
10:40頃に無事天竜峡駅まで戻ってきました。
足湯の看板
帰りの電車まで20分くらい余裕があるので、船着場近くにある足湯で休憩しました。

お湯の中に丸ごとリンゴが浮かんでいる大胆なリンゴの足湯。
リンゴの足湯
協力金として100円を入れてくれと書いてある缶があるので、一応100円を投入しておきました。

次回は最終回 天竜峡から厚木まで帰る家路編の予定。

飯田線の旅 その4

Filed under: - dekaino @ 7:11 このエントリをはてなブックマークに追加 蕋亥 4のはてなBookmark被リンク数

その1その2その3の続きです。
飯田線の旅の2日目、朝は7時20分にチェックアウトし飯田駅に向かいます。

ホテルニューシルク
宿泊したホテルニューシルク。普通のビジネスホテルですが、朝にも大浴場に入れるのがうれしい。飯田駅まで徒歩数分。

飯田駅
朝の飯田駅。

飯田駅の改札で乗り放題きっぷに3日目のスタンプを押してもらいました。
鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ 3日目のスタンプ
07:15発天竜峡行の普通電車で、ふたたび天竜峡に戻ります。

08:15終点、天竜峡駅。
天竜峡駅
ホームには天竜ライン下りのマネキンがいました。
天竜ライン下り人形
ちょっと、オー!マイキー風。

朝の天竜峡は夕方とはまた違った趣きです。
姑射橋
駅のすぐ前にある姑射橋(こやきょう)というちょっと恐いネーミングの橋の上から見下ろした天竜峡渓谷。

姑射橋を渡ると天竜ライン下りの乗船券売り場があります。先にチケットを購入。
天竜ライン下りチケット
09:30出発の乗船券を買ったので1時間くらい余裕があります。そこで天竜峡沿いに作られた散策コースを歩いてみました。

天竜峡散策マップ

散策コースに入ってすぐのところから絵葉書のような天竜峡の写真が撮れました。これでも台風の影響で普段より水が濁っているそうです。
散策コースから撮った天竜峡
散策コースは登りあり降りあり、ちょっとした山歩きコースです。結構急な階段も多い。
散策コースの階段

天竜峡十勝のひとつ「龍角峯」そそり立つ岸壁。
龍角峯

姑射橋の下流にあるつつじ橋。歩行者しか渡れない吊り橋です。
つつじ橋1
つつじ橋2
臨場感抜群。風が強い日は怖くて渡れそうにありません。
つつじ橋3

下流から見た先ほどの姑射橋
下流から見た姑射橋
散策コースを一周するのに約40〜50分。一回りして姑射橋のたもとにある天竜峡ライン下りの船着場まで戻りました。
船着場

次回は天竜ライン下りの予定

2009/10/17 Saturday

飯田線の旅 その3

Filed under: - dekaino @ 23:11 このエントリをはてなブックマークに追加 蕋亥 3のはてなBookmark被リンク数

その1その2の続きです。
その3になってやっと飯田線の登場です。豊橋駅13:43発天竜峡行普通列車に乗ります。
飯田線は全線電化されていますが全線が単線です。それでも昔は運行本数が多かったのか、上りと下りのホームが2つあってすれ違いができるようになっている駅が昔は多かったようですが、今はもう片方しか使っていない駅が多いようです。
サトイモと柿が植えられたホーム
その名残が今に残ってます。もう無用となってしまった片方のホーム。線路が撤去されています。すぐ裏が里芋畑になっているのが物悲しい。柿の木も植えられているようです。

線路は天竜川沿いを走り、車窓から川を見下ろすことができます。
車窓から見た天竜川

中部天竜駅
途中の中部天竜駅。この駅構内には2009年11月1日に閉鎖が決定している佐久間レールパークがあります。この日は連休中だけあって閉鎖を惜しむ鉄道ファンがたくさんたむろしていました。残念ながら中部天竜駅に到着したのは15:35過ぎで、レールパークの入場時間が終わっていたため、見学はできませんでした。

終着駅の天竜峡駅に到着したのは17:19。もう日がかなり傾いたころあいでした。
天竜峡駅1
駅前の踏切を渡ってすぐに観光案内所がありますが、すでに閉まっていました。観光案内所には温泉が引き込んであり、ちょろちょろとお湯が流れていました。
観光案内所の温泉

駅前から天竜峡渓谷につくられた公園を通って徒歩5分くらいのところに市営日帰り温泉施設があります。名前は天竜峡温泉交流館〜若がえりの湯です。倒産した温泉旅館を再利用して飯田市が運営する日帰り温泉で、1回400円。
私が入ったときは先客はおらず、完全に貸切状態でした。入浴中に地元の方が1人だけ入ってきましたがそれでもガラガラ。かなり贅沢な気分で入浴できました。地元の方と話をしたところ、近所の人はみんな入浴回数券を買って死蔵しているそうです。もったいないからたまに入りにくるとのこと。

温泉を出て駅に戻ろうとしたところ、もう完全に日が沈んでおり街灯がまったくない公園は真っ暗。とても歩けそうもないので、遠回りですが街灯がある車道を通って駅まで帰りました。
駅前の蕎麦屋で山かけ蕎麦を食べて、18:39発岡谷行に乗りました。
岡谷発
30分ほどかけて飯田駅に19:05到着。これで1日目の電車のたびは終わり。飯田駅前のホテルニューシルクに宿泊しました。

鉄道の日記念JR全線乗り放題きっぷの1日分は3060円。
1日目の行程を通常切符で買った場合、途中下車を活用するとして、松田駅→飯田駅(国府津・豊橋経由)の乗車券が必要となります。価格は6090円。つまり3030円のお得でした。

その3終わり
次回は2日目。天竜峡ライン下りの予定。

ATOM

Filed under: - dekaino @ 22:16 このエントリをはてなブックマークに追加 ATOMのはてなBookmark被リンク数

ATOMを観ました。原題はもちろんASTRO BOY。
ATOM
CGモデリングされたアトムは原作からはかなり遠いですが、実際に3Dアニメで動かしてみるとさほど違和感はありません。原作に近い造形のままだとむしろ不自然だったと思うので、これはこれでよい判断だったと思います。

ハリウッドが日本マンガをアニメ化すると高い確率でアチャーとなる作品になってしまうのですが、本作はそういうことはありません。正確にはアメリカでテレビ放送されていたアニメの3D CG映画化とみた方が正しいでしょう。ちゃんとアトムという作品に仕上がっています。
脇役キャラもいい感じ。ハムエッグは本作ではかなり美味しい役どころです。
動力は原子力ではなくブルーコアという新設定が入ってますが、この新設計も巧いです。ちょっとご都合主義かもしれませんが。

私が観たのは日本語吹替版。吹替もいいです。アトム役の上戸彩はまったく違和感がありません。
日本で映画化するよりずっといい出来になったと思います。手塚眞あたりに口出しさせなかったのが成功のポイントでしょう。吹替版にはカメオ出演しているようですが。

仏陀再誕

Filed under: - dekaino @ 21:40 このエントリをはてなブックマークに追加 篁茯のはてなBookmark被リンク数

仏陀再誕を観ました。
幸福の科学製作の宗教アニメです。前に類似作の永遠の法も観ています。

前作と比べて、宗教抜きでも結構面白く楽しめるようなつくりになっています。
永遠の法は、無駄にすごい作画をしているのに演出的にはまったく無意味だったりして、お役所的に潤沢な予算を無理やり使い切っているようなところがありましたが、本作ではうまくスポンサーを騙して自分達の作りたいものを作ってしまったような詐欺的要素があります。たとえるならオモチャ屋を騙して作ったガンダムとか、パチンコ屋を騙して作ったアクエリオンやらグレンラガンのようなものです。または濡れ場さえ出しておけば何でも撮れた日活ロマンポルノみたいな路線。とにかく作りたいように作るんだという作り手の叫びが聞こえてくるようです。

演出、作画、声優がかなり豪華でしかも意味のある使い方をされています。
特に銀河万丈が演じる悪の教祖の演説はアツい。ギレン総帥の演説級です。これだけ聞いても元はとれます。

コロナ小田原で土曜日の朝イチの回で観たのですが、劇場はほぼ満席でした。しかも観客同士が顔見知りのようで、劇中の仏陀の生まれ変わりである空野太陽が法を説いているシーンでは手を合わせて感動しながら見ている観客が多数。宗教的にものすごい盛り上がった雰囲気の中での鑑賞となってしまいました。

ストーリーも永遠の法のように、アインシュタインは悪魔の手先だ! みたいな噴飯話はでてこず、幻魔大戦的に、日常からいきなりUFOが攻めてくるとか大津波が来るとか、80年代SF戦争映画のノリで宗教風味の超能力バトルものとしても楽しめます。

まぁそれでも幸福の科学の教義についてはきっちり説かれるのですが…

  1. 無神論/唯物論は間違い → 霊魂や死後の成果は存在する
  2. 宗教といっても悪魔の手先の団体もある (敵対教団
  3. むさぼる欲 怒り 愚かさ の3つをなくそう

上に列挙した話が繰り返し繰り返し出てきます。ここだけは非信者にとっては あーそー と流すしかないです。
そもそも「仏陀」って悟りを得て解脱を実現した者。解脱とは輪廻の牢獄から解放されることで、もうこれ以上転生しないで済み現世の苦難から脱することに成功した人を仏と呼ぶわけで、仏陀が再誕するって矛盾もいいとこ。もし再誕したら実は仏陀ではなかったということになり、もう何が何だか。

ネタとして観るには面白い作品。

2009/10/15 Thursday

飯田線の旅 その2

Filed under: - dekaino @ 23:18 このエントリをはてなブックマークに追加 蕋亥 2のはてなBookmark被リンク数

その1の続きです。
浜松駅10:48発大垣行新快速は11:23に豊橋駅に到着しました。
豊橋駅
次に天竜峡まで行ける電車は2時間以上も先。そこで豊橋でちょっと観光することにしました。豊橋には路面電車があります。
豊橋 路面電車
均一料金で1回150円。400円で1日乗り放題切符を買えばかなりお得。
路面電車の終着駅の運動公園までは豊橋駅から25分弱。
豊橋 運動公園の池
池の周りの散歩コースがいい景色です。こんなすぐ近くにこんなのどかな場所があるなんて、豊橋はいい所だ。

公園でしばらく散歩した後、また駅方面に向けて路面電車に乗ります。
せっかく1日乗車券を買ったのだから元を取らないと損です。
路面電車軌道
路面電車内からみた軌道。
黄色矢印信号
黄色い矢印信号は路面電車だけに通用する信号。

豊橋駅の手前の豊橋公園前で下車。豊橋公園は吉田城の城址に作られた公園です。
吉田城入道櫓
吉田城の入道櫓が再建されています。
櫓は蛇行する豊川に突き出すように立てられています。
豊川
櫓から見下ろした豊川。
神武天皇像
なぜか神武天皇の銅像があります。

公園に隣接するように建っている豊橋市公会堂。戦前の建物らしい。
豊橋市公会堂

いろいろ見ていたら、あっという間二時間が過ぎ、電車が出る時間になりました。豊橋駅に戻り、飯田線13:43発天竜峡行の電車に乗り込みます。
やっと本題の飯田線です。本数が少ないだけあってそこそこ混んでましたが、座席が足りなくなるほどではありませんでした。

その2終わり
次回は天竜峡温泉の予定

2009/10/6 Tuesday

高崎観音

Filed under: - dekaino @ 22:47 このエントリをはてなブックマークに追加 蕭經荀渇海里呂討Bookmark被リンク数

今年も鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷを買いました。
鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ
JR各社の普通列車が乗り放題というアリガチな企画きっぷです。

10月4日(日) 8:14 JR海老名駅をスタート、相模線八王子行に乗りました。
JR海老名駅
08:58八王子着。09:08発の八高線・川越線直通川越行に乗り換えます。
八高線(電化部分)
八王子-拝島間は複線だったり、線路沿いもけっこう街で相模線負けてる!と思ったのですが、拝島を過ぎると単線になりあっという間に茶畑と里芋畑ばかりののどかな風景になりました。さすが車両の扉の脇に開閉ボタンがついている仲間路線です。

09:49に高麗川駅到着。ここから電車は川越線に行ってしまいます。ここから先の八高線非電化区間に行くには、ここで乗り換える他ありません。
高麗川駅
乗り換えの接続時間に余裕があったので、駅の外に出てみました。
高麗川駅前謎のモニュメント
駅前には謎のモニュメントがそびえたちます。田舎ってこういうの好きだよね。
八高線(非電化部分)
非電化区間は気動車です。10:11に高麗川駅を出発しました。

途中の寄居駅では、たまたま停車していたSL列車(たぶん秩父鉄道のパラオエクスプレス)を目撃しました。撮り鉄がたくさんいました。

11:45に高崎駅到着。気動車には1時間半くらい乗っていた計算になります。
高崎駅

高崎駅を出て特にあてもなく街を歩いていると、川原で遠くに謎の巨大像を発見。
どうやらこれが有名な高崎観音らしい。
高崎観音(遠)
気がつくと歩いている通りの名前が観音通り。どうやらこの道を進めば観音像のところへ行けそうです。そんなに遠くもなさそうなので、歩いて行ってみました。

市街地を抜け山に入ると、いきなりラブホテル登場。
ラブホテル
無視して通過、更に坂を登っていくと温泉旅館がありました。後で調べると結構高そうな立派な旅館だったらしい。→高崎観音山温泉錦山荘
高崎観音山温泉錦山荘

温泉も通過し更に登るとだんだん観音様が近くなってまいりました。
高崎観音(中)

更に進むと駐車場と露店が並ぶ通りに出ます。
焼き饅頭
焼き饅頭を購入。とてもうまい。餡子はなく饅頭の皮に味噌をつけて焼いたもの。高崎の名物なのか?

とうとう観音像の足元に到着。歩き始めて50分くらいで着きました。意外と時間がかかった。
高崎観音(大)
で、でかい。観音様もでかいの一族だった!
拝観料を払うと観音像の胎内入って階段を上って顔のあたりまでいけるらしい。
疲れていたので帰りの電車まで時間がないので今回は胎内めぐりはパス。

急いで駅に戻ります。帰りは下りなので40分くらいで駅まで帰ってこれました。
駅の売店で駅弁を購入。高崎名物のだるま弁当というもの。値段は900円。
だるま弁当1

帰りは小田原行の直通の湘南新宿ライン特別快速に乗りました。つまり高崎から茅ヶ崎までの160km強を乗り換えなしで行けるのです。八高線経由は乗り換えだらけだったのに、こいつは楽チン。
グリーン券
しかもグリーン券まで買ってしまいました。たった750円でグリーン車に160kmも乗られるなんてすごく安い。

14:17に高崎駅を出発。
だるま弁当の中身
さっそくだるま弁当を食べます。中身はこんな感じ。結構美味しかったです。ちょっと量は少なめ。

16:53に茅ヶ崎駅に到着。2時間半で160kmということは、平均速度64km/h。さすが特別快速は速い!
茅ヶ崎駅
すぐさま16:58発の相模線橋本行に乗り換え。17:29には最終ゴールのJR厚木駅に到着。

関東一周というには大げさですが300km以上を1日で移動した鉄道三昧の旅でした。

2009/9/28 Monday

築城せよ!

Filed under: - dekaino @ 22:49 このエントリをはてなブックマークに追加 膀!のはてなBookmark被リンク数

小田原映画祭の企画、小田原城銅門(あかがねもん)野外上映会で、築城せよ!を観ました。

小田原城銅門の前で行列をしている様子。
小田原城銅門 門前

小田原城銅門野外上映会 会場
会場の様子

小田原城銅門野外上映会 映写機
映写機。ビデオ/HDDプロジェクタではなくてフイルム映写なのです。

開場は17時から。上映前にゲストとして呼ばれた阿藤快(主人公の父)、藤田朋子(主人公が通う大学の教員)、古波津陽(監督)の3人のトークショーがありました。日が沈み暗くなった頃合、18時半頃に上映が開始されました。

築城せよ! のストーリーは、戦国時代に自分の城を持つ未練を持ったまま非業の死を迎えた領主と家来2人が、無能な役人(豆腐屋の息子)と大工の棟梁とホームレスに憑依して、現代の世で城を築こうとするというもの。本作の見所はCGではないホンモノの城を作ってしまうところです。ホンモノといっても材料はダンボール。ホームレスのダンボールハウスのごとく器用にダンボールを使って城を築き上げてしまうのです。
ダンボールといっても高さ25mもある本格的な城で見事な造形です。ぜひ大きい画面で見てほしい。

主役の女学生(海老瀬ハナ)がかなりいいです。主役っぽく印象に残ります。比較的無名な役者ばかり使っているのに、その他の脇役も含めて印象に残るキャラが多く、素晴らしいキャスティングです。
恋愛要素がありそうでまったくないのも楽しい。ウェディングトレスを着て恋愛が絡まない映画ってかなりレアなんじゃないだろうか?

城の庭で城を作る映画を観るという貴重な体験ができました。

2009/9/27 Sunday

空気人形

Filed under: - dekaino @ 11:49 このエントリをはてなブックマークに追加 腥堺篋阪就のはてなBookmark被リンク数

空気人形を観ました。
業田良家の短編マンガが原作の映画です。
心を持ってしまったダッチワイフ(ただし知恵の方はちょった足りないかも)の日々の生活を淡々と描写するSFタッチ+エロ+哲学などの要素を盛り込んだファンタジー物語です。
空気人形

一言でいうと豪華キャストで日活ロマンポルノをやってみた作品です。
主役のペドゥナの演技はすごいです。露出もすごいが片言の日本語もまたいい味出しています。
他の脇役も名のある役者ばかりで不安なところはまったくありません。

逆に言うととにかくキャスティング優先な企画に思えます。
作品自体は決して悪くはないのですが、できることならもっと新人とか下積みが長い無名の役者などを抜擢することはできなかったのか、そこが残念です。もちろん目玉として少数の有名役者を起用することは否定しないのですが、監督から役者、スタッフまで過去に十分に実績がある者ばかり集めているのが鼻につきます。今の時代らしいキャストさえそろえば企画に資金がつくみたいな風潮が見え隠れしていて萎えてしまう。
主役は無名のグラビアアイドルとかAV女優だけど演技に花があるような人を起用した方がよりよかったんじゃないかと思います。企画が冒険なのにキャスティングだけ守りに入っていてチグハグな印象がぬぐいきれません。

本作品の製作会社はテレビマンユニオンというテレビ番組製作を主にやっているプロダクションです。簡単に言うとテレビ屋。つまり、いかにもテレビ屋の企画ということか。本作品のプロモーションもテレビ屋的で、作られたブームというか、ブームを仕掛けている側の意図が透けてみえるような陳腐なプロモーション戦略です。メディアミクス展開もバブル臭い小学館の臭いもしてかなりダメダメっぽい。

前評判を真に受けるといい意味でも悪い意味でもサプライズな作品です。

2009/9/21 Monday

カムイ外伝

Filed under: - dekaino @ 20:02 このエントリをはてなブックマークに追加 ゅ篌のはてなBookmark被リンク数

劇場版カムイ外伝を観ました。
超有名な忍者マンガの原作を元に宮藤官九郎が脚本、崔洋一が監督した映画です。

重要な事前情報として、本作は木下工務店が出資していることが挙げられます。
参考 映画界に進出する謎の企業:木下工務店
キノシタ出資+クドカン脚本なのでもっとおちゃらけたB級テイストの作品かと思ったのですが、以外にマトモ。王道のA級映画に仕上がっています。初めてアタリをひけたかキノシタコーポレーション!

ストーリーはカムイ外伝おなじみの抜け忍カムイが追忍に追われて諸国を流浪する逃走劇。原作にあるスガルの島編に大幅に脚色を加えてあります。
ワイヤーアクションを駆使したアクションが素晴らしいです。漁師が住む島が主な舞台になるため、海のシーンがたくさん出てきます。これがまた美しい海原の風景です。
このあたり興行の視点で見ると、中国市場を本気で取りに行ったかと思わせます。中国人は海とワイヤーアクション大好きだし。国内で中ヒットレベルだとしても、アジア市場で大きく当てて元を取る作戦かもしれません。

宮藤官九郎の脚本は巧みにカムイ外伝の世界を再現していると思います。カムイ伝ではなくてあくまでもカムイ外伝であるところがミソ。登場人物に根っからの悪人はいません。みなそれぞれの掟や価値観に基づき行動しているだけで、人を殺めるのも手段であって目的ではない。
カムイ本人は当然として、独裁的な藩主である軍兵衛も幕藩体制の大名当主としては立派な人物。目的意識を正しく家臣に伝え、きっちりと遂行する能力の高さ、決して家臣団に丸め込まれず自分の意思で決断を行い、たとえ家臣を打ち首にしてもそれは家中の掟に従った結果であるため、家臣の反抗心を煽ることはありません。はっきりいって家臣の中精度は高く、むしろ名君といえる人物。ただし残念なことに領民の立場からみたら残虐な殿様であるだけなのです。
伊賀の大頭だって忍者の厳しい掟にしたがって抜け忍狩りをしているだけで、決して趣味で殺しているわけではなく、漁師の半兵衛もその妻も娘も、フカ狩のワタリ衆もそれぞれの信念や正義に従った結果、他者を傷つけることはあっても悪人ではない、そういう世界観です。
そして多くの人が死ぬのに、何も状況が変わらず、カムイは抜け忍として逃げ続け、追忍は追い続ける。この虚無さが正にカムイ外伝の真髄であり、それの表現に成功しているといえます。

各キャストもビッグネームだけ集めたわけではなく、名前に見合うだけの演技を見せてくれます。大後寿々花はやっぱり素晴らしいし、小雪もアクションをがんばっている。やられ役の元仲間のくノ一の芦名星はちょっとよくわからなかったけど。

ここ数年の忍者モノ映画の中ではピカイチの出来。

2009/9/9 Wednesday

総統の夢.jp 怪人コンプリート

Filed under: - dekaino @ 21:01 このエントリをはてなブックマークに追加 膩靚宴紊.jp 篋冴潟潟若のはてなBookmark被リンク数

JPRSがjpドメインの宣伝として鷹の爪キャラが出てくるフラッシュゲームを公開してます。
総統の夢.jp
ただひたすらに実在するjpドメイン名を入力して、怪人を合成していくというゲームです。
とにかく数を入力して、世界征服ゲージを上げ、すべてのムービーを閲覧すれば、怪人55人すべてをコンプリートできるはず。ただしちょっと時間がかかりますので、途中で強制的に挿入されるJPRSのドメイン事業告知CMムービーに耐える必要があります。

レア怪人・上京してきたお袋
これはレア怪人 上京してきたお袋

55人コンプリートすると、最後の決着ムービーを観ることができるようになります。
衝撃の決着! それはみてのお楽しみ!!

2009/9/6 Sunday

女の子ものがたり

Filed under: - dekaino @ 17:59 このエントリをはてなブックマークに追加 絅潟絖のはてなBookmark被リンク数

女の子ものがたりを観ました。西原理恵子の漫画の映画化作品です。

この映画、宣伝が下手過ぎ、全然なってません。
女の子ものがたり 宣材
これがチラシやパンフレットなのですが、深津絵里だけをババーン出しているだけ。
年甲斐もなくはにかんでるオバさんが独りだけ出てても、アラフォー女しか反応しないでしょ。あまりにもひどい宣伝です。

実際には深津絵里は大して重要な役割ではありません。出番も少ない。
最後のまとめには出てきますが、演じるのが深津絵里である必然性が感じられないです。

本作では3つの時代が語られます。小学生時代と高校生時代と現代。
小学生時代
これが小学生時代のキャスト。左から、三吉彩花、佐藤初、森迫永依。
右の子が後に深津絵里となる主人公。実写版ちびまる子ちゃんで有名な子役です。

高校生時代
そして特に出番が多い高校生時代は、左から波瑠大後寿々花高山侑子と豪華キャストが演じます。真ん中の大後寿々花が後に深津絵里になる主人公。
こんな贅沢なガールズストーリー映画はそうそうありません。つまり、深津絵里のポスターに騙されてはいけないのです。本作は大後寿々花が主演なのです。波瑠と高山侑子が助演で、深津絵里は友情出演レベル。

小学生・高校生時代の舞台は愛媛県大洲。風光明媚で自然あふれる風景はこころが洗われます。高知県とはまた違った感じです。
バイオレンスばりばりでさすが西原理恵子原作という感じ、容赦ありません。でも面白い作品です。

2009/8/30 Sunday

侍戦隊シンケンジャー銀幕版 天下分け目の戦

Filed under: - dekaino @ 16:14 このエントリをはてなブックマークに追加 箴激潟宴潟吾c守綛 紊筝Δ里呂討Bookmark被リンク数

侍戦隊シンケンジャー銀幕版 天下分け目の戦を観ました。劇場版仮面ライダーディケイドの併映です。
普段の敵の外道衆より格上の映画版の敵、腐れ外道衆と戦うシンケンジャー達。お約束どおり新しい武器やら変身形態やら巨大ロボットが出てきます。
いつもどおりの出来上がり。ただし今回はゲストキャラがおっさんばっかりという渋さ。意味も無くでてくる若いアイドルのキャスティングはありません。残念(なのか?)

