でかいの日記帳

2009/12/31 Thursday

バッタ君町に行く

Filed under: - dekaino @ 10:27 このエントリをはてなブックマークに追加 水冴茵のはてなBookmark被リンク数

バッタ君町に行くを観ました。
フライシャー兄弟の会社フライシャー・スタジオの集大成とも言える長編アニメ映画。公開は1941年、日本が対米開戦した直後です。
ディズニーアニメとは異な斬新な映像技術と発想で作られた作品で、今の時代に見ても十分に楽しめます。
主要キャラはすべて街中に住む虫たちで、人間は虫たちにとって災厄ともなれば恩恵ともなるいわばあらぶる神のような存在として描かれます。描画技術も使い分けており虫たちは手描きアニメ、人間や人間の乗り物はロトスコープという技法で描かれています。今風にやるなら手描きアニメと3DCGアニメをうまく合成、使い分けているようなもの。このおかげで人間と虫たちの間に超えられない隔絶がある世界観が巧く表現できています。

本作の原題はHOPPITY GOES TO TOWN。HOPPITYは主人公のバッタの名前です。しかしタイトルとは異なりストーリーはHOPPITYが生まれ故郷の街に帰ってくるのであって街に行くわけではありません。この時代は内容とタイトルが食い違っててもあまり気にしなかったのでしょうか? それとも配給会社が適当につけたタイトル名なんだろうか?
とにかくHOPPITYという名のバッタが主人公なのですが、こいつがどうにも主役らしくないんですね。取得といったらダンスが上手くて女子にモテるだけで、キホンいい加減なC調キャラ。特に何かをなしとげようという意思があるわけでもなく、ただ面白おかしく女の子と遊んでいるだけで、ハッピーエンドになってしまう。今風の日本アニメの何の努力もしないのに幸運が空から降ってくるみたいな非常に受身な話です。

世界大恐慌から大不況の10年を過ごした当時のアメリカはこのような話が受けたのだろうか? 今のアメリカ人のマッチョ思想とはかなり違う雰囲気です。
また、高層ビルの建築現場の様子が事細かに描写されるのですが、さすが1940年代だけあって建築技法がかなり違います。溶接はなし、すべての鉄骨はリベット錠で連接。なんと壁はレンガ! 高層ビルにレンガにモルタル。同時期の高層建築の代表格のエンパイアステートビルもレンガが大量に使われているそうです。

不況の時代だからこそ為し得たものすごい人海戦術的物量で作られたアニメ長編映画です。

2009/12/29 Tuesday

TOHOシネマズの年賀状割引

Filed under: - dekaino @ 12:41 このエントリをはてなブックマークに追加 TOHO激冴綛頑九峨のはてなBookmark被リンク数

ワーナーマイカル海老名が全日1000円キャンペーンをやると前に書きましたが、TOHOシネマズも負けてはいられないと、年賀状で1000円割引を始めるらしいです。

題して、TOHOシネマズお年玉プレゼントキャペーン
1月9日〜2月28日、末尾が1もしくは4のお年玉付き年賀はがきを持っていくと1000円で鑑賞できるというキャンペーン。1と4という数字はトーホー→14というモジリだと思われます。
しかもこのキャンペーンは海老名だけではなくTOHOシネマズ全店で実施するとのこと。

いやぁデフレだなぁ!

フォース・カインド

Filed under: - dekaino @ 12:22 このエントリをはてなブックマークに追加 若鴻祉ゃ潟のはてなBookmark被リンク数

フォース・カインドを観ました。原題はThe Forth Kind。未知との遭遇の原題"Close Encounters of the Forth Kind"の次の種類、いわば第四種接近遭遇の略というところか。
未知との遭遇では…
第一種接近遭遇 異星人の乗り物(UFO)を目撃
第二種接近遭遇 異星人か来訪した痕跡・証拠が残される (ミステリーサークルなど)
第三種接近遭遇 異星人と直接接触する (コンタクト)
という分類だったのですが、更にその先を行く第四種というものがあるそうで

