でかいの日記帳

2005/3/31 Thursday

オデッセイ5 地上波(日本テレビ)で放送開始

Filed under: - dekaino @ 8:12 このエントリをはてなブックマークに追加 祉5 遺羈(ユ)ф冗紮のはてなBookmark被リンク数

スカパーのAXNで放送されていたオデッセイ5が、日本テレビの深夜枠で今日から放送されます。→日本テレビのwebサイト
最初の2話(パイロットフィルムを2つに割って前後編にしたもの)は派手な特撮がありますが、それ以降はマジで地味です。だいぶ前に日テレの深夜にやってたアース2に近い作りなので、深夜海外ドラマおたくには喜ばれることでしょう。
それからエロ描写が結構あります。深夜枠だから地上波だからってボカシは入らないと思う。エロおたくにもオススメ(なのか?)

2005/3/29 Tuesday

教科書に載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

Filed under: - dekaino @ 7:11 このエントリをはてなブックマークに追加 腱吾莠潟ゃ潟帥若罩翫兊腱犬里呂討Bookmark被リンク数

たけくまメモによると『教科書に載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』という本が企画されているらしい。
インターネットの定義にもよるけどTCP/IPで構築された公衆網って意味なら、私も1992年頃からインターネットに関わっていることになる。年をとるはずだ。

竹熊氏の紹介によるとパソ通についての記述があるようでちょっと不安。少なくとも黎明期のインターネットはパソ通との接点はほとんどなかったように記憶している。niftyserveとpcvanがインターネットとメールをやり取りできるようになったのはだいぶ後になった体と記憶している。
やはりWWW=インターネットみたいな考え方でMosaic以降のことしか記述されていないのだろうか?
いわゆるMosaic以前の黒歴史(?)にあたる部分をきっちり文献化してあれば、重要な史料になりうると思う。
たとえば

  1. 1992〜93年頃、ハイパーリンクを含むハイパーテキストをネットで提供するプロトコルはhttpよりもgopherの方が流行っていた。日本でも国立がんセンターにgopherサーバがあがっていた。Mosaicにもgopher:// でgopherプロトコルにアクセスできる機能があった。httpはCERNやKEK等の核物理学系でのみ流行ってたいわば方言みたいなものだった。
  2. 一世を風靡したMosaicは、世界初のWWWブラウザの実装というわけではない。NeXTの実装がすでにあった。Mosaicのインパクトは当時のUNIXワークステーションでトップシェアをとっていたSunマシンで動作するものであったこと。またバイナリを配布したことにある。(ソースも配布されていたがmotifがないとコンパイルできなかったので一部の人間しかソースからバイナリを作ることができなかった)
  3. 日本初の商業ISP IIJが設立される以前は、大学や研究機関や企業の研究所からしかインターネットに接続することはできなかった。しかし一般ピープルでもインターネットに接続できる裏技が実はあった。それはアマチュア無線。prugという団体が音頭をとって運営されていた無線で構築されたTCP/IP網があり、アマチュア無線の免許と無線機があれば誰でも参加できた。当時の通信行政の規制ギリギリの実験(あくまでも)で、ある意味、真の黒歴史にあたる部分かもしれない。
  4. Mosaicが世に出る前、すでにIRCというリアルタイムチャットシステムがあった。私がMosaicの存在を知ったのもIRCでだった。IRCは当時からほとんど変わらない形で2005年現在でも利用可能。httpプロトコルがこの10年で激動の変化をしたのに対し、IRCはほーんと全然変わってない。

ここらの事情は、当時UNIX管理者に教科書として扱われていた雑誌UNIXマガジンあたりにも詳しくは載ってないと思う。たぶん…

2005/3/27 Sunday

射雕英雄伝 最凶最低の技

Filed under: - dekaino @ 18:33 このエントリをはてなブックマークに追加 絨演篌 倶篏のはてなBookmark被リンク数

多数の毒蛇に囲まれ、なんとか高い木に上って難を逃れたが、このままでは埒が明かない。こんな状況を一発で解決する技があった。

それは 放尿

「おい郭靖 わしの技をよく見ておけよ」「し、師匠 何をするんですか!?」
洪七公 じょ〜

「みてください 蛇が死んでいきます! 師匠の小便はすごいや」
「何をしておる郭靖! お前もやるんじゃ!」「は、はい」
郭靖 ドバァー
郭靖は若いだけあって勢いがある。

しかし堂々とテレビドラマで放尿シーンを放送してもよいものなのか?
おわび
ちゃんと最後におわびのテロップが出ました。NECO苦渋の選択というところか!?

