でかいの日記帳

2005/10/30 Sunday

機動戦士ZガンダムII -恋人たち-

Filed under: - dekaino @ 12:01 このエントリをはてなブックマークに追加 罘紕Z潟II -篋冴-のはてなBookmark被リンク数

劇場版ゼータガンダム -星を継ぐ者-の続編 機動戦士ZガンダムII -恋人たち-を観てきました。

カツがオリジナル通りカツでした。超ムカツクくそガキ具合がきっちりと表現されていて素晴らしい。まさに「カツ ダメ〜」。カツに匹敵するムカツキガキはTNGのウェスリーぐらいしかいないと思う。
前作同様クワトロの恥ずかしいシーンが全削除、クワトロがかっこいいだけの軽薄男となっていますが、それ以上に性格が激変したのがウォン・リーだ。ウォンがものすごいいい人に浄化されている。マトモなことしか言わず、子供にも優しい人格者だ。こんな人物をウォンと呼んでいいのだろうか? これじゃ逆に修正し返したジュドーが悪者扱いになってしまう。誰かこの欺瞞を暴いて「見てください これがウォン・リーのやり方なのです!」と演説してほしい。
ちなみにクワトロの恥ずかしいシーン全カットの法則よりダカールでの道化演説も全カットです。

ネットで騒がれたフォウの声変わりだが、ゆかなは下手ではなかった。確かに違う声だけどね。それより池脇千鶴のサラがカナリ微妙だった。セリフも微妙。サラに「シロッコ様」と言わせちゃいけない。「パプティマス様」じゃないと。

新作カットでは動画が表示できる電子ペーパー/薄型平面ディスプレイを使った会議シーンが面白かった。ブライトが会議中で従来型ノートPCで内職していたり、内職がバレたとたんに内職してたウィンドウを閉じて、他の会議メンバーに「ぉぃぉぃ閉じなくてもいいだろう」なんて言われたり、かなりリアルに内職心理を的確に表現しています。たぶん冨野も会議で幾度となくノートPCで内職されてきた経験があるのでしょう。

過度の期待を持たずに見に行けばそこそこ楽しめました。つーか星を継ぐ者を観てれば期待を持ちようがないので無問題。

2005/10/29 Saturday

SenderID導入

Filed under: - dekaino @ 10:04 このエントリをはてなブックマークに追加 SenderID絨イ里呂討Bookmark被リンク数

dekainoネットにもSenderIDを導入してみました。
といっても送信側のDNS設定だけ。受信制限はやってません。

送信側の設定はライセンス契約なしで自由に行うことができますが、受信制限はMicrosoft社の特許に関わる技術を使用する必要があるので、microsoft社とライセンス契約(無料)する必要があるようです。
設定のガイドラインはこちら→sendmail社送信者認証技術の導入におけるレコメンデーション(和文)
やったことは簡単 DNSレコードに以下の一行を足しただけ

dekaino.net IN TXT “v=spf1 mx ~all”

2005/10/26 Wednesday

ステルス

Filed under: - dekaino @ 8:09 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻垢里呂討Bookmark被リンク数

ステルスを観ました。
今年度のソニーの業績を決める重要作品です。PS3とかネットウォークマンとかよりずっと重要!

無人戦闘機が暴走するというプロットから想像できる展開がそのまま展開される基本的にわかりやすい作品です。メンテナンス用のパイロット席が用意されてるならこういう展開なんだろうな…って思うがまま展開していくストーリーはある意味気持ちいいです。客の裏を書こうという意図がまったく感じられません。もしステルス2が製作されるなら、次は無人戦闘機同士の戦いだろうなってとこまで読めちゃいます。あまりにもわかりやすすぎてアメリカでも不入りみたいです。全米興行収入では初週4位でそのまま下落。ソニー今年は(も)やばいかも…

真面目に考察すると、米海軍が無人機を導入するんだったらまず原潜からだろう。なんたって機械なら空気も水も食べ物の要らないから船体を小型化できるし潜航深度も大幅にアップしそう。インテリジェントな機雷って感じでも十分使えそうだし。

飛行機の方が絵になるから映画にするなら飛行機だよねってのはわかるけど、どうして海軍なんだろう? 超音速で地球半周くらい余裕でできる飛行機なら空母要らないよなぁ。ある意味で海軍航空機の存在意義をなくしてしまうから、海軍は絶対こんな戦闘機を開発しそうにないと思う。

