でかいの日記帳

2014/6/29 Sunday

イオンカードセレクト解約までの苦難の道2

Filed under: - dekaino @ 22:58 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟若祉茹g障сc2のはてなBookmark被リンク数

23日に電話で請求した解約の書類が28日に届いた。月曜に請求して土曜に届くのは早いのか?遅いのか??
届出印を押印する書類が2通、残金の振込先指定するハンコ不要の書類が1通。それと免許証のコピー。これだけ出せば実店舗に行かなくても手続きできるらしい。さっそく記入して翌29日にポストに投函した。

解約手続きに何日かかるかなぁ?

数え役満

Filed under: - dekaino @ 22:42 このエントリをはてなブックマークに追加 違綵号のはてなBookmark被リンク数

Flashのコンピュータ麻雀でドラなし平和系の数え役満を和了った。
数え役満
・立直
・平和
・一発
・面前清(ツモ)
・二盃口
・清一色
ぴったし13翻

これって国士無双とか四暗刻よりよほど難しいよね?

2014/6/28 Saturday

WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜

Filed under: - dekaino @ 20:43 このエントリをはてなブックマークに追加 WOOD JOB!(吾с)腑サュ幻のはてなBookmark被リンク数

WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜を観ました。

矢口史靖監督作品で初の原作付き映画です。原作はベストセラーらしいですが未読です。噂によると相当改変が入っていて原案レベルらしい。作品は完全に矢口テイストでした。

尺は116分と短くもないのですが、かなりダイジェスト感がします。1年4クールのテレビドラマを再編集して強引に2時間の劇場作品に仕上げたようなダイジェスト感。
だいたい、正月エピソードがないとかありえないですよね。帰省する・しないで騒いで盛り上がりそうだし、年末年始の村独特の風習とかもネタになるだろうし。

それに林業オンリーで食ってる村という風に見えてしまうのも限られた場面だけ都合よく切り取ったドキャメンタリー臭がしてちょっとへきえき。私が普通に鹿も猿も熊も出る田舎に住んでるせいですかね?
あれだけ道が舗装されてるんだから土建屋も兼ねるんだろうし、議員とか役場・郵便局・JA・国の営林署とかいろいろ生臭い連中もいるはずなんで。下手するとダム建設計画とかあったりな。

そもそも小学生がいるのに中高生が全然出てこないあたりが都合よすぎるんだよね。あれだけ小学生がいるんだから中高生がいないわけない。中学は集落に分校なくて町の本校に通ってるんだろうけど、通学バスもでてこない。将来の進路を意識せざるを得ない中高生の悩みみたいなのもすべて隠蔽されてて都合よすぎ。

まぁ48年ぶり(なんで60年じゃないんだろ?)の奇祭とよそから来た若者がテーマです、村出身の若者の悩みはテーマじゃなんですって言われたら、はあそうですかという言えませんが、本当に林業が盛んな地域の若い人がこの映画見たら違和感持つと思います。

従来の矢口作品にある無駄なリアリティは薄く、ファンタジー色ゆたかな林業賞賛映画です。

超高速!参勤交代

Filed under: - dekaino @ 9:31 このエントリをはてなブックマークに追加 莇蕭!や困篁のはてなBookmark被リンク数

超高速!参勤交代を観ました。同名の原作を本木克英監督が映画化しました。
ものすごくテレビの特番っぽい作りの映画です。正月の長編ドラマみたいな感じ。どこにでもcm挿入しても平気な作りがサスガです。
キャストもテレビドラマの文脈で相当豪華で、それぞれに見せ場を作ってあるこまやかな心遣いがすばらしい。
だからみて面白い作品になるってわけではないのだけれどね。

いわゆる時代劇仕立てで昔の知られざる豆知識を紹介するタイムスクープハンター的な要素はかなり薄くドラマ進行上都合がいいようにとってつけた嘘設定が開き直りを感じさせます。
江戸川に橋がかかってるしね。いくら強風でも江戸市中で忍者が大名一行を襲うとかないでしょー。無茶しやがります。

それに湯長谷藩は一万五千石の小藩とはいえ、江戸には上屋敷だけじゃなくて下屋敷もあるだろうに、わけわかりません。

深田恭子が飯盛女から大名の側室にまで出世(?)する物語としてはよくできてるかも?