ちなみに常人の尿では蛇は死にません。嫌がって逃げるのが関の山。洪七公と郭靖は内功を鍛えているから尿にも特殊効果があるのです。
だから、いい子は真似しちゃダメだぞ! 大事なところがミミズ腫れになっちゃうからな!
(第23話「船上の戦い」より)

レーシング・ストライプス

Filed under: - dekaino @ 12:22 このエントリをはてなブックマークに追加 若激潟違祉鴻ゃ垢里呂討Bookmark被リンク数

レーシング・ストライプスを観てきました。
ベイブの「子豚が牧羊犬(豚)を目指す」を「シマウマが競走馬を目指す」に置き換えたような作品。でも微妙に違います。
ベイブでは主人公が幼くて、精神年齢が小学生くらいだけど、ストライプスの精神年齢はハイスクールの学生くらい。ベイブは牧羊豚になれなかったら、いつか食べられてしまう非常にシビアな境遇だけど、ストライプスはあくまでもペット。
ストライプスの精神年齢が上がったので、小さなお友達が感情移入できる対象として蝿コンビを導入。おこちゃま大好きな下ネタを連発します。
そして大きいお友達(男子)の感情移入対象として、ストライプス。守りに入ってしまった初老の父と、冒険したい年頃の娘のチャニングの関係は、同年代の女性が感情移入できるでしょう。
こうやって考えてみると、ベイブに比べてかなりよく練られた脚本です。
CGもよくできてて実写との境目がわかりません。シマウマはなかなか人に慣れないはずなのに実写パートのシマウマも結構すごいです。

ところでシマウマとサラブレッドの混血って可能なんでしょうか??

ハイネ死す

Filed under: - dekaino @ 10:51 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ罩祉のはてなBookmark被リンク数

TMRが声のキャラは3話目で死ぬ運命にあるらしい
そしてキラヤマトはTMRキラー
今回はいい役だったのに…
ハイネ=ヴェステンフルス
合掌

2005/3/23 Wednesday

ナショナルトレジャー

Filed under: - dekaino @ 8:22 このエントリをはてなブックマークに追加 激с吾c爾里呂討Bookmark被リンク数

ナショナルトレジャーを観てきました。
この題名を直訳すると国宝。訳しちゃうとなんかしょぼいね。字幕は戸田奈津子なので要注意。ギャグは徹底的に訳さないぞ!

つくづく思うのはアメリカって歴史が浅くて国宝といえる文物に乏しいんだなぁってこと。あと、国立図書館に勤める女学者が美人過ぎ。ご都合主義もたいがいにしろといいたい。
それにしてもアメリカ人はまじでエジプト好きですな。遺跡の秘宝といえばエジプトしかないのかね。

アクション映画というかオチャラケ系宝探しムービーとしては楽しめると思います。宝探しモノにアリガチなオチの、「実は宝は人類の宝といえるもので経済的価値は皆無」ってことはないので、未見の人は楽しみにしとけ。

(ややネタバレ しかしあの宝は現行法ではトリニティ教会の財産になるんじゃないの? 発見者が持ってっちゃっていいのだろうか?)

2005/3/21 Monday

劇場版 鉄人28号

Filed under: - dekaino @ 10:36 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 篋28圂里呂討Bookmark被リンク数

鉄人28号を観てきました。オープニングはかっこよかったがそれだけだった。やはりリモコンが盗まれないと鉄人28号とは認められないだろう。

つーかこれブラックオックスの映画です。ブラックオックスえらいかっこいいです。前傾姿勢サイコー。モーションキャプチャーの役者にも「ブラックオックスはあごを突き出した前傾姿勢がイノチ。殴られても倒れてもあごを引くな!」と厳しく指導していたに違いない。それに対し鉄人の描写はかなりぞんざいに扱われてます。とにかく出しときゃいいでしょって感じ。

金田正太郎役の子役(池松壮亮)が、もうダメいっぱいいっぱいです、って演技をひたすら続けます。下手な子役ではないのだが演出が一本やりでなんだかな。敵役の香川照之(天花パパ)はなんだかよくわからないまま死亡。敵の女の川原亜矢子は「まだデジタイヤじゃないの? まだ!?」のウザサそのままに、いかにもウザイ悪女を演じてます。中澤裕子もなんだかよくわからないし、アイドル映画の視点で見た場合、唯一の見所は蒼井優だけです。