…というように、つっこもうと思えばいくらでもつっこめるところが楽しい映画であります。

セブンソード(七剣)

Filed under: - dekaino @ 7:35 このエントリをはてなブックマークに追加 祉潟純若(筝)のはてなBookmark被リンク数

ツイハーク監督セブンソード(七剣)を観ました。

要は、中国武侠ワールドを舞台としたツイハーク七人の侍です。
時代は明言されてないがおそらく明末から清初のあたり、清に対して明の遺民が抵抗してた頃だと思われます。
広東語と北京語と朝鮮語が入り混じっているのですが、字幕で見ているとイマイチわかりにくい。一応字幕にも朝鮮語のセリフには(韓)と説明が出るんですが、中国語の各方言については字幕での説明はなし。
日本人の私が字幕版を見る限りで言うと、いまいち説明不足で7人のキャラが全員立っているようには思えない。上手に吹替え版を作ればそうではないかもしれないけど。中国語や朝鮮語が堪能な人じゃないと7人のキャラを上映時間中に把握するのが難しいかもしれない。
武侠映画としてよくできているので、ちゃんと武侠ワールドの約束事を抑えている人には楽しめると思います。
武闘シーンはよくできていますが、CGバリバリのキレイな画像なので、マッハ!!!みたいなこれはスゲエってのはないです。

2005/10/21 Friday

中学生日記「恋に燃え、アニメに萌え」

Filed under: - dekaino @ 6:03 このエントリをはてなブックマークに追加 筝絖ヨ≪<のはてなBookmark被リンク数

今週の中学生日記が大変なことになってます。
以前に中学生の実話おもしろエピソードを公募した企画でグランプリをとったものを脚色した「恋に燃え、アニメに萌え」。名前からわかるように萌え〜文化がメインテーマです。

主役はモー娘オーディションで最終選考まで残ったが惜しくも落選した古川愛李。中学生日記の伝統に基づき、役名も同名の古川愛李です。

あいりーん正体
愛李は中学3年生のバリバリのヲタク少女。部屋はヲタグッズであふれています。

あいりーんのひとりごと
blogサイトまで持っています。

あいりーん仮の姿1あいりーん仮の姿2
しかし学校では普通の少女を演じています。腐女子の擬態能力(mimic ability)は♂ヲタの及ぶところではありません。

巫女レッドチャイナブルーチアイエロー
学校の帰りには行きつけの店に寄り道してコスプレ三昧です

あだち充ワールド
自分の部屋の窓を開けるとちょっと気になる幼馴染の男の子の部屋と向かい合わせ。まさにあだち充ワールド! NHK名古屋さすが芸が細かいです。惜しいのは2階じゃなくて1階だってこと。たぶん予算の問題だな。

がんばれ! 隠れヲタ女
その幼馴染とうまくいかないって恋の悩みをblogに書くと、なぜか電車男風に励ましのメッセージが殺到。NHK名古屋 流行のリサーチを欠かしません。

ステージデビュー
ひょんなことから、地方にありがちのエセ戦隊イベントにコスプレ姿でステージデビュー。あこがれの幼馴染にヲタク女だったことがばれてしまいます。

ラブラブ
しかしなぜかステージ後に幼馴染といい雰囲気に。案ずるより産むがやすし。

中学生日記らしく鑑賞後にホームルームで話し合ったらどんな結論が出るだろうか?
「結局女の人生かわいければ何でもアリなのね」あたりが落とし所?

10/22(土)の10:45〜11:14にNHK教育で再放送される予定。見逃した人は必見。

2005/10/17 Monday

劇場版 宇宙忍者ゴームズ

Filed under: - dekaino @ 18:29 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 絎絎綽眼若困里呂討Bookmark被リンク数

劇場版宇宙忍者ゴームズを観てきました。
なんか、ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]なんていう軟弱な邦題だけど騙されてはいけません。ムッシュムラムラ ガンロックという迷セリフが印象的なあのゴームズが実写SFX映画になったのです。
しかし、最近のハリウッドは古い作品のリメイクが多いですね。

本作の主人公はゴームズの名の通りゴム人間なのですが、Mr.インクレディブルのゴム主婦があまりにも素晴らしかったため手直しするという名目で、本作の公開時期が大幅に遅らされた経緯があります。
まぁSFXに限らずシナリオがかなり苦しかったのだと思います。