2014/6/23 Monday

イオンカードセレクト解約までの苦難の道1

Filed under: - dekaino @ 20:16 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟若祉茹g障сc1のはてなBookmark被リンク数

イオンシネマの割引劣化の続き

イオンカードセレクトの解約は遠く険しい道なのだ。
まずは解約する書類を入手するため、コールセンターに電話するところからスタート。
しかし、これが全然つながらない。

「しばらくおまちください」との自動音声に待たされること10分以上!
全然出ません。

なんとかオペレータが出たのは電話かけてから15分後。
まずは本人確認の質問。そして書類送付の案内とスムーズに話がすすみました。
どうやらたくさん書類フォームを送るので記入の上送り返せ。また居住地を証明する公的書類も要るとか言ってました。

まずは書類が届くのを待つしかありません。

いつになったら解約できるかな?

X-MEN:フューチャー&パスト

Filed under: - dekaino @ 20:10 このエントリをはてなブックマークに追加 X-MEN:ャ若c&鴻のはてなBookmark被リンク数

X-MEN:フューチャー&パストを観ました。
今までの総集編的要素もあり、リブート的要素もある大作です。

プロフェッサーX役としてパトリックスチュワートが出るのも魅力です。と言ってあまり出番は多くないですが、結構重要な役回りです。
近未来の破滅的状況から過去の1970年代にウルヴァリンが精神だけタイムスリップして歴史を変えるというストーリーは、今までのしがらみをすべてチャラにできるまさにリブート話そのものです。

X-menといえばウルヴァリンという構図は完全に定着しましたね。コイツ初期作品にはいなかったキャラなのに。サイクロプスの人気の堕ちっぷりたまらない。
今回は精神は未来から来たが肉体はこの時代のままという設定。ウルヴァリンは不老の身体で年齢的には困らないのだが、まだ骨格をアダマンティウムにされる前なので、いつものウルヴァリンよりかなり弱体化してます。爪が白い骨なんだよね。コンクリートには刺さらない感じ。まぁ悪い事ばかりではなくて、金属探知機にはひっかからないし、マグニートに持ち上げられることもないのです。とにかく超ヒーリング能力とオヤジ力だけが頼りの半端な感じがたまらないです。

プロフェッサーの若い頃がまた、いかにも70年代のいいところの坊ちゃんがヤンチャしてという感じで笑えます。クスリに溺れてテレパシーが使えないというまた都合がいい能力縛り。なんでもありで大味になりがちなX-men世界でスリリングな戦いを演出するのに役立ってます。ほんとシノプシス考える人アッタマいい〜。

1970年代にしては敵のメカがオーバーテクノロジーっぽいです。あれだけのテクノロジーがあったらベトナム戦争負けないだろ!? それともソ連にも同レベルのロボット技術があったという設定で、ベトナム戦争はロボット大戦と化していたという裏設定でもあるか?!
それから、ニクソン大統領ってアメリカ人に人気があるのかないのかよくわからないけど、相当ひどい扱いされてます。まぁ愛国者視点だと強いアメリカをダメにした極悪人なんだろうなぁ…

リブートものなので長い原作者にありがちな矛盾点もなく、好き放題に暴れて好き放題な決着を付けられる点で、アクション映画としてよくできています。

2014/6/17 Tuesday

LET IT GO

Filed under: - dekaino @ 23:31 このエントリをはてなブックマークに追加 LET IT GOのはてなBookmark被リンク数

最近流行ってるこの歌

♪ありのままの 姿見せるのよ
 ありのままの 自分になるの
 なにも怖くない
 風よ吹け
 少しも寒くないわ♪

実はヅラなのを隠して生きてきたオヤジが
意を決して脱ヅラしたときの歌らしいよ。

風よ吹け のくだりがリアルな描写過ぎ!