松竹系のシネコンのMOVIX橋本で鑑賞したのだが、本編前の予告編は松竹制作のものばかりだったのが、松竹ってホントにヤバイなと感じました。松竹にはもうガンダム映画しか見るべきものがないのかも知れない。

2005/3/17 Thursday

ほりえもんの野望 by 小田原ドラゴン

Filed under: - dekaino @ 21:39 このエントリをはてなブックマークに追加 祉 by 絨医眼海里呂討Bookmark被リンク数

やっぱ小田原ドラゴンは天才です。
ほりえもんの野望

2005/3/16 Wednesday

北の零年

Filed under: - dekaino @ 0:43 このエントリをはてなブックマークに追加 九拘のはてなBookmark被リンク数

北の零年を観てきました。
大作です。東映+テレビ朝日です。東宝+フジテレビのローレライと真っ向勝負です。石原さとみvs香椎由宇です。

脚本はよく練られていると思う。すべてのエピソードが伏線となっています。約3時間の尺なのに、これ以上カットできるところがありません。それぐらい物語の密度は濃いです。各キャラクターの行動心理とかも練られたよいホンなのですが、いまひとつ演出がださい。映像として脚本のよさが活かされてない感じです。
だいたい、殿退場→ええじゃないか→集団マゲ切り の流れがまったく意味不明。何を表現したかったのか!?
結局吉永さゆりに頼ってるだけの映画になってしまってます。もったいない

ライバル(なのか?)のローレライの方は演出はかっこいいけど、脚本はひどくて、冗長なエピソードてんこもり。各乗組員の過去なんか描写してるとこなんか、まったくの不要エピソード。いくらでもカットし放題だから地上波テレビ放送の時は楽でしょう。
でも、北の零年は地上波テレビ放送は不可能です。ゼッタイ無理。だって168分あるのにカットできないんだもん。宮崎駿作品ばりにノーカット放送しようもんなら21:00〜24:20みたいな枠になってしまう。
だからといってカットしたら伏線がなくなってしまって、意味不明になってしまうでしょう。テレビ朝日にとって旨みは何だったのだろうか?
少なくとも確かなのは、本作品を観たかったら映画館で観るかDVDを買う/借りるしかないでしょう。東映チャンネルでもやるかもしれないけどね…

ところで、ヒロインの石原さとみ(俺がヒロインだと決めた)は、物語も後半にならないと出てきません。前半は子役なので。冬ちゃん目当てだとがっかりするかも…

とりあえず屋外セットは金かけてて、さすが東映の大作という感じです。CGはイナゴ襲来シーンくらいかな。ほとんど使ってません。

サユリストなら必見ですが、それ以外の人は好きにすれば? ぐらいの映画でした。

渋谷物語

Filed under: - dekaino @ 0:01 このエントリをはてなブックマークに追加 羝莪欠茯のはてなBookmark被リンク数

渋谷物語を観てきました。
愚連隊で有名な安藤昇の半生史。なんか「知ってるつもり」の再現ドラマのように淡々と時系列に沿ってエピソードが続く。いかにもVシネマ的な映画。それも当たり前で制作は東映じゃなくて東映ビデオなんだね。ちょっと豪華なVシネマってことだ。

でも感心するのは徹底した野外ロケ主義であるところ。テレビ番組の再現ドラマならだいたいスタジオ撮りで済ませてしまうところを、できる限り野外ロケでやろうという執念を感じる。やっぱり野外だと画面が映えます。これぞ映画であります。

ヒロインは南野陽子と遠野凪子。南野陽子はうまく場末のくたびれたバーのママを演じますが、濡れ場シーンは徹底的に拒否。まったく脱ぎません。(ぉぃぉぃチッポケなプライドなんか捨てちまえよ 心の声)
それに対し遠野凪子はバリバリ脱ぎます。何でもやります。すさまじい女優根性です。カッコエーー

