でかいの日記帳

2017/9/17 Sunday

スパイダーマン:ホームカミング

Filed under: - dekaino @ 11:11 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻ゃ若:若潟阿里呂討Bookmark被リンク数

スパイダーマン:ホームカミングを観ました。高校生のピーターがめちゃくちゃ善人過ぎて笑えるレベルです。こんな純粋培養な正義のヒーローってなかなかいないですよ。トニースタークが汚い大人に見えてしまいます(実際汚いんですけどね。武器産業で儲けてる死の商人ですし)
高校生クイズ大会の代表メンバなのに、いざというときスパイダーマンの活動のために失踪して退会をすっぽかすあたりが、いかにも昔のヒーローものっぽくていいです。
ピーターを育てているメイおばさんが妙に若いんですね。全然枯れていないというか独身で男を誘う系。伝統的にスパイダーマン世界ではピーターが成人する頃に養い親のおじおば夫婦が敵に殺されちゃうことが多いんで心配です。

ピーターは最初から最後までずっと青いままであまり成長しませんが、彼なりの正義を貫き通して周りに認めさせるところまで行きます。そこらへんは見事です。
スタンリーも小うるさいニューヨーク住民として恒例カメオ出演してます。あそこまでオーラが出てるモブキャラっていないよなぁ…

本作では人がほとんど死なないんですよね。ディズニー映画みたい。少ない例外の悪の一味のチンピラも、悪の組織内でも問題視されるほど悪いチンピラが懲罰されるときに勘違いによる事故死な感じで殺されたわけではないのです。
安心して(?)低年齢層に見せられる作品となっています。最近のマーベル映画は大人向けのシビアにな設定が多かったのでこういうのもたまにはいいです。

スキップ・トレース/絶地逃亡

Filed under: - dekaino @ 11:00 このエントリをはてなブックマークに追加 鴻祉若/腟九育篋,里呂討Bookmark被リンク数

スキップ・トレースを観ました。ジャッキーチェン主演の香港映画です。原題は絶地逃亡。
香港の刑事とアメリカ人の詐欺師がなぜかつるんでロシアンマフィアに追われて、シベリアのイルクーツクから香港まで逃避行する話です。追われる理由は詐欺師の方がロシアマフィアのボスの娘を妊娠させたからなんですが、それとは別に香港の犯罪組織から刑事も追われているという構図。
途中モンゴル族や国境越え、中国の山奥の少数民族の集落と祭りとか、いかにもロードムービー的に楽しめます。
今回ジャッキーチェンは香港警察のベテラン刑事を演じますが、時に超人的な武術が使えるわけではなく、たまに経穴を封じて(いわゆる秘穴をついて)一時的に敵を失神させる特技がある程度。あとは普通の初老の刑事なんですよね。一般人の設定でもそれはそれで面白い。スマホが山奥でも使えたり今の中国の様子がよくわかる映画です。製作費はかなり贅沢に使っている感じで、みていて楽しいです。

最後のシーンもそれだけで別の映画が作れそうな迫力。贅沢な香港映画でした。

2017/9/3 Sunday

アニメ版打ち上げ花火、下から見るか? 横か ら見るか?

Filed under: - dekaino @ 8:24 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪∞>援筝荀? 罔 荀?のはてなBookmark被リンク数

アニメ版打ち上げ花火、下から見るか? 横か ら見るか? を観ました。実写のテレビドラマスペシャルをなぜかアニメ化。夏休み映画としての企画? いまひとつ企画の意図がわからない作品です。
久しぶりの製作スタッフが出資者を騙して作っちゃった系の作品かもしれません。木下工務店も最近は目が肥えてなかなか騙されてくれなくなったから、いろいろ大変なんでしょうね。

本作の映画業界外のスポンサーはJR東日本とローソン、LINEの3社です。舞台が千葉県飯岡なのでJRの宣伝になると思ったのでしょうか? いくらローカル線でも花火大会当日にここまで閑散として路線として描写されると逆効果な気もします。