ホッタラケの島 遥と魔法の鏡

Filed under: - dekaino @ 15:33 このエントリをはてなブックマークに追加 帥宴絣 ャ薛羈,里呂討Bookmark被リンク数

ホッタラケの島 遥と魔法の鏡を観ました。フジテレビ資本の3Dアニメ映画で、製作はProductionI.G.が担当しています。

技術的にはかなりチャレンジしています。カートゥーン調ではないリアルの頭身の3Dキャラはなかなか目に慣れません。特に冒頭の現実世界は浮きまくりです。中盤以降の魔法の世界(?)ではさほど気にならないのですが、背景がリアルな現実世界だとかなり違和感があります。
ハリウッドならアーサーとミニモイ形式(または、まんがはじめて物語形式)を選択して、現実世界では実写、ファンタジー世界ではCGキャラというように使い分けをするところです。しかし、本作では果敢に全編CGキャラという構成に挑戦しています。
その結果、成功したかどうか、ちょっと微妙なところです。

主人公の遥の表情の演出はかなり手間と時間を費やすようで、中盤ではずっと仮面をかぶらせて誤魔化しているのが見え見えです。ストーリーとしてうまく仮面の理由付けがしてありますが、やはり萎えます。同じ理由でカメラが主人公の後ろ側から撮っている構図も不自然に多いです。顔出しはかなり高コストのようです。
また、主人公の服装も1種類だけ、学校の制服(夏服)しか着用しません。16才の女子にしてはおしゃれ心が薄すぎです。これがまた妙に短いスカートにもかかわらず遥はバカバカ足を広げるもので、遥の側にいる他キャラに対してパンツを披露しまくりです。幸運にも奇跡的に決して画面にはパンツが見えないのですが。これが大人の事情というものか! 遥は、どうにもオトコの影をまったく感じさせないモ女のようです。

キャラの造形はともかく、世界観や背景は素晴らしい出来となっています。特に魔法の世界の雑多な廃物利用で作られた世界はとても面白く魅力的です。キャラより背景の方に視線が奪われます。背景美術は必見です。

ストーリーもお涙頂戴系ですがよくできています。安心してお子様にみせられる作品。

2009/8/22 Saturday

G.I.ジョー

Filed under: - dekaino @ 22:50 このエントリをはてなブックマークに追加 G.I.吾с爾里呂討Bookmark被リンク数

G.I.ジョーを観ました。
なかなかの傑作。
秘密特殊部隊 G.I.ジョーと悪の秘密結社が戦うというお決まりのアクション物なのですが、悪役側の各キャラが深く描かれており魅力的です。敵が魅力的だと話も面白くなります。
サイボーグ009のブラックゴーストのような国際的死の商人が基本ラインの敵ですが、ただそれだけではありません。各キャラの過去の描写もあり、謎の忍者が日本で修行してたり、その東京がなぜかかなり中華風だったり、妙なところも多いです。

戦闘シーンはかなりよく出来ています。海中のドッグファイトはなかなか新しい表現。そして弾道弾でない大陸間ミサイルなどオーバーテクノロジー兵器が山のように出てきます。

一般戦闘員もアニメ版みたいに「コーブラー ヒャッハァー」なんて叫ぶヤンキー風チンピラではなく、かっこいいのです。ガッチャマンの敵のギャラクターの一般戦闘員くらいスタイリッシュ。なんたって圧倒的に強い。なんとか対抗できるのはG.I.ジョーだけ、それもジョーの方が分が悪いくらいです。

最後に、敵の秘密結社も内部でごたごたが発生し悪の組織コブラが誕生します。つまり本作はコブラの誕生の話なのです。

もしかしたらこの映画を見た子供はG.I.ジョーよりコブラに入隊したくなるかも? でも自由意志が奪われるのはちょっとイヤかな。

2009/8/15 Saturday

アマルフィ 女神の報酬

Filed under: - dekaino @ 19:58 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪ 絅括演のはてなBookmark被リンク数

アマルフィ女神の報酬を観ました。
どうせいつものフジテレビ映画かと思って舐めてかかってましたが、案外面白い。天使と悪魔(ダビンチコードの続編)の焼き直しみたいな話ですが、本家よりずっと出来がよかったです。観光地案内ムービーとしてもよく出来ているし、なぜ観光地ばかり巡るのかストーリー上の理由も抜け目なく設定されていて感心します。

ただひとつ難点を言えば、ヒロインの天海祐希は全然ダメ。演技が大根過ぎます。だったらもっとキレイな女優使えばいいのに。大人の事情によるキャスティングなのでしょうが残念です。
その反面、脇役の戸田恵梨香はかなりよかったです。天海は戸田にすら負けてると言える。

また、劇中では2009年のクリスマス直前から始まり2010の元旦で終わるあたりで、本作はクリスマス映画として企画されたことを伺わせるのですが、なんでまた夏休み公開なのか謎すぎます。一刻も早く資金回収しないといけない事情があったのか? それとも劇場公開は箔付けに過ぎず、TV放送/DVD販売・レンタルが本番という考えなのでしょうか? どちらにしても真夏にコートで厚着した人々の話はちょっとつらいです。

タイトルにアマルフィとありますが、アマルフィはちょっと出てくるだけでほとんどはローマ市内だけで話が進みます。さすがにアマルフィでアクションシーンをロケするのはつらかったようです。アマルフィの風景が見られるシーンはかなりレアなので見逃さないようにすべし。

アクション&観光地紹介映画としてはよくできています。お金のかけ方のそれなりに成功している。天海の演技に耐性があるならおすすめの映画です。

メーターの東京レース

Filed under: - dekaino @ 18:12 このエントリをはてなブックマークに追加 <若帥若延根若垢里呂討Bookmark被リンク数

ボルトはPIXAR作品ではないのに、なぜかボルトの前座としてメーターの東京レースという短編が併映されました。本作品はPIXARの3Dアニメ映画カーズに出てきたメーターという名前のレッカー車が主人公のスピンオフ短編作品です。

題名の通りメーターが東京の公道でドリフトレースをするという話。なんとゴールは東京タワーのてっぺん! そして和製ユーロビート風BGMが流れます。頭文字DやマッハGoGoGoの観すぎなんじゃないのってノリです。能天気というか馬鹿馬鹿しいノリがカーズっぽくて楽しいです。

この短編を観るためだけでもボルトを観る価値があります。

ボルト

Filed under: - dekaino @ 17:42 このエントリをはてなブックマークに追加 のはてなBookmark被リンク数

ディズニーの3Dアニメ映画ボルトを観ました。ディズニーといってもPIXARではありません。しかしPIXARに匹敵するクオリティです。
もはや今の時代は、3Dアニメは限られた高い技術を持つスタジオの独占ではなく、よい脚本と演出さえあればよい作品が作れる程度に技術が広い範囲に伝播した時代と言えるでしょう。

ストーリーはトゥルーマンショーの犬版のような話。虚構の世界から現実の世界に出た主人公(犬)がギャップに戸惑うという筋ですが、現実界に慣れた後からが本番です。ニューヨークからハリウッドまでアメリカ横断(ウルトラクイズとは逆方向)するというロードムービーとなります。
ハムスターなのにライノ(犀)というキャラがとぼけてて面白い。
上映時間は96分と結構長めですが、怒涛のストーリーであっという間に終わってしまいます。といってアクションばかりではなく、笑いあり涙ありの上質のファミリー向け作品に仕上がっています。
特に犬好きの人には、ああ犬ってこういうコトやるよねってアルアルネタがたくさん出てきて楽しめること間違いなしです。

2009/7/31 Friday

お台場ガンダム

Filed under: - dekaino @ 18:42 このエントリをはてなブックマークに追加 伾眼潟のはてなBookmark被リンク数

お台場潮風公園の等身大ガンダムを見てきました。
お台場ガンダム1
お台場ガンダム2
等身大ガンダムそのものは、ああ作ったのね程度の感想しかありません。目が光ったり首が動いたり、胸から白い煙(通称ハナイキ)が出たり、工夫はありますがロボットとして動くわけではありません。

ガンダムエースの富野&安彦インタビュー記事で、富野監督はこの企画立上げ時に知らされていたら全力で潰す気だったと述べています。でも完成した出来上がりをみたらこれはこれでいいんじゃないのって感想を述べており、なんか富野監督としては首尾一貫していないなって印象を持ちました。
しかし実物を見てなんとなく富野監督の言いたいことがわかった気がします。
そもそも、この企画はGREEN TOKYOプロジェクトの一環として東京都の外郭団体が主催するもので、東京都の緑化運動と東京オリンピック・パラリンピック招致計画の広報活動として企画されたものです。
しかしちょっと考えてください。エコとか緑化とガンダムって関係ないよね。それどころかガンダムは兵器なのでむしろ環境政策とは正反対の資源浪費のシンボルです。
要は製作現場がよくわかっていない自治体をうまく騙して、作りたいように等身大ガンダムを作ってしまったということ。まさにダイキャスト玩具メーカを騙してガンダムを作った富野監督が好きそうな話です。

これは会場の裏に目立たないように設置してある発電機。20台以上の発動発電機が稼動していました。
発動発電装置
この一時的イベントのために東京電力からの送電線を潮風公園に引いてくることはできなかったようで、発電機の出番ということらしいです。石油燃やしまくりCO2排出しまくりです。おそらく発電機が1kW供給するために排出するCO2は東京電力が1kW発電するために必要なCO2量より1ケタ以上多いはず。
つまりエコとか緑化とか言ってるのに実態は不必要にCO2を出しまくっているということです。なんという欺瞞! 「みてください これがティターンズのやり方です!」
人間の業は深い…

2009/7/17 Friday

TOHOシネマズ ギフトムービー

Filed under: - dekaino @ 8:48 このエントリをはてなブックマークに追加 TOHO激 若爾里呂討Bookmark被リンク数

ノウイングTOHOシネマズ海老名で観たのですが、本編開始前の上映についていくつか変化がありました。

まず、鷹の爪のマナームービーが新作に。今度はレオナルド博士(白衣の熊)がメイン。ガールフレンドのメス熊も競演です。
そして、TOHOシネポイントカードの宣伝はトムスのCGアニメ、スケアクロウマンが宣伝する新フイルムに替わりました。これもなかなか面白かったです。

最後に、ギフトムービー。これは本編の前に無料でショートムービーを上映するというサービス企画のようです。もう料金値下げでの競争はきついので、こういう企画で他映画館と差別化していく戦略なんでしょう。眼の付け所はいい。
しかし、これがつまらない。紙兎ロペという作品なのですが、解像度が高いだけで動きもないしシナリオもスカスカ、どうにもなりません。どうやら数年前に個人的に作った動画をWebで公開していたものらしいです。→blogの残骸
いくらなんでも初手でこの低クオリティはヤバいです。正直、MOVIX(松竹系シネコン)で同じように本編前に上映していたノラビッツ・ミニッツの足元にも及びません。奇しくも同じウサギのキャラなのにこの差はどうよ?
TOHOシネマズさん、もうちょっとお金出してまともな作品をキッチリ作ってはいかがでしょうか?

2009/7/12 Sunday

ブックフェア2009

Filed under: - dekaino @ 11:11 このエントリをはてなブックマークに追加 с2009のはてなBookmark被リンク数

東京ビッグサイトで開催されているブックフェア2009に行ってきました。
毎年恒例の出版業界の展示会です。展示会には珍しく土日もやっており一般消費者も対象としています。

従来の書籍だけではなく、未来システムの提案もありました。
富士通フロンテックFLEPiaによる電子ブック
これは富士通フロンテックが参考出品していたカラー電子ペーパーFLEPiaによる電子ブックシステム。

洋書のバーゲンセールもやっていました。
Peter F HamiltonのNight's Dawn三部作
UKで一番売れているSF作家ピーターFハミルトンのNight’s Dawn三部作のペーパーバック本。
書かれたのは90年代中期。その頃にはすでに海外SF出版の機運はかなり下がっていたため、こんな有名な作品なのに、日本語には訳されていません。正直な話いまの海外SF小説の出版状況は、映画化されればノベライズ版という扱いで訳本が出る可能性がなきしにもあらずという程度。海外ファンタジィの方がよほど状況がいいです。
1230ページ 定価8.99英ポンド
各冊1200ページ強、英国内価格は8.99ポンドとの表示があります。いま1ポンド150円前後なので日本円にして1350円ぐらいでしょうか? Amazonでも新品は1500円程度で売られているようです
これが洋書バーゲンで500円/冊だったのでかなりお買い得でした。仕入れても売れずに損切り覚悟で投売りされたんでしょう。それにしても今はSFが売れない時代なんだなぁと実感しました。

2009/7/4 Saturday

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

Filed under: - dekaino @ 23:44 このエントリをはてなブックマークに追加 宴眼<潟蚊蚊恰医雁:瓦里呂討Bookmark被リンク数

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を観ました。2007に上映されたヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の続編です。
前作の序は単なるテレビ版の焼き直しであり新味はまるでなかったのですが、本作はほとんどが新作カットで、ストーリーもプロットはテレビ版をなぞってはいるもののまったくのオリジナルです。
映像もかなり派手で見応えがあります。前作と同様に冒頭は夜間の暗い画面で映画フイルムでみないとよくわからないと思います。おそらく次回作のQの公開時に放送されるであろう金曜ロードショーをテレビで観ると暗くてよくわからない絵になるはず。

アスカはなぜかドイツ語を話しません。というかドイツという国名すら出てきません。まぁ宮村優子のドイツ語はHEROESのアンドー君の日本語よりひどい代物だったので、これはこれでヨシでしょう。
また、よくひとりでワンダースワン(グンペイか?)を遊びます。

ネタバレにならないようにというよりは、ストーリーの解説は一朝一夕には無理なのでストーリーの詳細は書けません。何回か繰り返し観ても、観るたびに新発見がありそうな雰囲気です。

ただ、シンジの性格がだいぶ熱血ヒーローっぽくなっている印象はあります。
岡崎優版ガンダムの熱いアムロ
ガンダムでたとえればテレビ版のシンジはテレビ版のアムロで、本作のシンジは岡崎優版のアムロです(ギレンの演説聴いただけで鉄拳でテレビを打ち砕く熱血漢!)。

新キャラのメガネ女は今回はキャラの深堀りはありません。アクションはたくさんするけど名前はほとんど呼ばれない程度。

前作とはうってかわり、かなり面白くできています。

2009/6/28 Sunday

いけちゃんとぼく

Filed under: - dekaino @ 12:24 このエントリをはてなブックマークに追加 <若のはてなBookmark被リンク数

いけちゃんとぼくを観ました。西原理恵子の絵本が原作です。
高知に住むあまり恵まれていない、急いで大人になろうとする少年ヨシオといつもヨシオと一緒にいてヨシオにしか見ることができない謎の存在いけちゃんの話です。

作品中に出てくる墓が海辺にありますが、たしかに高知県の海岸線は墓だらけです。しかもみんな海のほうを向けて安置されています。たぶん宗教的に死者の魂は海の向こうにいるとか、死後は毎日海を見て過ごしたいとか、そういう理由なのでしょう。
ほとんどの撮影は高知県のロケで風景はたいへん美しいです。
しかし表現はかなりえげつない。子供同士の喧嘩シーンははっきり描写しないでイメージで流してしまいがちですが、ガチで石つぶてを投げられて頭にドゴって結構でかい音で当たって「イテっ」。地味ですが見てて大変に痛々しい表現です。他にも木製の櫂で殴られたり小学生同士という設定でこの暴力表現は、絶対にテレビでは放送できないレベル。

とにかく本作に出演している子役達はみんなとても巧い。特に主役の深澤嵐はとんでもない。CGで後から合成されるいけちゃんと自然に会話する演技を難なくこなすあたり、天才的です。
またエピローグでちょっとだけ出てくる18才のヨシオ役を元子役だった池松壮亮が演じており、子役ファンには美味しい映画です。そういえば池松は実写版鉄人28号で、いけちゃんの声を当ててる蒼井優と競演してますね。

主役以外の子役もみんな巧くてよくぞここまで集めたなと感心します。

本作は、孫がいる老人向けファンタジーをねらったものだと個人的に思います。西原理恵子のさくらももこより売れてやるぜって執念の計画のひとつなのでしょうか? 確かに同系の老人向けファンタジー黄昏流星群より出来がいいかも。少なくとも黄昏は女性が引くけど本作はむしろ孫がいるお婆様方に受けそうです。封切り時の上映館が少ないですが、おくりびとみたいにクチコミでロングランや上映館を増やすのを狙っているのかもしれません。

小学生が観て面白いかどうかははっきりいってわかりません。子供向け要素はほとんどないけれど、子供っていかにも子供向けのものより大人対象のものを喜んだりするから結構楽しめたりするのかな?

傑作というか、異色の作品。こんな企画通してしまう角川は太っ腹です。

2009/6/21 Sunday

劔岳 点の記

Filed under: - dekaino @ 11:07 このエントリをはてなブックマークに追加 絏 鴻荐のはてなBookmark被リンク数

劔岳 点の記を観ました。
新田次郎の同名小説が原作。立山連峰にある劔岳の初登頂に関わる史実を元に構成された話ですが、たぶんに脚色があり、決して史実そのもののドキュメンタリーではありません。

本作の見所は、とにかくロケ、実際に役者を山に登らせ、できる限り特撮なしで再現しようとしたロケ撮影至上主義がすばらしい。やはりCGでは表現できない本物の山々の風景が素晴らしいです。
ただし、どうしても特撮的なフェイクが必要なところがあり、そこはかなり稚拙です。暗い空の下、猛吹雪の中を歩くシーンでなぜかクックリ人物の影が出てたりします。それを差し引いても素晴らしい映像です。
100年経ったら記録映像としての価値も出てくると思われます。

基本的に男ばっかり出てくるムサいストーリーですが、商業作品として成立させるためにちゃんと宮崎あおいを主人公の妻として出すなど、ちゃんと戦略的に綺麗どころが配置されています。ホンのチョイ役かと思いきや、けっこう宮崎あおいの出番が多いのがうれしい。

町おこし映画としてはよくできた作品。

2009/6/14 Sunday

南山・権現平

Filed under: - dekaino @ 22:27 このエントリをはてなブックマークに追加 絮宴紙┤憜抗のはてなBookmark被リンク数

神奈川県の愛川町、清川村、津久井町(現・相模原市)の境界にある宮が瀬湖畔の南山と権現平に登りました。

本厚木駅から野外センター経由半原行きのバスに乗り、愛川大橋バス停で下車しました。所要時間は約40分。
バス停からちょっと車道の坂を上ると半原日向の交差点。そこには遊歩道の案内図があります。
半原日向にある地図
案内図をスルーしてひたすら車道を津久井方向に上っていきます。
次の信号の清正光入口についたら左に曲がり山へ向かいます。

バスを下車してから30分ほど歩くとやっと登山口に到着。
登山口1
階段近くにコースの案内地図があります。
登山口2

登山口から30分ほど登るとあずま家があります。ここでちょっと休憩。
あずま家
津久井町方向の見晴らしがよいです。
あずま家からの風景
あずま家から1時間ほど山道を登ります。山頂近くにはクサリ場があるくらい急坂ですが、ここを登りきると南山の山頂です。
南山山頂
山頂は狭いですが、宮ヶ瀬湖がよく見えます。
南山山頂から宮ヶ瀬湖
ここから尾根づたいに権現平に行けます。あまりアップダウンはありませんが、権現平直前はちょっと急な階段です。南山山頂から権現平まで30分くらい。

権現平
権現平はけっこう広い広場になっており、トイレやあずま家も完備しています。
権現平から見た宮ヶ瀬湖
宮ヶ瀬湖もよく見えます。晴れた日は房総半島まで見えるらしいです。
ここで昼食をとりつつ休憩。

権現平から鳥居原までは急な下り坂を降りていきます。50分くらいで車道に出ます。そこから数分で宮ヶ瀬湖の湖畔にある観光施設のひとつ鳥居原に到着します。
鳥居原の売店
鳥居原には軽食もとれる売店があります。宮ヶ瀬ビジターセンターがあるところほどではないですが、そこそこ整備されています。津久井町の産物も販売していました。
鳥居原からみた宮ヶ瀬湖

ここから連絡船みやがせ21で宮ヶ瀬バス停がある宮ヶ瀬ビジターセンター方面に渡ります。
乗船券
乗船券は売店で買えます。片道200円。船の本数は少ないので注意。船に乗らなくても鳥居原から宮ヶ瀬バス停まで無料シャトルバスが利用できます。歩くと30分くらいかかる距離です。

宮ヶ瀬湖連絡線
鳥居原から乗船する人はほとんどいないらしいです。

航行中に鹿が湖畔に出てきたので、船長が急停止して乗船客に鹿の説明をしてくれました。
野生の鹿
野生の鹿です。

廃棄された旧宮ヶ瀬水力発電所
船からは廃棄された旧宮ヶ瀬水力発電所の導水管が見えました。
宮ヶ瀬ダムを建設する前に使用されていた水力発電所の設備です。今はもう使用されていません。
発電所本屋は湖に沈んでいます。
ダムが出来る前の旧宮ヶ瀬水力発電所

宮ヶ瀬ビジターセンターからはバスで本厚木まで1時間半ほどかかります。途中の別所温泉前バス停で下車し清川村ふれあいセンター別所の湯で汗を流してから帰途に着きました。

2009/6/10 Wednesday

スタートレック

Filed under: - dekaino @ 23:15 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻帥若のはてなBookmark被リンク数

JJエイブラムス監督のスタートレックを観ました。

劇場版スタートレックの11作目にあたる本作ですが、11という数字はつけず単にスタートレックだけのタイトルになっています。これは前作までとの連続性を断ち切り、まったく新しい新作映画として勝負するということでしょうか?
監督はLOSTHAKAISHAで有名なJJエイブラムス。脚本も書いています。

一番最初のThe Original Story(TOS)の直前、どうやってカークがエンタープライズの艦長(船長)になったかがわかるストーリーです。しかし、タイムパラドックスによりTOSやそれ以降のテレビシリーズ/劇場作品とは異なるパラレルワールド世界という設定なので、いい意味で大胆に設定を組み替えています。確かに本作はリック=バーマンには絶対作れないだろうなと思わせる大胆な設定変更は、個人的には大成功だと思います。

カーク誕生の秘話や幼少期のエピソードを語りながら、NCC1701 USSエンタープライズの初航海などのエピソードが順々に描かれていきます。TOSのレギュラー陣、カーク、スポック、Dr.マッコイ、スールー(Mr.加藤)、チェコフ、スコット(チャーリー)、ウフーラ(ウーラ)がみんな若い。そしてオリジナルキャラによく似ています。若いからアクションも派手で面白い。各キャラごとにそれぞれ見せ場があってキャラ紹介みたいになっています。
TOSで一番人気があるキャラは当然スポックでしょうが、本作の彼はいつにも増して過酷な運命が待ち受けています。スポックのオリジナルを演じたレナード=ニモイ(本作にも出演します)はユダヤ人で、バルカン人という種族の設定にユダヤの風習や思想を取り入れたことは有名です。本作のバルカン人はますますユダヤらしくなっています。詳細はネタバレになるので省略。

CGや背景画もかなりクオリティ高いです。バルカン星の都市の画はいかにも砂漠の中の街という感じがしてよかった。でもエンタープライズ建造を地球の地上基地でやってるのはぶっとびました。スタートレック世界のスターシップは周回軌道上(宇宙空間)で作ってたはずだけど、どうしてわざわざ地上でつくる設定に買えたのか、ちょっとよくわかりません。単にJJエイブラムスの趣味なのかも。趣味といえば巨大爬虫類系のモンスターはまた出てきます。こういうの本当に好きみたいですね。

字幕もパラレルワールドっぽく従来とはまったく違う訳語が多い。Captainが船長ではなく艦長になるのはまぁしょうがないとしても、First Officerはやはり副長と訳すべきでしょう。いくら何でもサブリーダーはないよなぁ。字数も多くなるしいいコトなし。

スタートレックの知識がなくてもかなり楽しめる作品です。知識があるならなおさら楽しめそう。続編映画またはテレビシリーズが十分に作れそうな勢いがあります。ただし旧作原理主義な人にはちょっとつらいかも知れません。

2009/5/31 Sunday

重力ピエロ

Filed under: - dekaino @ 22:40 このエントリをはてなブックマークに追加 のはてなBookmark被リンク数

重力ピエロを観ました。
同名のベストセラー小説が原作。

かなり前評判が高い映画でしたが、私には面白くありませんでした。どうやら人を選ぶ映画のようです。どちらかというと女性向き。腐女子の妄想を刺激する映画。

舞台が仙台で、仙台地元の人には楽しいかも知れません。しかし話のリアリティさはまったくありません。
草食系男子を通り越して病的なレベルのキャラ設定。そもそもあんな男兄弟なんてありえないし。
時代設定がいまいちわからないのですが、たぶん1990〜2000年くらい。あの携帯電話機がある時代に、ポラロイドカメラで写真撮るのがもうありえない。携帯電話のカメラかデジカメを使うのが普通でしょう。だいたいポラであんなにじゃんじゃん写真撮ったらフイルム代でいくら金があっても足りません。
ポラロイドカメラの方が絵になるからなんてリアルよりアート性を追求してしまうゆるい演出は、ミステリ作品としては致命的欠陥です。

つまり本作はミステリ作品ではありません。登場人物の心理状況が揺れ動くのを楽しむ心理劇です。つまり本作を楽しむためのキモは登場人物への共感。まるでおとぎ話のような浮世離れしたストーリー展開でも共感できる柔軟な精神があれば楽しめそう。しかし、星里もちる作品のようにリアリティ皆無な設定のストーリーを読んでもキャラの心理描写にリアリティを感じてしまうような、高度なセンスが必要です。
残念ながら私には無理でした。

男性からみて魅力的な女性キャラがいないのが出てこないのも残念。
一応夏子さんという女性キャラが出てくるのですがストーカー体質の危ない女。厳しい厳しい。

本作品の裏には、私刑を容認する思想があります。現実社会の規範では許されないモラルハザードな思想と言ってもいいかも。だからこそ極力リアリティをなくしファンタジー化しているのでしょう。そうでないとあまりに反社会的で危ない。
また、キリスト教的家父長主義を礼賛し自由意志を重要視する思想もあります。原作者にはキリスト教のバックボーンがあるのでしょうか? 不義の子を進んで育てる継父というのはイエスとヨセフの関係のようです。

言葉遊びばかりやっていて、何かともやもやとしたまま最後まで観ても全然スッキリしない自称ミステリ映画。

2009/5/24 Sunday

明神ヶ岳

Filed under: - dekaino @ 23:26 このエントリをはてなブックマークに追加 腑九桶のはてなBookmark被リンク数

箱根の外輪山 明神ヶ岳に登りました。標高1169m。

大雄山駅からバスで10分、道了尊に9時前に到着。
道了尊
道了尊の境内にある登山口から登ります。
境内にある登山口にある案内図
境内にある登山口にある案内図。

登山道
並木の中を通る登山道。けっこう傾斜がきつい。石仏がところどころにあります。

1時間ほど登ると見晴し小屋がある広場に出ます。
見晴し小屋
見晴し小屋の名前の通り、小田原方面が見晴らせます。
小田原市街方面

さらに登っていくとリフト施設の残骸を発見。見事に倒れています。
リフトの残骸
さらに登ったところにはまだ直立しているリフトの柱があります。
リフトの柱
リフトの跡地は林を伐採した草地となっており、日当たりがよくて暑いです。

30分ほど草地を登ると神明水という名の水場があります。
神明水
水量が多く、夏でも枯れないそうです。
景色もよい。
神明水からの風景
さらに登ると最後のリフトの柱。
最後のリフトの柱
ここから先はまた木陰の中を進めます。

道了尊からゆっくり登って3時間で山頂に到着しました。とても涼しい。すでに登山者がたくさんいました。
明神ヶ岳山頂1
少し曇っていたが、なかなかよい風景。
明神ヶ岳山頂2
晴れていれば富士山がきれいに見えるらしい。

山頂で昼飯を食べてから、宮城野方面に下山しました。
下山途中にあった行啓記念碑。
行啓記念碑

大正十一年四月二十二日
摂政宮殿下大雄山行啓御通路記念碑
侍従武官長陸軍大将奈良武次書

摂政宮とは後の昭和天皇のこと。大正13年に結婚しているので、独身最後の時期に行啓したようです。

記念碑を過ぎてさらにどんどん下ると宮城野方面に抜ける分岐の案内があります。
宮城野分岐
ここから宮城野バス停まで1時間くらいかかりました。
宮城野バス停すぐ近くの勘太郎の湯で汗を流しました。帰りはバスを利用。宮城野バス停から箱根湯本方面のバスが1時間に5〜7本出ているので非常に便利です。

2009/5/17 Sunday

天使と悪魔

Filed under: - dekaino @ 21:39 このエントリをはてなブックマークに追加 紊篏帥薛のはてなBookmark被リンク数

天使と悪魔を観ました。
簡単に言えば、ダビンチコードの続編です。
トム=ハンクス演ずるラングドン教授がバチカンで大活躍。この教授ラテン語もイタリア語も読めない話せないので、活躍するのはもっぱらアクションで学術分野ではありません。

考証的にはまったくのデタラメで、るろうに剣心の明治時代の時代考証の方がマトモに思えるくらい。
そして推理の強引さはマガジンミステリー調査班(MMR)レベル、ΩΩΩ<な、なんだってー
さすがラテン語読めないのは伊達じゃない。しかも貴重な文化財を破壊しまくり。MMRもそこまではやりません。

ここまでトンデモの連続だと、ストーリーとかどんでん返しとかどうでもよくなります。

だって最後には、反物質の対消滅でその時バチカンにいたすべての人間が深刻な被爆してしまうのだから。
おそらく主要キャラもバチカン警察もスイス衛兵もカトリック教会のすべての枢機卿も1ヶ月以内に被爆が原因の多臓器不全で死亡すること間違いなし。カトリック教会は壊滅的なダメージを受けることでしょう。

こうなっちゃえば、新しい教皇が誰であろうとどうでもいいよね… なんて真面目に考えてはいけないんでしょうね。

バチカンを含むローマ市の観光案内映画としてはよくできています、加えてCERNのセットはかっこよかったです。

2009/5/16 Saturday

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

Filed under: - dekaino @ 23:57 このエントリをはてなブックマークに追加 篋ら粋膀祉 宴鴻сc宴のはてなBookmark被リンク数

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱいを観ました。
観た劇場はテアトルタイムズスクエア。新宿の高島屋の上13階にある映画館で初めて行きました。新しいだけあって大変きれいでした。

本作は、テレビシリーズエウレカセブンの劇場版というカタチをとっていますが実のところそうではありません。キャラクターやメカ設定が流用されている程度で、ストーリーも舞台設定もSF考証も、ふざけたネーミングもまったく異なります。ネーミングの民俗学からの引用は減り、有名どころの古典SFや歴史的事件からの借用が増え、はっきりいって学のないオタクちゃんにもわかりやすいような心遣いが感じられます。衒学的要素は激減です。

人型兵器KLF(テレビ版では味方の非軍事用メカはLFOと呼ばれていた)が、謎のゆるキャラ化しているのは序の口で、主人公レントンの生い立ちや家族構成もまったく異なります。
世界は地球となっており、そこに住む人々にはまったく余裕がありません。遊ぶという発想もないのでボードでリフするという文化も出てこない。トラパーという用語自体でてこない。もちろん謎生物のスカイフィッシュだってでてきません。
ギャグ要素もないのでドギー兄さんは完全に空気キャラとなり、ハップはただの極悪人となってます。
エウレカはまったくニルバーシュを操縦できないし、逆にレントンはニルバーシュと話はできるし操縦も巧いスーパーマン。もうまったくの別作品です。

テレビ版でもかなりの存在感を示していたドミニクとアネモネのカップルは、本作では主役よりも主役らしい美味しい役です。

ちょっと残念なところもいくつかあります。
画面構成設計が明らかに劇場版を意識していないこと。とにかくキャラのアップが多くて大スクリーンに投影されると、近い! 近すぎるという印象。製作段階ではOVA企画だったのを途中で劇場版に企画変更でもしたのでしょうか。正直スクリーンで観るととても疲れるので、ブルーレイで40型ぐらいの室内テレビで観た方がいいかも。
また、テレビシリーズは音楽がとてもよかったのですが、本作はいまひとつというかマニアック方向に行き過ぎ。ライトなHALCALIの挿入曲は残念ながらありません。うーむ。

気合は入ってるけど、商業的にはどうなんでしょ? この作品。
テレビシリーズもそんな感じだったのでエレカセブンらしいといえばらしいのだが。

バビロン A.D.

