でかいの日記帳

2017/1/30 Monday

ドクター・ストレンジ

Filed under: - dekaino @ 22:23 このエントリをはてなブックマークに追加 帥若祉鴻潟犬里呂討Bookmark被リンク数

ドクター・ストレンジを観ました。
マーベルのヒーローの1人なのですが、コイツかなりの変わり種。

もともと天才外科医だったのが、事故で手を負傷して外科医生命を失う。なぜかそのあとネパールで修行してレインボーマン、もとい魔術師ドクター・ストレンジとなって世界を救う、ってキャラクター。

特筆すべきなのがストレンジは本名なんですよ。Stephen Vincent Strange
医師なのでDr. Strange そのまんま。そして素顔のまま戦います。
アメリカ国籍の地球人で顔を隠すスーツやユニフォームを着ず、変身もしない実名ヒーローってマーベルの中でも珍しいのではないか?

しかも人を殺さないんですよね。本作は配給がディズニーなのですが、人が死なないってのはまさにディズニー向けな作品なのです。マーベルもので悪人すら殺さないってのは珍しいと思います。

世界観的には牙狼の世界で、人間を守る魔戒法師と堕落した魔戒法師が戦ってるような感じです。
異次元世界もホラーワールドによく似てます。またはインセプションにも似てるかも。

いまいち悪人たちのどこが悪いのかよくわからない。人が死なないからなんですけど、不老不死になりたければ勝手に修行して選任にでもなればいいじゃんとか思っちゃダメなのです。倒すべき敵なのです。でないと世界が破壊されるのです。そこさえ納得できれば楽しめる作品です。

ところで
敵「Mr.Strange」と呼びかける
Dr.Strange「No No Doctor」
敵「?? aha! Mr.Doctor」
Dr.Strange「It’s Strange」敵に襲い掛かる

このダジャレ会話って英語ネイティブ的に笑えるんですかね?
Mr.と言われてすぐDr.と訂正するってのは定番の会話なのはわかりますが…

MX4D版 ルパン三世カリオストロの城

Filed under: - dekaino @ 21:08 このエントリをはてなブックマークに追加 MX4D 割筝鴻、里呂討Bookmark被リンク数

MX4D版 ルパン三世カリオストロの城を観ました。テレビ放送回数は劇場版ルパン三世の中ではピカイチ。宮崎駿が劇場アニメの初監督をした伝説の作品のMX4D化です。

ルパン三世 カリオストロの城 MX4D ポスター

TOHOシネマズ系列での興行です。
映像はオリジナルそのまま、クレジットも付け足しなしで、ただ椅子が動いて水とか風がプシュプシュするだけです。MX4Dの動き・演出はかなりクリエイティブ性が高いのにまったくクレジットなしなのは寂しいですね。
少なくとも宮崎駿は演出してないでしょう。

本作は水が出てくるシーンが多いので、その点でMX4Dと相性はいいです。カーチェイスはもちろんバッチリです。
大スクリーンで本作を観るのは久しぶりなんですが、2017年に見るとすごく予算をケチってるのがわかるんですよね。
ジブリ作品はこれでもかって動きまくるけど、本作はメリハリつけて動かさないところは頑として動きません。
ふつーにテレビアニメ的に口パクしかしないカットはざらだし、カリオストロ伯爵なんかロングショットの時は口パクなしで止め絵でしゃべってしまいますよ。口ひげで目立ちにくくはなってますが腹話術状態。伯爵 器用だな!!

声のキャストもオールオリジナルキャスト。不二子役の増山さん さすがだなと思います。なかなか彼女に匹敵する若手声優って出てこないよね。

ネタで見る分には楽しい作品でした。

2017/1/27 Friday

THE ACCOUNTANT

Filed under: - dekaino @ 0:01 このエントリをはてなブックマークに追加 THE ACCOUNTANT のはてなBookmark被リンク数

THE ACCOUNTANTを観ました。邦題はなぜかザ・コンサルタント。いやいやアカウンタントって会計士だろ? 何か間違えている。
発達障害で数字に強く、父親は元軍人で子どもの教育の見解の違いで母親と離婚したっていかにもアメリカにありがちな問題がある家庭環境で育った主人公が、裏社会の会計士をしつつ、なぜか格闘術や射撃も上手いという設定がアクション映画向きです。
出てくるキャラクター達の関係性がどんどんつながっていくあたりは大映ドラマのようでもあります。

会計士や数字に強いって設定がうまく活かされてはいない気がします。アクションはいいです。
まぁ本作も予告編詐欺っぽい映画ではあるのですが、まぁアクションパートは間違いなく良くできているのです。
女子が何人か出てきますがロマンスに至らないあたりが発達障害キャラっぽいです。
面白いけど日本ではあまり受けない気がするジャンルの映画です。

2017/1/26 Thursday

甲鉄城のカバネリ総集編

Filed under: - dekaino @ 23:26 このエントリをはてなブックマークに追加 臥膩膩┐里呂討Bookmark被リンク数

甲鉄城のカバネリ総集編の前編後編を観ました。サブタイトルは前編が集う光、後編が燃える命です。
深夜アニメの総集編らしいのですが、テレビシリーズはまったく見ていません。というか存在も知りませんでした。
ストーリーはいわゆるゾンビもの。しかも近年の疾走できるタイプのゾンビです。
なぜか封建社会っぽい世界観の中、蒸気機関車が城塞化された駅から駅へ走るという謎なストーリー。
主人公は人間としての意識を残したまま身体だけゾンビ化した理系の青年です。

映像はとてもきれいですが、ストーリーというかオチはいまいち不完全燃焼な感じでした。
ゾンビものでハッピーエンドは厳しいですよ。

22 queries. 1.441 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net