本作は基本は妄想です。田舎に暮らすビッチ成分満点な少女が親の都合で都会に引っ越すときに、同級生の純情な男子にこれ見よがしな態度をとるだけの話が、男子の妄想力あふれてすごいことになってしまいます。
しかしあくまでも妄想です。そもそもこの手の女子は同級生なんかより年上の男を選ぶもんです。妄想するだけ無駄ってもの。
ビッチ美少女 なずな
[ノリミチ君とビッチ美少女 なずな]
白いノースリーブワンピースはノリミチ君の妄想の中だけの衣装。わざわざ駅の女子トイレで着替えさせるシチュエーションなどの妄想っぷりは中学生男子として実に立派

そこら辺をアニメが丹念に描写します。綺麗に表現できたねえと鑑賞する作品です。最後に納得感のあるオチやハッピーエンドはありません。妄想は妄想のままはかなく消えるのが美しい。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

Filed under: - dekaino @ 7:43 このエントリをはてなブックマークに追加 吟祉種羲絅海里呂討Bookmark被リンク数

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女を観ました。ヒットシリーズのハムナプトラのリブートです。一度つけた邦題を変えるのは難しいんですが、とうとうやってのけました。ゼロゼロセブンをダブルオーセブンに当たら目る日も近いか!?

いつものごとく古代エジプトの悪い人が闇の力で復活です。今度は女王様です。本シリーズは中国で大人気なのですが、水銀のプールとかでてきてエジプトの黒魔術なのか中国の神仙術なのかワケわからない状態になってます。
トムクールズ主演作品の過去最大の興行収入と宣伝されてますが、そりゃ中国市場でヒットすれば儲かります。そういう意味でハリウッド政策中国市場向けA級映画というカテゴリの作品です。

本作からダーク・ユニバーシティというシリーズがはじまるそうです。マーベルのアベンジャーズみたいに各作品の主人公たちが徒党を組むらしいです。よって本作の主人公は謎の闇の力を習得したまま流浪の旅に出るというすっきりしない形で終わらざるを得ません。次回作にトムクルーズに金を払うだけの予算があるか相当な賭けですね。予算はあってもトムクルーズがその時に健在かどうかもわかりませんし。

いろいろチャレンジをしていて面白い作品ですが、日本人受けするかどうか微妙ではあります。
イギリス人ってバカでぇーってノリがないとダメかも。香港あたりはそういうノリが好きなんだろうなぁ。

2017/8/15 Tuesday

怪盗グルーのミニオン大脱走

Filed under: - dekaino @ 21:43 このエントリをはてなブックマークに追加 違若喝ぇ沿軌のはてなBookmark被リンク数

怪盗グルーのミニオン大脱走を観ました。これ原題は素直に"DESPICABLE ME 3″なんですよ。たんなる3。副題のミニオン脱走って確かにそういうシーンもあるんですけどなんか誇張しすぎですね。
サイドストーリーではなくてストレートに前作の続編となっています。前作も原題は"DESPICABLE ME 2″で邦題は「怪盗グルーのミニオン危機一発」余計な副題は伝統なんですね。

グルーシリーズは設定を簡単にちゃぶ台返しするんで油断ならないのですが、今度はいきなりグルーに双子の兄弟がいたって設定が増えましたよ。てっきり双子は偽物で悪者が返送しているのがと思いきや双子のドルーの存在は公式設定として定着のようです。
グルーとドルーの双子兄弟  後ろ向きがドルー

今度は80年代のナツメロをBGMで盗みを働く元人気子役ブラットが悪役として登場。コイツがやられ役です。
ミニオン大脱走という副題ですが、ミニオンたちは今回はあまり本筋に関係ないところで頑張っちゃってくれてます。まぁ面白いからいいんだけど。
3人の養子娘の一番上の眼鏡っ子のマーゴも健在。永遠の12歳でございます。

夏休み映画としてとても質の高い映画だと思います。

23 queries. 1.459 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net