Filed under: - dekaino @ 23:48 このエントリをはてなブックマークに追加  A.D.のはてなBookmark被リンク数

バビロン A.D.を観ました。
いわゆる近未来SFもののアクション映画です。

退廃したロシアの都市にいる元テロリストの主人公が現地のマフィアから、修道院にいる少女とお付のシスター(寺島しのぶに似てる)をニューヨークまで運ぶ依頼を受けたのが発端として、様々なトラブルが襲い掛かるというストーリー。
ありがちなストーリーですが、本作ではストーリーにさほどの重きはなく、アクションやSFギミックに真髄があります。90分と最近の映画としては短い尺にこれでもかこれでもかとアクションが詰め込まれあっという間に時間がたちます。
たくさん張られる伏線ともたいして拾われず、最後の決着もよくわからないままですが、それはそれでいいのかも知れません。

とにかくかっこいい映画です。ハリウッド資本が入ってますが、ヨーロッパ的絵作りが美しい。

2009/5/14 Thursday

BBCワールドニュース 世界の食文化 シーズン2 第二回

Filed under: - dekaino @ 23:24 このエントリをはてなブックマークに追加 BBC若ャ若 筝蕋 激若冴2 膃篋のはてなBookmark被リンク数

BBCワールドニュース 世界の食文化 シーズン2 第二回は「ロシア・チェルノブイリ産の野菜を試食」です
BBCワールド公式サイト

今回も濃い話です。1986年に黒鉛型原子炉が大事故を起したチェルノブイリに行って地場野菜を食べる企画。
当時はソ連邦内でしたが今はウクライナ共和国となっています。
BBCのスタッフには迷彩服を着た軍人のガイドがつきっきり。決して離れません。ガイドなしでの行動は禁止だそうです。

ロシア・チェルノブイリ産の野菜を試食
まずは有名な石棺の前に。実は石棺の前の広場はあまり放射線レベルは高くないらしい。
チェルノブイリの石棺
それでも他の土地よりは線量多いのですが。

チェルノブイリの街は基本的に立ち入り禁止ですが、研究者達の宿舎など、いくつか人が住んでいる建物があります。なんとホテルも1件あります。半分観光地みたいな感じ?
チェルノブイリの唯一のホテル
チェルノブイリ唯一のレストランはホテルの中。早速試食。ここで提供される料理の食材はすべて他地域から搬入したもの。特に可もなく不可もなく普通のロシア料理。安心して食べます。
従業員も被爆量抑制のため、1ヶ月のうち2週間しか働いてはいけない規則だそうです。

次は、事故当時にたくさん死の灰を浴びた森林地帯。通称「赤い森」に行きます。
赤い森
危険だから防塵服を着ろと言われます。しかしガイドの軍人達はいつもの格好で防塵服なんか着ない。バカらしいのでレポーターも顔の部分をはずしてしまいます。健康よりカメラへ顔が見える方が大事。

ここからが本番。次はプリピャチの街へ。ここは当時原子力発電所で働く労働者が住んでいた街で、事故直後に立ち入り禁止になったまま現在に至る街です。
プリピャチの街
なんかもうSFの世界。人間がいなくなって20年もたつとここまで自然に帰ってしまうのです。
プリピャチの廃墟1
がんがん緑が侵食しています。
プリピャチの廃墟2
事故当時のプリピャチでは遊園地がほぼ完成していたのですが、開園予定の日程の直前に例の事故が発生してしまい開園しないまま廃墟となってしまいました。
プリピャチの豚1
街中では野生化した豚が我が物顔で歩き回っています。
プリピャチの豚2
立ち入り禁止にも関わらず勝手に入ってくるそうです。まぁ豚だからしょうがないか。

と思っていたら人間まで不法侵入。近所に住む男性が自転車に乗って、何事もない風に通行しています。
謎の男1
さっそくつかまえて話を聞くと豚を捕まえに来たとのこと。捕まえた豚をどうするのか尋ねると、「もちろん食うのさ」と当然のように応える男性
謎の男2
まぁそうだよね。放射能は怖くないのだろうか? なんか未来少年コナンに出てくるハイハーバーのような世界です。

近くにある男性のうちにお邪魔すると、奥様も出迎え。
謎の夫婦
事故直後に別の土地に移住させられたが、ひどい沼地で半分の人間が最初の冬を越せなかったそうだ。悩んだ末に元の土地に帰ってきて住み続けているのだそう。もちろん不法居住。Vガンダムの地球上に勝手に住んでる難民みたい。
食料は昔のごとく畑で作った作物と、たまに街で捕まえる野豚。

めったにこない客にものすごい勢いでもてなしてくれるお婆さん
もてなし料理
料理は絶対食べてくれるよねとすごいプレッシャー。これはヤバいよ。
夫婦曰くずっと土地のものを食べてきた私らは見ての通り全然平気だ。大丈夫大丈夫。
悩んだ末にレポーターは食べることに決めました。犬を食べるときは英国にいる家族にケータイで電話して相談していたのに、放射能料理の決断はサクっと独断してしまいました。その程度のことなの??

次は立ち入り禁止地区からはずれたスラブティッチの街。ここも昔のプリピャチと同じく発電所で働く人たちの街。
勇者達
この街には命をかけて原子炉をコンクリート詰めにして石棺をつくった殉職者達の勇姿の像があります。
さすが現役の発電所の街!
市場には食料があふれ、人もたくさん行き交います。
バーベキュー
市場で買った食糧でバーベキュー。美味い。

スラブティッチの町長が取材班をポルチーニ茸のキノコ狩りに誘ってくれました。
ポルチーニ茸はヨーロッパでは珍味です。場所は郊外の林。
町長
ポルチーニ茸
キノコって放射能が蓄積しやすいんではなかったか? 念のため町長に聞くと全然OKとの回答。

しかし後日にいただいたキノコの放射線量を測定してもらったところ、許容量の8倍の放射線が出ていることが判明。あわてて町長に電話するも、「平気平気 うちの街のキノコは安全で美味いんだから」と相手にしません。東西問わず政治家というものは風評被害を防ぐために身体を張って毒とわかってても地場作物を食べないといけないのでしょうか? 原子力発電所に依存する経済の街だけに原発の悪口は口が裂けても言えないのでしょう。

今週のも大変濃い料理レポートでした。
事実はSFよりもセンス・オブ・ワンダー。

2009/5/13 Wednesday

丹沢湖

Filed under: - dekaino @ 8:09 このエントリをはてなブックマークに追加 筝号旺羚のはてなBookmark被リンク数

五月連休の最後に神奈川県丹沢湖に行ってきました。
今回の旅はクルマでドライブ。

国道246号線から丹沢湖方面に曲がる交差点のすぐ先にある道の駅山北
道の駅山北
道の駅と河内川をはさんで反対側にあるオートキャンプ場には無数の鯉のぼりが泳いでいました。
鯉のぼり

ツバメ
道の駅の農産物直売場にいたツバメのつがい

道の駅のさらに奥に行くと丹沢湖出現。
丹沢湖

さらに奥に進み、中川温泉郷のさらに先に箒杉(ほうきすぎ)があります。
神奈川県で確認された樹の中で一番樹齢が多いそうです。天然記念物指定。
箒杉(ほうきすぎ)
根元には小さなお社があります。
箒杉の神社
いかにも御神木にふさわしい樹があるのに神社が小さいのは、古代からここら一帯はしてつもない辺境だったことを思わせます。街道からだいぶ外れた地だからしょうがない。

さらに奥に進むと、神奈川県の施設の西丹沢自然教室があります。
バス路線はここまで。一般の駐車場もここが最後です。
西丹沢自然教室の脇を流れる河内川。
河内川
河内川の読みは「こうちがわ」、「かわちがわ」でも「かわうちがわ」でも「ハノイがわ」でもありません。

河内川にかかる歩行者用の橋を川原から見上げました
河内川の橋

西丹沢自然教室のバス停
西丹沢自然教室 バス停

時刻表のアップ(画像クリックでさらに拡大)
西丹沢自然教室 バス時刻表
比較的たくさん便があるようです。道が険しいので、大雨、大雪で運休はやむなしか。

クルマではここまでしか行けないので、おとなしく撤退。
帰りに中川温泉ぶなの湯で入浴してから帰路につきました。

2009/5/9 Saturday

沼津 魚河岸丸天

Filed under: - dekaino @ 23:41 このエントリをはてなブックマークに追加 羃惹乾 薛羃喝恩筝後ぉのはてなBookmark被リンク数

沼津港にある魚河岸丸天に行きました。

本厚木から特急あさぎりで75分で沼津駅。駅前からコミュニティバス(100円均一)で10分ほどでいける魚市場に店はあります。
魚河岸丸天
土日は大行列でだいぶ待たないと入れませんが、連休の谷間の平日は比較的すいてました。

カサゴの唐揚
カサゴの唐揚 頭からバリバリと食べられます

小柱
小柱

赤貝のヒモ
赤貝のヒモ

丸天丼
丸天丼はボリュームたっぷり

大変美味しゅうございました。

2009/5/8 Friday

おっぱいバレー

Filed under: - dekaino @ 7:38 このエントリをはてなブックマークに追加 c宴爾里呂討Bookmark被リンク数

おっぱいバレーを観ました。
男子の一生の中で中学生時代は人生で一番バカな時期である。そのバカのピークの本領を発揮したバカ映画です。

地味にCGがすごいです。70年代の八幡の町並みがCGで再現されているのですが、特にクルマや市電、自転車などの乗り物をCGで忠実に映像化。本筋にはまったく関係ないところで、ここまでエネルギー費やすのは正気ではありません。

ストーリーは、70年代の青春ドラマのごとく「転任してきた教師が、目的を見失った生徒達を更正させ、また別の学校に転勤していく」ベタな話です。ベタ過ぎてパロディとして定着した感がある古臭さ。

BGMも70年代の懐メロがたくさん用いられています。40〜50才あたりがど真ん中のマーケティング戦略のようです。それにしてもフラッシャーを装備した自転車は懐かしすぎる。
ただ、この頃の中学生ってもうちょっと大人の顔をしていた気もしなくはない。

主役の綾瀬はるかよりも主役の中学生時代を演じた大後寿々花の方が当然のように演技が巧く、思いっきり食われてます。なんで大後を看板にした戦略宣伝をしないのか? もったいない。

おっぱいを本当に見ることができるかどうか? それはキャストから考えれば自明。
及川奈央あたりが主役だったらポロリもあるよって行けたかも知れません。

Avex作品としてはまぁまぁ面白い部類でした。

2009/5/6 Wednesday

大野山

Filed under: - dekaino @ 8:53 このエントリをはてなブックマークに追加 紊ч絮韻里呂討Bookmark被リンク数

神奈川県山北町の大野山(おおのやま)に登ってきました。
御殿場線の谷峨駅から出発です。
谷峨駅1
谷峨駅に到着した御殿場線。
谷峨駅2
谷峨駅は無人駅です。清涼飲料水の自動販売機とトイレ、郵便ポストがありますが、切符の自販機はありません。

谷峨駅からみた大野山
谷峨駅からみた大野山。山頂付近は県営の牛牧場になっています。

駅のすぐ近くにある東京電力嵐水力発電所
東京電力嵐水力発電所
運転開始は大正9年。なんと関東大震災前です。赤い橋は東名高速道路の高架です。

発電所が取水している河内川にかかった青い橋を渡り、大野山登山道に向かいます。
河内川を渡る橋

登山道はよく整備されています。ときおり車道と交差するので、注意して横断します。
奥山家古道 都夫良野付近
車道との交差点に掲示された奥山家(おくやまが)古道の案内図。山家(やまが)がなまって谷峨(やが)になったんでしょうか。近くには湯触(ゆぶれ)という地名もあり、珍しい地名が多いです。

休憩所
登山道はよく整備され、休憩所やトイレも適度に用意されています。

大野山から見た谷峨駅周辺
8割方登ったところから下を見下ろすと、出発した谷峨集落がよく見えました。
連休だけあって東名高速の交通量もかなり多くなっているのがわかります。

テレビ放送用 大野山中継所
頂上まであと少しという場所にアンテナ群があります。写真はテレビ放送の中継局です。
TVKと書かれた杭が登山道と中継所の敷地の境に打ってありました。
TVK(テレビ神奈川)の杭

電波反射板
そのほか、電波の反射板もあります。巨大なバスケットゴールのような建造物。バスカッシュ!

なんだかんだで休憩を含めて谷峨駅から2時間弱かけて山頂にたどり着きました。標高723.1m。
でかいの at 大野山山頂
山頂から北側を見下ろすと丹沢湖がよく見えます。
大野山山頂からみた丹沢湖

山頂はかなり広い広場になっており、トイレもあります。
大野山 山頂広場
登山してきたとは思えない軽装の人がたくさんいました。
それも当然、実は山頂から300mくらい場所に駐車場があり、一般車もそこまで乗り入れ可能なのです。
大野山 駐車場
駐車場はけっこう広いです。周りに視界をさえぎるものがないので絶景です。

山頂広場で昼食を取り休憩をしました。トイレも水道もありとてもよい環境。
休憩した後、こんどは山北駅方面に下山します。

下り坂はずんずん進むのですが、山北駅まではかなり距離があり時間がかかります。

第二東名高速道路の標識
第二東名高速道路の標識 拡大
途中で見かけた第二東名の標識。この標識のある地点の真下にトンネルを掘ったらしい。
最近「第二東名」ではなく「新東名」と呼び方を変えようとしていますが、この標識はまだ第二東名のままですね。

山頂を出発してから2時間ほどで山北駅に到着しました。
山北駅
山北駅に併設された鉄道公園には蒸気機関車D51が静態保存されています。
山北駅鉄道公園に静態保存されたD51

山北駅の北側に隣接する山北町健康福祉センターの3階にさくらの湯という入浴施設があります。料金は2時間400円とかなりお安い。ただし天然温泉ではありません。湯の花方式。風呂の料金で温水プールも利用できるのでかなりお得な施設です。
御殿場線は30分に1本程度しか電車がないのですが、駅の至近に大衆浴場があるのでゆっくり休憩しながら電車を待つことができます。無人駅の谷峨とは大違い。

さくらの湯で汗を流しさっぱりしてから帰途につきました。
歩行時間は合計4時間ほどの楽しいハイキングでした。

2009/5/3 Sunday

BBCワールドニュース 世界の食文化 シーズン2 第一回

Filed under: - dekaino @ 10:42 このエントリをはてなブックマークに追加 BBC若ャ若 筝蕋 激若冴2 膃筝のはてなBookmark被リンク数

昨年に紹介したBBCワールドニュース 世界の食文化(原題:Cooking in the Danger Zone)のシーズン2が今月から始まりました。
BBCワールド公式サイト
シーズン2は全部で5回。以下が予定されています。

第一回ビルマ・カレン族のご馳走ハクビシン
第二回ロシア・チェルノブイリ産の野菜を試食
第三回カナダ・イヌイットのクジラ料理
第四回インド・ビハールでネズミを食する
第五回ベネズエラ・チャベス大統領とカピバラのディナー

シーズン2もかなり濃厚な内容です。

さて第一回の「ビルマ・カレン族のご馳走ハクビシン」を少し紹介します。
ビルマ カレン族のご馳走ハクビシン
邦題でミャンマーと表記せずあえてビルマと書いているのは、原語でもMyanmarではなくBurmaと表記しているからです。
カレン族はビルマ国内のタイ国境に近い地域に住む少数民族で現ミャンマー政権で強い弾圧を受けています。そのためカレン族の一部は政府に対抗して反政府勢力を組織し武力闘争を行っています。イラクやトルコの国境近辺に住むクルド族のような存在と言ってもいいでしょう。

カレン族の居住地域は現ミャンマー政府の施政域外のため、ミャンマー国内からのアプローチは困難。そのためタイ側から国境を越えて密入国します。手引き&通訳はタイに亡命したカレン族の男。いきなりハードな展開で始まります。
密入国した先には、カレン族の居住地がありました。普通の村のようですが周囲の農地は政府軍が施設した地雷だらけ耕作は不可能。国内への交通路も政府軍が遮断しているため、タイ側から輸送される援助食糧だけが頼りの事実上の難民キャンプとなっています。

村から先はカレン民族解放軍(KNLA)、要は反政府軍とともに行動します。彼らの地域パトロールに同行し、戦場の食事のご相伴に預かろうというのが今回の企画です。
カレン民族解放軍(KNLA)
兵士が持っているのはAK47ですね。ソ連製か中国製かは不明。

彼が部隊長の少佐。軍のキャリアは30年だそうです。
少佐
彼の保護下で3泊のパトロール旅行に出発です。宿泊地はKNLAを支援するカレン族の隠し村のこともあり、または野営もあり、少なくとも楽な旅ではありません。
カレン族の村ではわざわざ豚をつぶして歓迎の宴を開いてくれました。

これは野営地での炊事の準備。
コメと調味料以外の食材はすべて現地調達です。調理器具もありあわせのもので作ります。
竹細工
これは竹で飯盒を作ろうとしているところ。少佐自ら細工しています。

細工した竹筒にもち米を詰め込んで炊きます。
竹筒にもち米

おかずは銃で狩った鳥や小動物です。
鳥
鳥もご馳走ですが、ジャングルには鳥以外にもご馳走がいます。

左がハクビシン、右がノロマザル(ロリス)です。
竹細工
ノロマザルは絶滅危惧種らしいですが、軍隊の食欲の前にはそんなの関係ない。
BBC撮影隊はハクビシンのことをcat(猫)と呼んでました。猫に似てなくもないけど、猫じゃないだろう、コイツ。

竹筒で湯を沸かす様子。
竹筒で湯を沸かす
人類が土器を発明する前は焼け石を水に投げ込んで湯を沸かしていたという説がありますが、そんなことしなくても竹筒で事足りていたのかも。

完成したハクビシンの煮物。
ハクビシンの煮物
撮影隊は猫のシチューって呼んでました。

少佐自ら、竹筒から炊けたご飯を取り出します。
竹筒で炊いた飯
竹の香りがうつってかなり美味らしいです。

猫を食うのは初めてといいながら美味そうに食べるレポーター
猫なら食える
犬料理のときはあんなに渋って結局食べなかったのが嘘のようです。イギリス人にとって犬と猫の違いはものすごいものがあるようです。

長い旅も終わり、KNLAとの別れのとき。
別れ そして土産
少佐はお土産にと竹細工の飯ごうを撮影隊に贈りました。KNLAも世界世論を味方につけようと、マスコミへのサービスはよいようです。

2009/5/1 Friday

劇場版 天元突破 グレンラガン 螺巌篇

Filed under: - dekaino @ 22:37 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 紊腦 違潟 阪膀 のはてなBookmark被リンク数

劇場版 天元突破 グレンラガン 螺巌篇を観ました。
本作は紅蓮篇の続編で最終編。つまり紅蓮篇と螺巌篇の前後編構成でグレンラガンサーガは完結します。

しかし本作は単体で完結した構成となっており、わざわざ前編の紅蓮編を観る必要はありません。
何の説明もなく本作の 螺巌篇を観ても何の問題もないどころか、むしろその方がよいくらいです。
たとえれば伝説巨人イデオンの劇場版の発動編に相当します。接触編など商売の都合とテレビ版ファンへのサービスに過ぎません。

大筋でテレビ版と同じストーリーですが、戦闘シーンはほとんど新作に近いぐらい変わってます。
また尺の都合か、死亡して退場するキャラの数はだいぶ減っています。あたかもテレビ版では死んだマクベが劇場版では生き残ってしまったような感じ。

とにかくアツくてツッ走りまくっており、見応え十分おなかいっぱい状態。
アンチスパイラルの出番もかなり増えています。アンチスパイラルって策略練ってばかりいるかと思えば実はけっこう肉体派だったのがちょっと意外。

エンドクレジットロールの後にもオマケがあるので最後までちゃんと観ましょう。

2009/4/27 Monday

鴨川ホルモー

Filed under: - dekaino @ 7:14 このエントリをはてなブックマークに追加 藉綏≪爾里呂討Bookmark被リンク数

鴨川ホルモーを観ました。
ベストセラー小説の映画化らしいですが、原作は読んだことはありません。

70年代テイストの青春ドラマな感じ。大学サークル内のドロドロとした恋愛模様とか、リアリティがあるのかないのか不思議な映画です。
八方美人でいわゆるサークルクラッシャーな早良役を芦名星、それを憎々げに思っている地味目の楠木役を栗山千明が演じています。
同期ばっかりで群れて、先輩後輩の上下関係があまり出てこないところはリアリティにかけるというか、尺の問題で省略されたのでしょうか? 二回生(関西では二年生をこういうらしい)になったのに新入生が出てこないとか、ちょっとさびしい。

鬼というか式神はCGで表現。もはやCGは金をかけずに安く作る手段になってますが、まさにそんなチープな感じの鬼に仕上がっています。

登場人物が、菅原とか安倍とか芦屋とか三好兄弟とか、どこかで聞いたような安直な命名なのがちょっと笑えます。高村は小野篁(おののたかむら)から来てる? 早良は早良親王??
だからって直接的には名前とキャラは関連していない様子。安倍(清明)と芦屋(道満)がライバルなのはいいとして、菅原先輩が左遷されたり怨霊になったりはしないようです。三好は兄弟って以外にキャラ立ってないし。

舞台演劇が好きな人には楽しめそうな映画。

2009/4/23 Thursday

首藤剛志いわく小田原市内に映画館はない

Filed under: - dekaino @ 22:59 このエントリをはてなブックマークに追加 薤ゅ綽鎞医絽脂えのはてなBookmark被リンク数

脚本家首藤剛志のコラムでまた爆弾発言がありました。
第182回『ミュウツーの逆襲』公開で、首藤氏が脚本を書いた劇場版ポケットモンスター/ミュウツーの逆襲の劇場公開時に小田原市内の映画館に観に行ったくだりが書かれています。一部引用

僕自身は小田原にいたが、当時あった市内の映画館(現在、小田原市内に映画館はない)に様子を見に行くのが怖くて…

あー! 小田原市内には映画館がないって言い切っちゃったよ!
確かに昔は小田原駅から徒歩圏内に映画館がいくつかあったのですが、今はもうそれら徒歩圏の映画館はすべて潰れてしまいました。
しかし、小田原市には今もまだTOHOシネマズ小田原コロナワールド小田原の2つの映画館があって、スクリーン数は合計19もあります。最寄り駅は小田原駅ではなく鴨宮駅または国府津駅ですが正真正銘の小田原市! 厚木市在住の私がわざわざ小田原まで映画を観に行く程度には映画館が充実している都市なんですよ、小田原市って。

おそらく小田原出身の首藤氏の昔からの地元民の感覚では、国府津近辺の巡礼街道沿いなんて「市内」に含まれないんでしょうね。小田原城が見える範囲しか市内じゃないって感覚なんでしょう。
昔の人がいう「市内」は妙に狭かったりする。平成の大合併時代を経た現在の市はやたらでかいのばっかりだからかなりギャップがあります。

件の映画館から苦情がくるかもしれないし、来週のコラムには言い訳が出るかもとちょっと期待。

2009/4/22 Wednesday

カルフール跡地にケーズデンキ

Filed under: - dekaino @ 8:20 このエントリをはてなブックマークに追加 若莊≦違宴若冴潟のはてなBookmark被リンク数

レッドクリフ PartII109シネマズグランベリーモールで観たのだが、グランベリーモールに行く途中で今年の1月12日に閉店したカルフール南町田店の跡地にケーズデンキが出店していたのに気づいた。
今年の1月12日に閉店したカルフール南町田店の跡地にケーズデンキが出店した。4月16日開店だったらしい。支店名は南町田店ではなくて、ケーズデンキ横浜町田インター店です。
ケーズデンキの店舗検索サイトから探すとき、神奈川県ではなく東京都の方に分類されているので注意が必要です。あの辺り神奈川県扱いした方がみんな幸福だと思うんだけどなぁ…

せっかくなので入店してみました。開店セール中でかなりの人出。駐車場とエスカレータはカルフール時代とあまり変化はありませんが、その他のフロアはだいぶ変わっていました。

1階にあった小店舗はすべて撤去、缶ジュースの自販機が1つだけぽつねんと設置されていました。カルフール時代と比べて広々とした印象。カルフール時代は一般客からアクセスできなかった1階のトイレが使えるようになってしました。

2階のメインの売り場は通路が広くて好印象。カルフール直営時代のようです。イオン傘下になってから通路は狭くするし、ただでさえ狭い通路の真ん中にワゴン台を置いて、とてつもなく窮屈だったのが嘘のよう。
ケーズデンキは空間の使い方がわかっています。2階も小店舗はすべて全滅。各ATMもすべて撤去されていました。万引き防止のためか入口と出口が分離されており、OKストアのような感じ。

駐車場はなんと無料! 大丈夫なのか? むかしカルフールが開店当初も平日無料にしていたら、駐車場にクルマをとめて歩いて駅まで行って通勤通学してしまう人が続出して、結局平日も有料化・時間制限となった経緯があるので心配です。

それから、駐車場の出入り口のいくつかが閉鎖されていて大変不便。246上り線から直接入れる入口と、246上り線につながる路地に出る出口が閉鎖。これは開店セールで混雑して駐車待ち車列が246本線に出ないようにするための一時的なものなのか、それとも恒久的なものなのか? とにかく不便でしょうがないので早急な改善を望みます。

とりあえず開店セール品のDVD-Rメディア10枚300円というのを買いました。
ケーズデンキパスポートなるカードをつくると3%引きだというのでそれも作成。ポイントカードではなくてその場で3%割引だということです。

2009/4/19 Sunday

激情版 エリートヤンキー三郎

Filed under: - dekaino @ 11:15 このエントリをはてなブックマークに追加 羶 若ゃ潟寂、里呂討Bookmark被リンク数

激情版 エリートヤンキー三郎を観ました。
ヤングマガジン連載の漫画が原作。監督は山口雄大、あの劇場版 !クロマティ高校の監督です。
とにかくぶっちゃけたハチャメチャな作風で原作も基本設定を除いてかなり改変してしまうのですが、それでヨシと思わせてしまう勢いがあります。

名の通った俳優、女優を意味不明な役どころで使うも面白い。佐伯日菜子がやってたトックリ女は本当に意味不明、でもすごい面白かったです。仲間由紀恵なんか顔を隠した謎の修道女だったり、何がなにやら。
映画のパロディネタもふんだんにありましたが、クロ高の宇宙猿人ゴリほどのインパクトはなかったかも。
強いて言えば超遅いロケットがあの時代の特撮番組のパロディなのかも知れません。
ヒロインの山本ひかるもかなりかわいい。でもギャグは冴えてます。

しかも劇中で重要な役割を持つ「バーチャくにおくん」というアーケードゲームがかなりミステリアツかつアツい。
テキスチャー貼ったポリゴンがぶんぶん動く3D格闘ゲームなのですが、 はぁ? くにおくん? あのテクノスジャパン(倒産済)の熱血硬派くにおくんシリーズの最新作か と一瞬驚いてしまいました。
どうやら本物ではなく、映画のためだけに作られた仮想ゲームらしいのですが、かなり作りこんであります。映画制作費を流用して趣味に走ってないか? いや効果的に使われてるので決して無駄遣いではないのですが…

興行的にはかなり悲惨な成績のようですが、ぶっちゃけ広報が下手過ぎです。この手の映画が好きな人に存在が届いていない気がします。
竹内力アニキが自分の主題歌をフンドシ丸出しの姿で熱唱するんですぜ。この一点だけで面白くないわけがない。しかもこれは捨てギャグに近い扱いだから。

こんな映画が不入りなんて、面白いのにもったいないなぁ。

2009/4/17 Friday

ウォッチメン

Filed under: - dekaino @ 7:00 このエントリをはてなブックマークに追加 <海里呂討Bookmark被リンク数

ウォッチメン
ウォッチメンを観ました。アメコミヒーローの映画です。正確には原作のウォッチメンはカートゥーンではなくて大人向けのグラフィックノベルに分類されるそうですが、とにかくDCコミック作品です。
…カートゥーンとグラフィックノベルの違いは、児童小説とライトノベルの違いみたいなものなんだろうか?

かなり過激なヒーロー集団の話です。ものすごく悪趣味というか露悪的ですが、SFとしては結構いい出来なのかもしれない。舞台は仮想戦記もののような過去のパラレルワールド、1985年が基本軸で、そこから過去をふりかえる演出で1940年以降の話がコマ切れに出てきます。

とにかくタブーをすべて無視した独りよがりな中二病的設定がスゴい。
本作でのヒーローとは、自らが信じる正義を為すために覆面をかぶって実力行使する徒党とされていて、法律で活動が禁止されている非合法集団。基本的にKKK団とかネオナチスと変わらない不逞のやからです。(あのナチスだって合法だったんだぜ)
政治的正しさなんか一笑にふす勢いで、ヒーロー達はすべてアメリカ人で白人で愛国心にあふれています。ヒーロー活動も車に轢かれかけた少女を間一髪で救うみたいなぬるいものではありません。世界の敵、アメリカの敵に敢然と立ち向かうべく、ベトナム戦争だってキューバ危機だってがんがん介入します。ベトナムでスーパーパワーを駆使してベトコンどもを焼き尽くすヒーロー達のシーンは衝撃です。

なぜか(当然?)アメリカ以外にはヒーローはいないのでアメリカ独り勝ちの歴史がつづられます。
ベトナム戦争は早期にサイゴン政府が勝利し、アフガニスタンはアメリカが支配しています。この世界では革命の輸出は非常に限定されたものになっているらしく、本編には出てきませんが中国もおそらく国民党政府が本土を支配していると思われます。

しかし、いいことばかりではなく、アメリカ国内はニクソンが失脚せず三選しており、市民がお互いに監視しあう状況、まさにオーソン=ウェルズの1984年そのままのビッグブラザーが君臨する世界となっています。
アポロ11号が月面着陸するときも、ヒーローのひとりDr.マンハッタンが先回りして監視していたり、歴史上重大イベントの影にはすべてヒーローありなのです。

そしてパラレルワールドの歴史のifの歪みぐあいが仮想戦記SF的に大変面白い。
どうやら本作のアメリカは1985年になっても大陸弾道弾を持っていないが、ソ連は大量の核弾頭つき大陸弾道ロケットを保有しているらしいのです。アメリカがソ連を大攻撃をしかけるときに爆撃機で一挙に核をお落とそうとするシーンからうかがえまます。ということはソ連もサイロから発射する弾道弾は持っていても、核ミサイルを搭載した原潜はもっていないということか?