第四種接近遭遇 異星人に拉致され、その後記憶を消去されて戻される (アブダクション!!)
他の派生パターンとして謎のインプラントを埋め込まれるというのもあり

本作はアラスカの寒村で発生した第四種接近遭遇の話です。
構成がこっていて、いわゆるテレビでやるオカルト・ミステリー物番組の再現ドラマを交えたドキュメンタリーという形式をとっています。つまりほとんどのシーンは再現ドラマで役者が演じるがところどころのポイントで「実際の映像」というキャプション入りで別の画質の悪い映像が挿入されたりします。
アメリカのオカルト系テレビ番組の豪華版みたいなつくり。

本作をどう楽しむのかは学研ムーの楽しみ方と同じ。本気で信じるのもよし、よくまぁこんなことでっち上げるぜと斜にかまえて笑い飛ばすのもよし。あくまではフィクションという立場をとりつつ真実を告発するというフォーマットは陰謀論好きな人にはたまらないと思います。なぜか異星人がシュメール語を話すところは笑うところなのか?

ちょっと心臓に悪いホラー要素シーンもあるUFO映画。矢追純一が好きな人にお勧めです。

2009/12/27 Sunday

年末の七沢事情

Filed under: - dekaino @ 20:16 このエントリをはてなブックマークに追加 綛贋筝羃≫のはてなBookmark被リンク数

今年最後の山歩きとして、厚木市七沢の日向山そのその隣にある見城山に登ってきました。
神奈中バスで馬場リハビリで下車、徒歩で日向薬師裏手まで歩き、そこから登山口に入り日向山に登りました。
日向山山頂の山伏
日向山の山頂では山伏の集団がなにやら儀式をやっている様子。
ホラ貝をパオーンと吹き、香木を焚いて呪文を唱えてました。下っ端(?)の山伏がハンディビデオで儀式の様子を撮影してたのが面白かった。

その後、広沢寺温泉側へ降り、途中の分岐点から見城山方向に進みました。
見城山山頂1 見城山山頂2
分岐点から見城山山頂までは5分程度。日向山よりずっと見晴らしがよかった。

見城山から広沢寺温泉へ行く途中にある本blogでもたびたび報告されたチェリオの自販機
チェリオ自販機2009年11月
11月にはこんなだったのがも、12月にはまたもや空っぽに!
チェリオ自販機2009年12月
すがすがしいくらいに空っぽ!
どうやら、ハイシーズン(5月連休、夏休み、秋の彼岸)あたりだけ営業していて、客が少ない時期は電気代がもったいないので休業しているようです。次に復活するのは来年春か?

桜木町駅前に新シネコン開業予定

Filed under: - dekaino @ 0:07 このエントリをはてなブックマークに追加 罅咲違激潟渇罐篋絎のはてなBookmark被リンク数

桜木町駅前に東映系のシネコンが2010年3月より開業予定らしい。
ヨコハマ経済新聞
横浜近辺も過当競争になりそうな予感。

コロナワールドに路線バスが

Filed under: - dekaino @ 0:04 このエントリをはてなブックマークに追加 潟若莊膩鴻のはてなBookmark被リンク数

パブリック・エネミーズコロナワールド小田原で観たのですが、構内に箱根登山バスが止まっているのを目撃してビックリ。
なんと、バス路線が新設されて、1日3往復路線バスが止まるようになったらしい。
これでクルマの運転ができない子供や老人も来やすくなり、少なくともダイナシティと同等レベルにはなったと言えるか?

2009/12/26 Saturday

パブリック・エネミーズ

Filed under: - dekaino @ 23:08 このエントリをはてなブックマークに追加 祉若困里呂討Bookmark被リンク数

パブリック・エネミーズを観ました。
大恐慌のため国力が落ちていた1930年代のアメリカで、銀行強盗を繰り返しやっていたデリンジャーという実在のギャングが主人公で、ジョニー=デップが演じます。
基本的に史実に忠実で、何か誇張することもなくヒストリーチャンネルの再現ドラマのように淡々とデリンジャー一味の悪行と連邦捜査機関(FBIの前身)との戦いが描写されます。それに加えてメロドラマ的恋愛要素をプラスした感じのストーリー。