2014/6/15 Sunday

イオンシネマの割引劣化

Filed under: - dekaino @ 23:24 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟激峨eのはてなBookmark被リンク数

イオンシネマのイオンカードセレクトの割引特典が今まで通常料金から500円引きだったのが、2014年6月から他のイオンカード同様に300円引きになった。
http://www.aeoncinema.com/event/aeoncard/
https://www.aeon.co.jp/sp_aeoncard/tokuten/merit.html

明らかなサービス劣化。今までイオンカードセレクトがあれば曜日時間帯に関わらず常に1200円で鑑賞できていたのに残念。

正直イオンカードなら他にももっているし、イオン銀行しか引落し口座に指定できないイオンカードセレクトは非常に使い勝手が悪いので、おそらく解約することになるだろう。Webで調べても解約方法は載ってないんだけどね。たぶん電話問い合わせ&実店舗に出向く&沢山書類を用意するのコンボなんだろうな。

それでも強い意志で解約するぞ、解約するぞ、解約するぞ

ポリス・ストーリー/レジェンド

Filed under: - dekaino @ 22:31 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻祉鴻若/吾с潟のはてなBookmark被リンク数

ポリス・ストーリー/レジェンドを観ました。原題は「警察故事2013」です。

ジャッキー=チェン(成龍)主演のポリスストーリーシリーズの最新作です。
最近ありがちな若手の助演がいるわけでなく、完全にジャッキーが主役、そして敵役は劉イェ。
舞台は北京の繁華街にある高級バー 武[口巴](武さんのBar)。香港じゃなくて北京市中です。ハリウッド映画にも出るし中国本土の映画にも出るジャッキーの変幻自在さがわかります。
ほとんどの話はこの高級バーの中で進行するのですが、これが資本主義にまみれた退廃的なバーで、中国の風俗の資本主義化を強く感じさせます。中国人を観客と想定した中国映画でコレかー という感じ。

娘役の景甜(ジン=チェン)25歳が大変かわいい。

ストーリーはよくできた警察ドラマ。なかなか見ごたえがあります。ラストの地下鉄のシーンもすごい迫力です。たしかにこれは中国でヒットしたのも納得の出来栄えです。

2014/6/8 Sunday

キカイダー REBOOT

Filed under: - dekaino @ 11:42 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ REBOOTのはてなBookmark被リンク数

キカイダー REBOOTを観ました。
キカイダーとハカイダー、そしてビジンダー(? 劇中ではマリ)のみつどもえの戦いが存分に楽しめます。基本的にバトルシーンは飛び道具控え目のカポエラ風足技のぶつけ合いです。
なんか4本足重量級の非人間型戦闘メカも出てきますが、ロボコップのED209なみのヤラレ役です。
キカイダー REBOOT
光明寺博士の2人の子ども(姉と弟)、その姉ミツコ役の佐津川愛美がいい演技していました。
彼女あの怪作電人ザボーガのレディーボーグ(女子高生アキコ)役もやっていました。アキコ役ではぺらっぺらの生地のイメクラでも使わなさそうな制服を着ていましたが、さすがの東映劇場作品、上等そうな衣装を身に着けています。
シリアスな演技もこなし、ちょっとだけギャグもこなすあたりとても巧い女優です。

でも本作は全体的に暗いシリアスムードな作品で、ドラマパートも重い雰囲気です。
考えてみるとザボーガのリメイクはあれで正解だったんだなぁと。本作は真面目に作りすぎるとつまらなくなる典型です。
ジローも自分がロボットあることをたいして悩まず、そのまま機械として行動しているだけに見えるし、ギルの笛の音でてこないし、サイドカーにも乗らないし、原作ファンにとっては物足りないことが多すぎです。

特に光明寺博士が記憶喪失になってマダラボケ老人のごとく徘徊しまくるというオリジナル版の流れ、せっかく長嶋一茂を光明寺博士役に採用したなら再現してほしかった。一茂なら、ボケて徘徊する博士を完璧に演じてくれたろうに。自覚がないままロボットを修理してしまうマダラボケの極みのシーンとかね。