はっきりと明示はされませんがアポロ11号の乗員はスラブ語圏の名前だったりして、実はアポロ計画を実行したのはソ連なんじゃないかという暗示があるのです。ここがSF的に面白い。
確かにヒーロー達という絶対的軍事力により優勢に立ったアメリカなら、ソ連の宇宙開発競争に大金費やしてつきあう必要はないわけで、そうするとアメリカは弾道弾を開発しないし、世界初の月旅行はソ連が実現するという流れも納得なのです。そして原潜が核ミサイルを持つというアイデアはどこの国も実現していない。現実のリアル世界よりかなり軍事緊張力が少ない、核の傘が確立していない世界ということです。
ありがちな無茶設定で破綻してしまった仮想歴史モノは多いのですが、ウォッチメンは妙に裏設定がキッチリしていてSF者としてカナリ萌える作品と言えます。

ヒーロー達のキャラもかなり立っています。
一番強いのはおそらくDr.マンハッタン。放射線事故で体が真っ青になってしまった超人(どこかで聞いた設定?)。念動力、過去透視、未来予知、瞬間移動などとにかく万能に近い能力を持ち、ただ過去は人間だったと言うだけの別種の存在で、もはや人間性すら失っている存在。スタートレックTNGに出てくるQ連続体よりも強力かつ人間離れしており、話そのものをぶち壊しにするほどのパワーがあります。
こんなに強いのにフルチンというのが笑えます。フルチン全裸のブルーマン。成人の男性器を正々堂々とCGにしてしまった一点だけでも本作の突き抜け度がわかろうというものです。

そしておそらく人気が一番高いであろうロールシャッハ。ロールシャッハ試験に使うような墨の流し絵模様が常に変動する柄のマスクをかぶった変人ヒーロー。身体能力は並みのヒーローですが探偵能力はかなり高い。暗闇のスキャナーが元ネタでしょうか?
他にも金持ちの一人息子が遺産でスーパーハイテクメンつくりまくったバットマンもどきとか、天才実業家のヒーローとか、どこかで聞いたような設定なのに、キャラ立ちまくりです。
天才実業家はデスノートのキラっぽい世直し思想にかぶれたヒーローですが、頭のよさも実行力もキラの比ではありません。

エロ・グロ表現もタブーを無視してバリバリ出てきます。とにかくデーモーニッシュな悪趣味演出のあらし。
1985年当時のか音楽や風俗の表現もまた楽しい。昔のMacとか懐かしすぎる!
好き嫌いが分かれると思いますが、他には絶対ない無茶苦茶クォリティが高い作品です。

神奈川県立津久井湖城山公園

Filed under: - dekaino @ 6:34 このエントリをはてなブックマークに追加 腑絅綏腴羇ヤ篋羚絮怨のはてなBookmark被リンク数

神奈川県立津久井湖城山公園に遊びに行ってきました。
戦国時代は小田原北条氏の津久井城だったそうです。武田領との境にある重要拠点だったそうな。

きれいな形をした城山。
津久井城跡(城山)
山の自然な形を活かして山城を築いたらしい。秀吉の小田原攻めで落城し、江戸初期には廃城になったそうです。いまは基礎や石垣くらいの遺構しか残っていません。

男坂
山頂まではけっこう急な坂を上ります。城があった頃からの古道らしい。

築井古城記碑
山頂にある記念碑。江戸時代後期に作られたもので築井古城記碑と書いてあります。

山頂は見晴らしがよいです。
山頂からみた津久井湖
山頂から見たふもとにあるダム湖の津久井湖。津久井城があった頃は相模川の渓流だったそうです。湖の向こう側の山々は高尾山です。

神奈川の県立公園はどこもそうですが、津久井湖城山公園もよく整備されています。ただ休日は周囲の道が混雑するのが難点。

2009/4/11 Saturday

ザ・バンク 堕ちた巨像

Filed under: - dekaino @ 22:56 このエントリをはてなブックマークに追加 吟祉潟 <綏のはてなBookmark被リンク数

ザ・バンク 堕ちた巨像を観ました。原題はThe International
悪のプライベートバンク(ゴルゴ13が取引しているスイス銀行の類)と戦うインターポール捜査官の話です。

とうとう銀行が悪役になる時代がきたというのが最初の感想。紛争地域を借金で支配する悪の組織らしいです。サブプライムやらリーマンショックやらでアメリカ人にとって銀行はパブリックエネミーになったのです。

舞台設定はともかくアクション映画としては大変よく出来ています。特にニューヨークの美術館での銃撃戦は出色の出来。それ以外にも欧州中心に各国の主要都市を舞台にアクションシーンが繰り広げられます。
原題がThe International命名されているだけはあります。邦題は苦労してつけたんだろうけど、ちょっと説明しすぎですね。だいたい巨像ってなんのことやら? 別に自由の女神が空から降ってくるようなことはないです。

最後のオチはスッキリするようなしないような…
さすがにキレイに勧善懲悪というわけにはいかなかったようです。

天然コケッコー

Filed under: - dekaino @ 17:30 このエントリをはてなブックマークに追加 紊吟潟宴潟爾里呂討Bookmark被リンク数

劇場公開で観そびれた映画をCS放送(スカパー)で観たシリーズ第2弾。
天然コケッコーを観ました。放送していたチャンネルはチャンネルNECOです。
夏帆初主演の映画。原作は少女マンガだそうですが読んだことはありません。

田舎の分校に東京から転校生がやってきて主人公と仲良くなると言うどこにでもあるようなストーリー。
特に誰が良いとか悪いとかない、まったりと時間が過ぎていく演出です。
映画館で集中して観るにはいいのかもしれないが、テレビで観ているとどうにも気が散ってしまいがちです。本当にヤマとかタニとかないダラダラ進行、でもそんな悪い感じでもありません。

夏帆ファンなら観ておくべき作品

2009/4/7 Tuesday

倉見桜緑道

Filed under: - dekaino @ 22:46 このエントリをはてなブックマークに追加 荀罅膩のはてなBookmark被リンク数

5日(日)は、神奈川県高座郡寒川町、JR相模線と新幹線が交差する倉見駅のすぐ近くにある倉見桜緑道で花見をしました。
日鉱金属倉見工場入口
緑道は日鉱金属の倉見工場のすぐ脇にあります。
倉見桜緑道入口
臨時ステージが設営されていて、近所の一般人のカラオケ大会歌いまくりの様相。
まさに日本古来の花見という儀式にふさわしい雰囲気です。
軽食の屋台やフリーマーケット(というか不用品の無料配布?)もありました。

サクラは満開! サクラの名所だけあって大変よい景色でした。
倉見桜緑道のサクラ

2009/3/31 Tuesday

鐘ヶ嶽ふたたび

Filed under: - dekaino @ 21:53 このエントリをはてなブックマークに追加 九興泣海里呂討Bookmark被リンク数

3月29日に、厚木市にある鐘ヶ嶽に登りました。2007年11月に初めて登ってから1年半近くインターバルを空けての2回目の挑戦です。

鐘ヶ嶽ハイキングコース

登山コースは前回と同じく、表の参道から浅間神社を経由して山頂に到達。帰りは山の神トンネル脇に出る鎖場を下りました。
鐘ヶ嶽山頂仁王像
山頂の仁王像は相変わらず。案内板はリニューアルしてました。
鐘ヶ嶽山頂案内板
春にしては空気が澄んでいて山道からは横浜ランドマークタワーや江の島なども見える絶景でした。

山の神トンネルから広沢寺までの道には何本か桜の木があります。おそらくソメイヨシノですが29日はまだ3分咲きくらいか?
山の神トンネル手前の桜

弁財天に向かう分岐点より山の神トンネルに少し入ったところで大掛かりな土木工事をしていました。
砂防ダム1
立派な橋が!
砂防ダム2
そしてダムらしきもの
砂防ダム3
掲示板によると、砂防堤防らしいです。古い道はダムの底に沈むのでしょうか?

帰りはいつもの広沢寺温泉玉翠楼でのんびりと汗を流しました。

2009/3/28 Saturday

ワルキューレ

Filed under: - dekaino @ 22:52 このエントリをはてなブックマークに追加 ャ若のはてなBookmark被リンク数

ワルキューレを観ました。実際にあったヒトラー暗殺計画の再現した映画です。
いささかクーデター側を持ち上げ過ぎなきらいの演出ではありますが、基本的には史実にそって話が展開します。ただ、会話はすべて英語。だからワルキューレではなくヴァルキリーと発音されます。だから戸田奈津子が字幕つくれます。
また、ワグナーの交響曲ワルキューレも効果的に使われています。

あらすじは、平民出で国民の圧倒的支持はあるものの軍部とは蜜月関係とは言えなかった総統ヒトラーにたいして、軍部内の反ヒトラー派やヒトラー政権で冷や水飲まされていた政治家達が組んで、1944年7月に実行し未遂に終わった暗殺&クーデター計画の物語です。

劇中、電話でヒトラー本人の声を聞いた軍人がすぐ本人の声とわかる描写がありました。
当時、ヒトラーは毎日のように演説をラジオで放送し、全国民はそれを聞いていたという世情からして説得力があります。米国でもルーズベルト大統領が毎日ラジオで談話してたり、ソ連の共産革命の輸出にもラジオ放送は欠かせないものであり、まさに当時はラジオの時代だったわけです。

本作では史実どおりクーデターは失敗に終わります。
翌年にソ連軍がベルリンを占領しヒトラーが自殺してドイツが敗戦した後、クーデター首謀者達は英雄とし名誉が与えられたそうです。
しかし、ナチスドイツとヒトラーは民主憲法下で合法的に政権を得たわけで、それに対して非合法に暗殺&クーデターを企てた彼らはたとえクーデターが成就したとしても、ほめられるような人間ではないのは確かです。一般的に民主政権は軍に嫌われがちなもの。特に敗色濃厚の場合は。ヒトラーの悪行は多数ありますが戦争に勝てなかったのが最大の悪行だったのでしょう。

さて、当時の米国の大統領フランクリン=ルーズベルトはヒトラーが総統になった1934年の1年前の1933年に合衆国大統領に就任して以来、戦時体制を理由に異例の4選を果たしており、ヒトラー同様の独裁的地位にあったともいえます。政治的にも非白人系米国人・移民に対しあからさまな人種差別的政策をしており、戦争に勝った以外はヒトラーとはたいした違いがなかったのかもしれません。当時の戦時体制下の米国のマスコミはルーズベルトがたって歩くことができない車椅子使用者であることすら報道できないていたらくだったわけで、連合国vs枢軸国は決して自由民主主義vs独裁全体主義ではなかったのです。
歴史のifは禁物ですが、もし当時の米国が敗色濃厚で、大統領府が戦争継続強硬政策をとっていたら何が起こったか…

そして現在の21世紀の世界にも政権と軍部が蜜月関係ではない国はたくさんあります。
事実、昨年までのブッシュJr政権も米軍制服組にはあまり支持されていなかったわけですが、選挙による政権交代というソフトな解決策が採用され、流血クーデターを起こさずに済んだのは、民主主義の利点をうまく活かせたということでしょう。

それを踏まえて、本作の閉塞感に押しつぶされそうな当時のドイツをみると、いろいろ考えさせられることが多いと思います。

2009/3/22 Sunday

日向山ふたたび

Filed under: - dekaino @ 7:16 このエントリをはてなブックマークに追加 ュ絮宴泣海里呂討Bookmark被リンク数

日向山にまた行ってきました。前回行ったのは昨年の12月です。
日向山ハイキングマップ

神奈中バスで馬場リハビリバス停まで乗り、そこから徒歩で日向薬師の裏側まで行きました。
もっと近くまで行くバスもあるのですが本数が少ない。でもリハビリまでなら比較的多く本数があります。

ここ5年くらいは木が伸びすぎて七沢展望台は展望が望めない元展望台だった観光遺跡と化していたのですが、今年度の予算で整備されているようです。
↓工事中の写真。見晴らしを邪魔していた木が伐採されたようです。
七沢展望台 工事中
今年の4月以降はまた展望台として甦ることでしょう。→ 復活しました(2009年5月)

日向山からも遠くがよく見えました。前回はガスが出てましたが今回はくっきり遠くの相模湾まで見通せる絶景ビュー。
日向山山頂からの展望
三浦半島や江の島も見えました。
江の島

山頂から、広沢寺温泉側に下山してゆっくり温泉に使ってきました。
滑り岩よりだいぶ広沢寺温泉寄りのところにある自動販売機(チェリオ!)が空っぽになってました。
空になった自動販売機(チェリオ)
前に通ったときはまだ商品入ってたはず。百年に1回と言われる不景気の影響でしょうか? ここの立地じゃ電気代の元も取れなかったのかもしれません。

2009/3/21 Saturday

劇場版 釣りキチ三平

Filed under: - dekaino @ 9:52 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 c筝綛海里呂討Bookmark被リンク数

劇場版 釣りキチ三平を観ました。
期待していた以上に面白い。三平を演じる須賀健太は、三丁目の夕日で茶川さんが引き取って育ててる淳之介役や花田少年史の花田一路(主役)などをこなし、実績たっぷりの実力派子役で、本作でも素晴らしい演技をしています。

世界観も原作をほどよく平成風にアレンジしていてさほど違和感がありません。

三平は原作そのままの釣りマニア(釣り気違い→略して「釣りキチ」)の少年。両親はすでに鬼籍で祖父と二人暮らし。
ガールフレンドのユリっぺは三平と同年代っぽい。つまりこれは原作の後半のユリっぺ。実は原作初期のユリっぺは三平よりかなり年上のお姉さん的キャラだったのに、連載が続くにつれだんだん低年齢化していった経緯があります。
祖父の三平一平も原作に近い和竿作りの名人。ただし原作にある気性の荒い部分は出てきません。(原作では、和竿を大金で買いあさろうとする客を激怒して追い返したりします。)

魚紳さんは、原作よりかなりゆるいです。まったく紳士ではありません。特に酒が入るとヤバい。
見た目も怪しいので警官に職務質問されますが、サングラスや現住所について一悶着あります。
でもクルマで来てるんだから免許証見せてで一発解決って気がするのは気のせい? 片目見えないことも運転免許証には書いてあるはずだし。

そして、原作にはない劇場版オリジナルキャラ 三平の姉の愛子。香椎由宇が演じます。
高校から上京してバリバリ東京に染まった姉が弟も東京に連れ出そうとするのが本作のメインストーリーです。野外で連泊キャンプしても眉毛をキッチリ描くのは忘れないあたりが都会かぶれの娘という演出なのでしょうか?

冒頭の鮎釣り大会で鑑札(遊漁券)を帽子につけていたのが本当に現代風。原作の連載していた時代にはこんな風習なかったもんなぁ…
そして魚とファイトするシーンで多用されるCG。これがしょぼい。なんかPS2の釣りゲームで出てきそうなCGっぽい。白組のブランドが傷つくレベルです。

まぁ映画の宣伝にするために白組の名を出したんだろうけど、幸運なことに知名度低かったはずの監督の滝田洋二郎がおくりびとでアカデミー賞をとっちゃったので、本当にいい宣伝になってます。だったら白組の名を出すことはなかったかも。

かなりの佳作。マンガ原作の映画としてはよくできています。さすが少年マガジン50周年企画。

2009/3/15 Sunday

猪久保ハイキングコース

Filed under: - dekaino @ 23:11 このエントリをはてなブックマークに追加 箙篆ゃ潟違潟若垢里呂討Bookmark被リンク数

厚木市飯山にある白山山頂までいく猪久保ハイキングコースが、今春に新しく整備されたとのこと。猪久保は「いくぼ」と読みます。
さっそく行ってみました。

飯山グラウンドの駐車場わきが入口です。
猪久保ハイキングコース案内図
入口には真新しい案内図がありました。
猪久保ハイキングコース入口
入口はただの土の坂道。そのまま登っていくと、すぐに鹿避け柵の出入口につきます。
猪久保ハイキングコース鹿避け柵出入口
出入口も真新しくとてもきれい。開け閉めもスムーズです。

そのまま進むと隣接する東丹沢グリーンパークの脇に出ます。
猪久保ハイキングコースわき東丹沢グリーンパーク
東丹沢グリーンパークとも出入りできる扉が用意されてましたが、東丹沢グリーンパークは有料施設(大人800円)。特に鍵もかかっている様子もなく出入り自由な感じだったのですがいいのだろうか?

案内看板に0.8km 45分とかありますが、これはあまりにも余裕を見積もりすぎの数字。いくらなんでもそんなに時間はかかりません。もっと先に行くと0.3km 25分なんて看板まであります。300m 25分って12m 1分ペース、1mに5秒かけないとダメです。老人が休み休み登った場合の時間を書いているのだろうけど誇張しすぎです。

入口から600mほど登ると、従来の登山道の見晴らし坂から女坂に通じ、白山の山頂まで通じています。
従来の道にいくと案内看板の山頂までの時間が、0.3km 25分 → 250m 12分 のように、いきなり普通の見積もりになるので注意が必要です。

案外、急な坂もありそれなりに汗をかきました。きれいな道ですが、途中にトイレやベンチがないのが残念。トイレは飯山グラウンドか飯山観音長谷寺の駐車場にしかないようです。

2009/3/8 Sunday

松田山ハーブガーデン

Filed under: - dekaino @ 8:00 このエントリをはてなブックマークに追加 丞医臼若若海里呂討Bookmark被リンク数

松田駅のすぐ北側にある松田山ハーブガーデンに行きました。

小田急線の新松田駅から徒歩で15〜20分ほどで頂上に到達。
松田山の頂上
頂上には謎のバレリーナ少女像がありました。
背景の建物は、松田山のよく目立つ例の建物の裏側。裏側はガラス張りじゃなかったんですね。
松田町サイト
ちなみにこちらが表側から見た様子。

松田山は河津桜が有名です。ちょっと葉桜になりかかってましたが、まだまだ咲いてました。
松田山の河津桜

桜の花の蜜を吸いにメジロが大集合
松田山のメジロ
松田山のメジロ
松田山のメジロ
松田山のメジロ
他にもヒヨドリもきていて、ギャーギャーうるさかった。

それにしても松田町は暖かい。南国と言う感じです。

2009/3/1 Sunday

イトーヨーカ堂 現金キャッシュバックの胡散臭さ

Filed under: - dekaino @ 22:28 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ若若 憥c激ャ≧hのはてなBookmark被リンク数

不景気の中なんとかして業績をあげようとしているのか、イトーヨーカ堂がこの週末もまた現金キャッシュバックキャンペーンをやっています。

衣料品や住まいの品を買うと、価格の5〜30%の額のキャッシュバック券がもらえ、店内にあるキャッシュバックカウンターに行って券と引換えで現金が受け取れる仕組みです。売値を割り引けばいいだけの話なのに、わざわざ別のカウンター窓口まで用意して現金キャッシュバックというのはパチンコの三店方式に通じる胡散臭さを感じさせます。

このキャンペーンと単なる割引との違いは何か? 現金で買った場合はほとんど差がありませんが、クレジットカード支払の場合は大きく違ってくるのです。支払いはカード払いなのに、なぜか支払額の何割かの現金が即日受け取れるという不思議。つまりこれはクレジットのショッピング枠の現金化サービスなのです。
しかも今はリボ払いなんて恐ろしい支払い方法が選択可能だからもっと怖い。リボ払いで月々の支払い金額は固定なのに、なぜか手元に現金が発生してしまう。
ね? うさんくさいでしょう?

目先の現金ほしさに、不必要な商品まで買ってしまい、月々の支払い負担を軽くすべくクレジット決済、しかも多分割払いやリボ払いを選択させようとする、恐ろしい甘い罠なのです。
ヨーカ堂にしてみれば売上げ伸びるし、カード利子もたくさん払ってもらえるし、うれしいことだらけ。不況をうまく利用したアコギすぎる商売です。

レジでキャッシュバックさせずに、わざわざ別カウンターでキャッシュバックしているのは、何らかの規制を脱法的に回避しているような気がします。

ポチの告白

Filed under: - dekaino @ 18:05 このエントリをはてなブックマークに追加 修里呂討Bookmark被リンク数

ポチの告白を観ました。

ストーリーを要約すると、日本の警察官が堕落して悪に染まり、運悪く不祥事として世間に露呈し起訴されるという話。
よくある悪徳刑事ものジャンルですが、特筆すべきところは原案協力として反警察ジャーナリストで有名な寺沢有がいるだけに、警察の腐敗エピソードが細部にわたって非常にリアルです。
共犯意識をもった運命共同体、親方日の丸ファミリーといった警察内に蔓延した空気がよく表現されています。考え方や行動はまさに昔の任侠団体そのもの、合法ヤクザと呼ばれる所以です。

ただ、主人公のタケハチ組織犯罪対策課課長の視点ではリアルですが、その妻の行動はリアルがまったくありません。警察内勤経験があり、警察寮に住む現職の妻なら、昔の職場同僚や同じ寮の妻同士との口コミで夫が何をやってたかそれなりの情報を把握していたのは間違いなく、何も知らないイノセントな状態に置かれてたというのはおかしい。寺澤有は警察官の妻からは取材したことないのだろうか? 確かに道義的にも物理的にも警察寮に住む妻を取材するのは難しいのだろうけど、いくらなんでも不自然です。
ストーリーが夫からの視点固定で描写されていたなら、夫は妻の心中についてまったく関心がなかったという流れでリアルだったのに、ちょっと脚本が破綻していて惜しいです。

些細な難点もありますが、基本的に本作は良作。3時間半にも及ぶ長い尺でもまったく退屈せず、娯楽作としても面白い刑事/警察ドラマになっています。
それに役者達がみんなノリノリで芝居しています。役者として演技しがいのある作品だったのでしょう。最後のシーンの菅田俊の一人芝居は圧巻です。

2009/2/20 Friday

チェ 39歳 別れの手紙

Filed under: - dekaino @ 22:31 このエントリをはてなブックマークに追加  39罩 ャ膣のはてなBookmark被リンク数

チェ 39歳 別れの手紙を観ました。チェ 28歳の革命に続くチェ・ゲバラ二部作の後編です。

本作は39才で突然キューバから姿を消してからボリビアで処刑されるまでの1年余りについて描かれます。前作の人生の頂点を極めるまでの話とは違い、敗退を重ねていくチェの姿がみられます。

キューバでは革命が成功したのにどうしてボリビアでは革命が成就しなかったのか?
基本的にゲバラにはブレがありません。キューバ革命と同じ方法論で武装闘争による革命を画策していきます。しかし国民はゲバラたちキューバの革命闘士たちを外国人といって嫌います。しかしキューバでもゲバラはアルゼンチン出身の外国人だったはずなのです。

ゲバラの革命思想は原住民であるインディオの農民には理解されなかったと言うことなのかもしれません。
(カリブ海の島々にもかつてインディオと禁煙の原住民がいましたがスペイン人が持ち込んだ天然痘によって絶滅しました。いまキューバに住んでいる人はスペイン系を中心としたヨーロッパ系白人とアフリカ系国ドン、その混血がほとんどです)

住民に支持されないゲリラの日常は悲惨です。まず食料入手が困難で常に飢えと向かい合わせです。しかも住民は政府軍にゲリラの居場所を通報します。しかしゲバラは住民を迫害することなく、あくまでも住民を搾取する政府をつぶし、住民達の生活をよりよくするという理想のもとに戦い続けるのです。

ゲバラが処刑されてからエンディングに入りクレジットが流れるのですが、BGMはまったくなし。無音で文字がスクロールアップしていくだけの画面はゲバラ追悼の精神を感じさせます。
中南米最大のカリスマ ゲバラの人生はあまりにも短かい。

本作の最大の教訓: 喘息の持病があるのに葉巻吸っちゃダメです

2009/2/14 Saturday

少年メリケンサック

Filed under: - dekaino @ 22:45 このエントリをはてなブックマークに追加 絨綛眼<宴潟泣のはてなBookmark被リンク数

少年メリケンサックを観ました。
宮藤官九郎が脚本監督をつとめるパンクロックロードムービーです。

少年メリケンサック
宣伝ポスターのイメージとは違って、宮崎あおいは歌わないしメリケンサックも手にしません。タバコも吸いません。
あくまでもおやじパンクバンドのマネージャー兼ディレクター兼プロデューサーという役どころです。
「車内でおならをしたら500円」ルールを有無を言わさず施行する強権ディレクター(?)を演じます。

宮藤官九郎らしい過激でぶっ飛んだストーリーですが、もともとは主役キャラは男性だったんじゃないのかと思わせる設定ではあります。まぁ原作つき地上波ドラマでは原作では男性だった主役がドラマでは女に性転換するのはザラなので、らしいといえばらしいのですが、おかげでレコード会社社長がホモであるという設定が空回りしてます。本当はもっと主役と絡めたかったんだろうなぁ…

しかしを主役をカンナという女性にしたからってつまらないことはなく、カンナの恋人(ヒモ)のイケメンのマサル君というキャラとうまく絡めて過激に面白くまとめているのはさすが。
宮崎あおいのリアル夫である高岡蒼甫の浮気暴露報道が耳に新しいですが、実は本作のプロモーションのためのやらせスキャンダルじゃないかと思わせるような絵に描いたようなダメンズだったりします。劇団の主宰まではしてないようですが…

劇中にいかにも2Dバリバリのアニメーションシーンが挿入されますが、鉄コン筋クリートのキャラクターデザインと作画監督をした西見祥示郎が作っています。鉄コン筋クリートには声優として宮藤官九郎が参加しているのでその人脈で受けた仕事なのかな? 画風は基本的に鉄コン筋クリートと同じなので、ものすごいデフォルメされた手描きのキャラがにゅるにゅる動く絵です。何がすごいってアニメ絵の宮崎あおいがリアル宮崎あおいにまったく似ても似つかないってところ。宮崎あおい本人の声があてられているので、ああこれがカンナ(宮崎あおいキャラ)なんだってなんとか判断できるけれど、もし声がなかったら絶対わからないレベルです。
これでヨシとしてしまう宮藤官九郎は監督してパンク魂ばりばりなんだぜッ

つまりこれってデトロイト・メタル・シティのパクリなんだろとおっしゃる方もいるようですが、DMCはデスメタルであってパンクではありません。パンクとメタルは全然違うよ、混ぜるな危険
ちなみに、本作はパンクとメタルの区別がつかない人でも楽しめるのでご安心ください。

2009/2/8 Sunday

20世紀少年(第2章)最後の希望

Filed under: - dekaino @ 22:27 このエントリをはてなブックマークに追加 20筝膣絨綛(膃2腴)緇絽のはてなBookmark被リンク数

20世紀少年(第2章)最後の希望を観ました。
全3章のうちの第二話目、2008年秋に公開された第一章の続編です。

第一章の記事では、だいぶつらいのではないかと書いたのですが、作り手側も同じ懸念があったようで、かなりのテコ入れ策がなされているようです。

まず、原作時の「ともだちの正体は誰?」で煽ることは完全にあきらめ、人間ドラマにだけ注力しています。とはいえ本作には登場人物が大量に出てくるので感情移入対象を厳選、遠藤カンナと小泉響子ふたりの心情描写を中心に作品は進みます。
時間軸としては第一章冒頭の2015年のうみほたる刑務所のシーンから始まり、ともだち暦時代に入るまでで終わります。初めのほうの中国マフィアとタイマフィアの抗争をカンナが止めるまではアクションも適度でテンポもよく、なかなか改善されているなと思いました。でも、ともだちランドに入ったあたりからどうしても原作をなぞるだけのダラダラ展開です。

しかし、人間ドラマ的にはそれなりに上手につくられています。カンナを演じる平愛梨も頑張っています。
この役が女優としてのラストチャンスというのが本人もよくわかっているようで、気合の入りようはものすごいものがあります。だからといってすごく巧いってほどでもないのが悲しいのですが… いつも睨みつける単調な表情で柴咲コウみたいな大味な演技しかできていません。
しかも脇役の小泉響子を演ずる木南晴夏がすごい巧い! オーラが出ていて完全に主役のカンナを食ってます。もはやともだちの正体なんてどうでもいいのだから、サダキヨが出てくるくだりは全部カットしてもいいはず。しかし、響子が拉致られるというカンナを絡ませずに思いっきり響子を活躍させられる美味しいシーンなので、あえてカットせずに木南晴夏の出番を増やした! と私には思えます。

もうひとつ気がついたことですが、今回は前作ほど制作費かかってません。かなり経済的に作られている感じ。1970年前後の再現シーンは極力減らし、派手な画面はCGまたはエキストラ(おそらく無料で動員)大量投入だけ。なんか作り方が東映の劇場版仮面ライダーっぽくて、厳しい予算の中でも頑張ってますよって声が聞こえてくるような絵作りです。
そういえば前回の公開時には制作費総額60億みたいな景気のいいこと言ってましたが、今回は具体的金額は全然出してしません。勝手な見積もりですが前回の半分も制作費使ってないんじゃないでしょうか?

