でかいの日記帳

2007/5/27 Sunday

スパイダーマン3

Filed under: - dekaino @ 17:49 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻ゃ若3のはてなBookmark被リンク数

スパイダーマン3を観ました。
もはやソニーピクチャーの代表するビッグタイトルとなったスパイダーマン。とうとう第3弾です。

この手のシリーズとなると、役者のエゴというか顔を見せるシーンを増やせ圧力に屈して、無駄に顔出しアクションが増えてきます。たとえばロボコップとか、スタートレックのラフォージとか、続編シリーズを重ねるごとに理不尽に顔の露出度が増えていくのです。主役級のレギュラーの役者を降板させるのが困難だという足元を見たヤリ口がいかにもハリウッド映画らしいです。

ロボコップならもともと中に入ってる人が同じだから顔を出してもかまわないのですが、スパイダーマンの場合、東映特撮のように変身した姿の中の人はあくまでも専門のスーツアクターであり、変身する前とは違うというところが問題です。
スーツアクターをかなり体格が違う人が演じているのか、マスクをした時のスパイダーマンとトビー=マグワイヤが顔出しした時のスパイダーマンでは、明らかに体型が違います。とにかくトビーは短足すぎ! もうバットマンとバットマンロビンくらい体型が違います。あれを同じキャラとしてみるには、クロコは見えないものだとみなす日本の伝統技を観客に強要するしかありません。またはMr.インクレディブルに出てきたゴム母さんのように手足が伸び縮みする能力もあるって設定にするのもいいかも。はっきりいって子供は混乱するんじゃないだろうか?

ストーリーの方はキルステン=ダンストのダメ女っぷりが素晴らしい。容赦なく堕ちていくダメおんな人生模様が泣ける! まさに演歌のようです。これだけ予算をかけた大作映画のヒロインにしちゃ華がない(だって第一作ではそんなに予算がなかったんだもんというスターウォーズと同じ事情)をうまく逆手にとって、リアルさを巧みに演出しています。

とにかく、スパイダーマンの体系の変化、それとメリー・ジェーンのダメ人生っぷり ここだけでも十分元が取れる映画です。じゃぶじゃぶ制作費を使いまくった大作なのにこのヒネまくったノリがたまらない。まさにMARVEL原作映画らしい映画といえるでしょう。

それにしてもマスコミが注目する中で顔出しアクションしまくって、本人バレしないんでしょうか? スパイーマン4ではスパイディーの正体はニューヨーク市民みんな知っているって設定になるのか? それはそれで面白そうだがあまりにも原作から乖離しすぎじゃないですか??

2007/5/24 Thursday

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

Filed under: - dekaino @ 23:10 このエントリをはてなブックマークに追加 筝筝私茯  篌 羶腴のはてなBookmark被リンク数

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章を観ました。

海のリハクがまったく使えません。ヘマばかりしてます。これじゃ拳王軍のヅラ参謀の方がよっぽどましです。それにもまして役立たずなのがリンとバット。特にバットは無用ガキというポジションにあるからしょうがないとは言え、役に立たないにもほどがあるというくらい役に立ってません。はっきり言っていない方がマシです。
柴咲コウがやってるレイナも大人の事情による強引な出演という感じ。
なんというかしがらみに縛られまくった作品です。

本作を一言でいえば、我が生涯に一片の悔いなしってことです。つーかあのサイズの骨壷じゃラオウの骨の1割も入らないと思うぞ。

2007/5/20 Sunday

コンタクトのアイシティ

Filed under: - dekaino @ 18:05 このエントリをはてなブックマークに追加 潟潟帥≪ゃ激のはてなBookmark被リンク数

コンタクトのアイシティ、宮崎あおいのCMやポスターで有名でした。

コンタクトのアイシティ「ネコとあおいちゃん」篇

しかし、宮崎あおいに代えて田中美保をイメージガールに変更したらしい。いつの間に! かなり残念です。
宮崎あおいでは女性ウケが悪いのかな? それにしても田中美保はちょっと…

