でかいの日記帳

2016/12/11 Sunday

ガンダム the ORIGIN IV 運命の前夜

Filed under: - dekaino @ 16:09 このエントリをはてなブックマークに追加 潟 the ORIGIN IV 純紊のはてなBookmark被リンク数

ガンダム the ORIGIN IV 運命の前夜を観ました。
今度はララァです。シャアとララァが初めて会うところの話です。
しかも舞台はインドではないです。ララァは確かにインド出身ですが、じゅぷろーの建設現場に出稼ぎに来ているという設定。そうなのかー だからシャアはジャブローの水路に詳しかった??

それから、変装したキシリア様が麗しいのですよ。おつきの情報将校がいい感じに馬鹿なのですよ。
懐かしいスパイ映画のにおいがするわけですよ。

もう裏歴史というか、司馬遼太郎もびっくりなオリジナル史実が爆発です。
またシャアとララァの話と並行してモビルスーツ開発史も繰り広げられ、モビルスーツファンも退屈しません。
あざといくらいによくできています。

まだまだずーっと続きそうです。

2016/6/11 Saturday

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起

Filed under: - dekaino @ 15:17 このエントリをはてなブックマークに追加 罘紕潟 THE ORIGIN III 莎靴里呂討Bookmark被リンク数

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起を観ました。
こんなモビルスーツなんて試作機がちょっとしか出てこないガンダム映画なのに、満員御礼です。
観客みんなどうかしてます。ガンダム出てこないんだよ? ザクも わかってる???
人間ドラマだけで十分面白いって? だったら巨人ゴーグの時からちゃんと視聴しておもちゃ買ってやれよと言いたくなるほどに盛況ぶりです。

今度は士官学校時代のガルマとシャアのお話です。
若かりし日のゼナ妃
そしてドズルと結婚してミネバの母となるゼナの若い頃の姿も見られるのですよ。

正直コロニーであんな迫撃砲使って穴が開かないか心配でしょうがないのですが、ガルマは想像以上にヘタレかつカリスマ性が高く、すばらしいですね。国葬であれだけ盛り上がるのが納得の人気です。

そして畳みかけるような次回への引き。畳みかけるような予告編の連発がすごかったです。
次回作も期待です。

2015/11/14 Saturday

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア

Filed under: - dekaino @ 8:31 このエントリをはてなブックマークに追加 罘紕潟 THE ORIGIN II帥≪ゃ激△里呂討Bookmark被リンク数

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシアを観ました。
キャスバルとアルテイシア兄妹はふたたび宇宙に出てテキサスコロニーで生活します。
なんとテキサスコロニーまるごとヤシマ家の私有財産だったらしいですよ。金持ちスゲえ。

本作からキャスバルの声が田中真弓から池田秀一に声変わり。でも演技としては幼い少年な感じを出してます。すごい弱気な坊やです。でもたまに爆発してスパイを蹴倒したりします。非行少年です。
そうこうしているうちに母のアストライアも亡くなり飼い猫のルシファーも死ぬ。
そしてテキサスコロニーで知り合ったそっくりさんのシァア=アズナブル君と友人になるが…
褐色の瞳のシャア
続きは第三作目を待て

2015/3/23 Monday

動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル

Filed under: - dekaino @ 0:41 このエントリをはてなブックマークに追加 紕潟 THE ORIGIN I潟c鴻のはてなBookmark被リンク数

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバルを観ました。

幼少のガルマ
もちろんガルマも若いのです。

革命思想家ジオン=ズム=ダイクンの遺児たちとザビ家との因縁が明かされます。
安彦さんの絵がそのまま動くのは感動。この技術で巨人ゴーグをリメイクしてほしいですよ。田中真弓の声だけに。

ストーリーはもはや架空戦記級にガチガチに固められているので口出しはできませんが
コロニーで池に建つ塔があるとか、猫飼ってるとか、相当な贅沢ですね。テキサスコロニーなんてのが存在するし、ララアの家の池にも白鳥いたしで、一年戦争の頃のコロニーってまだまだゆとり設計というか、Vガンダムのコロニー生活者は酸素税でひいひいいわされて花一輪すら超貴重だったというのに。物質的豊かさはこの頃が頂点で、あとは地球人もスペースノイドもどんどん貧しくなっていったってことなんでしょうか?