続編を観て貰うためのテコ入れ策としてすごい露骨だなと思ったのは、エンディングクレジットでの秒読みです。「エンディングの後に次回作の予告があります」とテロップを入れるのなら普通だと思いますが、なんと次回予告まで後○○秒と言わんばかりに右下に残り秒数が表示されてカウントダウンしていきます。
まったくもってヒッシだな!

正直、この手の三部作の最終作って前の2作を観た人以外は観ないので、かなり厳しいことになると思われます。といって決着をつけるとなると本作みたいに制作費を削って水を濁すのにも限界があるだろうし、他人事ながらツラそうです。

原作厨にとってはやや期待はずれかな? 木南晴夏に関しては観る価値あり。

亀戸天神

Filed under: - dekaino @ 0:23 このエントリをはてなブックマークに追加 篋後ぉ腑のはてなBookmark被リンク数

亀戸天神に梅を見に行ってきました。

蔵前通りに面した立派な大鳥居
亀戸天神 鳥居

境内は梅だらけです。さすが天満宮。
亀戸天神 梅1
亀戸天神 梅2

牛の像もあります。
亀戸天神 牛像
亀戸天神 牛の由来
牛天神に牛がいるのは当然ですが、亀戸天神にも牛がいるのです。なぜだ!?
菅公と牛は縁が深いらしいです。説明書きがありました。

牛だけではなく、猫まで登場。とても人なつっこく可愛い。
亀戸天神 猫登場
亀戸天神 猫の後姿
首輪をしているのでどうやら飼い猫らしい。毛並みもすごくよい。

梅だけでなく、牛や猫まで楽しめる亀戸天神。
石碑もたくさんあるので好きな人にはたまらないかも。ただし、拓本とるのは碑が痛むため禁止とのこと。

小石川後楽園

Filed under: - dekaino @ 0:08 このエントリをはてなブックマークに追加 絨喝緇罐遵のはてなBookmark被リンク数

牛天神に行ったついでに後楽園の庭園にも行きました。入場料は一般300円。
もともと水戸藩の上屋敷つきの庭園だっただけに梅の木もたくさん植えてあります。

小石川後楽園の梅 1
小石川後楽園の梅 2
小石川後楽園の梅 3
画像をクリックすると拡大。

2009/2/7 Saturday

牛天神

Filed under: - dekaino @ 23:37 このエントリをはてなブックマークに追加 紊腑のはてなBookmark被リンク数

梅の季節となりました。今年はウシ年だしウシにちなんだ梅の名所ということで、東京小石川にある牛天神 北野神社に行ってきました。
牛天神 紅梅祭りの看板
後楽園駅の出口に紅梅祭りの看板が出ていました。

駅から歩いて10分くらいで牛天神の参道の坂道に着きました。
牛天神 参道

境内は梅が咲いてよい香り
牛天神境内の梅

牛天神という名前からわかるように牛の石像など牛にちなむものが満載。
牛天神の牛像
頭の上にはツムジが彫り込んでありました。

おみくじを結ぶところも牛の形
牛天神 おみくじ結び所

何が入ってるかよくわからない3つの倉庫。
牛天神 謎の倉庫
壱號 貮號 参號と書かれたシャッターの内側には何が入っているのでしょうか? 牛型モビルスーツ!?

紅梅祭り期間中ということでそれなりに人がいました。
生姜湯をふるまっていただきました。大変美味しかったです。甘酒をふるまう日もあるそうです。

2009/2/6 Friday

牛将(もうしょう)

Filed under: - dekaino @ 23:23 このエントリをはてなブックマークに追加 絨()のはてなBookmark被リンク数

厚木の焼肉屋 牛将に行きました。読みは「ぎゅうしょう」ではなく「もうしょう」です。
あの大和の天狗家の系列らしいです。

場所は厚木市戸田の129号線の東側。東名厚木インターから平塚方面(南)に行ってすぐです。
牛将 看板

メニューは天狗家に比べて少なく、少数に厳選してます。それでも正肉、内蔵肉あわせて10種類以上はあります。
牛将 七輪と網と肉
天狗家と同じく七輪の上の網で焼きます。ただし網がかなりでかい。
網が大きいので網の縁まで熱くなりません。そのため天狗家のオバちゃんのような熟練の技術がなくても、素手で網の交換が可能。

牛将 ライス(大)
ライス(大)の大きさも天狗家ゆずり。おコメ大好き。焼肉によく合います。

美味かった。値段はかなりお安め。不況にも関わらず大盛況でした。

2009/2/3 Tuesday

誰も守ってくれない

Filed under: - dekaino @ 23:48 このエントリをはてなブックマークに追加 茯違絎cのはてなBookmark被リンク数

誰も守ってくれないを観ました。
殺人事件の加害者の妹を保護する警察官の話です。保護される妹は志田未来が演じます。

ひとむかし前のアメリカドラマで流行ったハンドカメラだけで撮影する手法が多用されてます。いわゆる臨場感を出すための演出。しかし2009年になってそれか〜という気もしないでもない。
他にもわかりやすく「リアルっぽさ」を出す演出が続発です。ネタとしてはなかなか深いと思うのですが、演出の底が浅くてちょってシラける感があります。

たとえば、15才の妹が携帯電話を操作するとピコピコ電子音がなります。いまどきクリック音が出る設定のままにしてる女子中学生なんていないよ! なんつーか、団塊の世代のお父さん達がこうあってほしいというファンタジーをすべて映像にしましたってノリの気持ち悪さがあります。まるで弘兼の黄昏流星群のようです。
他にも
・インターネットで某巨大掲示板はモラルなき無法地帯で、実名・住所・電番さらしだらけ
・そして書き込んでるのはアキバファッションをしたPCオタクばっか
 (実は2chヘビーユーザって独身男より主婦の方が多いらしいぜ)
・15才の娘は汚れなく純粋で正直。
 (少なくとも同い年の少年にコロっと騙されるような15才の女はいないだろう)
・15才の娘のボーイフレンドはロクでもないクソガキ
 (娘の男は何であれ気に入らないよね)

うーむファンタジーだなぁ

志田未来は演技は巧いけど、スチル写真でみるとすごい地味な顔。なんかオーラがあるようなないような微妙な感じ。
脚本を書くにあたっていろいろ取材したようですが、本作のスタンスとしては警察より、既存マスコミとは中立、ネット情報には敵対的です。
特にネットについては、たとえば麻生首相邸見学ツアーをつぶした公安警察官の顔をそのままYouTubeに流してしまった件について、マスコミでは絶対できないことができちゃうことについての羨望と、こちとら一線を超えずに我慢するモラルを保っているのにモラルなき無法行為をやってしまうネットへの嫉妬と嫌悪があるように思えます。

本作はフジテレビ資本の制作なんですが、ワイドショーの過熱報道も軽く悪役っぽい扱いなのによく企画が通ったなぁと最初は思ってたんですが、後半ではネットがとにかく超悪役扱いで、ああこれなら喜んでOK出すだろうと納得した次第です。

それにしてもコンピュータの画面を流すときに、字をてろてろ表示させながら謎のラインプリンタの印字音みたいな雑音をかぶせる演出はあまりにダサくないのか? ザ・ハングマンの頃からまったく進歩していない。
まさに黄昏流星群的作品です。

劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー

Filed under: - dekaino @ 23:19 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 腑眼若潟吾cVS蚊潟吾c爾里呂討Bookmark被リンク数

劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャーを観ました。
毎年、スーパー戦隊シリーズの現シリーズと一つ前のシリーズが競演するセルビデオが製作されるのですが、今年のゴーオンジャーvsゲキレンジャーはまさかの劇場公開されました。ファンサービスたっぷり、特にゲキレンジャーファンにとっては素晴らしい映画です。ヒーローだけではなく、敵役の理央様とメレも登場するのです。

ロケ場所のひとつとして山梨県にある大門碑林公園が使われています。いかにもゲキレンジャーっぽい中華な風景。
大門碑林公園
ここで中華拳法アクションが繰り広げられます。

ストーリーはいつものビデオ特番と同じノリ。時間も短く50分ありません。さすがにそれ単体で劇場公開するのはつらいのか、オマケが盛りだくさん。
ゴーオンジャーの音楽ライブショーから2曲と新番組の侍戦隊シンケンジャーの宣伝など、サービスサービス。

しかしやっぱり物足りないかもしれません。これで1800円とられたらちょっとボッてる感ありあり。映画の日に観にいってよかった。

次は4月に電王の映画をやるそうです。まだ続くのかよ 電王!

2009/2/1 Sunday

チェ 28歳の革命

Filed under: - dekaino @ 0:07 このエントリをはてなブックマークに追加  28罩潟修里呂討Bookmark被リンク数

チェ 28歳の革命を観ました。
言わずと知れた医師であり政治家であり革命家であるチェ・ゲバラの伝記的映画です。
二部作の前編にあたる本作では、1956年〜1958年のキューバ革命前夜の反政府ゲリラ闘争(7月26日運動)と革命後の1964年の国連演説のシーンが、交互に挿入される形式で、再現ドラマ風につづられます。

フィデル=カストロはあまり出番はないですがカミロ=シエンフェゴスはともに戦った同志として結構出てきます。
ゲリラ戦をするゲバラもかっこいいですが、国連演説のゲバラやその前後のTV局のインタビューやパーティで歓談するゲバラも知的でダンディです。

1964年の国連演説はなかなか興味深いです。キューバに隣接する中米諸国、ニカラグアやらベネズエラやらパナマが、のきなみキューバの姿勢に対し批判的な発言をして親米姿勢を示します。
しかし1964年当時の各国親米政権で現在まで続いているものはないという事実、特にニカラグアなど、かばったアメリカによって扇動されたコントラとの内戦で、当時中米でもっとも豊かだった国が今は貧困国になってしまった事実を考えると感慨深いものがあります。

本作は、独裁者バティスタが敗北を認めてドミニカに亡命したあと、ゲバラら革命軍がバハマに乗り込むために進軍していくシーンで終わります。まさに革命勝利を確定させた瞬間、ここから国連演説までの期間がゲバラの人生でもっとも充実していた時期だったのでしょう。

クレジット表示の後、後編にあたるチェ 39歳 別れの手紙の予告編が流れます。カストロに別れの手紙を出してキューバから消えたゲバラ、その後の人生…。あーめちゃくちゃ観たくなりました。20世紀少年とはまったく異なる続編への期待感と飢餓感! 必ず観にいく所存です。

2009/1/22 Thursday

IN THE SHADOW OF THE MOON

Filed under: - dekaino @ 23:36 このエントリをはてなブックマークに追加 IN THE SHADOW OF THE MOONのはてなBookmark被リンク数

IN THE SHADOW OF THE MOONを観ました。アポロ計画のドキュメンタリー映画です。制作国はアメリカではなくてイギリス。
原題を直訳すると"月の影の中"、アポロ宇宙船と太陽の間に月がきて、文字通り月の影の中に入った状態のことを指しています。地球上だったら日食。
そして邦題は「ザ・ムーン」ちょっと短くしすぎだろ。

まだ存命のアポロ計画に参加した宇宙飛行士のインタビューをまじえて資料映像を流す典型的ドキュメンタリースタイルです。ストーリーの進め方、資料映像は特にとりたてて言うべきところもなく、普通にディスカバリーチャンネルなりナショナルジオグラフィックチャンネルなりヒストリーチャンネルでやってるBBC制作のドキュメンタリー程度のレベル。
それでも劇場の大画面で観ると迫力があります。

アポロ計画を知らない子供に見せてあげると喜ぶかも。

2009/1/18 Sunday

007/慰めの報酬

Filed under: - dekaino @ 21:39 このエントリをはてなブックマークに追加 007/違演のはてなBookmark被リンク数

007/慰めの報酬を観ました。007最新作にして、ボンドをダニエル=クレイグが演じる作品としては2作目です。

今回の敵はMI6の内部にまで手先がいる正体不明の組織Quantum、なんかハードディスクドライブメーカーみたいな名前です。この組織が隠れ蓑としているのがエコ・グリーンと言う環境保護団体。
なかなか現代社会に即したうまい設定です。実在するエコとかグリーンとか騒いでる団体って確かにうさんくさい。石油メジャーならぬ水メジャーとして水利権ビジネスで貧困国から搾取します。
(水メジャーは実際にフランスやイギリスにある業態)

クレイグのボンドはダジャレはまったくなく、完全な肉体アクション派、しかも結構泥にまみれる系です。
そしてスタイリッシュなかっこよさもあります。イタリアでプッチーニ作オペラのトスカが上演されている中でのQuantam幹部の会合&ボンドの介入のくだりが優雅かつ現代的でかっこいい。古き良きゴルゴ13が出てきそうなスパイ映画風でもあり、しかし古臭くなく現代的なスタイリッシュさがあります。

マチュー=アマルリックが演じる悪役エコ・グリーン代表のドミニク=グリーン(スペルはGREENE)はひょろひょろの優男、いかにも証券会社か投資銀行にいそうなインテリタイプなのですが、それなりにアクションをこなします。

ボンドガールズは今回は2名。ヒロインで話にバリバリ絡むカミーユと薄幸な事務員ミス・フィールズ。私はミス・フィールズの方が好きだなぁ。でも本当に薄幸過ぎてかわいそうです。

ウィットとか笑いとかの要素は少なく、勤勉な肉体派スパイってちょっと007シリーズじゃなくてもいいんじゃないかと思いますが、駆け出し時代の007という苦しい言い訳しかないかな。毎回お楽しみのガジェット(面白メカ)はほとんど出番なし。ボンドが使うハイテク機器といえばせいぜいGPSとカメラ機能が搭載された携帯電話くらいか。こんなの日本の中高生でも持ってます。

CIAが初めは敵対的なのに、人事異動によってちょっと話がわかるように変わったと言うくだりは、CHANGEがスローガンの政権交代を反映しているのかもしれません。

2009/1/17 Saturday

山十邸

Filed under: - dekaino @ 23:13 このエントリをはてなブックマークに追加 絮怨犬里呂討Bookmark被リンク数

神奈川県愛川町熊坂にある古民家の山十邸に行ってきました。
山十邸 薬医門
立派な薬医門。薬医門とはよく時代劇で武家屋敷とか寺社門で見られる門です。基本は4本の柱で建てられた屋根付の門で、観音開きの大きな門の横に小さな通用門が併設されている形式。

山十邸 庭と母屋正面
庭と母屋正面です。松が立派。

山十邸 座敷
上客を迎える座敷。母屋で一番いい部屋。掛け軸もよくわからないけど立派

山十邸 井戸と縁側
裏に回ると庭に井戸があります。目下の客は裏庭に回して縁側から応対したのでしょう。

山十邸 蔵
立派な蔵もあります。蔵の中も自由に見学可能。中には古民具や雑貨が展示されています。

山十邸は現地にいた豪農熊坂家の屋敷として明治初期に建てられた民家です。山十は熊坂家の屋号で、ここらの土地の地名でもあります。
昭和19年に満鉄調査部にいた大川周明氏がこの屋敷を買い取り、戦後から昭和32年に死去するまでここに居住していたそうです。満鉄調査部といえば要はスパイだから早めに情勢を判断して帰国したのでしょう。ナチスドイツ敗北必至なんて情報はとうに入ってたでしょうし。

大川周明氏は奇行が多かったようで、自身もA級戦犯として起訴された東京裁判では東条英機元首相の頭をビターンとはたくなど大変なことしでかしてます。


なぜかYoutubeにも東条英機をはたくシーンが掲載されています。
本人は精神鑑定により起訴免除となり結局なんの罪にも問われないまま東京裁判は閉廷してしまったようです。なかなかやり口が巧みだ。

古民家を管理している愛川町の解説では大川周明氏については極力触れない方針らしくて、この手の面白エピソードはまったく紹介されていません。コーランの日本語訳を作った有名な思想家・学者なんて通り一遍のつまらない説明だけで終わっているのが残念。

山十邸のアクセス方法と見学可能日時は愛川町のサイトに掲載されています。
駐車場は5〜6台分はありますが、正面にある道路(中津往還)がかなり狭い道で、軽でもすれ違うのがやっとなので要注意。

2009/1/15 Thursday

ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜

Filed under: - dekaino @ 23:20 このエントリをはてなブックマークに追加 ャ若鴻!吾c 障鴻障のはてなBookmark被リンク数

ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜 / エト -ETO- の二本立てを観ました。
ETO

どちらもうすた京介原作のマンガの映画化。アニメはDLEが担当。ジャガーさんの方はFROGMANが制作しています。大胆に比喩するならジャガーがとなりのトトロでETOが火垂るの墓という役割分担です。

ストーリーは、ドラえもんの映画みたいなもんです。普段の連載漫画とは違って劇場版ならではの大スケールの冒険に出るというノリ。だからといって普段のいじめっ子キャラが映画ではなぜか性格よくなる現象はありません。みんな自然体、いつものまんまであります。
商業映画としては大胆にジブリアニメのパロディーをやらかしてますが、なんかもうどうでもいい感じで、問題にされることはなさそう。

TOHOシネマズで観ればマナームービーとあわせて蛙男三昧!
フラッシュアニメが好きな方におすすめ。

ちなみに べんぴ猫は予告編だけに参加のようで残念。キリン村はやく再開してくれ〜

神奈川県立自然保護センター

Filed under: - dekaino @ 23:03 このエントリをはてなブックマークに追加 腑絅綏腴銀茘激祉潟帥爾里呂討Bookmark被リンク数

神奈川県立自然保護センターに行きました。別名を自然環境保全センターともいい、県立七沢森林公園のすぐ近くにあります。
森林公園のような人間の手が入った緑化地域とは異なり、谷全体を自然のままに保全した保護区を備える施設です。学術的にはこちらの方が価値が高いのかな?

保護された野生動物を飼育する施設もあります。
神奈川県立自然保護センターのオオタカ
保護されたオオタカ。ケージの中から人間をにらみつけています。

日曜、祝日は緩衝区域(原則手入れをしない地域)の散策道を歩くこともできます。
冬は昼になっても霜柱がにょきにょき生えてました。夜はすごく冷え込むと思われます。

自然保護センター 地図

2009/1/12 Monday

ティンカー・ベル

Filed under: - dekaino @ 22:11 このエントリをはてなブックマークに追加 c潟若祉のはてなBookmark被リンク数

ディズニートゥーンスタジオズの映画ティンカー・ベルを観ました。3D CGアニメです。

ピーターパンに出てくる妖精ティンカー・ベルの誕生から人間界に来るまでの話です。
今のアメリカの経済状況を思わせるような製造業礼賛物語。エンジニアの才能は恥ずかしいことではない。社会に貢献できる素晴らしい能力なんだというメッセージが含まれています。これって誰に向けたメッセージなのかちょっと深読みしたくなるような文部省推奨または労働推奨というノリの作品です。

本作はティンカーベルシリーズとして4作連続作品の第一弾という位置づけらしいのですが、この先どうなることやら。最後にウェンディーがちょこっと出てきますが、ピーターパンのお出ましはまだありません。

モノ作りの妖精の話ならスケアクロウマンの方が出来がいいかも。

2009/1/3 Saturday

K-20怪人二十面相・伝

Filed under: - dekaino @ 22:01 このエントリをはてなブックマークに追加 K-20篋坂∝吾私のはてなBookmark被リンク数

K-20怪人二十面相・伝を観ました。
日本テレビ系で執拗に流されるCMで、これバットマンのパクリかな? ああまたテレビ局制作のつまらない映画だなって一見思ってしまいがち。しかし実際に観たら期待を裏切ってめっぽう面白いのです。

北村想の怪人二十面相・伝が原作とされていますが、原案といっていいくらいに違う話になっています。
まず舞台が日米開戦がなかった時代の昭和24年という架空史の世界です。つまり米国はモンロー主義のままヨーロッパ戦線にも参戦せず、おそらくヨーロッパや北アフリカはドイツを中心とした第三帝国が支配しているという世界観。核兵器もおそらく開発されていなかったと思われます。
当然東京大空襲もなかったわけで、震災後の建物がそのまま残っている昭和24年の帝都が素晴らしいCGで再現されています。

ストーリーや演出もかなりよい出来。それも当然で、監督・脚本は佐藤嗣麻子。15年ほど前にテレビ東京の深夜枠でやっていた学園ホラードラマ、エコエコアザラクやねらわれた学園の劇場版の監督・脚本をやっていた、いわゆるキャラ萌えではない面白いストーリーの映画を作れる人です。

本作でもスピーディーな展開と映えるアクションの連続でとても面白いです。
大人の事情でどうしてもつらいキャスティングがありますが、それも巧く誤魔化しています。具体的に言えば松たか子なんだけど。良家のお嬢様がレールに乗って結婚するって設定なら、二十歳そこそこか下手したら十代のはず。なんでまた松たか子なのか? 少女じゃないのに少林少女の柴咲コウぐらいひどいキャスティングです。正直いまの松たか子ってお嬢様の母親役で出ても不思議じゃない貫禄ですよね。
でもそんなの気にしない。松たか子は二十歳だと劇中設定したなら、15〜25歳のリアルな若い女優をまったく出演させないのです。こうすることで、なんとなく観客はああ若いお嬢様なのかもなぁと納得してしまうのです。もし一人でもリアル十代の女性が松たか子の隣に並んだらその魔法は解けてしまうはずです。おかげで初々しい女優好きの人にはちょっとさびしい映画になってしまいました。
この大胆な思い切りのいい詐術が気持ちいい。嘘をつくというのはこういうことだという巧みな演出! かっこいいぜ佐藤嗣麻子。
スターウォーズだってレイア姫がキャリー=フィッシャーだったし、スパイダーマンだってヒロインのメリー=ジェーンがキルステン=ダンストなんだから、いけてない女優がヒロインやってても映画は面白く作れるし、ヒットだって可能なはずなのです。(それでもかなりのハンデだぜ。松たか子)

アクションについてもかなり冴えてます。本作はサーカスの曲芸兼手品師が主役なのでサーカス曲芸やそれに類するアクションがたくさん出てくるのですが、これがワイヤーアクションじゃないんですよ。もちろんCGで誤魔化しているのでもなく、生身の体術でこなしているのです。中国雑技段バリのアクションが心地いい。ワイヤーアクションやCGと違って動きが物理法則に反していないのでテンポもキレもよいかっこいいアクションシーンに仕上がっています。

細かいところをつっこむとテスラ装置の操作盤の文字がすべてドイツ語だったのですが、テスラってアメリカに移民しないまま、ドイツ語圏で研究開発したと言う設定なんでしょうか? テスラはオーストリア・ハンガリ帝国領内の出身なのでその可能性は高い。もしくはアメリカ人も輸出品にはドイツ語の銘版をつけるくらいアメリカの地位が低い世界観と言うことなのでしょうか? まぁ確かに1940年代にアメリカがモンロー主義を貫いていたら今のメキシコかブラジル程度の国際的地位しかなかった気もしますね。
世界観を必要以上に説明しないところも嘘のつき方が巧いなぁって思います。

また、孤児が住む貧民街はノガミにある設定、そして主人公が住む盗人宿は浅草という設定になっています。ノガミは当然上野の符丁なんでしょうが、だったら浅草もエンコって符丁で呼ぶべきじゃないのか? なんかノガミと浅草って言葉が一緒に出てくるとすわりが悪いです。ノガミ&エンコ または 上野&浅草のどちらかにしてほしい。大人の事情で浮浪児が住むところに実名の上野を出すわけにはいかなかったというところなのかな?

同じ日本テレビ制作の252とはまったく違う次元の出来の良さ。佐藤嗣麻子の名前がメジャーになるかも知れないし、下手な宣伝のおかげで不入りのまま早々に公開が終わってしまうかも知れない、先が読めない映画です。でも面白いことは確か。劇場の大スクリーンで観たい方はお早めに。

2009/1/2 Friday

SFC版ヨッシーアイランド

Filed under: - dekaino @ 2:24 このエントリをはてなブックマークに追加 SFC激若≪ゃ潟のはてなBookmark被リンク数

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今年の正月休みはヨッシーアイランドをプレイしていました。ニンテンドーDS版ではありません。スーパーファミコン版です。
SFC ヨッシーアイランド
1995年発売だから14年前のゲーム。買った当時は途中までやってそのままお蔵入りしてた代物です。押入れをあさっていたら発掘された物件。

スーパーファミコンをセットアップして電源を入れてみると、セーブデータがまだ残っていました。この時代のカセットのセーブデータってフラッシュメモリじゃなくてSRAM+バッテリバックアップだと思うけど14年たっても電池が残ってるってすごいです。ちなみにセーブデータは全6面のうち4面の途中までしかやってませんでした。

14年前だけあって内容はまったく覚えていない。セーブデータはサクっと初期化して最初からプレイ。攻略本も取説もまったくない状況でのスタートですが、さすが任天堂のゲームだけあってゲームをしながら操作の仕方を学べるようになっていてまったく問題なしでした。
結局 30日(火)の日中に始めて2日(金)の未明にクリアと大して時間もかからずに一応クリアしました。
まだ隠し面とか隠れキャラとかいろいろ入ってそうですが、そこまでやりこむつもりはありません。学生時代みたいに休みが長ければあるいは…

正月休みの暇つぶしとしてはなかなか面白いゲームでした。2009年にプレイしても全然古臭さ感じさせないのはさすが任天堂です。ハードウェアのスーパーファミコンはさすがに古臭いですけど。

2008/12/31 Wednesday

動物農場

Filed under: - dekaino @ 20:57 このエントリをはてなブックマークに追加 莨峨瓦里呂討Bookmark被リンク数

動物農場を観ました。
ジョージ=オーウェルの同名小説をアニメ化した作品です。製作は1954年、イギリスです。基本的に原作に忠実ですがラストだけ変わってます。

一言でいえば、反共・反ソ連のプロパガンダアニメ映画です。動物達がComrades(同志!)と呼びかけたり、労働歌うたったり、誤解しようもなく当時のソ連を戯画化した世界観です。また、労働者が支配者に搾取される状況に反抗するプロレタリアート文学的要素もあります。

スタジオジブリの企画により2008年末から2009年年始にかけて東京と大阪で上映されていますが、反共映画のためでしょうか、日本の従来左翼層の反応は薄いようです。

アニメーションとしてのクオリティはかなり高く、動物の擬人化アニメとしては高水準と言っていいでしょう。
特に農耕馬のBOXERというキャラがひときわすごい。
搾取されてボロクズのように殺される悲劇の馬BOXER
学はないが肉体労働ならバッチリと、絵に描いたような搾取されまくりの労働者の代表。風車小屋建設に多大な貢献をしたのに怪我で働けなくなると、即座に豚たちが飲む酒と引換えに糊屋に売られて屠殺されてしまうという悲劇の馬です。

トロツキーっぽい豚SNOWBALL
悲劇キャラは馬ばかりではありません。支配者層の豚のトロツキーっぽい役柄のSNOWBALLも悲劇キャラ。同じ支配者層の豚でスターリンっぽいNAPOLEONに粛清されてしまいます。

動物達が暴動を起こして人間の農場主を追い出し革命を成功させると、鳩たちが革命を各地に飛び火させようとプロパガンダするあたりが、当時の西側が持っていた共産圏拡大への懸念がうかがえます。
本作では、幸福だった家畜たちはそんな言葉には耳を貸さず過酷な扱いを受けていた家畜達だけが話に乗って革命をおこすのですが、これも共産革命をおこした発展途上国について当時の西側はそう思っていた/市民にそう思わせたかったということなのでしょう。

建前だけ国民平等を掲げているのに実情は支配者層と労働者層が明確に分離しているあたり、反ソだけではなく反フランスの要素もあるように思えます。イギリス人はフランスが嫌いだし。
それから、共産圏と貿易をして利益を上げる商人は共産国よりももっと悪い存在だ! みたいな表現もありました。これは具体的にどこを指していたのか、中南米や中東/中央アジアなんでしょうか?