フィッシング詐欺サイト

Filed under: - dekaino @ 17:54 このエントリをはてなブックマークに追加 c激潟域罨冴泣ゃのはてなBookmark被リンク数

いままでもトラックバックspamは多数来ていましたが、今度はフィッシング詐欺サイトへの誘導トラックバックが来ました。

映画ドラの記事を投稿したら、約15時間後に怪しいトラックバックがありました。

> ドラえもんチャンネルで遊ぼう!
> ドラえもんチャンネルは、ドラえもん情報の公式サイトですね。

という文面で、http://xn–i-87t8hoc7nsg.sblo.jp/ といういかにも公式サイトとは思えない怪しさ満点のURIへリンクしてます。
特に悪さをするスクリプトは仕込んでおらず、アフェリエイト稼ぎねらいのようです。おそらく検索エンジンで「ドラえもん」を含むblog記事を検索して、片っ端からトラックバックを打っているらしい。いわゆるアフェ厨なのかな。重犯罪ではないけれどわざわざ公式サイトなんて嘘ついて細かく稼いでもリスクに見合わない気がする。金を稼ぎたければもっと真っ当に働けばいいのにね。

2007/5/19 Saturday

JASRACとAPPLE

Filed under: - dekaino @ 23:42 このエントリをはてなブックマークに追加 JASRACAPPLEのはてなBookmark被リンク数

朝日新聞がAppleからJASRACに金が振り込まれてないという報道をして、即座に誤報だとJASRACが訂正した事件について、どうやらJASRACの闇はかなり深いらしいという話。
参考blog

訂正で発表したAppleから一時的に受け取ったという2.5億円が決算報告には出ていない点をつっこまれたら、相当グダグダになっているらしい。というか粉飾決算や脱税を自らカミングアウトした状態に近い?!

iPodのダウンロードの曲目と数量のデータはJASRAC以外にも曲を提供した権利者にも届く仕組みになっているらしい(まぁ普通にシステム作ればそうなるよね)。Appleからダウンロード数を知った権利者は、あーもうすぐお金が入るなぁと思っていたのに、いまだにJASRACから入金がまったくないってのが問題の発端のようです。

結局、いままでのメディアでは課金データを独占できていたのにそれが崩れたもんだから、今までのドンブリ勘定が通らなくなって大慌てというのが真相らしい。おそらく今までの決算も粉飾だられだったのが今になってポロが出てきているんでしょう。

代行徴収団体の存在意義がどんどん薄れつつある時代、JASRACはどう生き残り戦略を立てていくのか興味があるところです。

のび太の新魔界大冒険

Filed under: - dekaino @ 23:24 このエントリをはてなブックマークに追加 喝お育紊у困里呂討Bookmark被リンク数

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜を観ました。
1984年に公開されたドラ映画のリメイクです。もう23年前になるのか…
旧作は藤子F不二夫が脂が乗り切っていた時期の傑作。パラレルワールドとタイムパラドックスをネタにした話で最も出来がよい作品の一つです。(ちなみにパラレルワールドネタで最悪なもののひとつに仮面ライダー龍騎があります)

旧作の出来がいいだけあって、新作も基本プロットは変更なしでほとんど同じです。ただし、旧作は製作時間が足りなかったのか勢いで突っ走ったところがあって細かい矛盾点が散見されたのですが(それがまったく気にならないくらい面白いからこれまた凄い)、そこらへんが落穂拾い的にフォローされています。
また現実界での満月牧師/博士と美夜子の存在にも触れているし、旧作ではいつのまにか退場したメデューサにも重大な役割が付加されています。

事件はあくまでもパラレルワールドの話であってやめようと思えばいつでもやめられるんだけど、でもやっぱり助けに行くんだってくだりが旧作でも新作でも秀逸です。理と情がうまくミックスされた葛藤が子供向け作品とは思えない。特に旧作は1984年作品で完全な子供向け企画だったわけで、藤子F不二夫ってやっぱりすごい。

新作の見所は、魔法少女マミ(なぜか佐倉魔美似)とそのペットのトンポコ(なぜか魔美のペットのコンポコ似)かな。あとセクハラ魔法は新作でも健在です。しずかちゃんはツンデレというよりデレデレだ。

2007/5/13 Sunday

ブラッド・ダイヤモンド

Filed under: - dekaino @ 21:52 このエントリをはてなブックマークに追加 祉ゃゃ≪潟のはてなBookmark被リンク数

ブラッド・ダイヤモンドを観ました。デカプリオ主演の社会派アクション映画(?)と宣伝してます。
とはいっても政治臭さはなく100%娯楽アクション映画です。親子愛や恋愛要素もあり、そういう意味で普通のハリウッド映画です。