映像的には1930年代の暗い時代のアメリカを映像資料やCGを駆使して再現しているところが見どころか?
アメリカの老人にはたまらない懐かしい風景なのかも知れません。この頃の世界の覇権国は間違いなくソビエト連邦、そしてナチスの元で台頭しつつあったドイツを中心とするヨーロッパであり、アメリカはかなり弱体化してました。なんたって数年後に東洋の小国に宣戦布告されちゃうくらいに弱ってたんだから相当のもの。
そのような時代に連邦政府が州政府の権限を抑圧して中央集権化を強めていく重苦しい時代の雰囲気をうまく表現しているとは思うのですが、ドラマ要素はせいぜい恋愛くらいしかなく、いわゆるハリウッド映画的な大味な映画ではありません。もちろんアクションシーンはかなりド派手なのですが。

変装のためチョビ髭をつけたデリンジャーを演ずるジョニー=デップがどう見てもジャック=スパロウにしか見えないのは笑うところなのか?

アメリカ版「その時歴史は動いた」みたいな作品です。

2009/12/23 Wednesday

ワーナーマイカル海老名 とうとう全日全時間帯1000円に

Filed under: - dekaino @ 10:11 このエントリをはてなブックマークに追加 若若ゃ羌決 ュ絽1000のはてなBookmark被リンク数

ワーナーマイカル海老名が2010年1月9日から日付曜日時間帯に関わらず常時1000円になるそうだ。→告知サイト
ワーナーマイカル全店ではなく海老名と釧路の2店だけの特別キャンペーン。おそらくこの2店は相当業績が悪く、そのためのてこ入れ策なのでしょう。海老名はすぐ隣にTOHOシネマズ海老名があるのが痛い。
一応期間限定で2010年1月9日から4月9日の3ヶ月間だけとなっているが、この手のサービスは始めてしまったら止められないのが普通なので当分1000円が続くでしょう。ちなみにセンター南駅にある109シネマズ港北も同じ状態にあります。

デフレ化はどんどん進む。
以前に作った1000円で見られる条件リストを更新しました。

常時系
全日全時間帯 ワーナーマイカル海老名(海老名店のみ)

日付系
毎月1日 全系列
毎月5日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)
毎月10日 109シネマズ
毎月14日 TOHOシネマズ
毎月16日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)
毎月19日 109シネマズ (ポイント会員のみ)
毎月20日 シネプレックス MOVIX ワーナーマイカル
毎月22日 109シネマズ(男女ペア)
毎月27日 コロナシネマ(コロナッチョ会員のみ)

曜日系
月曜 シネプレックス(メンバーズカード所持者のみ) コロナシネマ(男性) ワーナーマイカル(女性)
火曜 MOVIX(女性)
水曜 シネプレックス(女性) 109シネマズ(女性) TOHOシネマズ(女性) ワーナーマイカル(2人組)
木曜 MOVIX (男性) コロナシネマ(男女ペア)
金曜 コロナシネマ(女性)

時間帯系
午前初回 コロナシネマ

アサルトガールズ

Filed under: - dekaino @ 9:57 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪泣若困里呂討Bookmark被リンク数

アサルトガールズを観ました。
監督は押井守、主演は黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子。
真・女立喰師列伝の1エピソード(主演佐伯日菜子)の世界観をそのまま引き継いだようなアクションものです。ただし設定はAvalon(F)という仮想空間娯楽世界で起きた出来事の話と言う風に変えられています。

話はまんま押井守ワールドそのもの。もともと短編のために作られた映像素材を無理やり引き伸ばしたようなダレるシーン満載の観ている時間が長く感じられる作品です。実際の尺は正味1時間ないくらいなのに観ているとかなりグッタリします。