あえて難点を言えば、前半ではコミカルな振舞いでギャグ担当だったアヒルのひなが、後半シリアスな話になるとまったく出てこなくなり、投げっぱなし状態なのが気になりました。だいぶ目立つキャラだったのでシリアスな場面でも効果的に使えそうなのにもったいないです。

宮崎駿は本作について「今、豚は太っていない」というコピーをつけています。
駿本人は自分はBOXERのような存在だと思っているんだろうけど、下で働く人たちは彼のこともNAPOLEONのような豚だと思ってそうで、少し滑稽です。

2008/12/29 Monday

ミラーズ

Filed under: - dekaino @ 22:18 このエントリをはてなブックマークに追加 若困里呂討Bookmark被リンク数

ミラーズを観ました。
24のジャック=バウアー役で有名なキーファー=サザーランド主演。

ホラーと言うよりは超常現象ミステリと言った方が正確かも。X-Fileのノリがちょっとあります。
流血シーンはかなりどぎついです。
それにしてもキーファー=サザーランドは病んだ警官を演じるのが上手いです。アルコール中毒関係の演技は私生活でも十分予習済みだもんねってぐらいのリアルさです。

主人公の小学生くらいの息子のマイケルというのがいるのですが、彼の部屋に貼ってあるポスターがヤバいです。やれツバサクロニクルやらねぎ魔やら日本のダメ系萌えアニメのポスターがいっぱい。スタッフの趣味なんだろうか。こんなアニメに小学生男子がはまってる方がよほどホラーです。

ニューヨークにある数年前に火事で全焼してしまったデパートの廃墟が舞台です。ここに主人公のベンが夜警として見回りして事件に巻き込まれるという趣向。日本でいえば、かつて赤坂にあったホテルニュージャパンの廃墟が近いイメージでしょうか。確かにお化けが出てもおかしくない感じ。

なんだかんだいってキリスト教文化の悪魔ばらい(エクソシスト)の流れっぽいストーリーです。

2008/12/27 Saturday

多古の五百羅漢

Filed under: - dekaino @ 22:38 このエントリをはてなブックマークに追加 紊ゃ篋丞羲△里呂討Bookmark被リンク数

小田原市多古にある五百羅漢で有名な玉宝寺に行ってきました

小田急線では足柄駅が最寄駅になります。
小田急小田原線足柄駅
非常に小さな駅。ホームは6両列車がとまる長さしかありません。
駅前から玉宝寺まで「五百羅漢こちら」という案内看板が出てるので迷わず行けます。

途中に白山神社があったので寄ってみました。
多古白山神社その1
正確な名前は多古白山神社で、10月に行われるお祭りでやる小田原囃子というのが有名だそうです。小田原市のWEBサイトにも案内が出ています。
多古白山神社その2
12月は本殿前もがらーんとして誰もいません。

白山神社から100mもないすぐ近くに玉宝寺はあります。
玉宝寺(多古五百羅漢)
普段は本堂の扉が開いており、自由に中に入って五百羅漢を拝観できるのですが、法事などが執り行われている時は部外者は入れません。この日は3つも法事が入ってたので、法事の合間の短い時間に拝観させていただきました。

玉宝寺 鐘楼
境内には他にもいろいろあります。鐘も立派。

玉宝寺 地蔵尊
大きいお地蔵様もいらっしゃいました。

寺のすぐ近くには大雄山線の五百羅漢駅があります。こちらの方が足柄駅よりはやや近いかな。
足柄駅から五百羅漢駅までは歩いて数分と乗り換えは楽です。しかし足柄駅はほとんどの急行がとまらないので小田原まで行って乗り換えた方が便利な場合が多いです。
大雄山線五百羅漢駅
駅舎はマンションが併設されている新しい建物です。ローマ字表記が500RAKANってのはすごい超訳。この方式なら六本木は6PONGIになってしまうぞ!?

2008/12/21 Sunday

ワールド・オブ・ライズ

Filed under: - dekaino @ 22:25 このエントリをはてなブックマークに追加 若祉祉ゃ困里呂討Bookmark被リンク数

ワールド・オブ・ライズを観ました。原題はBODY OF LIES。直訳すると「偽りの相棒」あたりでしょうか。
劇中でも、CIAの現地エージェントの主人公のことをワシントンDCにいる情報戦略官はBODYと呼んでいます。

非常に分かり易いCIAのスパイ潜入ものの映画で、舞台は中東、イラク、ヨルダン、トルコです。
流血系の表現がどぎついです。ストーリーそのものは非常にわかりやすいように簡略化されていて、スパイの騙しあいドラマを期待してみると肩透かしかも。
なんたってゲームのプレーヤーがCIAとヨルダン情報部と正体不明のテロリストの3者しか出てこないんだからしょぼい。英国MI6とかイスラエルのモサドくらい出しやがれって感じ。
タイトルにもある嘘がキーワードなのですが、そんなたいした嘘でもないし嘘で塗り固めた世界観と言うわけでもない、ハリウッド映画になれた観客にもよく理解できるような薄っぺい嘘でしかありません。

デカプリオはアラビア語が上手いCIAエージェント役なのですが、彼のアラビア語が本当に上手いのかどうか私には判別できませんでした。どこのアラビア語方言だったんだろうか? ヨルダン情報部のハニの英語は確かにちょっと違う英語でした。たとえば「我々でやろう」って字幕で出るセリフで by us ではなくて by we とbyの後に主格がきてました。これは訛っているのか、それともイギリス英語なのか、少なくとも米語とは違う言葉でした。

アクション映画というよりは拷問の痛さがリアルに伝わってくる映画。

2008/12/20 Saturday

地球が静止する日

Filed under: - dekaino @ 23:39 このエントリをはてなブックマークに追加 亥罩≪イ里呂討Bookmark被リンク数

地球が静止する日を観ました。原題は"THE DAY THE EARTH STOOD STILL"です。ほぼ直訳。1951年に制作されたオリジナル版のリメイクです。1951年版の原題は同一ですが、邦題はちょっと変化してて「地球静止する日」です。なぜかリメイク版は地球〜ではなくて地球〜。ジャイアントロボにひきずられているのか? それとも50年経って日本語が変化したのか?

テーマ、メッセージ、そしてSFとしての格はオリジナル版と変わりません。ただし、舞台を冷戦終了後の現代にうつし、SF考証も今風になっています。主人公の異星人クラトゥが地球人と同じ姿かたちをしている理由もきれいに説明されますし、くわえて護衛ロボットのゴートがかなりSFギミック的にかっこいいです。かなり月光蝶っぽい。

降下ポイントがオリジナルではワシントンDCだったのに、本作ではニューヨークになっていたのは国連本部があるからなのでしょう。だからといって国連にまかせたりせず、アメリカが独裁的に処理しようとするあたりはオリジナルのままであり、アメリカって国は1951年から変わっていないのかもしれません。

以下はネタバレ談義
タイトルにある地球停止とは全世界的停電のことなのですが、オリジナル版と本作では発動するタイミングがだいぶ違います。オチがあいまいなところは変わらずなので、映画が終わった後の世界がどうなったかは観客の想像力に任されます。
本作での停電現象は飛行機だけ例外ということはなさそうなので、エアフォースワンに乗ってるであろう合衆国大統領は墜落死したことは想像に難くありません。徹底的に破壊されたのはアメリカ本土だけだし、実はクラトゥの文明は地球の突出した超大国を弱体化するという高度に政治的な介入をしただけなのかもしれないですね。
食物連鎖の頂点としての人類を完全に滅ぼしてしまうと逆に生態系を損なってしまいそうです。アメリカのロッキー山脈の狼は人間の駆除活動によって絶滅寸前までいったのですが、そのために生態系が崩れてカリブーなどが増えすぎてしまったそうです。そこでカナダから狼を連れてくるなどの保護施策を行って生態系を維持しようとしているとのこと。クラトゥ達も同じように人間の個体数を制御しようとしているのかも?

オリジナル作の良さを損なわずに、巧妙かつ大胆に現代風アレンジを断行した傑作です。

2008/12/14 Sunday

劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!

Filed under: - dekaino @ 22:46 このエントリをはてなブックマークに追加 雁蚊蚊蚊薔弱お ユ茖!!のはてなBookmark被リンク数

劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!を観ました。
東映動画/東映アニメーションのゲゲゲの鬼太郎40周年を記念した初の劇場版長編アニメです。(過去にも劇場版はあったけど中編でした)

いきなり冒頭は、白黒時代から2007年から放送している現行版まで5代の鬼太郎勢ぞろい。もちろん声優も野沢雅子、戸田恵子、松岡洋子、高山みなみが勢ぞろい! なかなか見ごたえがあります。残念ながら墓場鬼太郎は出てきません。今度は猫娘も5代全員勢ぞろいしたところをみてみたいです。

本編は、シナリオも作画も十分時間をとってていねいに作ってある印象です。序盤はいかにも学園が舞台のJホラーな作り方で、いかにもセーラー服を着て辛気臭い顔をした佐伯日菜子が転校してきそうな雰囲気です。
日本全国を6ブロックにわけ、それぞれで猫娘が出てくるパートが違う趣向が凝らしてあります。私はTOHOシネマズ小田原で観たので、関東甲信越バージョンです。猫娘がチャイナ服着て中華街で中田横浜市長と出てくる謎展開。他のブロック地区も似たような展開なのかなぁ?

尺は90分弱と完全に長編なので学齢に達してないお子様だとちょっとつらいかも。大人が観ても楽しめる良作です。

日向山

Filed under: - dekaino @ 22:10 このエントリをはてなブックマークに追加 ュ絮韻里呂討Bookmark被リンク数

日向山に行ってきました。日向山といっても山梨県ではなく、神奈川県厚木市と伊勢原市の市境にある方です。
日向山ハイキングマップ
日向薬師の本殿から裏にある山を30〜40分上れば山頂という気軽にハイキングに行ける山です。山頂の標高は404メートル。

最初はだらだらとつづら折の山道を登り、梅ノ木尾根/広沢寺温泉/日向山の道標がある分岐点を日向山方向へ行きます。ここからの急な階段を登りきると一見山頂に思える広場に出ますが、正面にもっと高い場所が見えます。山道をずんずん進むと、またもや山頂っぽい場所に出ますがまだ山頂ではありません。さらに先に進むと三度目の正直で本当の山頂にたどり着きます。
日向山頂上の祠
山頂には案内板と古いほこらがあります。

東方面だけ林が切れていて展望がひらけているのですが、この日は残念ながらガスが出ていてよく見えません。
日向山頂上から東方面の展望

来た道に戻らず、北斜面を道なりに降っていきます。
大釜弁財天
途中にある滝の上に鎮座する大釜弁財天神社

ゆっくり歩いても山頂から40分程度で広沢寺温泉に到着します。温泉で汗を流してハイキング終了。

2008/12/7 Sunday

ウォーリー

Filed under: - dekaino @ 17:04 このエントリをはてなブックマークに追加 若爾里呂討Bookmark被リンク数

ピクサーの劇場アニメウォーリーを観ました。
700〜800年後の未来、環境破壊された地球から人類が逃げ出した世界の話です。SF考証的にはかなり綿密な設定がなされており、ハードSFといってもよい世界観が構築されています。特に冒頭のウォーリーの700年間続いたであろう日常生活の描写はSF的にセンスオブワンダーにあふれています。

おそらく同じ時期に設計されたはずのウォーリーとイヴ(イヴァ?)はかなりの性能差があります。量産の家庭用ロボットと金持ち層向け宇宙クルーザーの備品ロボットでは違って当然なのかな?
しかも両者のコミュニケーションがかなり非対称。ウォーリーはほとんど片言の英語しか話しません。西部劇の教養がある白人開拓者と地元のインディアン娘との交流みたいな感じ。しかし後半で700年間の歳月で得た経験によりかけがえのない叡智を得たロボットであることが暗示されます。

ウォーリーのデザインはショートサーキットのNo.5にそっくり。リスペクトでしょうか? No.5はシドミードのデザインです。それを思うとSFっぽい本作にふさわしいのかも。
No.5 vs Wall-E

現代の物質文明に対する強烈な風刺がかなりきつい作品。それでも結局はロボットより人間が偉いんだというあたりがいかにもアメリカ映画です。

2008/12/5 Friday

D-WARS ディー・ウォーズ

Filed under: - dekaino @ 23:36 このエントリをはてなブックマークに追加 D-WARS c若祉若困里呂討Bookmark被リンク数

D-WARS ディー・ウォーズを観ました。原題はD-WAR、単数形です。Sはつかないのです。STARWARSからの連想なんでしょうか? 過去に複数形の原題をカタカナの邦題にするときに勝手に単数にしてしまうのはよくありましたが、逆のパターンはかなり珍しい。

韓国スタッフがハリウッドで撮った怪獣特撮映画です。とにかく特撮部分がすごい。伝説の超巨大な大蛇がロサンジェルスで大暴れです。ヘリコプターとも陸軍の戦車とも戦います。
ですがストーリーがまったくありません。夏休みのスーパー戦隊ヒーロー映画よりも中身がない。
最後に広げた風呂敷をたたむどころかそのまま投げっぱなしのシナリオは呆れるどころかあまりの堂々とした放棄ぶりに男気さえ感じさせます。
宮崎駿が暴走したまま誰もフォローしなかったらこんな映画になるのかも知れません。

もう劇場版デビルマンなんか目じゃない破綻したストーリーと卓越した特撮シーンのアンバランスさが素敵な映画です。

最後はやっぱり人類は滅んでしまったってことなのかなぁ。それじゃ来世で会えないなぁ…

2008/11/24 Monday

服部牧場

Filed under: - dekaino @ 9:48 このエントリをはてなブックマークに追加 у瓦里呂討Bookmark被リンク数

神奈川県愛甲郡愛川町にある服部牧場に遊びに行きました。
宮が瀬ダム周辺、国道412号沿い半原の近くにあります。
今年の夏の大雨で崩れた道路がまだ修復されておらず、半原日向の信号から津久井よりの部分がまだ対面交通となっています。そのため少し渋滞していました。

半原牧場にある家畜公園の案内看板。
家畜公園は愛川町に、社畜公園は戸塚にある

動物がたくさんいます。
ガチョウ
ガチョウはとにかくうるさい

牛
牛や馬もいます。身体が痒いらしく人間に掻いてほしいのか人を見ると身体を摺り寄せてきます。
売店で餌を売っているので餌やりもできます。
馬
馬は足が太い。足も痒いらしく足踏みしまくってました。

ポニーやロバもいました。
ポニー馬
ロバ
ロバはおとなしいです。控えめに身体を掻けと催促。

豚と兎もいました。こいつらは痒くないのか人をみても寄ってきません。
豚
兎

服部牧場から見た東丹沢の山。仏果山はきれいな三角形で半原富士と呼ばれています。
東丹沢

新鮮な牛乳やアイスクリームも売っていて、なかなか楽しい牧場見学でした。

2008/11/13 Thursday

コロナシネマワールド小田原の子供向け評価

Filed under: - dekaino @ 8:26 このエントリをはてなブックマークに追加 潟激若絨医絖箴荅箴,里呂討Bookmark被リンク数

コロナシネマワールド小田原の子供向け作品評価がすごいです。

どこの映画館でもやってることですが、上映中の作品の表を建物内の壁に貼り出しています。コロナ小田原は各作品についてお子様お薦めかどうか○△×の3段階で評価しています。

たとえば「パコと魔法の絵本」は○評価。まぁ当然ですね。今やってる中では一番子供向け。
他に○評価がついた作品は「レッドクリフ PartI 吹替」、まぁ吹替だからね。そして「イーグル・アイ」、アクションは大人子供関係なく楽しめるよね。

△評価はたとえば「釣りバカ日誌19 ようこそ! 鈴木建設御一行様」、団塊の世代がコアターゲットだから子供にはイマイチかもね。「まぼろしの邪馬台国」も△評価、そりゃサユリストの子供なんていないだろうしな。

ここまでは、非常に真っ当な評価です。誰がつけてもこんな感じでしょう。コロナ小田原がすごいのは×評価です。
なんと「崖の上のポニョ」が×評価! なんという大胆な評価。素晴らしい! たしかに善悪の区別がつかない子供にみせるにはあまりにも毒が強い作品です。少なくとも海の魚を水道水に入れるなんて無茶なことを覚えさせるのはまずいでしょう。
それにしても、釣りバカとか邪馬台国より下の評価とは思い切っています。クールだぜコロナ小田原!

ちなみに、「20世紀少年」も×評価。まぁこれは子供向けというより大人向けでも×だから妥当でしょう。

残念なのはこのクールな評価は館内に貼ってあるだけで、ネットでは見られません。やはり大人の事情でしょうか? この上映作品表を見たい人はコロナ小田原に行くしかありません!

2008/11/9 Sunday

レッドクリフ Part1

Filed under: - dekaino @ 6:39 このエントリをはてなブックマークに追加  Part1のはてなBookmark被リンク数

レッドクリフ Part1を観ました。言わずと知れた赤壁の戦いの映画化。監督は呉宇森(ジョン=ウー)。私が見たのは中国語音声で日本語字幕のバージョンです。

基本的には三国志演義をベースとした話なので、劉備は人徳が高い君子の善玉で、曹操は後漢帝国を専横する奸臣という悪玉という人物設定。劉備軍が新野城から敗走して、孫権と同盟、赤壁の地に陣を組み、曹操軍に陸戦で快勝するまでがPart1です。クライマックスの水軍の戦いはPart2までお預けです。

冒頭に三国志世界の背景について説明がこれは日本版だけなのか? 三国志を知らない人には量が多すぎてよくわからないだろうし、といってマンガやゲームで知った程度の人には当然過ぎることばかりで何の助けにもなっていない謎の説明パートです。

存在意義がよくわからない馬の難産シーンで、諸葛亮が見事を仔馬をとりあげます。そして付けた名前が萌萌(もんもん)。なんで もんもん?
しかも諸葛亮に「馬の出産も牛のも似たようなものでしょう」なんて言わせてるし、おそらく女優の牛萌萌にかけたギャグ? よくわからないネタが豊富に折り込まれているようです。

アクションシーンはかなり派手。三国志無双ばりに武将が一騎で出て行って雑兵を百や千くらい千切っては投げの大活躍。もうどうにでもしてくれ的なサイヤ人なみの無茶苦茶な戦闘力です。

時代考証的には矛盾だらけなのですが、そこはあえて目をつぶらないと精神衛生上よくありません。でも、赤壁の戦いの前から「赤壁」という地名があって地図にも書かれているってどうなのよ (赤壁という土地は実在するが、地名は赤壁の戦いがあった故事によるもので、その前に赤壁と呼ばれていたはずはない)

金城武が演ずるスーパー軍師の諸葛亮孔明、劇中中国語音声では普通に「諸葛亮」って呼ばれているのですが、なぜか字幕では「諸葛孔明」出ます。いやいや誰も孔明のコもいってないよ! どうも字幕製作者は日本だと孔明って言わないと通じないと思っている節があります。別に諸葛亮でいいのに、そこまで日本の三国志おたくに迎合しなくてもいいのではないかな?
余談ですが、中国語と日本語で呼び名が違うキャラって結構いて、たとえば西遊記の三蔵玄奘の仏弟子の豚の妖怪。日本だと猪八戒という名が有名ですが、中国では普通に猪悟能って呼びます。三蔵の弟子は悟空、悟能、悟浄とちゃんと統一性が法名を持ってるんです(ただし三蔵本人は弟子達を孫行者、猪八戒、沙和尚と呼ぶ)。これも中国語音声で「悟能」となってても日本語字幕で「八戒」と超訳されてしまうんだろうなぁ

映画の最後、クレジットが流れた後にPart2の予告編があります。当然のごとく燃える展開のようです。はやくPart2が観たい!

2008/11/8 Saturday

黒竜の滝で修行

Filed under: - dekaino @ 12:39 このエントリをはてなブックマークに追加 藥腴羯т信茵のはてなBookmark被リンク数

丹沢の四十八瀬川に沿ったハイキングコースを歩き、黒竜の滝まで遊びに行ってきました。

みくるべ行きバス
小田急小田原線の渋沢駅から小型バスみくるべ行きに乗ります。本数は非常に少なく2時間に1本程度なので注意。
みくるべまでは15分程度。
みくるべバス停
ここから四十八瀬川に沿ったみくるべ林道を上流方向に歩いていきます。
林道といっても完全に舗装されていて、自動車も普通に走れますが、一般車は進入禁止です。
みくるべ林道の案内
表丹沢県民の森まで歩いて1時間もかかりません。県民の森は駐車場やトイレ、あずま屋などがある施設です。
ここから黒竜の滝まで降りる道があります。
四十八瀬川の川原
四十八瀬川を渡るとすぐ黒竜の滝。
黒竜の滝 滝に打たれるでかいの
滝に打たれて雑念を払うでかいのであった。

四十八瀬川の対岸は西山林道です。こちらは舗装されていません。でもわだちがあるので自動車も入ってきている様子。
西山林道
西山林道を通って大倉バス停まで歩いて1時間弱。
大蔵付近の集落でみたゴミ集積所の掃除当番表。
当番表
上下東西南北右左中外??? 浦和なみです
丹沢大倉
大蔵バス停は丹沢登山の表玄関。かなりにぎわっていて、バスの本数も多い。
ここから渋沢駅までバスで15分。気軽にこられるハイキングでした。

2008/11/2 Sunday

イキガミ

Filed under: - dekaino @ 7:10 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃのはてなBookmark被リンク数

イキガミを観ました。
原作はマンガらしいのですがまったく読んだことはなく、映画館でやってた予告編を観ただけで特に期待もせず、たまたま映画の日にプレミアスクリーンでやっていたというだけの理由で観ました。

そしたら期待してないのを上回る出来の悪さに驚き。なにこれ? Vシネマみたい。しかもかなり程度の悪い方のVシネマ。
こんな作品にあれだけ予告編うちまくっていたとは驚きです。

オムニバス形式で3つの話が淡々とつづられるのですが、おそらく各話の間にCMをはさむことが前提の作り、とても間延びしていて劇場で観るような作りになっていません。
キャストは豪華なのですが、どうもキャストが先に決まりそれを活かすために脚本が書かれたような、まさにテレビドラマ的手法で作られていて、どうにもつまらないです。
何か勘違いしたのか劇場には多くのファミリー客がきていましたが、子供達は最初の30分でダレて、しゃべりまくるし走り回るし大変な状態。でも責める気持ちにはなれません。大人だって走り回りたいよってくらいひどかったです。

だいたい対象者3人が3人とも男性というのがバランス悪いし、毎日複数人が処分されている流れの中でたまたま担当した連続3件のみを切り出したって設定なのに、3件だけが特別扱いされていて違和感があります。
月に100件で少ないなぁとかいうノリなのに、かなり昔のたまたま担当した連続した3件のことだけ、どうしてそんなにこだわっていられるのか? 減俸とか研修とかの方をもっと考えろと!
後日談のあたりの妙なノリは世界観に矛盾しています。

製作の意図としては観客に泣いてほしいお涙頂戴モノらしいのですが、私には泣くのは無理でした。

2008/11/1 Saturday

クルマ未来祭

Filed under: - dekaino @ 8:55 このエントリをはてなブックマークに追加 ョキのはてなBookmark被リンク数

日産テクニカルセンターは厚木の山奥、伊勢原市との境にある日産自動車の開発拠点です。今年10月26日に「クルマ未来祭」と称して一般公開されました。実に4年ぶりのイベント開催です。

愛甲石田駅と伊勢原駅から無料のシャトルバスが出ていたのですが、すごい行列で混んでいたので歩いていきました。
普段から七沢とか清川村まで普通に徒歩で行くので大して遠くは感じません。駅から40分くらいで到着です。
NTC 赤坂門
山奥にいきなり現れるゲート。そのゲートの奥の日産の敷地内にトンネルがあります。
トンネル
トンネルを抜けるとハイテクっぽい高層ビル群が建ち並びます。
NTC1
NTC2

立体駐車場では屋台が並びます
インド屋台
インドばりばりの店があると思ったら、TATA財閥関係の人達らしい
TATAマーク
Tata consultancy serviceって10万円のクルマ作ってるところとは別会社なのかな?

いろいろな車の展示があります
ガチャピンセレナ
ガチャピンセレナとみずたマーチ
みずたマーチ

F1カー
F1カーも展示。GT-Rはパレードしていました。
GT-Rパレード

他にも輸出仕様車など珍しいクルマがたくさんありました。
消防車もありました。これは展示ではなくて実際に配備されているもの。
消防車

屋内の技術展示も興味深かったですが、それよりも室内の片隅にある備品が気になります。ヘルメットは必須らしい。
ヘルメット棚とキーボックス

標語もあります
技術標語
共有したい認識と価値観
-社会人として
1.助け合う気持ちよさ
2.新しいことにチャレンジする興奮
3.高い志と低い頭を両方持つ希少価値
4.24時間以内レスポンスの躍動感
5.一度は相手の立場にたつ思いやり
6.挨拶をする、される爽快感
7.いつも最後は感謝の気持ちでありがとう
-技術者として
1.商品は車である
2.モノとデータが我々のよりどころ
3.自由に技術論議が出来る喜び
4.日々勉強して腕を磨く
5.好奇心が創造の源
6.分かり易い技術、分かり易い説明
7.お客様のほめ言葉が聞きたい

かなり立派なことを言っています。

社員食堂を一般開放してランチを提供していました。
食堂は一番上の9階にあって見晴らしがいい。
社員食堂からの景色
見晴らしはいいけど見えるのは山ばかり。まさにマウンテンビュー。

世界的に不況が続きそうな情勢で、たぶん来年以降しばらくは一般公開はなさそう。山奥のハイテク基地を観察する貴重な機会でした。
青学キャンパス跡地のNATCは一般公開しないのかなぁ…

2008/10/24 Friday

木更津 證誠寺の旅 その3

Filed under: - dekaino @ 0:12 このエントリをはてなブックマークに追加 贋乾 茘茯絲冴 3のはてなBookmark被リンク数

前回たらふく魚介類を食べた話の続きです。
ご飯を食べた後は、ちょっと腹ごなしがてら中の島まで散歩しました。
中の島は木更津港湾内にある中州のような小さい島です。港からは中の島大橋を渡って行くことができます。
中の島大橋
これが中の島大橋。車両が渡れる大型の橋です。徒歩でも車道を歩いて渡ることができます。
中の島大橋
登り口からみた中の島大橋。けっこう威圧感あります。

橋の最高地点からみた君津方面。新日鉄の製鉄所らしき建物が見えます。
君津方面の工場
最高地点にあった銘版。木更津キャッツアイのパネルと同じく落書きだらけ。
中の島大橋の銘版
海面から26m弱とかなり高いです。

中の島に渡るとあまり人はいません。
中の島
潮干狩りのシーズンは人でごった返すそうですが、オフシーズンは寂しい限りです。

中の島でちょっと食休みした後は、このたびのメインイベントを見るべく證誠寺にいきました。
證誠寺
2008年10月18日は證誠寺でたぬき祭をやる日だったのです。
近所の子供が狸の扮装をして踊るという、いかにもなお祭り。子供たちの親や親戚が押しかけています。
證誠寺本堂
踊りの舞台となる本堂には狸の置物やら屏風やら掛け軸やら、これでもかっと飾り立ててあります。

證誠寺の境内にもたくさん狸がいます。
證誠寺境内の狸1證誠寺境内の狸2
狸塚なのものもありました。狸汁として食われた狸の冥福を祈っているんでしょうか?
證誠寺 狸塚

踊りが開始される頃合には見物人がますます増えてきました。人ごみが苦手なので早々と撤収。神社仏閣が多い周辺地域を散歩しました。

水辺の街にはつきものの弁財天。
木更津弁財天
お堂の梁の上をよく見るとウサギがいます
弁財天のウサギ
そして手水にはカメの像が。やはりウサギとカメはセットなんでしょうか?
弁財天 手水
神社の周りに水がめぐらされているのですが、そこに生きている亀もいました。
弁財天の生き亀様

また、由緒正しい八剱八幡神社(やつるぎはちまん じんじゃ)も近くにあります。
木更津 八剱八幡神社

商店街にもタヌキだらけ
商店街の狸1
商店街の狸2商店街の狸3
かわいらしいのが多いです。
タヌキだけでなく猫だっています。
商店街の猫
港町の猫は美味い魚たべているんだろうなぁ。気持ちよさそうに寝ています。

帰りは、千葉駅まで内房線普通列車で移動し、そこから横須賀線直通・総武線快速のグリーン車に乗りました。
木更津からは総武線快速直通の電車は1時間に1本しかないのに、千葉まで出ると総武線快速は10分に1本出ているからです。
千葉駅の回りも少し散策したのですが、それはまた別の機会に紹介しましょう。

千葉駅で茅ヶ崎までの普通列車自由席グリーン券を改札外の自販機で買ったのですが、これが小さい
駅自販機で買った普通列車自由席グリーン券
いわゆる普通のきっぷと同じサイズ。みどりの窓口で買ったものとは大違いです。でも効力は大きい券とまったく同じです。

帰宅した後で気づいたのですが、グリーン券を検札したときにつけられる印が大きい券と小さい券ではやり方が違うようです。
グリーン券の検札
大きい券だと日付入りスタンプが押されていますが、小さい券だと穴をあけるだけみたいです。小さい券にスタンプ押すと券面表示が読めなくなってしまうからでしょうか?
ちょっと小さな発見でした。

以上で木更津旅行の話はおしまい。大変に充実した旅でした。

[完]

木更津 魚介と狸の旅 その2

Filed under: - dekaino @ 0:07 このエントリをはてなブックマークに追加 贋乾 薛篁吾 2のはてなBookmark被リンク数

前回の続きです

戸塚で乗り換えた横須賀線は、総武線快速から内房線に乗り入れます。目的駅の木更津まで2時間ほどグリーン席でまったりしてるだけの快適旅行です。JR全線乗り放題きっぷで乗っているとは思えない贅沢さ。首都圏エリアの普通列車自由席グリーン券制度は本当に素晴らしい。

小湊鉄道の車両 (五井駅)
五井駅で見た小湊鉄道の車両

11:15に定刻どおり木更津駅に到着
木更津駅
改札外にある観光案内地図
木更津観光案内地図

木更津は狸囃しの童謡で有名な證誠寺があるせいか、そこら中が狸だらけのファンキーな街です。
駅前にはいきなり逆立ちしたタヌキの巨像が!
さかさ狸さかさ狸の説明
駅前には小湊鉄道バスが止まっていました。
小湊鉄道バス
暖色系のカラーリングが南国っぽい。

そしてもう世間では忘れ去られているようですが、木更津といえば木更津キャッツアイ! 2008年現在でも、でっかいパネルが飾ってありました。
木更津キャッツアイ
しかしとにかく落書きだらけ。これが房総の文化レベルなのか? 地元民よりは観光客が書いた落書きが多いようです。

駅西口から木更津港へ抜ける大通りは商店街になっています。
つーか西口が海に面しているというのが、横浜育ち神奈川在住の人間には衝撃です。さすが房総半島! そして商店街も狸だらけ。

狸の弁当屋
弁当屋の狸 證誠寺の案内看板
證誠寺の案内看板。看板にある栄太楼は地元の和菓子屋さんらしいです。

狸の石像群
狸の石像群

木更津港は歴史のある港。港の周囲は公園になっています。
木更津港
港も狸だらけ!
楽器を奏でる狸3匹
なんか楽器を演奏しているのがいる。
あさりのぽこちゃん
ヴィーナス誕生を気取っているのか? ぽこちゃん。
帆立貝でもシャコ貝でもなくアサリなのがミソ。
謎のデカ狸
そして隣に謎のデカ狸が登場

港の近くに水産物の加工販売をしている厚生水産があります。ここが今日の目的地!
厚生水産
この隣にある直営食堂が海鮮茶屋活き活き亭です。やっぱり狸がいる。
活き活き亭
ここはセルフサービスで海鮮バーベキューが食べられる店。加工した海産物をカフェテリア方式で好きなだけとってきて精算。食卓にセットされた焼き網でガンガン焼いて食べるという趣向なのです。
活き活き亭メニュー
このメニューはごく一部です!