史実の安藤昇の半生がものすごいので、2時間以上ありますが飽きません。でもあくまでも出来のいいVシネマです。それ以上は期待しないように。

2005/3/12 Saturday

シャーク・テイル

Filed under: - dekaino @ 9:12 このエントリをはてなブックマークに追加 激c若祉ゃのはてなBookmark被リンク数

シャーク・テイル(字幕版)を観てきました。
豪華キャストの声優というか、キャラクターが声優の顔してる魚ってところでしょうか? 全編何かのパロディーです。元ネタがわからないと楽しめないでしょう。冒頭のドリームワークスのロゴで、Dの三日月に座って釣り糸垂らす少年からパロられます。
映像的には、キャラが魚なんでモーションキャプチャーは出来ないって制約の下、イマジネーションだけで魚キャラにこれだけのダンスをさせていると考えると結構アニメーションとしてはレベルが高いと思う。アップルシードとかファイナルファンタジーみたいなモーションキャプチャーバリバリ系とは一線を画すのは確か。
でもそのスゴさが観客には伝わってこない気もする。目立たないところですごいっつーか。渋いんだけど職人芸過ぎ。

2005/3/11 Friday

相鉄の温泉

Filed under: - dekaino @ 12:52 このエントリをはてなブックマークに追加 檎羝羈のはてなBookmark被リンク数

相鉄グループがかしわ台につくったゆめみ処ここち湯に行ってきた。ここは温泉掘り当てるまでに1300mも掘ったらしい。やりすぎだ。
屋根がない露天エリアの風呂が充実してて、屋内の部分はジャグジーとサウナと洗い場だけって感じ。露天はかなり気持ちいいが、周りは住宅地(駅から徒歩4分)なので高い塀に囲まれて景色は見えない。青空または星空を満喫しながら温泉というのも乙なもの。でも、雨の日は楽しみ半減しそう。

夜25時までやってて、入場は24時まで。海老名で映画見たあとに寄るのにちょうどいいかも…

2005/3/10 Thursday

宣伝コメント

Filed under: - dekaino @ 12:34 このエントリをはてなブックマークに追加 絎d潟<潟のはてなBookmark被リンク数

一月に書いた記事に変なコメントがつきました。以下一部引用


こんな本が出ているようです。
ご興味あればと思い、貼り付けさせていただきました。

「談合しました」
―談合大国ニッポンの裏側―
加藤正夫(談合会社経理部)

明らかに宣伝コメント。ぐーぐってみたら、他の談合をネタにしたblogにも同文の宣伝コメントが多数。時間がだいぶあいているので、どうやら手動でコメントをつけているらしい。ご苦労様です。
バイト代いくらくらい貰えるのかなぁ?

しかし、でかいの日記帳も宣伝書き込まれるくらい有名になったということか…

ローレライ

Filed under: - dekaino @ 6:26 このエントリをはてなブックマークに追加 若い里呂討Bookmark被リンク数

ローレライを見ました。東宝とフジテレビが気合いれてる大作なのだが、どうなんだろう?
確かに東映の大作の北の零年よりは全然マシである。同じように大御所の役者を使い、制作費をジャブジャブかけたのに、この差はどうよ!? とは思う。(2005/03/13 訂正 北の零年の方が全然面白かった。)
でもさほど面白くないんだよね。やはり脚本が中途半端なんだよね。はっきりいってホンがつまんない。おそらくいろんな制約を押し付けられたのを、すべてハイハイといい子ちゃん的に受け入れてしまったんではないだろうか? いわく、天皇制には触れるな、軍国主義の色は出すな、反戦ムードは出すな とかね。

原作者はガンダムをリスペクトして書いたとかぬかしてるらしいが、富野作品ってのはもっと毒があるんだよ! ローレライには全然毒が入ってないんだよね。潜水艦映画に女性を出ても不自然でないシチュエーションをつくれとか、トンチに近い要望にすべて応えてる点は確かに芸術的かもしれないが、ただそれだけなんで、面白い作品とはいえない。

樋口慎嗣は怪獣やロボット出した方が絶対面白い映画撮れるんだろうなと思った。

2005/3/7 Monday

でかいの旅行記更新!

Filed under: - dekaino @ 1:14 このエントリをはてなブックマークに追加 с茵荐贋!のはてなBookmark被リンク数

能登半島でズワイガニと牡蠣を食べまくってきた旅行の様子を
でかいの旅行記に掲載しました。暇だったら読んでください。

2005/3/5 Saturday

能登旅行

Filed under: - dekaino @ 19:26 このエントリをはてなブックマークに追加 順紙茵のはてなBookmark被リンク数

先週の 2/26〜27に能登半島に蟹食いに行ってきました。
そのためでかいの日記帳も更新が滞ってます。

いまデジカメで撮った写真を整理中。でかいの旅行記最新作を括目して待て!

34 queries. 1.962 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net