でかいの日記帳

2010/4/25 Sunday

アリス・イン・ワンダーランド

Filed under: - dekaino @ 13:05 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪鴻祉ゃ潟祉潟若潟のはてなBookmark被リンク数

ティム=バートンのアリス・イン・ワンダーランドを観ました。
20年前のフックという映画はピーターパンが大人になった話でしたが、本作は大人になったアリスのお話。
ティム=バートンらしい現実とファンタジーがほどよくミックスされたおとぎ話です。

映像効果はさすがに素晴らしい。チシャ猫の効果なんか結構イケてます。
だからといってアバターほどのインパクトはありません。本作のキモは特殊効果ではなくてストーリーです。

私は日本語吹替版を観たのですが、白の女王を演じる深田恭子の演技が何か腹に一物ある雰囲気で、今回の騒ぎの全ての原因は邪悪な白の女王のせいみたいに思えてしまうところが面白いです。白の女王は自分の手を汚さず自分の欲望を叶えてしまう結構な悪女タイプだと思いました。

2010/4/18 Sunday

宮ヶ瀬-仏果山-半原

Filed under: - dekaino @ 21:35 このエントリをはてなブックマークに追加 絎句-篁絮-のはてなBookmark被リンク数

4月11日(日)、宮ヶ瀬湖畔から仏果山山頂を経て半原まで歩きました。
今年の丹沢のヤマザクラの開花は遅いようです。しかし、この日は初夏の陽気でとても暑かった。

宮ヶ瀬湖畔の仏果山登山口入り口バス停から1時間ほど登ると宮ヶ瀬越という峠に出ます。
宮ヶ瀬越のヤマザクラ 2010/4/11
宮ヶ瀬越のヤマザクラ。まだ1分咲き程度。

宮ヶ瀬越から20分ほどで仏果山山頂に到着。
仏果山山頂
標高747m。
当日はいい天気で、山頂にある高さ13m(つまり標高760m)の展望台からの景色は見事でした。
仏果山展望台からみた田代中津川流域
暑いだけあって愛川町田代地区の中津川流域にはたくさんの人が集まってアウトドアレジャーを楽しんでいるのがよく見えました。

山頂から半原方面に下る途中で野生のニホンサルの群れに遭遇。木の上ではなく地面の上を歩いて移動していました。枝打ちされているスギ林だと猿も樹から樹へ移動するのはつらいのだろうか?
仏果山半原側のヤマザクラ 2010/4/11
山頂ではほとんど桜は咲いていませんでしたが、半原集落のちょっと上まで降りてくると見事にヤマザクラが咲いていました。

半原側の登山口近くには倒木が道をふさいでいました。
登山口の倒木
倒れてからそれほど日は経っていない様子。簡単にまたいで通れました。

半原から仏果山を眺めるときれいな三角の山にみえます。半原富士と呼ばれる由縁です。
半原からみた仏果山

2010/4/14 Wednesday

第9地区

Filed under: - dekaino @ 21:36 このエントリをはてなブックマークに追加 膃9医困里呂討Bookmark被リンク数

第9地区を観ました。
南アメリカのヨハネスブルクに飛来したエビ(prawn)型異星人の難民キャンプを舞台にしたアクションSF映画です。

エビ型異星人のビジュアルがマンガっぽいのとリアルっぽいのが混じった感じで面白い。えびボクサーいかレスラーみたいなギャグ風味もあるし、アバターみたいなSFでもあります。

難民キャンプで暮らすエビ達は無気力ですさんだ生活をしていますが、種として劣っているわけではなさそう。身体能力は平均的地球人より高そうだし、英語だって普通に話します。ただ、バルタン星人が話す日本語のように語彙・文法は完璧だけど、音質が人間離れしているだけです。実は知能が高い?
エビたちが持ち込んだ道具も、わざわざ地球人には使用できないようにロックされていることを考えても、地球の技術水準より上を行ってそうです。

エビたちは自分達の食料を生産する知識を持っていないため、地球人に飼い殺しされるハメになったと思われます。そういう意味では愚かな連中かもしれません。

でも、地球の軍隊にあてはめて考えるとどうだろう。
沖縄やアフガンやイラクにいる米兵って、もし本国との補給や通信が途絶えて駐屯地に孤立してしまったら、同じように食糧を自給できないんじゃないかと思います。まぁ彼らは難民扱いされるのを潔しとせず武力を使って現地人から食料を奪うでしょうけど。
その面で言えばエビ達は強力な武具を持っているのにそれを使わない分地球人より理性的かもしれません。

南アフリカのアパルトヘイト政策下の隔離地区の貧困民に食料生産手段も職も与えずただ飼い殺しにしていたら、人口はどんどん増えていきますます問題が複雑になった、みたいな話をSFという口実をつけて皮肉的に表現しているような映画です。