個性派ぞろいの主演の演技を楽しむのが本作の正しい楽しみ方だと思います。
二宮金次郎の銅像が好きな人にもおすすめ。

2009/12/21 Monday

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

Filed under: - dekaino @ 23:03 このエントリをはてなブックマークに追加 絎絎ゃ 緇羇紫のはてなBookmark被リンク数

宇宙戦艦ヤマト復活篇を観ました。
おそらく興行的にはパッとしないだろうけど、これは名作です。80年代前半のヤマトファンは新作ヤマト映画を観るたびにガッカリさせられ、しかしそれにも懲りずまた観にいくという苦行僧のような存在でしたが、とうとうその苦行が必要ないヤマト新作が登場です。
よくあるリメイクものにありがちな表面だけ真似ていて中身がまったく違うニセモノなんて映画ではないのです。これはホンモノ! なんたってしょっぱなから例のスキャット「あーあー ああああ あーあぁぁー」から始まり、渦状銀河の絵を出しながら「無限に広がる大宇宙…」のナレーション。さすが本家本元が脚本監督だけあります。
もちろんデスラー総統とか沖田艦長とかの復活という禁じ手もなし! 安心してみていられます。

キャラクターデザインは松本零士から国友やすゆき(なんで!?)にバトンタッチ。でも作画監督が湖川さんなのでちゃんと必要以上に立体的にアレンジされているので安心です。そして原案は石原慎太郎(これまたなんで!?) いろいろトンデモ要素があるのですが、本作は間違いなくヤマトそのものなのです。
なにやら中東を武力で支配するアメリカを日本が救ってやるんだぜみたいな石原流反米思想を正面に打ち出しつつ、地球の危機を決死の覚悟で救うヤマトを華麗に描きます。

演出もなにやら懐かしさを覚える昔風なものです。いちいちキャラに艦内の廊下を歩かせたり、髭を剃らせたり、意味もなく手間ばかりかかる演技やらせるアニメって今時ほとんどないです。とにかく物量で意味のないところに神作画をもってくる! これぞヤマト魂 昔はCGなしでヤマトの回頭シーンを誤魔化しなしで手描きで描いたものです。

スポンサーのパチンコ台メーカーに媚びて波動砲が連発できるようなギミックが加えられたのはちょっと残念。しかしスポンサーには感謝しなくてはいけません。

たぶん早目に上映は終わってしまうと思われるので、かつてヤマトが好きだった諸君は急いで映画館に走るべし。括目して冒頭の古代雪(旧姓 森)の爆風で服が脱げて全裸になる(どういう理屈で!?)シーンを観るのだ!

2009/12/20 Sunday

映画 レイトン教授と永遠の歌姫

Filed under: - dekaino @ 11:09 このエントリをはてなブックマークに追加  ゃ恰羂檎罩紮のはてなBookmark被リンク数

映画レイトン教授と永遠の歌姫を観ました。
ニンテンドーDSゲームの同名ヒット作をアニメ映画化した作品らしいのですが、原作のゲームをやったことはありません。ロンドンに住む大学教授でもあるレイトン教授が探偵として事件の謎を解くというありがちな設定の話です。
なぜか宣伝ポスターにキャラだけではなく声優の写真までも出ているのも不思議。確かに豪華なキャスティングですが、本作の対象となる子供たちは声優で観る映画を選んだりしないでしょう。まぁいろいろと大人の事情があるのかな。声優業界では若手のはずの水樹奈々(紅白にも出場!)も、若手女優の堀北真希や相武紗季と並んでしまうと若手…?というのはちょっと問題か?

子供向けらしく、流血したり人が死んだりすることはなく、わかりやすいギャグを交えたゆるいアクションアドベンチャーモノに仕上がっています。そういう意味で安心して子供に見せられる作品。だからといって大人にとって退屈というわけでもありません。確かに前半は謎の難易度があまりにもヌルく、謎解きと言う意味では子供騙しなのですが、それなりの伏線とどんでん返しがあるので大人でも楽しめます。
ところどころどこかで見たようなシーンが多く、有名な映画のパクリの集大成ともいえますが、器用にまとめられていてまぁこれはこれで悪くない感じ。最後のオチもまぁこうなるよねって予定調和的です。

冬休み子供映画としておすすめできる作品。ただ本作を観たからって原作のゲームをやりたいとは思えなかったかも…

2009/12/16 Wednesday

カールじいさんの空飛ぶ家

Filed under: - dekaino @ 6:46 このエントリをはてなブックマークに追加 若腥咲九兇里呂討Bookmark被リンク数

ピクサーの新作アニメカールじいさんの空飛ぶ家を観ました。今回は3Dで鑑賞しました。
いまCGアニメは3Dで上映することが多いのだけれども、料金が高いのはともかく、目が疲れる割には迫力が増してるとも思えないので出来ればやめてほしい。字幕との相性が悪いせいか吹替ばかりなのもつまらないです。