ビジンダーの名は劇中には出てきませんが、ギルが開発したマリという女性型アンドロイド(ギュノイド?)が出てきます。演じるのは純と愛にも出てた高橋メアリージュン。彼女はアクションがとても巧い。非人間的なアンドロイドとしての演技も上手でした。実はかなりの芸達者っぽい。ただの女性誌モデルじゃないっぽいです。

本作ではハカイダーとキカイダーがつぶし合ったけど、ビジンダーは無事。次回作が出るなら(Vシネマがせいぜいかなぁ)彼女が話の中核になる気がします。

バトルシーンはよかった。お金もかけてある。でもドラマとしては暗かった。エンディングの旧テレビ版の映像は旧作ファンへのサービスとしてよかったと思います。
ちょっとつっこみすると、首相とか大臣がいる建物は首相官邸で国会議事堂じゃないと思うのですよ。まぁ議事堂は一目見てわかる独特で知名度の高い造形だけど、官邸は映像で見せてもわかってもらえなさそうだからしょうがないのかなぁ…

スイッチオンとは言うけど、チェインジとは言わせない、そのこだわりがよくわからない作品。

2014/6/7 Saturday

秘密結社鷹の爪 ブラブラ! ブラックホールのナゾ

Filed under: - dekaino @ 10:41 このエントリをはてなブックマークに追加 腱絲腟腓冗傾 ! 若召里呂討Bookmark被リンク数

プラネタリウム向け映像作品秘密結社鷹の爪 ブラブラ! ブラックホールのナゾを観ました。
秘密結社鷹の爪 ブラブラ! ブラックホールのナゾ
もともとは島根にある県立三瓶自然館サヒメルのプラネタリウム向けに製作された映像ですが、いまは全国各地のプラネタリウムでも上映されています。
私は、厚木市のこども科学館のプラネタリウムで観ました。大人200円。

いつもの鷹の爪のメンバーとデラックスファイターがいつものごとく和気あいあいと漫才しながらブラックホールの解説をしてくれます。サブレギュラーの大家さんも出ますよ!
白鳥座X1のブラックホールは島根県より小さい! とか島根ネタもいつものように用意されています。上映前のマナームービーも見どころです。

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に

Filed under: - dekaino @ 10:34 このエントリをはてなブックマークに追加 罘紕潟UC(潟若)/episode 7 鴻綵惹鴻のはてなBookmark被リンク数

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に を観ました。
古いガンダムファン向けに初代ガンダムからゼータ、ZZ、逆シャアまでの映画から画像引用した設定説明編を含めて120分の長尺枠として劇場公開されました。そういう意味で見ごたえがある映像作品です。

ただし、原作がやっぱり福井小説なので、どうにも宇宙世紀から浮いてしまっていてどうにもなりません。戦闘シーンとかはいいんだけどねえ。ハマーンが育てたミネバは、もっと偏った思想でモビルスーツの操縦が巧くて、いかにもな富野♀キャラになっているべきですよ。正統的お姫様たるセイラさんですら兄を鬼子と呼んだりGファイターに乗ったりするのに、あのお姫様ポジションはガンダムのヒロインとしてありえない。

なんかハッピーエンド的な終わり方をしますが、周知のとおりコスモバビロニア主義やらザンスカールのマリア主義やらが席巻する未来が待っておりますから絶望です。

ラプラスの箱の秘密も相当しょぼいので、原作未見の人はがっかりするでしょう。クエスの父、アデナウアー・パラヤだったら鼻で笑って黙殺するでしょうね。福井は言霊教に溺れすぎ。実践が伴わない言葉に力はまったくないのですよ。

がっかりのエンディングで沈んだ心が、ジ・オリジンの予告編が流されてまた心躍り出す。
ガンダムってビジネスはまだまだあと10年は戦えます。

30 queries. 1.841 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net