でかいの日記帳

2014/9/28 Sunday

猿の惑星:新世紀(ライジング)

Filed under: - dekaino @ 15:59 このエントリをはてなブックマークに追加 帥:遺膣(ゃ吾潟)のはてなBookmark被リンク数

猿の惑星:新世紀(ライジング)を観ました。猿の惑星:創世記(ジェネシス)の続編です。
原題は"DAWN OF THE PLANET OF THE APES"。猿の惑星 黎明編みたいな感じでしょうか?
前作のラストから10年くらい後(?)、人類の文明は完全に後退し、高知能の話す猿が台頭していく時代の話です。衰退しつつあるといってもまだ少数の人類は文化・技術を継承して生き残っており、猿と人のあいだで戦争が始まるまでの話です。

猿が馬に乗るという、原点である猿の惑星の象徴的なシーンが再現されています。SF考証的には森林で暮らす社会で乗馬に意味があるとは思えないですけどね。単なる原点リスペクトなんでしょう。乗馬は平原で遊牧生活してるからこそ意味がある。だいたい乗馬で使う武器は槍じゃなくて弓だよね。槍もって乗馬するとか様式化して進化の袋小路にはまった中世の騎士みたい。

ウマに乗るサル

猿の惑星シリーズは、SFという形式で現代文明に対する警鐘、人種や思想・ナショナリズムの違いによる差別や争いをテーマにしたものですが、今回はその文脈ではご都合主義というか、毒がありません。
そもそも戦争が始まった理由が、お互いのトップが相手に持つ憎悪感情って、それはないでしょう。本当は、憎悪の前に根拠のない恐怖感情があるはずなんですよ。今でもUSAはアラブやらイスラム教徒は狂信的で危険で世界の敵みたいに根拠ない恐怖で市民を煽った上で、わざわざ他国の地にまで出張っていって戦争仕掛けてるわけです。それが民主国で支持許容されるのは国民が攻撃対象を憎悪してるからではなく、攻撃対象に恐怖してるからです。

本作には、主戦派が「サルどもは危険で悪いヤツラだ」って恐怖を煽るシーケンスが必要だと思います。単にたまたまトップが個人的理由で相手を憎悪してたからって動機づけはあまりにも作り手として不誠実でしょう。今も現実にある戦争もトップの歪んだ判断のせいであり、自分たちが軽々と恐怖にあおられた愚かさのせいじゃないって、目を背けたいだけなんじゃないでしょうか? もっとストレートに言うといわゆる「正義の戦争」を批判する反戦思想を入れ込むことは、何らかの理由で認められなかったのでしょう。ここがオリジナルとの大きな違いです。

この文脈で本作は単なる娯楽アクション作品であって社会啓蒙の要素はありません。
しかし映像や演出的にはお金かけてあるだけあってよく出来ています。

2014/9/13 Saturday

攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone

Filed under: - dekaino @ 21:53 このエントリをはてなブックマークに追加 紙紙ARISE border:4 Ghost Stands AloneのはてなBookmark被リンク数

攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Aloneを観ました。早くもARISEシリーズの最終話です。
過去のARISEシリーズ(border:1 Ghost Painborder:2 Ghost Whispersborder:3 Ghost Tears)

前作Border3の2ヶ月後のクリスマスの季節が舞台です。どうやら大人の事情でクリスマスの頃の公開予定が9月公開と早まってしまったようですね。今年のクリスマスシーズン公開予定のラインナップは相当強力なのかな? それとも来年公開予定の攻殻機動隊の新作映画の制作体制を整えるためだろうか?

OZの魔法使いをモチーフとしたブリキ男とかカカシとか臆病なライオンなどのキーワードが出てきますが尻すぼみで、悪い魔女とかドロシーとかOZとかでてきません。黄色い道はちょっとだけでてきてたけど。まぁ、ただの雰囲気を出すだけの装置で深くは考えられてないのでしょう。OZって一筋縄ではいかない作品群だし、日本では最初期の部分しか知られてないので、難しいところです。ちょっと無理しすぎかな?

もう結末は公安9課発足ってことはわかってるので、どう風呂敷をたたむのかなと思ってましたが、サプライズがないまま無難に終わってしまいました。スケール感がTVシリーズの1エピソードなみです。もうどんな出来だろうが興行収入に差はないなという大人の判断でしょうか? 完全にプログラムピクチャー化しております。まぁそれでこの出来なら及第点と言えるでしょう。

サカサマのパテマ

Filed under: - dekaino @ 21:36 このエントリをはてなブックマークに追加 泣泣のはてなBookmark被リンク数

サカサマのパテマを観ました。いかにもな典型的SF作品。厚木Amyuで鑑賞しました。
過去の科学実験の事故で重力が逆転してしまった人々の集落の話です。互いにサカサマ呼ばわりする異文化(?)のコンタクトってSFにありがちのジャンルであり、同時にBOY meets GIRLものでもあります。
サカサマのパテマ
作画もキレイだしオチもまぁまぁよくできています。
ただ、気体とか液体はどうなってるんだ? とか 重力が逆の原子同士の相互作用は? 化学結合できるの? とかいろいろ気になります。サカサマ酸素で呼吸できるのか? とか。劇中ではサカサマの食物をたべてたけど大丈夫なのか? サカサマのウンコがどこかに溜まってるのかなぁ?

などなど細かいこたぁどうでもいいって軽く流しておけば問題なく楽しめる良質アクションSFアニメです。

2014/9/11 Thursday

るろうに剣心 京都大火編

Filed under: - dekaino @ 7:07 このエントリをはてなブックマークに追加 e 篋遵ぇ膩┐里呂討Bookmark被リンク数

るろうに剣心 京都大火編を観ました。
相変わらず佐藤健のアクションすごいですね。
それから操を演じる土屋太鳳(たお)の掛け声と蹴りも迫力あります。朝ドラおなじみの彼女、とうとう来年は主役らしいですが、アクションの方の才能もあったようです。

原作はつまらないんであまり読んでないのですが、どうやら原作のキャラとかストーリーをまんまなぞって再現しようとしているようです。

そんな無駄な努力いらないよ!

だって原作つまらないじゃん。ギャグ寒いじゃん。無駄なコスト書けてそんなの再現してどうするの? 蒼井優やの辛気臭い演技とか青木崇高の体当たりの滑りギャグとかみたくないじゃん。週間ジャンプのだらだら連載のノリを忠実に映画化されても困りますよ。
アクションに絞ってがんがん脚色入れて尺を映画向けに短くしろよと声を大にして言いたい。
東映スパテダーマンとマーベル原作くらいかけ離れた作品作りでいいと思うのですよ。

原作厨なんてどうせ金払い悪いんだから気にせず行きましょう!

22 queries. 1.481 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net