大胆に要約すると、妻と死別した独居老人が、ボーイスカウトの老人を手助けする課題のために訪問してきた少年と2人で南米の秘境まで冒険旅行するお話。老人向けに第二の人生を説く作品です。
マンガ誌で言えば小学館のビッグコミック的加齢臭がするマーケティングです。

夫に先立たれた老妻の場合はあまり社会問題にならないのですが、妻に先立たれた爺さんの場合は米国でも大きな社会問題のようです。やっぱり年を取った男は頑固になりがちで社会性が低い上に、アメリカは銃が持てる国なので関わる人たちも命がけです。

本作では老人の第二の人生というテーマに主眼が置かれ、まったく色恋沙汰がありません。なんたって女性がほとんど出てこない。故人である妻のエリーが回想シーンで出てくる他は、珍らしい新種の鳥のケビンしかメスはいません。人語を話す犬がたくさん出てくるのですが彼らの中にもメスはいないくらい徹底しています。
それにしても最近のディズニーアニメは擬人化されていない犬なのに人語を話す作品が多いですね。ボルトもそうだったし。高橋よしひろってものすごく時代を先取りしていたと思わざるを得ない。

さすがピクサー作品、作画は素晴らしいです。しかしマーケティング的に少し損をしてる感じがします。もう少し老人をターゲットにした宣伝をすればいいのに。惜しいなぁ。

2009/12/13 Sunday

イングロリアス・バスターズ

Filed under: - dekaino @ 18:07 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ潟違≪鴻祉鴻帥若困里呂討Bookmark被リンク数

イングロリアス・バスターズを観ました。原題はINGLOURIOUS BASTERDS。バスターズはゴーストバスターズのBusters(破壊者)ではなく、ろくでなしの意味のバスタードの複数形でバスターズ(Bastards)です。いや正確にはそれをわざとスペリングミスしてINGLOURIOUS BASTERDS。余計なUが入り、AがEに化けています。こういう工夫をすると検索エンジンで一発で引けるようになり、そういう意味で賢い題名です。邦題はここらのニュアンスが全然活かせてなくてつまらない。

クエンティン=タランティーノ監督、ブラッド=ピット主演と言う以外特に何の予備知識もなく観ました。ああポスターからなんとなくナチスをやっつける話なのかな? くらいは知っていたかも…
なんというかまったく予想外の映画でした。妙に昔のヨーロッパ映画臭い演出で、露悪趣味と年寄りが好みそうな仮想戦記っぽい歴史のifのストーリー。
酒でも飲みながらバカでーと笑いつつ鑑賞するのが正しい楽しみ方かも。そういう文脈でB級ホラーに通じる作品で、アメリカ映画なのにヨーロピアンなイメージです。

正直、誰がこの映画を観て喜ぶ人間はかなりマニアックなんだろうと思わせる珍作。
もっとこじんまりと単館系公開の方が口コミで噂になって結果的に売れたかも知れません。
面白さタランかったら全額返金しバスターズ」キャンペーンは野暮でしたね。

EPSON NP11-V導入

Filed under: - dekaino @ 8:24 このエントリをはてなブックマークに追加 EPSON NP11-V絨イ里呂討Bookmark被リンク数

EPSONのファンレスPC NP11-Vを導入し、CentOS5.4をインストールした。
atom1.6GHzはAMD Geodeより体感的にかなり速い。

NP11-Vを導入した理由
・CPU速度 (SizkaはAMD Geode500MHz)
・HDDがSATA (SizkaはパラレルATA)
・メインメモリ容量が1GB (Sizkaは512MB)

しばらく様子をみようと思う。

Sizka復活

Filed under: - dekaino @ 8:18 このエントリをはてなブックマークに追加 Sizka緇羇擦里呂討Bookmark被リンク数

先日故障したACアダプタを新品に交換したら問題なく復活した。
先月から散見されたhda: lost interrupt現象もまったく再現せず。HDDの寿命ではなく電源が不安定だったのが原因だったようだ。