馬だってたくさん出てきますよ。安彦さんは馬大好きだもんね。ちゃんと馬として正しく足を動かします。ここはCGっぽいけどね。

THE ORIGINをすべて映像化できるかどうかはわかりませんが、第二弾は企画されているようで、予告編も流されていました。
とりあえず次回作に期待です。

2011/11/20 Sunday

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底で

Filed under: - dekaino @ 22:04 このエントリをはてなブックマークに追加 罘紕潟UC(潟若)/episode 4 篋吾綺Г里呂討Bookmark被リンク数

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底でを観ました。
地球の重力の井戸の底に落ちたバナージ。ユニコーンサーガはじめての地上戦メインの話です。
0083の地上戦はモビルスーツがジャンプするだけで自由自在に飛んだりしないので面白かったのですが、逆シャアより後の時代設定のユニコーンだと、地上でもVガンや∀のマヒローみたいに飛び回ってしまうので、あんまり新鮮味がありません。大火力の表現に頼った演出はいまひとつ食傷気味です。その手はヤマトの波動砲以来使い古され過ぎ。
たしかに作画はきめ細やかですが、どうもチャレンジ精神を感じません。まぁ原作が福井晴敏だしなぁ…

ものすごい引きで幕を閉じるのですが、episode5は半年以上先らしいです。
商売上手ですねえ。

2010/11/7 Sunday

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 2 赤い彗星

Filed under: - dekaino @ 1:51 このエントリをはてなブックマークに追加 罘紕潟UC(潟若)/episode 2 莎ゃ綵のはてなBookmark被リンク数

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode2赤い彗星を観ました。episode1の続編です。
今回はオードリーの正体が明かされるところとシャアのそっくりさんの活躍あたりがストーリーのキモ。
絵はよく動きます。話は福井なのでまぁこんなもん? 期待しないで観てるので裏切られることもないです。

結構客は入っているようで、episode3も劇場公開する勢いです。鑑賞料を1200円と安く抑えているのも客の入りがいい理由のひとつでしょうか?

時間と金が余っているガンオタなら観ておいてもいい作品。

2010/9/20 Monday

劇場版 機動戦士ガンダム00

Filed under: - dekaino @ 22:37 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 罘紕潟00のはてなBookmark被リンク数

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-を観ました。

テレビシリーズに出たキャラをほとんど拾ってるオールキャストのお祭り的な作品です。
ストーリーもぶっ飛んでます。いきなり宇宙からサイバトロン戦士だかデストロン軍団みたいなのがやってきて無口なまま戦闘開始ってアナーキーな展開。過去の経緯は拾おうとはしてるけどどうでもいいじゃん状態です。

とにかく絵はきれい。各キャラの見せ場シーンをひたすら楽しむための映画です。ガンダム史上ここまで無口な敵は初めてかも?

2010/2/28 Sunday

ガンダムUCプレミアプレビュー

Filed under: - dekaino @ 22:09 このエントリをはてなブックマークに追加 潟UC≪ャ爾里呂討Bookmark被リンク数

新宿ピカデリーでガンダムUCプレミアプレビューを観てきました。
福井晴敏原作の宇宙世紀のガンダム小説を原作としたOVAのプレミアプレビューイベントです。小説が連載されていたガンダムエースは欠かさず買って読んでいますが、原作小説だけは全て読み飛ばしてたのでまったく予備知識なしです。

もともと福井原作の映画でストーリーが面白かったことはないのでたいした期待をしないで観ました。
まず第一印象は作画に気合が入ってる。大スクリーンで観てもまったくアラがみえないクオリティは素晴らしいです。ストーリーは可もなく不可もなく、ただちょっとそこが浅いかなという感じです。
逆シャアと閃光のハサウェイの間の時間軸を舞台にF91の人間ドラマをリメイクしようとしているのかなという感じです。サナリイの小型化がトレンドな時期のモビルスーツより、逆シャアのアナハイム・エレクトロニクス製の巨大化・半MA化指向のモビルスーツの方がかっこいい(というかずばり売れる)という判断なのでしょうか。
オモチャを売らんかな姿勢は初代ガンダムにも当然あって非難できる筋合いはないのですが、SF的センスオブワンダー要素が皆無なのが残念といえば残念です。いくらなんでもすでに人が住んでるコロニーを拡張とかありえないでしょう。高層ビルの増築するようなもので、実現可能性の机上検討や思考実験をまったくやっていないんでしょう。
まぁ最初からストーリーには期待していないのでどうでもいいんですけどね。

名前だけブライト=ノアが出てきますが、もうオリジナルの声優はなくなっているので出番はないのかな? 原作読んでないのでなんともわからない。

上映後の予告によると、続きのイベント上映もやる気満々らしいです。

2009/7/31 Friday

お台場ガンダム

Filed under: - dekaino @ 18:42 このエントリをはてなブックマークに追加 伾眼潟のはてなBookmark被リンク数

お台場潮風公園の等身大ガンダムを見てきました。
お台場ガンダム1
お台場ガンダム2
等身大ガンダムそのものは、ああ作ったのね程度の感想しかありません。目が光ったり首が動いたり、胸から白い煙(通称ハナイキ)が出たり、工夫はありますがロボットとして動くわけではありません。