西アフリカのつい最近まで内戦してたシエラ=レオネという国が舞台です。一応イスラム圏ですが、映画にはそこらへんは出てきません。これだけでもこの映画はハリウッド的な作られたリアルっぽい演出がされているだけで決してドキュメンタリーではないとわかります。
この映画を観て社会悪への怒りに震えたって思う人は、単に今までが物事知らな過ぎたってだけでしょう。宝飾ダイヤモンド産業なんて、ロクでもなさはラッセンとか天野嘉孝とか北爪宏幸原画のシルクスクリーン売る商売と大差ないんだから。
映画の最後に「紛争ダイヤモンドを買わないように」ってキャンペーンの文字が出たところでは、あちゃ〜と苦笑するしかないです。

アクション映画としてはかなり楽しめます。おすすめ。

大山

Filed under: - dekaino @ 21:16 このエントリをはてなブックマークに追加 紊у臼のはてなBookmark被リンク数

初めて大山に登ってきました。鳥取のダイセンではなくて神奈川のオオヤマです。実は、厚木に引っ越して12年とちょっと経つというのに、まだ大山には行ったことがなかったのでした。

小田急伊勢原駅北口から神奈中バスで大山ケーブル駅まで300円

大山ケーブル駅バス停

バス停から500mほど、こま参道と呼ばれる坂を上ると大山ケーブルカー追分駅に着きます。下社まで片道大人450円。20分おきに発車、所要時間は7分くらいです。

大山ケーブルカー

途中の不動前駅で対向車とすれ違います。ここで途中下車も可能(切符は前途有効)。

大山ケーブルカーすれ違い

下社駅から少し歩くとすぐ阿夫利神社下社です。

阿夫利神社下社

ここから徒歩で山道を90分登ると山頂につきます。山頂には阿夫利神社の本社があります。

阿夫利神社本社 奥の院

山頂には売店があり水分や食料が買えます。缶ジュースが250円、ペットボトルが300円程度の山頂価格。さすがに標高1200mを越えるだけあって涼しいです。

山頂で弁当を食べて、さっそく下山。登りの参道とは別の見晴台へ抜ける道を下り、日向薬師バス停にたどり着きました。一気に1000m近く徒歩で下ったことになります。下る道の途中、九十九曲にあったでかい地蔵さまを発見。でかいの一族をモデルにした地蔵なのだろうか?

でかい地蔵

日向薬師からは神奈中バスで伊勢原駅まで帰り、日帰り登山旅行はおしまい。かなり疲れました。

2007/5/6 Sunday

奇術師劇場版 国内公開

Filed under: - dekaino @ 17:39 このエントリをはてなブックマークに追加 絅茵絽雁 遵のはてなBookmark被リンク数

以前の記事で紹介した奇術師というSF小説の映画が製作されていたのですが、日本公開日が2007年6月になったようです。
邦題は原題のThe Prestigeをカタカナ化しただけの「プレステージ」と決定しました。噂では「イリュージョンVS」とかいう意味不明なものになりそうな話があったけど無事にポシャったようでまずはめでたい。とはいえ単にカタカナ化するってのもつまらない話ではある。
劇場版公式サイト

ニコラ=テスラ役をデビッドボウイがやるそうで、どれだけうさん臭い変人ぶりを表現できているかが見所だ。

松竹版ゲゲゲの鬼太郎

Filed under: - dekaino @ 14:15 このエントリをはてなブックマークに追加 丞合蚊蚊蚊薔弱お、里呂討Bookmark被リンク数

松竹版ゲゲゲの鬼太郎を観ました。ウェンツ主演の実写版です。
東映ではなくて松竹なのがミソ。鬼つながりってわけじゃないですが、響鬼の事情にちょっと出ていた話で、同時期に東映でも実写鬼太郎の企画が動いていたらしいのですが、松竹とはまったく無関係だそうです。

クレジットに東映アニメーションと出ていたぐらいなので、従来のアニメ版に慣れ親しんだ人も違和感なく見ることが出来るでしょう。猫娘(田中麗奈)は、ノースリーブミニスカの赤いワンピースに毛皮のパンツという新解釈ファッションでしたが、意外と様になっていました。
田中麗奈 猫娘

ロケハンをかなりやっていて屋外シーンが多いです。かなり金をかけています。またかけただけの効果が出ています。妖怪もたーくさん出てきますが、ロクロ首役をやっているYOUは、首が伸びる伸びない以前にその存在だけで十分妖怪です。まさに現代の妖怪。彼女に勝てるのは黒柳徹子だけでしょう。