2009/12/10 Thursday

東京の空の下

Filed under: - dekaino @ 8:03 このエントリをはてなブックマークに追加 延根腥冴筝のはてなBookmark被リンク数

最近気になっているCS番組があります。
テレ朝チャンネルの「東京の空の下
今週から始まった毎朝06:55からやっている5分間の帯番組

番組説明を引用
約40年前に日本教育テレビ(現テレビ朝日)にて、東京の様々の場所をヘリコプターで空撮した映像をほぼ毎日のペースで放送。
今はもう見ることのできなくなった懐かしい風景をお届けします。

NET時代の番組で東京オリンピック直後の東京の空撮映像をナレーションも無しにただ垂れ流すだけの番組です。
これがまた六本木にまだ畑が残ってたりしてなかなか興味深いのです。

2009/12/8 Tuesday

膨らむケミコン

Filed under: - dekaino @ 23:39 このエントリをはてなブックマークに追加 宴潟海里呂討Bookmark被リンク数

故障したSizka純正のACアダプタをバラしてみた。
ACアダプタ内部
予想通り(?)電解コンデンサが膨れている。典型的な故障だ。

2009/12/6 Sunday

Sizka ACアダプタ故障

Filed under: - dekaino @ 22:30 このエントリをはてなブックマークに追加 Sizka AC≪炊のはてなBookmark被リンク数

前々からHDDの調子が悪かったSizkaだがとうとう電源が入らなくなった。
電源が接続されていることを示す赤LED(POWER)も消灯。ACアダプタの出力電圧をテスタで測定すると0V。どどうやらACアダプタの故障らしい。今までのHDDの不調も電源がおかしいせいだったかもしれない。
標準添付されているACアダプタの型番をぐぐると出てくるのがこれ → GF12-US1210
電流容量一杯で連続して使い続けると電解コンデンサーの充放電が激しくなり発熱しますので、寿命が短くなります。使用する環境により一概に言えませんが、ひとつの目安として平均電流80%以下で使用されることをおすすめいたします」なんてコメントがあるあたり怪しい。

早々に+12V 1A以上のACアダプタを調達して復旧する予定。
Pinon純正ACアダプタ
標準添付してくるACアダプタは12V1A(12W)品だが、24Wや48W品も売っているようだ。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

Filed under: - dekaino @ 0:17 このエントリをはてなブックマークに追加 篌腓障ゃ篆冴のはてなBookmark被リンク数

劇場版ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないを観ました。2chに投稿された暴露話っぽい創作文の映画化です。要は電車男みたいなモノ。

本作はリアリティという点ではまったくダメダメです。フツーの仕事がしたいの足元にも及びません。たぶんサラリーマンの経験がない人が脚本書いてます。釣りバカ日誌や山口六平太のようにサラリーマンの経験がない人がサラリーマンを題材にした映画やマンガを参考にしてでっち上げたサラリーマン話のように、ありえないトンデモ展開が満載です。

たとえば、派遣さん(♀)を連日徹夜させたりします。派遣会社にそれだけの金が払えるなら、自分とこの社員に残業代出せるだろうし、そもそもそれだけ金に困ってないならブラック会社にならないはず。
ただ、役者たちはノリノリで演じてます。ほとんどのシーンが室内なので舞台っぽい雰囲気です。

ブラック会社がある設定の建物は、妙に古い茅場町にある昭和初期の建物第二井上ビルを使っています。なぜこんなレトロな設定にしたのか謎です。監督の趣味?

