でかいの日記帳

2018/2/17 Saturday

百年泥

Filed under: - dekaino @ 11:58 このエントリをはてなブックマークに追加 上拘羈イ里呂討Bookmark被リンク数

百年泥を読みました。今年2018年の芥川賞受賞作品です。芥川賞の小説の単行本を買うなんて初めてですよ。

これ夫の仕事の都合で南インドのチェンナイに在住している女性が書いた小説なんですね。
小説ももチェンナイを舞台にしたお話です。「私」がチェンナイで日本語学校の教師をやってるていの私小説です。たぶんジャンルは私小説でいいと思う、たぶん。

チェンナイは古い名前のマドラスの方が通りがいいかも? 私は2016年の9月から10月の間の3週間弱、仕事でチェンナイ郊外に滞在していたので気になって買いました。

まあ真実半分嘘半分のホラ話的な作品ですね。ティム=バートンのビックフィッシュとかトムハンクスが演じたフォレストガンプみたいな感じでかなりホラ吹き風味で、「私」に絡む人々の人生模様を綴ります。
すごい軽い感じの文体で今風なのでしょう。なろうけい小説サイトにあっても普通に読めると思います。

映画 THE DARK TOWER

Filed under: - dekaino @ 11:36 このエントリをはてなブックマークに追加  THE DARK TOWERのはてなBookmark被リンク数

映画 THE DARK TOWERを観ました。スティーブンキングのシリーズ小説です。
原作は彼の他作品の世界観が反映されていてキング作品の集大成の様相をかもしだしています。たとえていうなら永井豪のバイオレンス=ジャックのようなライフワーク的な長期にわたって書かれている連作シリーズです。

本映画では長いシリーズの冒頭の映像化です。ぶっちゃけ暗くてホラーなネバーエンディングストーリーみたいなお話。がんがん人が死ぬネバーエンディングストーリーです。
アーサー王伝説とつながりがあるあたり、映画の中ではあまり重要ではないようです。
ガンスリンガーの弾丸が聖剣を溶かしてつくってものであるらしいことだけが触れられます。

世界的に有名に小説ではありますが日本では知名度が低く映画も興行的には不振のようです。
私が小田原コロナで観た時は貸し切り状態でした。結構予告編とか打ってたのにどこの層にもフックしなかったようですね。同じキング原作のITが大成功してるのとは対照的です。

原作を知らなくても楽しめるアクション映画になっています。そんなに怖くはありません。
ある種の才能が子どもをさらって利用する魔法使いが悪玉なので、アメリカ的価値観では絶対悪に近いでしょうね。主人公の少年ジェイクが才能があるけれども現世界のニューヨーク市では発達障害の扱いで定期的にセラピー受診しているあたりが、いかにもアメリカ的ではあります。

2018/2/12 Monday

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ

Filed under: - dekaino @ 0:59 このエントリをはてなブックマークに追加 雁肯羶ャ若のはてなBookmark被リンク数

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレを観ました。テレビシリーズ マクロスΔ(デルタ)の総集編的な劇場版です。
話の大筋を保ちながら劇場版の尺に合うように大胆に再構成されています。作画もほとんど新作ではないのかな? 演出的には単体の劇場作品としてよくできています。むしろテレビシリーズはいろいろ冗長だったのかも知れません。
特に重視されたのはメッサー中尉の殉職エピソード周りですね。スカルリーダーことロイ=フォッカー少佐の殉職に匹敵する扱い。素晴らしいです。やはり帰りを待っている女性がいてこその殉職です。
また、歌のシーンも当然がんばっています。パチンコ新台の素材だもんね。ただワルキューレ全員がCGのシーンはいかにもプリキュアのエンディングという感じでそこだけ浮いてました。いきなり体形かわって胸が巨大化しちゃってもなぁ…

細かいところはいろいろありますが、劇場作品としては本当によくまとまっています。
テレビシリーズを観たいことがない人にこそお勧めな作品です。

クローバーフィールド パラドックス

Filed under: - dekaino @ 0:32 このエントリをはてなブックマークに追加 若若c若 垢里呂討Bookmark被リンク数

クローバーフィールド パラドックスを観ました。あのクローバーフィールドHAKAISHA10Laneと同じ世界観のクローバーフィールドシリーズ最新作です。netflix独占配信です。しかも世界同時公開。日本語吹き替えもあります。吹き替え版作成のために英語版の公開を待たせてたのかと思うとnetflixの世界同時公開にこだわる真剣さがわかります。

世界観が同じでつながってはいても今度は宇宙ステーションが舞台となる話。やはり怪獣映画ではないのです。残念。
2つの異なる次元の世界、パラレルワールド的な話も絡みます。その文脈でSF作品ではあります。
そして過去の選択 ifの世界 みたいな話になってきます。♪あの日あの時あの場所で〇〇してればー

できれば大画面でも見てみたいのですが劇場公開の予定はないのかなぁ??
次回作のCLOVERFIELD/OVERLOADが2018年秋に劇場公開される予定だそうです。

牙狼 GARO 神ノ牙

Filed under: - dekaino @ 0:10 このエントリをはてなブックマークに追加  GARO 腑のはてなBookmark被リンク数

牙狼 GARO 神ノ牙を観ました。特撮版GAROの最新作です。道外流牙の牙狼シリーズのオールスターキャスト総出演です。ジンガが復活します。
GARO世界の王道ストーリーです。ゲストキャラのホラー リンザを演じる佐咲紗花って声優/歌手がいい演技していました。なんか変な癖がついていない動きで面白かったです。
また ちらっと鹿姿を見せない闇の世界の支配者的な巨大西野翔もいい感じ。西野翔がトップレス乳首丸出しで出演しても年齢制限(レーティング)がつかないって映倫も太っ腹というか雨宮監督がうまく誤魔化してます。

巨大西野翔を観るだけでも一見の価値ありです。

23 queries. 1.486 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net