ちょいネタバレになりますが、最後の最後にドラえもんの秘密道具なみに反則な便利アイテム「忘れな草の花束」で記憶全消しエンドです。これゃ便利だわ。貸本時代の墓場の鬼太郎なら「父さん、忘れな草送るの ちょっと早すぎますよ。せめて一発ヤるまでは待ってくれてもいいのに」とか言いそうな感じ。

松竹の金と人脈をふんだんに使った良質なGW映画です。子供にもぜひおすすめ。

2007/5/4 Friday

小町神社と慰霊塔

Filed under: - dekaino @ 0:57 このエントリをはてなブックマークに追加 絨榊腓障育紂のはてなBookmark被リンク数

厚木市小野にある小町神社と玉川小学校付近の慰霊塔まで散歩してみました。
愛甲石田駅前の国道246号線を渋谷方向に10分くらい歩き、東名高速をくぐる当たりに流れている川が玉川です。その玉川の土手沿いに上流へ歩いていき、小野橋手前に小町神社(小野緑地)への上り口があります。
コースはこのサイトに詳しく載っています。本厚木駅から出発して徒歩で1時間ちょっとぐらいでしょう。

小町神社は小野小町に由縁がある神社らしいのですが真偽は不明です。
小町神社の鳥居
これが鳥居です。玉川沿いの道から短い登り階段があり、その途中にあります。
小町神社
階段を登りきると小町神社がある小さな広場に出ます。

小町神社縁起
これが小町神社の説明版。どうやら白髪を黒くする御利益があるらしい。ただし30歳以下限定。30過ぎの白髪は救済してくれないようです。

小町塚
神社の横にある土饅頭。いくらなんでも本当にここに小野小町が墓碑もなしに埋葬されているとはちょっと考えにくいです。

小町神社から再度玉川に戻り、てくてくと上流方向に歩いていくと、日向川と七沢川に分岐するところにたどり着きます。この分岐点にかかる木造なのに金井橋って名前の橋を渡ったところに慰霊塔や忠魂碑が建っている祭壇(?)があります。

慰霊塔
これが慰霊塔。戦後に防衛庁長官が建てたと書かれてます。

忠魂碑
こちらが忠魂碑。もちろん慰霊塔より古いものです。

砲弾
面白いのが砲弾が乗せてある石碑です。桜マークの中に忠・質・信・武・禮(礼)の文字が見えます。

砲弾アップ
砲弾の裏には「除隊念 野戦重砲兵第四聯(連)隊 中村」の刻文字が読み取れます。紀は記の誤字だろう。聯の字もちょっと怪しい。
石台の裏には昭和七年との年号がありました。昭和七年当時、野戦重砲兵第四連隊は千葉県四街道市にあったようで、現在その敷地は愛国学園大学になっています。正門が残っているそうです。正門の近くには似たような状態で砲弾がたくさん記念碑として残されています
中村さんは無事除隊して砲弾を土産持って帰ってきたのでしょう。ちなみに野戦重砲兵第四連隊はその後満州に送られノモンハン戦でソ連と交戦、太平洋戦争時には南方に送られほとんどの将兵が死傷したそうです。合掌

2007/5/2 Wednesday

NIGHT AT THE MUSEUM

Filed under: - dekaino @ 20:47 このエントリをはてなブックマークに追加 NIGHT AT THE MUSEUMのはてなBookmark被リンク数

NIGHT AT THE MUSEUMを観ました。邦題は「ナイト ミュージアム」です。

基本は子供向けコメディ映画です。しかし最近のハリウッド映画らしく大人が感情移入できるようなキャラも配置されています。
主人公(大人)はバツイチで一人息子が毎週水曜と隔週の週末だけ泊まりに来る。それ以外の日に息子が一緒にすごす元妻には、すでに新しい恋人がいるという、かなり今風な設定になっています。

とはいえ、まったくおちゃらけた話なので、ハードな展開はありません。24なみに主人公寝ないとか、毎朝、日の出前の月の形が同じ(月齢25くらい?)とか、ツッコミどころは満載ですが、そんな考察もするのが野暮ってなもんです。
とにかくアメリカ人はエジプト古代文明とかアフリカの動物が好きみたいですね。あのテディベアの由来元のセオドア=ルーズベルト大統領も出てきます。これも人気キャラなのかな?

とりあえず、あの博物館にキリスト像がなくてよかった。アメリカじゃそんな子供向け映画絶対に作れないだろうな…

30 queries. 1.844 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net