もちろん、難しいことを考えずにアクション映画としても楽しめます。

2010/4/11 Sunday

ワーナーマイカル海老名 全日1000円終了

Filed under: - dekaino @ 8:55 このエントリをはてなブックマークに追加 若若ゃ羌決 1000腟篋のはてなBookmark被リンク数

4月8日にワーナーマイカル海老名 全日全時間帯1000円キャンペーンが終了しました。
1000円で見られる条件リストを更新しました。

日付系
毎月1日 全系列
毎月5日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)
毎月10日 109シネマズ
毎月14日 TOHOシネマズ
毎月16日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)
毎月19日 109シネマズ (ポイント会員のみ)
毎月20日 MOVIX ワーナーマイカル
毎月22日 109シネマズ(男女ペア)
毎月27日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)

曜日系
月曜 コロナシネマ(男性) ワーナーマイカル(女性)
火曜 MOVIX(女性)
水曜 シネプレックス(女性) 109シネマズ(女性) TOHOシネマズ(女性) ワーナーマイカル(2人組)
木曜 MOVIX (男性) コロナシネマ(男女ペア)
金曜 コロナシネマ(女性)

時間帯系
午前初回 コロナシネマ

明日への遺言

Filed under: - dekaino @ 7:39 このエントリをはてなブックマークに追加 ャ吾肴のはてなBookmark被リンク数

明日への遺言を観ました。
藤田まこと追悼リバイバル上映です。

本作は戦後の連合軍が戦犯を裁くいわゆる東京裁判の一つの法廷について再現したドラマです。東京裁判といっても本作の法廷は横浜で開かれました。
罪状は名古屋空襲で撃墜された爆撃機に乗っていた米兵捕虜を裁判にかけずに死刑にしたこと。
当時、東海軍司令官だった岡田資(たすく)中将が判断の正当性を訴え、実際に手を下した部下に責任はなく、すべては司令官たる自分の責任であると一貫して主張した法廷ドラマです。

法廷の中と拘置所しか出てこない安上がりなつくりですが、キャストは豪華です。
当然本作は藤田まこと演じる岡田中将の一貫した態度を賛美する姿勢で演出されており、部下思いの司令官として描かれます。
最後は史実通り、岡田中将のみ絞首刑、部下達は懲役刑となり後日恩赦され戦後日本を生きることになります。

ここで、昔は立派な日本人がいたのだなぁと思考停止せず、もう少し考えを深めてみたいものです。
本件のテーマは「上司から違法行為を命令されたらどうすべきか」というところにあります。
本作主人公の岡田は「軍において上官の命令は絶対に従わなくてはならず、その責任は上官がとる」で一貫しています。この考え方は戦後も公務員の間では脈々と受け継がれてます。国鉄遵法闘争では上長の違法行為を実施せよという業務命令に対し違法を理由に服従拒否した者を懲戒にするのは合法という判決が出てるくらいです。「兵隊は自分のアタマで考えるな。ただ従え」論です。

これは日本的美意識では正しく、かつ末端の人間は自分で判断しなくて済むので楽かも知れません。
でも、法治国家に住む人間としては、事前に合法か違法かくらい自分で判断し、違法の場合は断固拒否する方が正しいし格好いいと思うのです。
そういう意味で、本作の岡田中将は美化され過ぎだと思います。藤田まことの演技は素晴らしかったですけど。

2010/4/7 Wednesday

ロジャー&ミー

Filed under: - dekaino @ 8:26 このエントリをはてなブックマークに追加 吾c&爾里呂討Bookmark被リンク数

CSのFOX MOVIESチャンネルで、ロジャー&ミーを観ました。マイケルムーア監督のメジャー第一作。
1989年公開だから、いまから20年以上前。でもムーア監督のやっていることは今とほとんど同じです。ただ違うところは、まだ痩せている! そしてまだ髪がフサフサ。ここだけでもインパクト大です。

ムーア監督の父がGMで働いていたのは有名な話ですが、本作もGMの話です。日本の自動車産業に押されつつあるGMが米国内の工場をどんどんつぶしメキシコなどの海外に生産拠点を移転し始めた頃の時代、GMの会長に突撃インタビューを試みて失業者についてどう考えるか問いただそうとします。
今だったらマイケルムーア監督が大企業トップにアポなしで会いにきたら渉外担当者が飛んで出てくるのですが、当時のマイケル=ムーアはまったくの無名。受付フロアの警備員が「誰だこれ?」みたいな感じでさっさと追い出してしまいます。今ではまったく考えられない話。
監督はそれにもめげず、いろんなところに出没します。GM株を買って株主総会に潜入してみたり。多数のアプローチを重ね、それでもコメントするのを避けようとするGM会長を見ていると、「こいつ逃げてるな」という印象がどんどん強まります。
これは米国企業トップとしてはあまり好ましくないイメージだというのが、今マイケル=ムーアを門前払いする企業はない理由のひとつなのでしょう。

本作は果敢に挑んで玉砕、たいした成果も得られないまま映画は終わってしまいます。
こういうドキュメンタリ映画を配給してしまうのが米ハリウッド資本の懐の深さなのでしょう。

マイケル=ムーアの原点とも言える作品です。

2010/4/4 Sunday

厚木の桜

Filed under: - dekaino @ 20:43 このエントリをはてなブックマークに追加 罅のはてなBookmark被リンク数

今年も花見の時期が来たので、適当に市内を散歩。
厚木市はとぽっぽ公園の桜
厚木市はとぽっぽ公園(厚木公園)の桜が見事でした。

25 queries. 1.576 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net