でかいの日記帳

2005/9/25 Sunday

頭文字D the Movie

Filed under: - dekaino @ 10:56 このエントリをはてなブックマークに追加 絖D the MovieのはてなBookmark被リンク数

頭文字D the Movieを観てきました。
A級映画としてかなりいい出来です。予算がない割にはいい出来だとか、巨額の制作費だけが売りの贅沢B級映画とは全然違い、正統的な娯楽作です。

アニメ版は原作に忠実ですが、本作はかなり変更されてます。池谷先輩はほとんど出てきません。高橋(弟)もでてこない。一番違うのはイツキです。イツキは拓海がバイトしてるガススタンドのドラ息子で、ちょい悪で学校退学してます。退学後も拓海とは親友らしい。

撮影は全部群馬です。バトルの場所も秋名だけです。妙に日本的なモノがたくさん出てきます。まぁわざわざ群馬まで長期ロケにきたんだからってことなんでしょうな。文太と拓海の家は男ヤモメの部屋らしく散らかってますが(小道具さんがんばってる!)、どうやら日本旅館の和室を借りてつかったらしく(伊香保か?)、調度品が妙に高級感あってちょっと笑えます。ふすまとか一般家庭にはありそうもない高級感あふれまくり。

そして文太が原作よりずっとリアルなダメ親父です。原作にはないシーンですが、「一回だけだぞ」と断って拓海を助手席に乗せて文太が運転を見せるシーンがあって、これはこれで結構いい感じでした。

基本的に役者はみんな上手いし、かーアクションもCGじゃなくて実際に走らせた画像なのでかなりレベル高いです。

バトル時のBGMもAvexではない、もうちょっと抑え目のBGMです。これがリアルな群馬県の峠道によくあってる。なんかワビサビの世界。AvexとタイアップしてるのでもちろんAvex系の曲も使われるのですが、エンディングのクレジットのときだけです。いわばナウシカにおける安田成美の歌のような扱いです。
また道の脇にある温泉宿のカンバンがいい味だしてます。しかし、須藤京介がデコトラでエボ3を運んでくるのはどうだろーか? 確かにデコトラも日本が誇る文化の一つだろうけど、ちょっと違う気がする。

鈴木杏(茂木なつき役)のサービスシーンあり。

2005/9/22 Thursday

銀河ヒッチハイク・ガイド

Filed under: - dekaino @ 7:27 このエントリをはてなブックマークに追加 羃潟ゃ祉ゃのはてなBookmark被リンク数

7月に予告した通り、劇場版 銀河ヒッチハイク・ガイドを観てきました。

けっこう原作そのままのストーリー展開でした。それから過去のSF/特撮映画のパロディがたくさん散りばめられてます。いきなりスタートレック6の冒頭シーンをパクったシーンからスタート。もちろんスターウォーズネタもあります。キングコングもあった。

深く考えずくだらないシャレを楽しむ映画です。
これでシネマイレージは5905マイル。後もう少し!

2005/9/20 Tuesday

著者 Et Al

Filed under: - dekaino @ 21:15 このエントリをはてなブックマークに追加  Et AlのはてなBookmark被リンク数

amazonで調べ物してたら見つけた謎の表記
著者 et al.

何がおかしいかわかりますか?
著者表示のところ Et Al(著)ってなってます。
et al.さんっていったい誰だ!? 意味がわかってないのか、システムのバグなのか、とにかく意味不明。
思わず笑ってしまいました。

仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼

Filed under: - dekaino @ 20:42 このエントリをはてなブックマークに追加 篁≪ゃ守翠若7篋冴薔爾里呂討Bookmark被リンク数

仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼を観てきました。併映は魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁

仮面ライダー初の時代劇という点ではインパクトあるが、ちょっとテレビ版の響鬼とはノリが違う。役者はみんな同じなんだけど、まったりとしたマンネリムードのいい味がまったく出ていない。しかも今回は美少女キャラがたくさんでてるのにまったく活かされてないのが残念。
金がかかってる分アクションはすごいけど何かイマイチな感がありました。

併映のマジレンジャーの方がおすすめ

2005/9/18 Sunday

チャーリーとチョコレート工場

Filed under: - dekaino @ 7:18 このエントリをはてなブックマークに追加 c若若с潟若綏ュ瓦里呂討Bookmark被リンク数

チャーリーとチョコレート工場を観ました。有名な児童文学の映画化らしいが原作は読んでいません。

ティムバートンらしくミュージカル仕立てで楽しいファンタジーな映画です。どちらかっていうとシーンとシーンがきっちり分かれていて舞台っぽい味わい。ウンパールンパー族のダンサーズがとってもキュート。

ノリノリのウンパールンパー族の男
ノリノリのウンパールンパー族の男

金持ちの娘(典型的なjewish princess)も栗鼠じゃなくてウンパールンパーを欲しがれよなぁ。見る目がないよ。
ちなみにウィリーウォンカのチョコレートの縦・横・高さ比は1:4:9です。間違いない!

これでシネマイレージは5796マイル。1ヶ月フリーパスポートまで後204マイル!

2005/9/10 Saturday

ヒトラー〜最後の12日間〜

Filed under: - dekaino @ 12:11 このエントリをはてなブックマークに追加 若緇12ラのはてなBookmark被リンク数

Der Untergang(邦題:ヒトラー〜最後の12日間〜)を観ました。
第二次大戦末期にソ連軍がベルリンを制圧し第三帝国が崩壊する話です。実際に現場にいた人物に取材して書かれた原作の映像化で、いわば実話の再現ドラマです。最後のクレジットでモデルになった人物の証言映像がオマケについてます。

ヒトラーの人間らしさや、取り巻く人間がヒトラーに心酔している様子がリアルです。そもそも第一次大戦の屈辱を二度と繰り返さないっていうスローガンがヒトラー政権の命綱であるがゆえに、決して降伏は許されない閉塞感がよくわかります。

映像的には非常に上質でかっこいい。アングルとかカメラワークがいいです。確かに、いくらなんでも声が室外まで筒抜けすぎとか、ドア開けっ放し多すぎとか、演出上の不自然さもあるけど気になりません。

いまだにナチを礼賛すると罪になる法律があるドイツでも、このような映画が撮れるようになったんですね。
感慨深い映画です。

2005/9/5 Monday

奥さまは魔女

Filed under: - dekaino @ 21:14 このエントリをはてなブックマークに追加 絅ャ障薛絅海里呂討Bookmark被リンク数

奥さまは魔女を観ました。
単なる昔のテレビドラマのリメイクではなく、ちょっとひねったストーリーになってます。ニコール=キッドマン演ずる主役はサマンサではなくてイザベルなのです。たまたまイザベルという魔女がハリウッドに住み始め、たまたま名作テレビコメディドラマ奥さまは魔女のリメイク制作の企画が立ち上がり、たまたまイザベルがヒロインの魔女サマンサ役に抜擢されてしまったというお話。
オープニングのアニメーションのサマンサの顔が巧妙に隠されているのはニコール=キッドマンの代理人からクレームが出たからなのか!? それにしてもニコール=キッドマンは頭の軽い女をやらせると最高に上手いです。
旧作を知ってる人も知らない人も楽しめる一作。ただしタバサちゃんは出てきません(2が作られたら出てくるかもね)。

現在のシネマイレージは5681マイル

25 queries. 1.523 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net