ガンダムエースの富野&安彦インタビュー記事で、富野監督はこの企画立上げ時に知らされていたら全力で潰す気だったと述べています。でも完成した出来上がりをみたらこれはこれでいいんじゃないのって感想を述べており、なんか富野監督としては首尾一貫していないなって印象を持ちました。
しかし実物を見てなんとなく富野監督の言いたいことがわかった気がします。
そもそも、この企画はGREEN TOKYOプロジェクトの一環として東京都の外郭団体が主催するもので、東京都の緑化運動と東京オリンピック・パラリンピック招致計画の広報活動として企画されたものです。
しかしちょっと考えてください。エコとか緑化とガンダムって関係ないよね。それどころかガンダムは兵器なのでむしろ環境政策とは正反対の資源浪費のシンボルです。
要は製作現場がよくわかっていない自治体をうまく騙して、作りたいように等身大ガンダムを作ってしまったということ。まさにダイキャスト玩具メーカを騙してガンダムを作った富野監督が好きそうな話です。

これは会場の裏に目立たないように設置してある発電機。20台以上の発動発電機が稼動していました。
発動発電装置
この一時的イベントのために東京電力からの送電線を潮風公園に引いてくることはできなかったようで、発電機の出番ということらしいです。石油燃やしまくりCO2排出しまくりです。おそらく発電機が1kW供給するために排出するCO2は東京電力が1kW発電するために必要なCO2量より1ケタ以上多いはず。
つまりエコとか緑化とか言ってるのに実態は不必要にCO2を出しまくっているということです。なんという欺瞞! 「みてください これがティターンズのやり方です!」
人間の業は深い…

2006/3/18 Saturday

劇場版 機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-

Filed under: - dekaino @ 10:45 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 罘紕Z潟 III -藜-のはてなBookmark被リンク数

劇場版 機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-を観ました。
噂どおり確かに最後が変わってました。でも予想ほど変わってなかったなという印象。ちゃんとカツが前方不注意で死ぬところも忠実に再現。エマも悲しいことに劇場版でも死んでしまうのだけど、テレビ版ではハッチさえあけて外に出なければ死なずにすんだのに! という悔やまれたのですが、ちゃんと劇場版では急いで脱出しないとマーク2の爆発に巻き込まれてしまうという状況が説明されており、ああエマの死は不可避だったのだなと納得できます。ヘンケンもきっと納得してくれるでしょう。

モビルスーツ戦はなぜか肉弾戦というか殴りあいシーンばっかり強調されて、遠距離からの射撃はほとんど出てきません。テレビ版では遠くからの撃ち合いばっかりだったのとは対照的です。

それにしてもサエグサの顔が濃かった。本作品で受けた衝撃の半分はカミーユとファの公開いちゃつきプレイ、残り半分はサエグサの顔の濃さでした。

劇場版ZZはありえないと思われます。以上。

2006/1/6 Friday

コロニー落とし

Filed under: - dekaino @ 12:49 このエントリをはてなブックマークに追加 潟取純のはてなBookmark被リンク数

朝日新聞朝刊で連載されている4コマ漫画ののちゃん(旧となりの山田クン)、なんと今日(2006年1月6日)の作品でコロニー落としのシーンが出てくる。ガンダム文化もいしいひさいちが引用するまできたか。
ののちゃんの母はPTSDになって「空が落ちてくる〜」とか叫ぶようになってしまうのだろうか?

2005/10/30 Sunday

機動戦士ZガンダムII -恋人たち-

Filed under: - dekaino @ 12:01 このエントリをはてなブックマークに追加 罘紕Z潟II -篋冴-のはてなBookmark被リンク数

劇場版ゼータガンダム -星を継ぐ者-の続編 機動戦士ZガンダムII -恋人たち-を観てきました。

カツがオリジナル通りカツでした。超ムカツクくそガキ具合がきっちりと表現されていて素晴らしい。まさに「カツ ダメ〜」。カツに匹敵するムカツキガキはTNGのウェスリーぐらいしかいないと思う。
前作同様クワトロの恥ずかしいシーンが全削除、クワトロがかっこいいだけの軽薄男となっていますが、それ以上に性格が激変したのがウォン・リーだ。ウォンがものすごいいい人に浄化されている。マトモなことしか言わず、子供にも優しい人格者だ。こんな人物をウォンと呼んでいいのだろうか? これじゃ逆に修正し返したジュドーが悪者扱いになってしまう。誰かこの欺瞞を暴いて「見てください これがウォン・リーのやり方なのです!」と演説してほしい。
ちなみにクワトロの恥ずかしいシーン全カットの法則よりダカールでの道化演説も全カットです。