こんな感じに貝やら魚やら好きなだけもってきます
海鮮ネタ
そして網でひたすら焼く
焼き網
焼けたホッキ貝
焼きあがったホッキ貝。超美味でした。
四角いのは木更津揚げ、さつま揚げの類、たぶんイワシの練り物を揚げたもの。これも美味い!

丼ものや刺身も注文できます。さすがにセルフサービスではありません。
海鮮丼
海鮮丼うまい!

贅沢な昼ご飯を食べたところで、その2はおしまい。
次回その3は狸囃しで有名な證誠寺に突入レポートです。
お楽しみに

2008/10/21 Tuesday

木更津 グリーン車の旅 その1

Filed under: - dekaino @ 23:25 このエントリをはてなブックマークに追加 贋乾 違若活 1のはてなBookmark被リンク数

先週の富士山一周の旅で使った鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷの余りを有効利用するため、木更津旅行を企画しました。
少し前までは18きっぷ系の普通列車乗り放題企画きっぷで乗れるのは普通か快速列車の自由席のみでグリーン車には乗れませんでした。しかし最近グリーン車に関するルール変更があり、グリーン券を買い足せば18きっぷでもグリーン車に乗れるように規約が変更になったのです。もちろん鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷもグリーン車OKです(別途グリーン券が必要)。
普通列車グリーン券特例の首都圏エリア
しかも、普通or快速列車自由席グリーン券において、上図エリア内であれば出発駅から目的駅まで何本乗り継いでも1枚のグリーン券でOKという特例があります。しかも土休日だと割引料金にすらなってしまうのです。
料金も50km以下と50km超の2段階だけ。つまり上エリアの端から端まで乗っても50km超料金でOKと大変な大盤振る舞いです。
詳細ルール
具体的に言うと、茅ヶ崎駅から木更津駅までの130km超えの行程すべて、たった750円(土休日料金)でずっとグリーン車に乗れるのです! しかも、鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷが使えるのです。これはグリーン車に乗らない手はない!

これがあらかじめ出発日前日にみどりの窓口で購入したグリーン券です。
グリーン券(大)
いまホームにあるグリーン券発券機は、SuicaまたはPASMOに登録するタイプのグリーン券しか売っていません。必然的に乗る人数の回数だけフェリカカードを通す必要があるのでかなり混む確率が高いのです。これが従来の磁気券であれば複数枚まとめ買いができるので行列もそんなにならばないのですが…
グリーン券を買うのに手間取って電車に乗り遅れる危険を避けるため、念のためあらかじめ購入した次第です。

前回の富士山一周旅行と同じく厚木駅(ニセ)を出発駅としました。08:18発の相模線上り列車茅ヶ崎行に乗りました。

途中の寒川駅で見た看板。
新幹線新駅誘致看板 (寒川駅)
いや新幹線新駅ムリでしょう。たとえ中央リニア駅が橋本にできたとしても倉見に新幹線駅をつくるメリットはないです。

08:44に茅ヶ崎駅着、08:50発の東海道線上り列車に乗り込みます。
東海道線グリーン車両 (茅ヶ崎駅)
これが夢のグリーン車両。4〜5号車です!!
これがグリーン席 ロマンスカーと同レベルか?
東海道線グリーン車の席
天井には謎の赤ランプが!
グリーン席の天井にある赤LED
この赤いのが点いている席に座っていると、ササーと検札兼車内販売のお姉さんがグリーン券のチェックに来ます。

お姉さんにグリーン券を見せて納得させると、必ず「どちらの駅で乗り換えますか」と聞かれるようです。
グリーン席の天井にある緑LED
乗換駅を告げるとお姉さんがPDAみたいな機械をポチポチ操作します。しばらくするといつのまにか天井のLEDが緑色に変化します。こうなってしまえばもう大丈夫。検札されることはありません。

木更津に行くには東海道線から横須賀線・総武線快速に乗り換えないといけません。大船から東京の間の双方の列車が止まる駅のどこでも乗換えが可能なのですが、ここは戸塚駅で乗り換えるのが大基本です。なぜならば他の乗換え可能駅、大船、横浜、品川、新橋、東京すべてにおいて、乗り換えるためには階段を上り下りして別のホームに行かないといけないのです。戸塚駅だけが唯一東海道線と横須賀線が同じホームの反対側に止まる駅で、階段を使わずに乗換えが可能なのです。
戸塚駅で東海道線から横須賀線に乗り継がないと本当の通とは言えません。

東海道線は09:09戸塚駅着。
戸塚駅前の再開発
戸塚駅前は大規模な再開発中です。
横須賀線グリーン車両h
09:12発の横須賀線に乗車。もちろんまたしてもグリーン車両。大変スムーズに乗換えができました。
この列車で木更津まで直行です。うーむ楽ちんすぎる。快適快適!

その2に続く!

2008/10/13 Monday

富士山一周 鉄道の旅

Filed under: - dekaino @ 17:58 このエントリをはてなブックマークに追加 絲紕絮延 のはてなBookmark被リンク数

青春18きっぷというものがありますが、残念ながら10月は使えません。
しかし10月には鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷというものがあります。
鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ
これは10月4日から10月19日までの間だけ使用できる企画乗車券で、使用ルールは18きっぷとほとんど同じ。異なる点は3枚綴りであること、価格が9180円(1枚あたり3060円)、使用可能期間が違うの3点だけです。18きっぷよりやや割高ですが、3枚綴りなので余ってしまう心配は減ります。

海老名市にあるのに厚木駅。通称ニセ厚木。
厚木駅
10月11日朝、この厚木駅から出発しました。
厚木駅の駅印
改札で、出発駅の駅印が切符に捺印されます。
08:02発相模線下り茅ヶ崎駅に乗ります。いきなり単線&半自動ドア(車体外にあるボタンを押さないと扉が開かない)というローカル色満点のスタート。

08:26茅ヶ崎着。ここで東海道線に乗り換え。
東海道線下り熱海行き in 茅ヶ崎駅
08:37発東海道線下り熱海行きに乗りました。

09:30熱海着。ここでJR東日本とお別れ。ここから西はJR東海エリアです。
伊豆急
駅にいた伊豆急行の車両。残念ながらJR全線乗り放題きっぷでは伊東までしか行けないので今回はパスです。

09:36発島田行きに乗車。
熱海発東海道線下り島田行き
JR東海になると東海道線といえども思いっきりローカル線の香りがします

10:16富士駅着。ここで身延線に乗り換えます。
富士駅
富士駅の線路
富士駅のまわりは工場が多く、貨物用の引き込み線もたくさんあります。
ここで20分の待ち時間があるので改札の外を散歩しました。

駅前にいきなり王子製紙の工場があります。
王子製紙
ですが、駅前のショッピングセンターがつぶれていたりしてかなり商業的には寂れつつあるようです。静岡県の東海道沿線はどこも衰退している印象。

北口のコンコースに出たら謎の像を発見しました。
飛躍
「飛躍」らしいです。さっそく真似てみます。
富士駅北口 飛躍

10:36発身延線甲府行き。
富士発身延線甲府行き
富士から甲府までの直通普通電車は希少です。
これを逃したら2時間くらい甲府への到着が遅れてしまいます。
整理券発券装置
この電車は甲府直通なので車掌がいましたが、普段はワンマン運転しているようです。車両内に整理券発券装置がありました。今回は車掌がいるので活躍することはなかったようです。

身延線は富士川の東岸に沿って進みます。東京電力と中部電力の営業エリアの境界の東電側、つまり50Hzゾーンぎりぎりを走る鉄路です。
身延駅
途中の身延駅では11:49着12:12発と23分の停車時間があります。改札の外に出てみました。しかし昼ごはんを食べるほどの余裕はなし。
富士川(身延)
駅のすぐ近くに富士川が流れていて素晴らしい景色。

甲府駅
甲府駅には13:23着。富士駅から3時間弱の鈍行旅行でした。
とにかく空腹なので、駅前の有名なほうとう店の小作で昼食。
信玄セット
信玄セット(かぼちゃほうとう+松茸ご飯)
きのこほうとう
きのこほうとう
どちらも大変美味です。

食後は腹ごなしに駅近くの鶴舞城に散歩
甲府からみた富士山
富士山がきれいにみえました。

甲府14:48発中央本線上り高尾行きに乗車し、勝沼ぶどう郷で下車しました(15:13着)
勝沼ぶどう郷駅
ここから徒歩で甲州市勝沼(旧勝沼町立)ぶどうの丘まで15分。天然温泉やワインの試飲を楽しみました。
勝沼の夕焼け空
帰る頃にはきれいな夕焼け空。
勝沼ぶどう郷駅の駅舎も赤く染まります。
夕日に染まる勝沼ぶどう郷駅

17:25発立川行きに乗車し、18:45に八王子で下車。
18:52発の相模線直通の上り電車に乗って、出発駅の厚木駅に到着したのが19:40でした。

これで富士山の周囲を鉄路でぐるっと一周するというJR全線乗り放題の旅を終えました。

2008/9/29 Monday

アイアンマン

Filed under: - dekaino @ 0:59 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪ゃ≪潟海里呂討Bookmark被リンク数

アイアンマンを観ました。マーベルの有名ヒーローの実写映画化です。

アメリカでは大ヒットしているそうですが、確かに面白いです。大人が観ても楽しめます。原作の骨格は変えずに現代の国政政治事情にうまくあわせた話作りで、それなりに説得力があります。少なくとも007くらいにはリアルな背景設定です。マーベルヒーローからこんなハードな国際政治設定が出てくるとは思わなかった。

クルマにひかれそうになった子供を間一髪で救うのがせいぜいの何も考えないヒーローとか、ヒーロー同士でつるんで集団で悪の組織をボコりにいくマッチョ集団とかが従来のマーベルヒーローの印象だったのですが、劇場版アイアンマンは違います。
国際的武器製造会社の若社長が、テロ組織が自社製の武器を使っていることに苦悩するという、日本のマンガ・アニメが80〜90年代にすでに通過しているような設定を堂々と出してきて、そして成功しています。アクションもかなり面白かったです。やはり等身大人型兵器の空中戦は燃える! 演技も東映特撮にひけをとらないキレ。ほんと文句のつけどころがない出来です。

最後の最後にアベンジャーズ(マーベルヒーローの徒党)への誘いがくるあたり原作ファンへのサービスなんでしょうが、続編をつくるとしてもアベンジャーズは出してほしくないです。このハードな世界観でつっぱしってほしいものです。

2008/9/28 Sunday

兼高かおる世界の旅 南極編3部作

Filed under: - dekaino @ 23:17 このエントリをはてなブックマークに追加 守筝 罐窮隈3篏のはてなBookmark被リンク数

以前にも紹介した兼高かおる世界の旅・再放送 南極編、3週連続の特別企画を3つともすべて見たので紹介します。
これはTBSチャンネルで再放送されている番組。本放送は1971年でした。
スタジオのかおると芥川
スタジオで南極の説明をする兼高かおると芥川隆行(故人)。1971年当時の兼高かおるは43才! とても40過ぎとは見えない! 当時珍しいカラー放送をアピールするためか服装はとんでもないサイケ色になっています。

南極番組といえば昭和基地と思いますが、今回はまったく出てきません。
なぜならば、米軍全面バックアップのジャーナリスト向け南極ツアーに参加したレポートだからです。米軍は昭和基地など眼中にないのです。

まずいきなり米海軍輸送機に乗って空路で南極大陸に上陸です。
米海軍の輸送機
宗谷とかしらせで日本から海路オンリーで行く日本隊とは気合が違います

防寒具の説明
米海軍輸送機内で防寒具の説明を受けるかおる。すべての装備は米軍から無償貸与だそうです。さすが米軍、従軍記者には大盤振る舞いです。

米沿岸警備隊ヘリコプタ
着陸ポイントからこんどは米沿岸警備隊のヘリで砕氷船まで移動

米沿岸警備隊の砕氷船
砕氷船も米沿岸警備隊の船です。さっきのヘリはこの砕氷船の艦載機だったようです。

砕氷船でもっとも南極点に近い港、ロス島にあるマクマード基地まで行きます。
ペンギンとかおる
アザラシとかおる
ロス島にいる動物とたわむれるかおる。季節は夏なので地面が見えます。
バブルの頃まことしやかに言われたスキーウェアを着ると3割増しで美人に見える効果でしょうか、かおる当時40overとは思えない。21世紀のアラフォーは負けてます。

マクマード基地は南極大陸にある米国基地の中ではもっとも気候が穏やかな場所にあり、いろんな施設があります。アメリカ人たちはここを「南極のマイアミ」と呼んでいたそう。

教会1
教会2
教会だってあります。さすがアメリカ人。どんなとこにも教会を作る!

そして原子炉すらあるのです。原子力は夢の未来エナジィィィ! さすがアメリカン魂あふれる施設。
南極原子炉1
南極原子炉2
ちなみに21世紀現在には南極に原子炉は存在していません。さすがに廃炉になってます。

マクマード基地から雪上車でバード基地まで移動。ここは南極点までの中継基地となります。当時は越冬もしていたようですが、現在は夏季しか人はいないらしい。
バード基地にある生物研究室
バード基地にある生物研究室にお邪魔してみました。
生物研究室内部1
部屋の内装は意外と普通な感じ。なにやら真空管が搭載された増幅器を調べる科学者達。真空管というのが時代を感じさせます。
生物研究室内部2
どこにでもギターを持ち込むアメリカ人。極地にいる緊張感を感じさせません。

海中撮影1
棚氷に穴を開けて、ゴンドラを海の中に沈めます。カメラマンごと沈めて海中を撮影。
海中撮影2
アザラシがいます。
海中撮影3
スキューバダイビングする猛者もいます。

ハード基地から南極点にあるアムンゼン・スコット基地まで空路で移動。
輸送機

夏なので南極点は白夜です。
アムンゼン・スコット基地の通信室
南極点基地の通信室

そしてアマチュア無線局KC4AAAのシャックもありました。
南極点基地のアマチュア無線室
QSLカードが壁一面に貼ってあるのがわかります。

当時の日本の電波法では違法でしたが、アメリカのハムでは当然フォーンパッチが可能です。越冬隊員が本国の家族とフォーンパッチで話をするとき、部屋の上にこのような看板を出してプライバシーを守るのです。
フォーンパッチ

やはり女性が少ない環境らしく、かおるはモテモテだったようです。
当時の米軍人には日本駐留の経験がある人が多く(特に海軍・空軍は)、日本で放送されていた兼高かおる世界の旅を知ってるいる人もいたようです。

今の若い世代は兼高かおるを知らない人が多いでしょう。世界の旅そのものが兼高かおる本人の企画で、プロデューサ(スポンサーとしてパンナムを引き込んだり)、ディレクター、現地レポータ、通訳すべて独りでこなしたスーパーウーマン。
番組内で、ケネディー大統領と握手したり、アポロ11号の前にヒューストンのNASAの基地を紹介したり、ガチャピンか兼高かおるかってくらいの活躍をした人なのです。そろそろ再評価の動きがあってもいいかも。ちなみにまだ本人は存命です。

2008/9/23 Tuesday

劇場版 天元突破 グレンラガン 紅蓮篇

Filed under: - dekaino @ 19:44 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 紊腦 違潟 膣膀のはてなBookmark被リンク数

劇場版 天元突破 グレンラガン 紅蓮篇を観ました。
テレビアニメの劇場用に再構成したものです。
紅蓮篇は獣人四天王を倒すところまで。続きは螺厳編らしい。全部で2部か3部でやる予定のようです。

基本的なストーリーはテレビ版と同じですが、四天王を倒すあたりは完全に新作です。話をはしょってる関係で微妙にテレビ版とは話が前後している部分もありますが、劇場版だけでみればあまり気にならないと思います。

上映館も少ないし基本はセルDVDで儲ける目論見だと思われる作品。
絵の密度もご家庭のテレビでみるとちょうどいいレベルで、映画館でみるとちょっとスカスカな感じがします。

2008/9/22 Monday

イントゥ・ザ・ワイルド

Filed under: - dekaino @ 9:52 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟ャ祉吟祉ゃのはてなBookmark被リンク数

イントゥ・ザ・ワイルドを観ました。実話を元にした映画です。

頭脳優秀かつ経済的にも恵まれた若者が、いきなり蒸発して無銭旅行に出てしまう話。出発前にすべての貯金はチャリティに寄付し手持ちの小額紙幣も燃やしてしまう徹底ぶりに若者特有の潔癖さが描かれています。

アメリカ各地の雄大な自然がとても美しい反面、ストーリーはかなり重いです。1990年代を舞台としているのですが、まだアメリカにはヒッピー文化の残滓があったんですね。さすがに21世紀の今は老人ばかりでつらいんだろうなぁ。
本作には表面的には宗教的な話はほとんどでてきませんが、バックボーンにはキリスト教の価値観・倫理観が深く横たわっているように思えます。

主人公は自分の母親が正妻ではなく愛人であることに深く傷ついています。東アジア人には別にどうでもいいじゃんって感じられます、自分のせいじゃないわけだし。しかし、キリスト教倫理観ではこれは大罪なんでしょう。
作中で、ひとりの老ヒッピーが主人公に「おまえはイエスか?」って問う場面がありますが、イエス本人も不義の子(マリアの子イエスという呼び名そのものがマリアの私生児であることを示す蔑称)であることにかけてあるものと思われます。

ロードムービー的に美しい自然の風景を観るのが楽しい映画。また、厳格で禁欲的な価値観を押し付けた結果の悲劇という見方もできる作品です。

2008/9/21 Sunday

国府津館

Filed under: - dekaino @ 18:26 このエントリをはてなブックマークに追加 遵羇ラえのはてなBookmark被リンク数

国府津館でお食事してきました。
JR国府津駅の目と鼻の先。
一応東海道線と御殿場線のターミナル駅なのに今はちょっとさびしい国府津駅。明治の頃はものすごく栄えていたらしいです。

国府津館では、料理コースの予約をすると大浴場で入浴もできます。
国府津館の料理1
前菜。柿のなますみたいなのが美味しかった。

国府津館の料理2
アジのたたき。うまい。

国府津館の料理3
お造り

国府津館の料理4
伊勢海老の刺身。まだ生きていて触角が動いていました。いわゆる活作り。ぷりぷりでとても美味。

国府津館の料理5
カクアジの焼き物。一番食べでがありました。

国府津館の料理6
煮物

国府津館の料理7
カマスの揚げ物。カマスの大型種は西洋でバラクーダと呼ばれる魚。日本にも小型種がいて美味しく食べられます。

国府津館の料理8
ご飯と汁物。先ほどの伊勢海老の身の入った炊き込みご飯と、伊勢海老のアラで出汁をとった味噌汁。とてもいい香り。

国府津館の料理9
デザートはメロン。

大満足のグルメ旅でした。

2008/9/17 Wednesday

水郷田名

Filed under: - dekaino @ 23:54 このエントリをはてなブックマークに追加 羂顔欠医のはてなBookmark被リンク数

相模原市水郷田名に遊びに行ってきました。
厚木から相模川を上流方向に遡ったところにある高田橋の東側が水郷田名です。昔は大山街道の宿場だったらしい。
ここには相模川ふれあい科学館があります。川だけではなく海の魚や陸亀までいる科学館です。それなりに見ごたえあり。入館料は大人300円です。

そして科学館のそばに久兵衛堤防を作った江成久兵衛の銅像を発見。
江成久兵衛の銅像 江成久兵衛とでかいの
なんと米俵に腰掛けています。一粒でも多くのコメを取りたいと用水を引き堤防を築いた地元の名士だそうです。あやかりたいあやかりたい。私もちょっと真似してみました。

2008/9/14 Sunday

20世紀少年第一章

Filed under: - dekaino @ 22:50 このエントリをはてなブックマークに追加 20筝膣絨綛雁筝腴のはてなBookmark被リンク数

20世紀少年第一章を観ました。正確には第一章がつかない「20世紀少年」が正しいタイトル。三部作と知らないまま勘違いして観に来る客のことを考えた姑息な考えが見え隠れします。

ストーリーはおおむね原作どおり、細かいところをはしょって2000年の大晦日まで描写されます。小学館の長期連載マンガはダラダラしてものが多いのですが、映画化されるとそのダラダラ成分が丸ごとカットされて面白くなることがあります。でも本作はダラダラ成分は100%保存されていて厳しい。脚本に原作者の浦沢直樹が口出ししている模様。これはダメだー。

原作連載時は謎が謎を呼ぶミステリ仕立てで20世紀が終わる2000年12月31日にクライマックスが来るように盛り上げておいて、広げた風呂敷たためずにいつものダラダラモードに突入してしまったわけですが、映画製作時には風呂敷がたたまれないことがわかっているわけで、演出も苦労しています。
まずは、2015年のうみほたる刑務所にいる囚人の回想という形で映画が始まります。つまり2000年には決着がつかないということを観客に提示。そしてどうせ解かれない謎なのだから謎なんか提示しません。観客は「いったいトモダチは誰だ」なんて謎にはまったく感情移入することなく100%受身でストーリー展開を見るだけに留まります。
観客は謎解きに関心がないわけで、マークの由来とか意味とかいきなり解説されても、ああそうだから何? とまったく面白くない。

そして展開が速いだけに原作にある矛盾「ケンジは忙しいコンビニ店長のはずなのにフットワーク軽すぎ」も強調されてしまいます。
だいたいうみほたるにいるショーグンが知るはずないケンジのコンビニ経営時代まで回想しているという大矛盾もあるし…

まぁいろいろ言いましたが、はっきりいって尺が長いだけでつまらない映画でした。しかも観客動員数は結構いってるみたいで興行的にはOKとは単に行かないところもつらい。このあとの第二章、第三章がやばいです。
はっきり言って本作を観て次回作を観たくなる人はまずいないでしょう。エンドクレジットロールが流れた後で第二章の予告編が流れるのですが、「しん・よげんのしょ」が画面に出たとき観客席から失笑が聞こえてました。確かにつらいよね、原作連載時もヤバいネタだったと思う。

基本プロモーションとしては第二章封切直前に金曜ロードショー枠で本作をテレビ放送してCMガンガン打つんでしょうが、そもそも本作2時間半以上あるのでノーカット放送したらかなり苦しい。最後まで付き合ってみてくれる視聴者は少なそう。それに加えて本作を観たらむしろ第二章を観たくなくなってしまうんじゃないかという危惧あり。考えれば考えるだけ、第二章は厳しそうです。

もしかしたら第三章の製作はないかも?

2008/8/24 Sunday

劇場版仮面ライダーキバ 魔界城の王

Filed under: - dekaino @ 10:29 このエントリをはてなブックマークに追加 雁篁≪ゃ若 薛のはてなBookmark被リンク数

劇場版仮面ライダーキバ 魔界城の王を観ました。ゴーオンジャーの併映。

TVシリーズの敵ファンガイアとは別のレジェンドルガという種族が劇場版の敵です。よって下っ端ザコのファンガイアは出てきますが、チェックメイト・フォーなどの主要ファンガイアはまったく出てきません。クィーンの出番もなし。
出番がないといえば、ゲストキャラの机なつき(岡本玲)が野村静香(小池里奈)とキャラがかぶっているせいか、静香さんほとんど出てきません。カメオ出演なみのちょい出のみです。

机なつきの母親役を杏さゆりが演じていますが、80年代風の落ち着いた化粧しているとまるで別人、なんかフツーの人みたいなのが個人的に驚きでした。YJ制服コレ企画みたいなケバ派手化粧じゃなければ案外普通らしい。

ストーリーは、テレビシリーズとまったく同じ世界観ですが、演出が工夫されているというか、オーソドックスなわかりやすい形式になっています。
特にTV版みたいにピュゥウゥンって謎効果音だけで2008年と1986年を行ったりきたりすることはありません。渡または音也がタイムスリップするというイベントが発生したときのみ主役視点で時代が切り替わり、TVシリーズをみておらず劇場版が初見の客でも混乱しないですみます。難解な構造の世界観なだけに、極力わかりやすく作ったようです。

それから、映画で明かされた驚きの事実、キバは代々継承されるものらしい。えーーー? じゃ先代って誰なの? 一子相伝なの? TVシリーズで明かされるんでしょうか? キバ三兄弟と仲間はずれのダメ三男みたいな話になったりするのかな?

ついでに、10月にやる電王映画の宣伝しまくりです。電王ってホント人気あるんですね。テレビシリーズで帰ってきた電王とかゼータ電王みたいなのやればいいのに。

2008/8/20 Wednesday

大雄山最乗寺

Filed under: - dekaino @ 6:39 このエントリをはてなブックマークに追加 紊ч絮掩箙絲困里呂討Bookmark被リンク数

大雄山最乗寺道了尊に行ってきました。
普通は大雄山線大雄山駅からバスで10分なのですが、駅から最乗寺まで歩いてみました。

大雄山駅前のバスロータリに面している大通りを左にずんずん進むと、そのまま大雄山につきます。
途中で見かけた幼稚園の門柱。最乗寺が経営している幼稚園です。
華綾幼稚園の天狗1華綾幼稚園の天狗2
大雄山のシンボルの天狗がかわいい。ちょっとカラス天狗が入ってる?

幼稚園を過ぎてしばらく歩くと仁王門という山門があります。
仁王門
駅から仁王門までは車道と一緒のアスファルトの道ですが、ここから天狗の小道という遊歩道が車道と平行して最乗寺まで続いています。
天狗の小道
天狗の小道は林の中を縫うように緩やかに登る道で木陰の中を歩けるので夏でもつらくないです。

天狗の小道に入って40分ほど歩くと最乗寺に到着しました。
大雄山最乗寺1
大雄山最乗寺2
境内も林の中。緑豊かないい雰囲気のお寺です。
大雄山最乗寺3
大雄山最乗寺4
大雄山最乗寺5
大雄山最乗寺6
境内案内図

大雄山最乗寺7
慰霊碑もあります

大雄山最乗寺8
大雄山最乗寺9
大雄山最乗寺10
本堂

大雄山最乗寺11
大雄山最乗寺12
大雄山最乗寺13
大雄山最乗寺14
寄贈された時計らしい。他にもいろいろ寄付を受けているようです。

和合下駄
なぜか大きい下駄の置物があります。歯が二枚あるから天狗の下駄ではない?