ストーリーは予想通り、人間形態に戻れないガンロックの苦悩がメインテーマでした。まぁ昔からみんな思ってましたからねえ。常時岩人間なわけで、超人ハルクよりずっとつらい立場なわけです。

結論から言うと、旧作品を知らない人が観てもあまり楽しめないと思います。
ちなみに ムッシュムラムラというセリフはありません。残念。

2005/10/16 Sunday

魔術師ベルガラス

Filed under: - dekaino @ 23:47 このエントリをはてなブックマークに追加 薛茵絽垢里呂討Bookmark被リンク数

以前にベルガリアード物語再販にあたりイラストが今風の萌え絵になったことを嘆いた時に書いたが、魔術師ベルガラスの和訳が出ました。原書では1冊だが和訳本では3巻に分冊されています。
魔術師ベルガラス1 銀狼の花嫁魔術師ベルガラス2 魔術師の娘魔術師ベルガラス3 王座の血脈
表紙のイラストはやはり萌え絵になってました。残念。

Belgarath the Sorcererちなみに原書の表紙はこんな感じ
やっぱりハヤカワの萌えイラストは軟弱すぎます。

内容はベルガリアード物語の前史で、ベルガラスの幼少の頃からガリオンが産まれるまでのについてベルガラスが書いた自伝という形をとっています。内容の8割方は本編でも語られていたことだが、時系列に沿って順序良く並んでいることと、ベルガラスの主観によるコメントがあるので面白く読めます。また本書で初めて明かされる事実も少ないながらあります。

基本的にベルガリアードとマロリオンの両方をすでに読んだ人向けです。いきなり本書だけ読んでも何がなんだか全然わからないことでしょう。
マロリオン物語の再販はまだされてないので、まだマロリオンシリーズを読んでない人は、図書館か古本屋で渋いイラストの旧版本を見つけて読みましょう。

このあと女魔術師ポルガラの和訳本がまた分冊されて出るらしい。こっちの本では「なぜダーニクはアルダー神の弟子になった後もベルダーニクと改名しないのか」という謎の答えがあるかもしれないので期待してます。いやぁ長年の謎だったんだよなぁ…

イエスの古文書

Filed under: - dekaino @ 22:30 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ鴻ゆ犬里呂討Bookmark被リンク数

イエスの古文書 上イエスの古文書 下
旅行でフェリーに乗ってた間に本を何冊か読みました。このイエスの古文書(上)イエスの古文書(下)もその中の1組。原著(Ther Word)はかなり昔1978にかかれてます。和訳も別タイトルでかなり昔に出版されていたけど、最近のダビンチコードのブームのせいかめでたく新タイトルで復刊したらしい。

イエスの実弟が書いた古文書が出てきて聖書が変わる(正確には福音書が増える)って話。現代アメリカ人が科学とキリスト教をどう折り合いつけているか、聖書というファンタジーをどう美味しいとこ取りして、都合が悪いところから目を背けているか、無自覚に行ってた取捨選択を自覚させるようなそういう話です。
正直クリスチャンじゃないとピンと来ない話かも。
だいたい史実性を問題にするならカトリックとかプロテスタントに聞くより先にまず正教とかコプト教に当たるべきだろうなぁ。アメリカ人にとってエチオピアのクリスチャンとか眼中にないんでしょうね。

旅行いってきた

Filed under: - dekaino @ 20:19 このエントリをはてなブックマークに追加 茵cのはてなBookmark被リンク数

しばらく更新が停止してましたが、ちゃんと生きてます。

実は、10月2日から10日までの間、ぶらり一人旅に行ってきました。
山陰とか北海道とか適当に国内をぶらついてきした。
詳細はそのうちにでかいの旅行記に載せる予定です。

今日からまた日記を再開いたします。

2005/10/1 Saturday

仮面ライダー西鬼(ニシキ)

Filed under: - dekaino @ 8:08 このエントリをはてなブックマークに追加 篁≪ゃ取タ薔(激)のはてなBookmark被リンク数

阪神が優勝した
イトーヨーカ堂のおもちゃ売り場でも六甲おろしを流して優勝セールをしている。
目玉商品はコレ
仮面ライダー西鬼(ニシキ)
仮面ライダー西鬼(ニシキ)
まさにトラキチのために企画されたような仮面ライダーだ

28 queries. 4.220 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net