劇中でガンダムの有名なセリフ、たとえば「認めたくないものだな 若さゆえの…」などが出てくるのですが、巻末のクレジットでは初代ガンダムの脚本家の星山氏などの名前はありましたが、富野の名前は出てませんでした。これらのセリフは富野監督が演出として考案したもので星山氏は関係ないのは関係者の証言で間違いないわけですが、版権の扱いとしてはやはり脚本としてクレジットされた脚本家が総取りってことのようです。監督と比べて脚本家は美味しいなぁ

最後のオチは、ブラック会社全肯定のとても寒い展開となってしまいました。まぁ2chに投稿された原作のオチに沿っているのでしょうがないのですが、もう少し労働環境を改善する方向に努力した方がいいと思います。

こんなのアリエネーって笑い飛ばす目的でみるなら楽しめますが、真面目に観るにはトンデモなくダメな映画です。

2009/12/2 Wednesday

紙兎ロペ 2009年12月版

Filed under: - dekaino @ 23:50 このエントリをはてなブックマークに追加 膣 2009綛12のはてなBookmark被リンク数

2012TOHOシネマズ海老名で観たとき、本編前に上映された紙兎ロペの3作目を観ました。2009年12月から上映しているようです。

やはりつまらない。新キャラの先輩の先輩にあたるらしい闘牛もイマイチなんだか。
東宝はRobotにキンタマ握られているのか、どうしてこんなつまらない動画を垂れ流しするような罰ゲームを甘んじて受けているのか? 謎です。

2012

Filed under: - dekaino @ 23:36 このエントリをはてなブックマークに追加 2012のはてなBookmark被リンク数

映画2012を観ました。
本作は王道の災害パニック映画です。マヤ暦とかオカルト要素はただの設定に過ぎません。別に未来少年コナンの超磁力兵器で地軸がねじ曲がったでも何でも構いません。要は世界各地は海に沈んじゃうよ!って危機の話です。いわば日本沈没ならぬ世界沈没。とにかく世界各地がどんどん海に飲み込まれていくCGはものすごい迫力です。2006年版日本沈没など足元にも及びません。

やはりアメリカ映画らしく聖書の洪水伝説(ノアの方舟)っぽい話になってしまいます。
しかしこの程度の災害だったら、各国の原潜は100%は無理としても大部分は生き残れるんじゃないかと思ったりして。人類を滅ぼすにはちょっとパワー不足かもしれません。
少なくとも、件の船団には間違いなく原子炉が積まれていそうだし、科学技術文明がある程度のダメージを受けこそはすれ、大幅に後退することもなさそう。

SF考証的にトンデモっぽさはないのでむしろつまらないというか、やはりSF的考証よりCGのすごさを堪能するのが本作の正しい鑑賞方法だと思います。

ここち湯横浜瀬谷店

Filed under: - dekaino @ 23:22 このエントリをはてなブックマークに追加 ≧康罔羌莪桁のはてなBookmark被リンク数

ここち湯横浜瀬谷店に行きました。ここは元々は昔に行ったことがあるざぶん瀬谷目黒店でした。
経営母体の東急が相鉄に経営権を売ったのです。元々よく似たつくりの温泉施設だったのですんなり売却できたのでしょう。
最近の東急と相鉄は仲がいいみたいです。映画事業では逆に相鉄がムービルを東急に売却しています。選択と集中というヤツか?!

話を戻すと、ここち湯に替わってから初めて言ってみました。ざぶん(東急)時代は無料シャトルバスが東急田園都市線中央林間駅との間を往復していたのですが、ここち湯(相鉄)になってから相鉄本線瀬谷駅にも無料シャトルバスが行くようになりました。従来客のためか中央林間駅との便も続行中。
またざぶん(東急)時代では食堂その他の施設は入浴券を買わなくても利用できましたが、ここち湯(相鉄)になってから入り口すぐに受付があり入浴券を買わないと中に入れないようになりました。要はかしわ台にあるここち湯と同じ方式になったというわけです。会員カードもかしわ台店と共通です。

さて、ここち湯かしわ台では、若い女性従業員が男湯に入ってきて作業するので有名(?)です。危険を回避するためか必ず二人ペアで徒党を組んで若い女性が男湯に侵入してくるのはどうも違和感があります。
横浜目黒店でももしかしたらと思ったら、やはりキター! 女性二人がサウナに入ってきて床のマット交換し始めました。ざぶん(東急)時代ではありえない謎の行為。もしかして男性客へのサービスだと思っているのでしょうか? 多感な時期の中高生男子とか困ってしまうと思うのだが…

まじめに考えてもこれって従業員へのセクハラ/パワハラだと思います。これが相鉄クオリティなのか?

40 queries. 2.393 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net