帰りは、バスで立ち寄り湯のおんり〜ゆ〜で汗を流してから帰りました。大雄山駅⇔最乗寺のバスはたくさん走っていますがおんり〜ゆ〜経由のバスは1時間に1本しかないので注意。

2008/8/17 Sunday

インクレディブル・ハルク

Filed under: - dekaino @ 21:02 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟c祉のはてなBookmark被リンク数

インクレディブル・ハルクを観ました。ついこの間の2003年に映画化されてますが、それとはまったく関係ないリニューアル映画化です。

2003年版はコミック紙面を意識したある意味で前衛的な絵作りだったのですが、本作はオーソドックスなハードボイルドな作りになっています。
いきなり冒頭からブラジルで逃避行でポルトガル語連発です。
しかし後半の方は結構グダグダかも、最後の最後で「ハルクスマッシュ」とか叫んで技だすし! いくらファンサービスとは言ってもコレやっちゃダメでしょう。クウガが「ライダーキック」と叫んで蹴り技出すようなもの。せっかく積み上げたハードボイルド世界が崩壊しました。

バトルシーンはライブっぽい臨場感があって結構いい感じ。CLOVERFIELDの影響を受けているかも。
ストーリーは、テレビシリーズのパイロット版みたいな話。たとえるならナイトライダーのKITT(キット) vs KARR(カール)みたいな感じ。結局、根本的な解決は何もありません。このまま続編かテレビシリーズがいくらでも続けられそう。まぁ人気コミックシリーズだから完全終結するわけにねいきないんでしょう。

夏休みのアクション映画としてはいい出来だと思います。

2008/8/10 Sunday

スターシップ・トゥルーパーズ3

Filed under: - dekaino @ 0:34 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻帥若激祉ャ若若3のはてなBookmark被リンク数

スターシップ・トゥルーパーズ3を観ました。原題は「STARSHIP TROOPERS 3: MARAUDER」。このMARAUDERというのがハインラインの原作に出てくるパワードスーツのことです。原作には特に機種名とか出てこないのですが、本作ではマローダーと命名されています。まぁパワードスーツはもう一般名詞化しているのでしょうがないんでしょうか? でもマローダーっていうとコウガイビルみたいな形したフェレンギ船を思い浮かべてしまうなぁ…

大作ハリウッド映画として制作された1作目と、まるでテレビ2時間特番のような予算しかなくてトホホな出来の2作目と一貫して原作者ハインラインの思想を皮肉りまくった方針はまったくブレず、気持ちが良いくらい首尾一貫していてすばらしい。

しかも今回はパワードスーツが登場します。あれだけ金をかけた1作目でも断念したパワードスーツ! 技術の進歩とは恐ろしいもので今ではたいした予算がなくてもパワードスーツが出せてしまうのです。
でも無数のバグを蹴散らすマローダー軍団はやっぱカッコイイのです。必見。

それにしても上映してる劇場の少なさはすごい。3作すべてを映画館で観た人って日本では1000人もいないのではないか? 2作目はともかく今回の3作目は見ておくべき価値はあります。1作目が好きだった人はぜひご覧あれ。

2008/8/9 Saturday

コエだしてエコのうしろの女

Filed under: - dekaino @ 11:55 このエントリをはてなブックマークに追加 潟潟絅海里呂討Bookmark被リンク数

ACキャンペーン コエだしてエコ
コエだしてエコ

主演:大後寿々花、森岡龍

コエだしてエコ
もちろん大後寿々花に大注目のCMなのですが、名前も出てない3人目の登場人物が気になります

コエだしてエコ
後ろにならんでレジ待ちしているのでしょうか?

コエだしてエコ
下に目線をむけつつも、大後&森岡が作る二人だけの空間をチラチラと横目で様子を伺う

コエだしてエコ
ひたすら後ろの壁を凝視しつつも、耳ダンボ状態で様子を伺う

コエだしてエコ
最後になぜかハートマーク出現。意味不明。

大後寿々花が小さいせいもありますが、3人目の彼女けっこうでかく見えます。たぶん森岡より背が高いんじゃないか?

謎の3人目の役者について情報募集中です

2008/7/31 Thursday

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

Filed under: - dekaino @ 22:09 このエントリをはてなブックマークに追加 蚊蚊蚊薔弱お 綛翫罩のはてなBookmark被リンク数

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌を観ました。ウェンツ鬼太郎第2弾。最初の時のインパクトはありませんが、丁寧な作りになっています。
今回のゲストヒロインは北乃きい、そしてゲスト妖怪の濡れ女を演じるのは寺島しのぶです。純情きらり以来の因縁の対決!? 主人公の姉の笛子、子供のときは北乃きいが演じてて可愛かったのに大人になったらいきなり寺島しのぶ。「これはいくらなんでもあんまりじゃないの」「何いってんの可愛いだけの小娘が こちとら血筋も芸歴も一流なのよ」てな感じでキャットファイト(妄想が暴走)

しかし実は本作で一番可愛かったのはブラバン部の部長やってた山下結穂です。撮影時23才とは思えないほどの高校生ぶりがよかった。
本作の冒頭ではヒロインの楓(北乃きい)の学生生活を丁寧に描写していたのにいきなり中盤以降どうでもよくなってしまって構成がかなりぬるいです。ちゃんと最後にブラバン大会の結果を出す流れにしないとダメでしょう。たぶん心をこめてトランペット吹けるようになって優勝! みたいなプロットが当初はあったんだけど、尺が足りないとか種々の事情で捻じ曲げられたんでしょうね。
ボーリング場のシーンとかけずってブラバン決着シーンいれとけばいいのにね。だいたい下駄でレーン歩くとは鬼太郎はけしからんよ。
もしかしたら脚本家途中で降板してるのかもしれない。それくらいストーリーはダメ、後半は響鬼ぐらいグダグダな感じです。

でも、遊び心があって子供と一緒に観るにはいい映画だと思います。意外にしょこたんの出番が多かった。もっとチョイ役かと思ってました。

2008/7/23 Wednesday

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

Filed under: - dekaino @ 6:58 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟c祉吾с若潟/鴻帥祉鴻修里呂討Bookmark被リンク数

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国を観ました。
シリーズ第4作。1950年代米ソが熱く対立していた時代。こんどの敵はソ連です。

ジョーンズ教授がアカ狩り(red purge)対象になるあたり、スピルバーグらしいシャレが効いてます。
それにしても宇宙人とかUFOがホントに好きなんだなぁ…

案外お金はかかってない感じで、間違いなく儲けるための作品ではありますが、確かによくできた娯楽作でアクションもばっちり、観客も満足するでしょう。わかりやすい決着ですっきりしたいならポニョより本作品を見るべきです。

2008/7/15 Tuesday

クライマーズハイ

Filed under: - dekaino @ 7:52 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ若冴い里呂討Bookmark被リンク数

クライマーズハイを観ました。1985年の盆休みに群馬県御巣鷹山に日航機が墜落した。群馬県地方紙の北関東新聞(架空)は特別報道体制に入り、主人公は日航事件全権デスクに任命される…というストーリー。

時代考証がマニアックすぎるほどされています。それでいて全然それをひけらかさない。不必要な場面でわざわざ古い紙幣を見せたり、懐メロ流したりせずに、必然性のある場面に1985年にあるべきモノが出てくるという淡々さがいい。
また団塊の世代が40代でバリバリ働き盛りの時代の汗臭い仕事っぷりが堪能できます。この頃のブン屋って全共闘世代で、新聞は社会の木鐸って本気で思ってそうです。特に地方紙はその比率高そう。

非常に密度が濃く迫力のある映画です。でもテーマ性は希薄。とってつけたような親子ドラマは、仕事優先人生をおくった報いでリタイヤ後は妻子に冷たくされている現代の団塊世代へ送る黄昏流星群風のファンタジーでしかありません。

2008/7/1 Tuesday

ザ・マジックアワー

Filed under: - dekaino @ 8:30 このエントリをはてなブックマークに追加 吟祉吾≪爾里呂討Bookmark被リンク数

ザ・マジックアワーを観ました。バリバリ前宣伝しまくってる三谷幸喜作品です。

立ち上がりは非常にスロースタート。とにかく無理がある設定なので、観客をその世界に引き入れるまでどうしても時間がかかります。これがテレビだったら最初の数分で別のチャンネルに変えられていることでしょう。

最初のつらい時期を乗り切ってしまえばまぁまぁ笑える作品です。たしかにマニアックすぎるネタが多いけど、ライトな人にもわかりやすい笑いもたくさんあります。ただ、口コミで徐々に人気が出てくるタイプの作品ではないのは確かで、あのマスコミで宣伝しまくり大作戦はある意味必然だったのかも。

綾瀬はるかは飾り的ポジションかと思ってたら、案外セリフもあって意味がある役だったのが、三谷幸喜の脚本家としての良心か? 産みの苦しみが感じられる苦しい脚本を名優の演技力でカバーしているような映画です。

2008/6/21 Saturday

21

Filed under: - dekaino @ 23:28 このエントリをはてなブックマークに追加 21のはてなBookmark被リンク数

21を観ました。邦題は「ラスベガスをぶっつぶせ
MITの学生がラスベガスのカジノでブラックジャックでカウンティングというイカサマで大もうけとしたという実話本を映画化した作品。

実話本が出版されたのが1990年代なので話は80年代後半くらいだと思われます。でも映画では中途半端に現代の話にしてしまっているので妙な不整合が目立ちます。

空港は国内線でも厳重なセキュリティチェック、これは舞台設定が911以降であることを示しますが、その割にはロボットコンテストで8KバイトのROMと16KバイトのROMを取り違えたとかトンチンカンなこといってます。しかもパーツの調達に5日もかかるとか、どう考えても1980年代の会話です。
いくら小規模システムといっても21世紀に8Kバイトとかありえないし、電子デバイスだってDigi-Key使えば即入手可能。
また、数学の教授が学生イカサマ団の元締めなのですが、こいつの授業もなんかいい加減。どこが非線形微分方程式の話なんだか? 実は数学史の授業だったというならまだ納得できるのですが。まったくなってない。

ブラックジャックというギャンブルは、ディーラーはルールに従って機械的にカードを扱うだけなので、プレイヤーとディーラーの心理戦という要素はまったくありません。間違いなく言えることはカイジの題材になることはありえない、純粋に自分の天運に賭けるギャンブルなわけです。
しかし、カウンティングというイカサマを使うと勝つ確率を上げることができます。ディーラーが使うカードが入った箱の残り枚数が減ってくるとプレイヤーの勝率は初期値より変動してきます。ディーラーが過去に出したカードを覚えておくことにより、変動したプレイヤーの勝率を正確につかむことができ、期待値か1を超えたテーブルでのみ勝負をすれば長期的には確実に勝てるわけです。

つまり
1. カード残り枚数が少ない
2. たまたまプレーヤー側が有利となった状況
という2条件が揃ったテーブルでしかプレイしなければいいわけです。
これを探すために多数の監視役を必要とするわけですが、ここらの説明はつまらないせいか劇中ではくわとく説明されません。

主人公達はゲームの面白さにのめりこんでいくという描写がされていますが、実際はツラいと思います。だってコレ作業を続けるだけ、PGでの不毛な経験値稼ぎ作業のようなものだから、退屈でシンドいはずです。
その分、仕事後のバカ騒ぎは楽しいだろうと思います。

時代考証のちぐはぐな感じがこそばゆいが、東海岸での灰色の生活と西海岸の極彩色の生活の対比が面白い映画です。
50年後くらいにこの映画を観たら、2008年の技術レベルを誤解するだろうな。

2008/6/10 Tuesday

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II 〜私を愛した黒烏龍茶〜

Filed under: - dekaino @ 23:13 このエントリをはてなブックマークに追加 腱絲腟腓 薹鴻 THE MOVIE II 腱藥騖吟のはてなBookmark被リンク数

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II 〜私を愛した黒烏龍茶〜を観ました。第一弾の総統は二度死ぬの続編です。併映は古墳ギャルのコフィー 〜12人と怒れる古墳たち〜。これも第一弾の桶狭間の戦いの続編となります。

TOHOシネマズで観たので、マナームービーも鷹の爪。まさにFROGMANづくしです。観客席には子供たちも多かった。ファイテンションTVのファンの子たちなのでしょうか?

まずコフィーちゃんが上映されました。まるで裁判所が電通につくらせた裁判員制度のPRフィルムのような作りがそのままギャグになっています。腹黒く中の鉄剣は錆だらけのコフィーちゃんらしさが思いっきり発揮されています。

そして本編の鷹の爪、前回がスターウォーズのパロディリスペクトだったのですが今回はマトリックスです。なぜかバーチャルリアリティの世界で大活躍、しかしの電脳世界がしょぼい。どのくらいしょぼいかというと円谷プロの電光超人グリッドマンの電脳世界ぐらいしょぼいです。カーンデジファー様が出てきそうな世界。そういやグリッドマンに出てたゆかって女の腹黒さはコフィちゃんに匹敵していたな。

つい話が脱線してしまいましたが、残念なことにクライマックスの場面で上映事故なのか、数分間音声が出なくなるというハプニング。
2年前にもTOHOシネマズで上映が止まるという事故がありましたが、その時は巻き戻して上映再開したのですが、今回はそうもいかず、音声が復活した後も巻き戻しなしで最後までいってしまいました。
おわびとして招待券もらいました。前回の事故でもらった招待券は赤かったのですが、今回のは青かった。
TOHO招待券
この招待券でもう一回見に行こうと思っています。かなり情報量が多いので、2回目も楽しめると思う作品。

2008/5/30 Friday

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

Filed under: - dekaino @ 22:16 このエントリをはてなブックマークに追加 c若若祉c純潟冴祉爾里呂討Bookmark被リンク数

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーを観ました。
Charlie Wilsonという米連邦下院議員を務めた実在の人物が主人公の物語です。実話を元にしたというより、正確にはチャーリーウィルソン本人が書いた自伝を原作とした映画です。

本作品はストーリーというより、登場人物のキャラクターが見所です。主人公のチャーリーだけでなく、CIAエージェントのガスや、国防委員会のドク=ロングなど各登場人物が魅力的に描かれています。

アフガンの難民キャンプを視察して感銘を受け、大規模援助を決意したというくだりは、原作が本人の自伝だけにちょっと美化しすぎかもしれません。ソ連軍がやったのと似たようなこと米軍がベトナムでやってたのは当然知ってたわけだし、自伝にはかけない別の思惑があったのでしょう。政治はきれいごとではすまないようです。

CIAから表彰されるときに、civilianを表彰するのは初めてだというシーンがありますが、字幕では「民間人」となってました。現職の議員を民間人というのはちょっと日本語としては違うかなという気がします。軍人ではないという意味でcivilianのいい訳語ってないんでしょうか? 一般にはあまり使われてない「文民」しかないのかなぁ? ここは素直に「軍人じゃない人を表彰するのは初めてだ」くらいにすればよかったのかも。でも字数が増えてしまうからムリかな? ちなみに字幕は松浦美奈先生です。

トム=ハンクスの芝居をみたい人にはおすすめ

2008/5/14 Wednesday

スパイダーウィックの謎

Filed under: - dekaino @ 7:49 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻ゃ若c茗、里呂討Bookmark被リンク数

スパイダーウィックの謎を観ました。
現代の話ですが、19世紀後半風の屋敷を舞台にした、コナンドイルとかがはまりそうな妖精譚です。
いろいろな妖精クリーチャーが特撮技術で生き生きと再現されています。

姉と双子(たぶん)兄弟の3人の子供が主役。子役は演技がうまく安心してみていられます。双子の兄弟は一人二役で上手に演じ分けていて役者としての技量はすごいと思います。でもそれがどうした?みたいなところはあります。双子である意味がストーリー上ほとんど意味がありません。なんかコジツケみたいな顔が同じだから取り違えたみたいなところがありますが、別に妖精が同じ年頃の少年の区別がつかなくても不思議ではないんで、あえて双子である必然性なし。もうちょっと双子設定を活かしたドラマ作りはできなかったものか?

細かいアラはありますが、子供向け映画としてよくできてる映画です。

2008/5/5 Monday

MSE初乗車

Filed under: - dekaino @ 23:28 このエントリをはてなブックマークに追加 MSE箙荵のはてなBookmark被リンク数

今年5月3日に初めて有楽町線から小田急線まで乗り入れる有料特急が運行されました。私は初日ではなく二日目の5月4日にベイリゾート91号に豊洲から終点本厚木まで乗ってみました。

豊洲駅のホームにロマンスカー乗り場案内のマーキングがされていました。
豊洲駅のホームマーキング
月に2往復しか来ないのに結構目立ちます。

20:53頃に入線しました。
豊洲駅にベイリゾート号入線
始発駅の新木場から乗ってきた客がいっぱい。
豊洲駅にベイリゾート号入線
ほとんどの座席が進行方向と逆になっています(4人向かい合わせ状態にしているファミリー客もいた)。実は有楽町線から千代田線に乗り入れるときにスイッチバックの要領で進行方向が逆になります。そのため新木場から霞ヶ関(停車はするけど扉は開きません)までは後ろ方向に車両が進みます。

桜田門駅
有楽町線と千代田線の渡り線は桜田門駅と霞ヶ関駅の間にあります。有楽町線車両を綾瀬駅にある工場に運ぶときに使うらしい。
まずは桜田門駅でいったん停止。しばらく信号待ちをします。

霞ヶ関駅でもいったん停止。かなり長い時間待ちます。
霞ヶ関駅
霞ヶ関付近の折り返し設備をつかって進行方向を逆転。千代田線を代々木上原方面に進みます。

代々木上原駅にもいったん停止しますが、客は乗降できません。よくみると電光掲示板に「通過」と表示されているのがわかると思います。
代々木上原駅
ここで運転手と車掌が東京メトロ社員から小田急社員へとバトンタッチされます。

正直、東京メトロ線ではスピードは出さないし信号待ち時間は長いし、普段の各駅停車と大して変わらないかむしろ各駅停車より遅いかもしれません。でも小田急線に入ると飛ばしまくります。
終点本厚木駅
あっという間に本厚木に着いてしまいました。到着時刻は定時どおり22:23でした。
速達電車としてはあまり価値はないかもしれないけど、乗り返せずにずっと座っていけるメリットは大きいです。

なかなか楽しい旅でした。

2008/5/1 Thursday

かぶと湯温泉山水楼

Filed under: - dekaino @ 0:04 このエントリをはてなブックマークに追加 吟羚羝羈絮掩梓罐爾里呂討Bookmark被リンク数

厚木市七沢にあるかぶと湯温泉山水楼に行ってきました。
かぶと湯温泉 山水楼
神奈中バスの七沢温泉バス停(旧名: 谷戸沢バス停)から歩いて数分のところにあります。私は、本厚木駅からずっと徒歩で歩いていきましたが、休みなしなら90分はかからないと思います。

太い道から脇道に入ってすぐの割にはかなりひなびた雰囲気です。山深い風景を楽しめます。
かぶと湯温泉 風景
表門から外を見た景色

日帰り入浴は1000円で1時間。浴場は狭いので休日よりすいてる平日に行くのがおすすめ。泉質はツルツル系でかなり濃い温泉です。再加熱湯ですが、かけ流しです。石油が高い昨今ではかなり贅沢な温泉といえます。

もし宿泊したら、露天風呂からきれいな星空が見えそう。初夏はホタルも見られるそうです。

2008/4/30 Wednesday

モンゴル

Filed under: - dekaino @ 23:24 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪潟眼のはてなBookmark被リンク数

モンゴルを観ました。ロシア共和国ハバロフスク出身のセルゲイ=ボドロフが監督、主演のテムジン(チンギス=ハーン)役を浅野忠信が演じます。

基本的には元朝秘史などにあるテムジンの青年期の記録をそのままなぞったストーリーで、変な歴史捏造はありません。テムジン青年期の苦難の時期を写実的に表現することで、チンギス=ハーンを神格化した宗教映画のような作品です。
ロシア人としてはタタールのくびきという意識を通してチンギス=ハーンをみることとなり、神格化とまではいかなくても、偉大な人物として描くのは自然でしょう。

劇中のモンゴル人たちは全編通してモンゴル語を話します。そして西夏(タングート/党項)人はなぜか中国語を話します。確かに西夏は漢代と唐代は中華帝国の一部だったわけで漢人は多かったと思いますが、タングートの王族は中国語じゃなくてタングート語を話してたんじゃないかなぁ。文字もあえて西夏文字を考案して漢字を使っていなかったわけだし。
少なくともロシアにとってはタングートは中国人の王国と区別がつかないってことなのでしょう。

モンゴル帝国好きにはかなりおすすめ

2008/4/21 Monday

菅井君と家族石 THE MOVIE

Filed under: - dekaino @ 8:13 このエントリをはてなブックマークに追加 篋絎倶 THE MOVIEのはてなBookmark被リンク数

19日にTOHOシネマズ海老名で開催されたTHE FROGMAN SHOW 神奈川まつりをみにいきました。作者のFROGMAN氏のトークと、秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE 〜総統は二度死ぬ〜、古墳ギャルのコフィー 〜桶狭間の戦い〜と、菅井君と家族石 THE MOVIEの上映がありました。
また、今年5月末に劇場版鷹の爪団の第二弾が公開されるそうで、予告編の上映もありました。今度はマトリックス風らしいです。しかもゲスト声優として野沢雅子、銀河万丈、滝口順平などが出るそうです。超豪華(昭和の)大物声優ですね。もちろん古墳ギャルのコフィーも新作が同時上映されるとのこと。

さて、本題の菅井君と家族石 THE MOVIEですが、従来のフラッシュアニメに加えてサイケトランス(?)系のプロモーションビデオみたいな昔っぽい蛍光色アニメがふんだんに導入されてます。短いエピソードを重ねつつも大きなストーリーが動いていく形式をとっています。無理やりたとえれば劇場版ガンバレ!タブチくんみたいな感じ。
昔の映画やミュージシャンをとことんパロディしまくり、しかもそれが30〜40才以上の人間にしかわからないだろうという、徹底的なとっつきにくさが素晴らしいです。
スターウォーズもパロディされてますが、当然旧三部作です。アミダラ姫の影も形もありません。チューバッカが元ネタのグチバッカの声がすごい似てて爆笑です。ぜひとも最後の叙勲シーンで「おれの勲章はないのかウォーーーン」って叫んでほしい。
また、商業映画でここまで宮崎アニメを下らなくパロディ(いやリスペクトなのか?)できるのは蛙男商会だけです。

1970〜80年代に通じている人向け

2008/4/16 Wednesday

フィクサー

Filed under: - dekaino @ 22:40 このエントリをはてなブックマークに追加 c泣爾里呂討Bookmark被リンク数

鳩山法相がバンバン死刑執行しているそうですね。日本の死刑は絞首刑だそうで、絞首台の床板が抜けるスイッチ1つとダミースイッチ3つを用意して4人の執行官にどれがどのスイッチかわからないように渡し、同時にボタンを押させるのだそうです。これで誰が本当のスイッチを押し死刑執行したのかわからなくなり、罪悪感を軽くする効用があるそうです。
つまり、ある悪行を行うのに複数の人間で分業すると、各個人はさほど罪の意識を感じなくて済むのです。分業者の人数は多ければ多いほど責任感を感じずに済みます。

さて、フィクサーを観ました。原題はMICHAEL CLAYTON、主人公の名前です。
600人も弁護士がいる法律事務職所属する弁護士で、不都合な状況をきれいに片付けるフィクサーとして長年働らく主人公。
長引く農薬の薬害訴訟に関連して、冒頭にあげたような多数の分業による悪事が行われていきます。

個々人は決して極悪人ではなく、むしろ自分の責任の範囲で善であると思われることをします。技術者は農薬が危険であり健康被害が出る可能性がある、しかし改善するには多額の費用がかかるという報告書を書き、自分の責任の範囲内で危険を上層部に告発するという善行を行います。それでも農薬を売り続けるのならそれは上層部の経営判断が悪なのであって自分は悪くないのだと
そして経営陣は、農薬を安全化するための費用が会社が粒けれてしまうほど高すぎるとの理由でそのまま放置します。経営陣といえども万能ではなく限られたリソースを用いて最善の選択をするしかできない。農薬の安全化を選択しなかったのは、安い費用で安全化できる方法を提供できない技術者が悪いのであって、自分は悪くないのだ

結局、農薬は販売され続けた結果、被害者がどんどん増え続えました。そして因果関係がはっきりしないまま、被害者は農薬会社を相手取って薬害訴訟が提訴しました。顧問契約を締結していた法律事務所は、依頼者の利益を最大限に優先し、農薬が健康被害をもたらすという報告を握りつぶし、農薬会社に有利の方向に訴訟を進めます。責められるべきは健康被害を出した顧客だ、自分はできるだけ賠償額を少なくするという使命を淡々とこないしているだけであって、自分は悪くないのだ。弁護士が600人もいるだけあって、個々人の罪悪感は微塵のほどもありません。

おそるべき責任転嫁スパイラル。きっとナチスドイツでユダヤ人をガス室送りにした現場担当者も同じようにして自己の罪悪感から目を背けていたのでしょう。組織による悪行はとてもこわいのです。

本作は決して勧善懲悪モノではないし悪徳弁護士のピカレスク映画でもありません。責任をあいまいにすることで悪行が続けられる現代社会の暗部について表現し、それにより精神が病んでいくある一人の弁護士、そしてその友人である主人公、その女上司などが複雑に絡み合ったドラマです。

2008/4/13 Sunday

仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

Filed under: - dekaino @ 12:59 このエントリをはてなブックマークに追加 篁≪ゃ守紫& ゃ劫篋のはてなBookmark被リンク数

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事(デカ)を観ました。

戦隊ものにはよくある前作と新作の合同企画OVAのノリをそのまま仮面ライダーにもってきて映画化したような作品。電王90% キバ10%くらいで電王がメインです。

ちょっとパラレルワールドっぽくなっていて、電王の設定からすこしずれてますが、まぁしょうがないでしょう。いきなりコハナがユウトのことを「パパ」とか呼んでも興ざめだし。
残念なのが電ライナーの食堂車のシーンがないこと。セット壊しちゃったんですね。そのかわりになぜか電ライナー署の刑事部屋が電車の中にあります。貼ってるポスターが面白い。「だめ 絶対」とか細かいところにこってます。

イマジンの憑依も自由度が高くなってて、誰にでも憑依できるみたい。キバのワタルにモモタロスが憑依なんてシーンも! ゼロノスは錆バージョンではなくて緑色。カードもたくさん残ってるらしい。それにしてもデネブが一番笑えますね。

子供に安心して見せられる良作です。

2008/4/12 Saturday

CLOVERFIELD

Filed under: - dekaino @ 13:46 このエントリをはてなブックマークに追加 CLOVERFIELD のはてなBookmark被リンク数

CLOVERFIELDを観ました。邦題はクローバーフィールド/HAKAISHA。
LOSTで有名なJJエイブラムスの怪獣映画です。初代ゴジラに匹敵するエポックメイキング的作品。
いわゆるハリウッド映画的なヤマとかオチがないので、ハリウッド的サービス満点作品に慣れきった人にとってはつまらないかもしれません。でもこの不条理かつ理不尽な存在こそが怪獣、まさに天災によるパニックムービーです。

制作費をふんだんに使っているせいか映像はよく出来ています。本作の特徴としてまったく劇伴音楽が流れません。音楽なしで鑑賞に耐える密度の濃い映像を90分弱持続しているのは驚異的でもあります。
正直、字幕も要らないです。英語が全然わからない人でも原語字幕なし版で十分楽しめるはず。音楽やセリフに頼らずとも問題くらいの勢いがあります。
また、見えないものよくわからないものに対する恐怖感をうまく使ったホラー映画としても傑作。
世界設定の説明や謎解きをまったく放棄した潔い姿勢が、天災は理不尽なものであり、不条理な世界の解説は口をあけて待ってても降ってこないってことをシビアに表現します。ハードボイルドな映画なのです。そして説明してないからこそいろいろ想像で補う余地がある余白の美を意識した作品でもあります。

まさかこのような作品がハリウッド資本から出てくるとは思っていませんでした。JJはマジ天才です。

小田原コロナの湯 新装開店

Filed under: - dekaino @ 12:03 このエントリをはてなブックマークに追加 絨医潟羚 域綺のはてなBookmark被リンク数

4月6日 のび太と緑の巨人伝を小田原コロナシネマで観たついでに、新装開店された小田原コロナの湯に行きました。以前レポートした5日後の3月20日にオープンしたそうです。

以前から変わったところ
・下駄箱エリアが広くなりました。また下駄箱の数も増えた。以前と同じ100円入れて使用後は戻ってくる形式
・外から直接食堂に入れるようになりました。もちろん風呂の前のロビーからも出入りできます。食堂は以前と同じく土足禁止エリア。直接入れる入口には木の下足札の下駄箱(無料)があります。
・番台(?)の方式が変更。入浴券と下駄箱の鍵を渡すと脱衣場ロッカーの鍵を渡してくれます。食堂の入口から入ったら下駄箱の鍵がないので一度外に出て温泉用の下駄箱を使えということらしいです。
・お風呂への入り口はチェックなし。ロッカーの鍵を返すまで何回でも再入場可能。食堂に行ってからまたお風呂というのが可能になりました。
・食堂はカフェテリア方式。トレイの上に好みの皿をとってレジで清算という形式。ただし作り置きしない、蕎麦・ラーメン・生ビール・カレーなどは食券を買っておばちゃんに渡すと番号札をくれる形式。できたら番号で呼び出してくれます。味は結構いい感じ。アジフライがおいしかったです。ご飯の量も大中小と選択できます。

付属の食堂が改装され岩盤浴(別料金)が追加されましたが、基本的にお風呂の部分はまったく変化なしです。これで500円(全日)が650円(平土)/750円(日祝)へ値上げってちょっとひどいかも。まぁ前が安すぎただけか、原油高だししょうがないのでしょう。

番台方式の変化ですが、コロナは元々パチンコ屋なので筋の悪い客もいるんでちょっと心配。今のチェック体制だとロッカー鍵を複数人で使いまわししたりしないかな? だれか一人だけ正規料金払って、別の人にロッカー鍵を渡して再入場なんて簡単に出来そうです。まぁそのゆるさがコロナらしいといえばコロナらしいのですが…

ともかく無事再開されてよかったです。

2008/3/31 Monday

魔法にかけられて

Filed under: - dekaino @ 22:01 このエントリをはてなブックマークに追加