ネットで騒がれたフォウの声変わりだが、ゆかなは下手ではなかった。確かに違う声だけどね。それより池脇千鶴のサラがカナリ微妙だった。セリフも微妙。サラに「シロッコ様」と言わせちゃいけない。「パプティマス様」じゃないと。

新作カットでは動画が表示できる電子ペーパー/薄型平面ディスプレイを使った会議シーンが面白かった。ブライトが会議中で従来型ノートPCで内職していたり、内職がバレたとたんに内職してたウィンドウを閉じて、他の会議メンバーに「ぉぃぉぃ閉じなくてもいいだろう」なんて言われたり、かなりリアルに内職心理を的確に表現しています。たぶん冨野も会議で幾度となくノートPCで内職されてきた経験があるのでしょう。

過度の期待を持たずに見に行けばそこそこ楽しめました。つーか星を継ぐ者を観てれば期待を持ちようがないので無問題。

2005/6/6 Monday

劇場版ゼータガンダム -星を継ぐ者-

Filed under: - dekaino @ 1:16 このエントリをはてなブックマークに追加 雁若若帥潟 -膓-のはてなBookmark被リンク数

劇場版ゼータガンダム -星を継ぐ者-を観てきました。
基本的にはテレビ放送オリジナル版と同じで、カミーユの性格が良くなってるって前評判もあったけど、第一部の段階ではオリジナルそのままのキレやすい少年だった。

一番違うのが、カツの声とシロッコの声。カツは声優が違うのでしょうがないんだけど、シロッコは島田敏がもう年だってことなのか、悲しいけどパー子と同じ現象なんだな…

あと、クワトロが情けなくないんですよ。これは納得いかない。
クワトロがただのかっこいい人になってる。大尉は情けない人間じゃなきゃダメなんだよ。百式に乗って戦果あげちゃあダメなんだよ。マメにサボテンの観察をしてるくらいが関の山のショボい男じゃなきゃいけないんだよっ!

次回作のゼータガンダム2 -恋人達-では思う存分情けないクワトロが見られると期待します。情けなさを際だたせるために第一部ではちょっとかっこよく演出しただけなんだと、ムリヤリ納得してます。

2005/3/27 Sunday

ハイネ死す

Filed under: - dekaino @ 10:51 このエントリをはてなブックマークに追加 ゃ罩祉のはてなBookmark被リンク数

TMRが声のキャラは3話目で死ぬ運命にあるらしい
そしてキラヤマトはTMRキラー
今回はいい役だったのに…
ハイネ=ヴェステンフルス
合掌

2005/1/12 Wednesday

全部混ぜたら…

Filed under: - dekaino @ 20:52 このエントリをはてなブックマークに追加 羞激Δ里呂討Bookmark被リンク数

昨日のニュースより「太陽の1500倍超、観測史上最大の超巨星発見

米ローウェル天文台(アリゾナ州)などの国際観測チームは10日の全米天文学会で、太陽の直径の1500倍を超えると推定される最大の超巨星3つを発見したと発表した。

つまり…
赤い彗星+青い巨星+黒い三連星 → 三連の赤色超巨星
ってことか!?

2004/12/29 Wednesday

SDガンダムフォース終了

Filed under: - dekaino @ 20:04 このエントリをはてなブックマークに追加 SD潟若合篋のはてなBookmark被リンク数

テレビ東京系でやってたSDガンダムフォースが52話きっちりで無事最終回を迎えた。最初はちょっと不安な感じだったけど(特にセーラちゃんの動きとか)、中盤以降はなかなかいい感じの作品でした。
最終回では、まったりした時間の流れで後日談を語り、新しい任務が始まるところで決着をつけたのだが、ハロ長官の正体は最後まで明かされることはなかった…

ハロ長官 私は実は…
ぶっちゃけ99.9999%シュウトのパパが正体なんだけどね。歴代ガンダム作品で主人公の親が軍やモビルスーツ設計に絡むってのは定石だし(富野ガンダムで主人公の親が全然絡まないのはダブルゼータのジュドーとターンエーのロランだけ)。親子関係の話は騎馬王丸と元気丸でやっちゃって、わざわざハロ長官を出す意義が薄くなったから、しょうがないんだよね。

てなわけで、あわれハロ長官はかぶりものが好きな変人のままで、そしてシュウトのパパは遊び人風の頼りないパパのままで、最終回を迎えてしまうのでした。
あーあ

35 queries. 2.020 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net